横浜F・マリノス vs シドニーFC @横浜国際総合競技場

オナイウと仲川が一発決めれば量産できそうと思った前回。

さっそく思っていた通りになる。

メンバーは前回と変わらず。

マリノスが強いのか、シドニーが弱いのか。

どっちもだったのかな。

怖いところは全然なかったし、点取るのも時間の問題という展開。

オナイウの1点目には間に合わなかったけど、仲川がこれまであんだけGKにぶち当ててたのに落ち着いてループでしとめるなんて。

2点目もしっかりとったところは風格を感じた。

4点取ったけれど取りこぼしている感が強いのが恐ろしい。

しかも、ここにまだパギ、畠中、エジガル、エリキがいるっていう。

梶川は飛び出しがまだ怪しいけれど、今日も決定機ストップしていたし下手するとパギからポジションとってしまうんんじゃないか。

伊藤も無理したパスがあってそこは畠中には敵わないけど、守備は強く行けてかなりいい。

オナイウは最後まで運動量落ちないし、点も決めてマリノス足りない高さを持っているのが魅力。

左サイドはやはり渓太入れる方が安定するし、どんどん自信を掴んできている風に見受けられる。

あとは今日は大津がよかった、マリノスに来てから見ていてフィジカルはあるけど、もっさりしているなという印象だったけど、今日はレイソルのときのような仕掛けていく動きがあって新鮮だった。

なんかうまくいき過ぎていて怖いな。

まだリーグ始まってないんだよ。

韓国、マレーシア、バングラデシュ、ネパール

マリノスがACL出場しているので、試合を見る流れで無理やり行っていない国へ。

韓国は12月にも行ったばかりなので観光なんかはどうでもよく、とにかく試合。

韓国王者にマリノスのサッカーで圧倒して勝利。

この旅の一番テンション上がるところが初っ端なのでここからテンションをどんだけ保てるかというのが心配なところ。

試合後は仁川空港で夜を明かし、マレーシアを経由してダッカへ。

マレーシア乗り継ぎただすればいいだけだと思っていたら、ターミナルを変えないといけなく、一旦入国しなければいけなかった。

それに気付いたのが荷物検査とかも受けたあとだったので、まさかの逆走。

ちょっと焦った。

ダッカへの飛行機の中はカオス。

バングラデシュ人はたぶん飛行機乗ること自体が少ないのかもろもろルールわかっていないっぽくてCAさんがかわいそうだった。

そんなこんなでダッカに着き2夜連続の空港泊。

夜も明けて市街へ。

電車に乗ってみる。もっとカオスな感じを説明しているブログとかが多かったけど、オカマに絡まれたくらいでわりとすんなり。

ただ、そこからホテルチェックインして街を巡ったが、これがなかなかな途上国。

スマホがまだあんまり普及していなかったり、女性を見ることが少なかった気がする。

考えて見るとアジアのこういう感じの国に来るのは2年ぶりくらいで、なんのルールもないような交通事情とかが今の会社の状態と同じに見えてげんなり。

そしてネパールへ。

ネパールに行く日にホテルで指を切って血が猛烈に出て焦る。

無理やり血を止めて空港までたどり着いたけど、そこで傷が開きまた猛烈に血が出る。

ラウンジで消毒してもらい、ガーゼ巻いてもらってなんとか乗り切ったけど旅で怪我するとか想定していないというか、そもそも血を出すみたいなことが日常ないのでなんかびっくりした。

ラウンジのスタッフのおかげでバングラデシュの印象がちょっとアップ。

ネパールはバングラデシュに比べると圧倒的に都会。

バングラデシュは外国人自体が全然いないけど、ネパールはヒマラヤとかあり観光客がきちんといるし、全然違う。

どんどん成長していきそうな気配がある。

今回は首都だけしかいかなかったけど、やはりヒマラヤは一度行ってみたいところ。

次はユーロを見にヨーロッパかな。

チケットが取れないかもなのが気がかり。

あ、その前に他のACLのアウェイもあるか。

Tribeni Bhojanalaya

前日たどり着けなかったナガルコットにヒマラヤを見に行ったんだけど、空が埃まみれで全然見れず。

移動にそれなりにかかり、今日の宿のカトマンズ中心地に来たころにはもう夕方。

こちらのお店に行ってきました。

ダルバート。

またカレーなんだけども。

お代わりが自由なカレーセット。

ネパールビールの方がこれより高いっていう。

ビールは割とうまかったかな。

ネパールへ移動。

時間が遅くなって、行こうと思っていた場所までバスで行きつけない。

タクシーはあるんだけど、バスに比べて20倍の料金になるのが癪でホテルもキャンセルして別のとこに泊まることに。

こちらのお店に行ってきました。

なんて店なのかわからないけど。

外国人が来るような観光地なので食べるところは綺麗目なとこが多かった。

ローカル感を求めて屋台で。

ネパールっていうか結局インドと同じような揚げ物はそれなりにうまくて。

ただ、モモがやはりうまかった。

言っても餃子だからね(笑)

カレーかけて食べるっていうのは初だけどそれもうまかった。

ダッカの夜。

夜はホテルの近くで。

こちらのお店に行ってきました。

なんて店なのかわからないけど。

またカレー。

ナンがうまそうだったからナンを食べたかっただけなんだけど、やはりカレーがついてくる。

チキンと言われてチキン以外はと聞いたつもりなんだけど、チキンと野菜のカレーが出てくるという。

無茶苦茶やね。

Kashmir Birani House

ダッカにて。

なんか店の前で日本語でこんにちはと言われる。

そして店の中に入ってこいとなり、入っていくとさらに日本語。

こちらのお店に行ってきました。

Kashmiri Biryani House – ホーム

ここのオーナーは昔日本にいた人で日本語ペラペラ。

そんなこんなでカレーを食べることに。

この手のカレーはいつも同じだなぁ。

うまいっちゃうまいんだけどね。

全北現代 vs 横浜F・マリノス @Jeonju World Cup Stadium

ACLアウェイ初参戦。

韓国のチームのフィジカルにやられるというのを気にしていたけど、圧倒。

ゼロックスの反省を活かしてなのか前半からマリノスのサッカーで攻め続けた。

去年は初得点までにあんだけかっかった渓太が得点とオウンゴールを誘発。

他にもチャンスありすぎたけど、オナイウと仲川が決めきれない。

梶川も前半から飛び出し怪しい部分があったし、失点の原因にもなったけど、初スタメンであれだけできれば十分。

チャンスをきちんと決め切るほうが大事かな。

オナイウも仲川も一回決まればドバドバパターンな気もするし、これにさらにエリキ、エジガルもいるというのが心強い。

DFからのビルドアップも去年よりパスコース一つ増えている気がしたし、ゼロックスで扇原が点とったようなシーンがこの試合もあり、去年のかたちから攻撃の選択肢が増えている。

ので、とにかく決めきることだな。

まだリーグ始まっていない中でここまでできているのが頼もしい限り。

ACL遠征。

バスで全州まで移動しちょこっと観光。

なんてことなかったんだけど。

そして試合前に腹ごなし。

こちらのお店に行ってきました。

なんて店なのかわからないけど。

全州はビビンバが有名らしいので、ビビンバっぽいのを頼んだつもりだったんだけど、これは果たしてビビンバだったのか。

本場の韓国料理あんま美味しいと思わないんだよなぁ、日本で食べるほうがうまい。

やはり日本人向けの味になっているからだろうか。

横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @埼玉スタジアム2002

シーズン開幕。

なんとういうバカ試合。

PK考えてもほぼ自分たちのミスとあとはイニエスタだけにやられたなという感じ。

前半はエリキ左サイドが全く機能しなくて全体的に機能不全。

オナイウは追うのはいいんだけど、まだチームとしての追い方になっていない。

オナイウ→渓太にして去年のかたちにしてからは、チームが生き返った。

久しぶりに入ったエジガルはやはりいい。

点決めてればなというのはあるけど、ボールが収まるし、守備がうまい。

収まるので去年ホームの浦和戦みたいにひたすら押し込むという時間帯もあった。

伊藤、和田もよかったし、選手変えて去年のサッカーが今の時期にできているのは進歩。

去年は選手交代で計算できるのが限られていたけど、今年はベンチに入っていない選手もまだまだ見たい選手がいるし。

負けてしまったとはいえ、出だしとしてはそんなに悪くないかな。

ただ、リーグ開幕までのACL2戦で勝たないとずるずる行ってしまう気がする。

次はACL遠征!