今日は気がラク

いやぁ~、ブログ書くの初めて忘れてました。

久々に帰ってから時間がありすぎたぶん忘れてました。

というわけで今となっては昨日のことになりますが

昨日は今週の中では気が楽でした。

なぜならば特に連絡をしなければいけないことがなかったから。

かなり気分がラクです。

が、

これというのも仕様の確定が遅れたせいだったりします。

明日までかかるということなので

連絡をする必要がなかったのです。

逆に言うとピンチなわけだったりしますが・・・

それと毎週木曜に行っていた

世界を食べ歩こうランチも行きませんでした。

お昼休み後すぎにミーティングがあるよと言われていたので。

なのでランチは一日ずらすことにして

さらにはいつもより早いタイミングで昼休みにしました。

が、

私はミーティングに行く必要がなかったんです。

このミーティング、グループ内の新卒のためのものだったのですが

私はすでに仕事が割り当てられていたので

そっちを優先してくれということでした。

まさかの展開でした。こんなこともありますね。

連絡怖い

まだ水曜か・・・。

水曜とは思えない疲労感。

完全に金曜くらいの疲れです。

体力的なものよりも精神的なものからきてる疲労かと思います。

昨日も書いていますが、

いろいろと連絡をしなければならないので

それらがとても怖いです。

メールやメッセンジャー使って連絡取るわけですが

どのくらいの文面で文章を書けばいいのかがわかりません。

特にメッセがわからない。

カッチリしている会社でもないのいうのも

悩みを深くする理由の一つかもしれません。

一度送ってしまえばなんともなくなるのですが

その一度送るまでにホントにこれ送っていいのかという

葛藤がスゴイです。疲れるな~。

まぁ、今日で一通りコンタクトは取ったので

これからは、気楽にはなるでしょう。

そんな連絡をしているなかで

今日初めて自分宛に仕事のメールがきました。

会社入ってからきていたメールは仕事のメールなんてこなくて

来たとしてもメーリングリストで全員に送られてくるもののみ。

自分宛にきたメールを見て仕事してるんだなぁとまた実感しました。

初めてミーティングした

昨日割り振られた仕事のミーティング。

初めて企画の人と話すようなミーティングにでました。

でたところで、全く何もすることはなく。

というか何もできなすぎなのですが

仕事っぽい空間でテンションも上がってきました。

と同時にプレッシャーもあります。

なんといっても技術はほぼ自分ひとりな感じなので・・・

展開が急すぎますね。

いろいろなところに連絡をしたりして

とにもかくにもその一つ一つが怖すぎです。

全く何もわからない中、手探りで進んでいかないといけないです。

にしても、リーダーの人を見ていると

その仕事のできる人っぷりがカッコイイです。

おそらく今回の仕事での自分のカバーもしてくれます。

早くあぁなりたいと思いました。

仕事が割り当てられた

今日昼過ぎ。

「今、時間大丈夫?」

とリーダーの人に呼ばれる。

「厳選な抽選の結果選ばれました、おめでとう。」

といわれる。

あみだくじの結果仕事が割り振られました。

どうやら、時間はあまりないようです。

いきなりいろいろなことを説明されましたが

どのくらい大変なのかがよくわかりませんでした。

明らかに知識が少なすぎる。

そんなことはおかまいなしに

おそらくほぼ一人での作業になりそうです。

いきなりぽーんと仕事をふられるなんて

オカタイ会社ではないことだろうと思います。

こういうの求めてました。

一ヶ月突っ走っていきます!!

立食ぱーてー

今日は立食ぱーてー。

前回とは違い、全体的に人数が少ない。

この前は新卒が全力でいたというので

あれだけの人数になったのでしょう。

今回は新卒も部署によっては

もうすでにがっつり残業しているところもあるらしいので

初めは見知った顔が全然見当たらず。

ひとまず、ビールがでてから速攻で飲みに行き

食べ物がでるまでじっと飲み続ける。

そしてやっと食べ物が出てくる。

前回の全然食べられなかった反省を活かして

すぐ皿をとり、列に並ぶ。

と、そこで見知ったメンバーが列の

最前線に並んでいるのが見える。

相変わらずです。

全然飲んでいないはずなのに

みんなやたら酔っ払っているのは

立ちながら飲んでいるからなのか??

全員愉快になりすぎです。さすがタダ飲み。

それにしても今回はがっつり食べました。

しかもうまい、さすがぎろっぽんのてるほーです。

フェジョアーダ食べた

今日は南米料理を。

先週南米料理を食べるというところまでは

すでに決まっていたのですが、

実際どこの国の料理を食べるのかは決まっていませんでした。

ブラジル、エクアドル、チリ、ペルー、アルゼンチン??

なんて言いながらどこにしようか探していましたが

実際問題、近くに南米料理のお店があまりありませんでした。

というわけでやっと決めたのが、ブラジル料理。

こちらのお店に行ってきました。

無題ドキュメント

決め手は、ランチがビュッフェスタイルだということです。

今日は地図をきちんと見ていかなかったので

お店行くまで迷いました。途中で他の店で妥協しそうになったり・・・

お店は地下にあり、サンバなライブの映像が

いくつもの画面に映っている。さすがブラジルは陽気な国です。

食べ放題は1000円。シュラスコを食べるには1500円かかります。

さすがに500円は大きいということでシュラスコはなしで。

となるとなんだか料理がいたって普通な感じに。

貝のなんともいえない匂いにみんなでやられながらがっつく。

そこで食べたのがフェジョアーダ。

フェジョアーダ – Wikipedia

豆のスープをご飯にかけて食べました。

みんないまいちだといっていたけれど

思ったよりご飯にあっておいしい。

フェジョアーダを食べにきたわけではなかったけれど

思わぬところで満足しました。

そしてこの店、サッカー選手の写真がかざってあります。

ラモス、トゥーリオ、そして・・・

ロナウジーニョ!!

しかもロナウジーニョ日本くるたびにきてるんじゃないのか

というくらい写真も多かったです。

ロナウジーニョの写真はさすがに興奮しました。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4480061290″ locale=”JP” title=”若者はなぜ「決められない」か (ちくま新書)”]

毎回このような感じの本を読んでいますが、

ほとんど言っていることは同じです。

私の印象ですが、この手の本は割りと若い世代が

悪いというふうにいうのではなく、

これまでの社会の仕組み、特に年功序列がおかしい。

正確には、今まではなんとかなっていたけれど

今はもうこの仕組みではうまくいかない、いっていない。

というところに最終的に話が落ち着いている気がします。

ただみんなが同じことをやり、やればやるだけ

のびていくことができた今までの仕組みは

さまざまな面で多様化してい現在では通用しないのはすでにわかっています。

わかってはいるが、結局この仕組みを変えられるのは

主にこの仕組みでこれまで生きてきた人たちになります。

今までのものを壊す。難しいですね・・・

それではいくつか気になった言葉を。


・・・多くのフリーターは、今現在の自分に不安を感じつつも「サラリーマンにだけはなりたくない」という。・・・

この文章に違和感を感じました。

なぜなら、こういうセリフを聞いたことがないから。

自分の周りには、あまり夢や希望を追い求め
テーマ
そしてそれに向かっていく、という人が少なかったのからかもしれません。


・・・夫が裕福だから妻がはたらかないでいいのではなく、妻がはたらかないでいられるのだから、その夫はエリートなのだ。・・・

非サラリーマン家庭においては、夫だけでなく

妻も一緒に仕事を手伝う労働者であるのに対し、

サラリーマン家庭は妻は専業主婦でいられる、

つまり妻を不労階級にすることができるということを言っている文章です。

考えようによっては確かに、そう思うこともできますね。

今はこういう考え方は、人によって完全に分かれると思いますが

私としては、絶対共働きが希望です。


・・・昔から人間は、「人間がはたらかなくても機会がなんでもやってくれる未来社会」を夢見てきたが、そうなると給料が貰えない人間が増えるというところまでは思い及ばなかった。・・・

ITによって無駄な人材にかかるコストが削減されています。

人が行わなくてはいけないこと、努力しなくてはいけないことも

少なくなりました。ただ、ITによって人の能力が落ちていくばかりだと

ここ数年感じています。ITが仕事なのに・・・。

そろそろ違ったタイプの本も読みたいですね。

ただ、今ある本は同じ系統。

やっと

おもしろくなってきました。

初めて具体的な話をするMTGをして

ひとまず今週はそのための準備として

APIを使う勉強をします。

準備といっても本当に作るものの

準備の準備の準備の準備くらいのレベルですが

なにはともあれ、やっとヒマな状態から抜け出せそうです。

まだ話してはいけないことだったりを

今の段階で聞けるというのも、仕事をするんだということを

実感できてわくわくします。

スケジュールを考えると

後々がキツキツになりそうですが

がんばります。

3連休明け

ゴールデンウィーク明け以来の3連休が終わりました。

このブログでもさんざん言っていたap bank fesに行ってきて

思い切り音楽を楽しみ、そして中途半端ながらやけて帰ってきました。

そして今日は仕事。

ゴールデンウィークのときには感じなかった

休日明けに仕事に行きたくない気持ちになりました。

社会人になって土日のありがたみを十二分に感じていたけど

今回は、この先何十年もこういった生活になるのかと思って

なんだかちょっとイヤな気分になりました。

2日と3日の違いは予想以上に大きいですね。

これから夏休みになって周りも有給をとりだすようですが

私自身はとりあえず夏取る予定は今のところありません。

どこかに行こうと誘われない限りは、まぁ休まないつもりです。

今期は後半は確実に忙しいといわれたので

今年中に休みはとらないような気がしています。

席替え

今週でひとまずの区切りがつきました。

そして、本配属ではないけれど

これからしばらくのチームが決定。

やっと仕事らしいことができるかも?しれません。

特に私が割り当てられたところは

他のとろこに比べて来週からすぐうごきだすことに

なっているので楽しみです。

やることもおもしろそうなことをやるので。

そういうわけで今日は席替えをすることになりました。

しかも仕事終わってから。タイミングが悪すぎです。

なんと言っても今日はDopamaniacs Tourファイナルがあったのです。

結局いつもよりもたついてしまったので

予定より遅く着く羽目に。というかどっちにしろ遅れて到着だったのですが。

なので今日はとんでもないくらい走りました。

大江戸線はもぐりすぎなので、階段も爆走でした。

かなり疲れましたが、ライブは当然、いや必然的に楽しすぎでした。

タコス食べた

今日はメキシコ料理を。

いつもと違って赤坂方面にくりだしました。

距離もいつもより遠め。

そして今日の日差し。

暑いは暑いんだけどなんともまぁ健康的な天気。

運動がしたくなりますね、外で。

この間のフットサルは室内だったもので。

こちらのお店に行ってきました。

AMBE CUATRO ラテンライブとメキシコ料理 赤坂 アンベ・クァトロ

夜にはライブももやるよというお店で

壁には落書きがいっぱいでした。

おじさん、おばさん夫婦二人でやっているようです。

なぜか砂糖やミルクは真ん中のテーブルにあって

各自取りに行くシステムだったりして

なんともアットホームなお店です。

毎回のごとく行った全員で

同じメニューを頼むという展開。

頼んだミックスランチセットはタコスとポージョライスです。

タコスはいまいちだったけど

ポージョライスというのはカレーのようで

カレーではなく、あまりない感じの味でおいしかったです。

どこの国の料理食べても結局米のやつがおいしい。

来週は南米の料理(どこかは決まってない)を食べに行くつもりです。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4480064141″ locale=”JP” title=”3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)”]

「なぜ辞めるのか」に続いて「どこへ行ったのか」です。

どこへ行ったのかといっても結局

この本で紹介されている辞めた人のほとんどは

会社で働いている人たちです。

ただ、その人たちは今までの価値観である

「昭和的」価値観、つまりは年功序列のような

落ち着いて考えればおかしなことだけれど

なぜか普遍的に続いてきた制度たちを見放していった人たちです。

すでにほぼ崩壊している昭和的な考え方に対して

多様化されたいろいろな生き方、考え方を紹介している本です。

読み終わって私自身はこの本で言っている

「昭和的」な考え方についてはほとんど反対です。

時代遅れなことを言っているなぁとあきれてしまいます。

周りの話を聞いてみると、確かにこの本ででてくるような話も

実際にあるようなので話を聞いててとてもカワイソウだと思ってしまいます。

会社に入ってみると、入る前と比べて割とカタイ会社だなと感じましたが

こういう本であったり、周りに比べるとどうやら

大分、いやとんでもなくフランクな会社だということがわかります。

なんにせよ、ただ長くいればいいだけ

根拠のない古い考え方に縛られなければならない生活というものは

絶対耐えられないものだと思います。

それではいくつか気になった言葉を。


・・・新人は横一列からスタートするし、・・・

確かに社会人なりたてという面では

ほとんど横並びであるのは間違いないとは思いますが

やはりその中でも能力の違いというのは

明らかにあるのでこういうところから

きちんとした評価をしていくのが大切なのではないかと思います。

というか、これは根本なのかもとも感じます。


・・・「おまえは何がやりたいのか、将来的にどういうビジョンがあるのか、そして、そのために何をしてきたのか。具体的に突っ込まれると、何も出てこない。・・・

・・・国立大学の法人化や、設立の相次ぐビジネススクール(専門職大学院)は、いずれも日本の高等教育の質向上を狙ったものだ。だが、それらが狙い通りに機能するかは、まったく予断を許さない。なぜなら、そもそもそういった知識を活かすキャリアパスが企業内にないからだ。・・・

上のはは就活での一コマとして紹介されています。

同じような経験をした人はとても多いと思いますが

これからの世代もきっとこの経験を繰り返していくのでしょうか。

結局これは下のが原因なのでしょう。

大学に入ることが目的なので、そこから先が急になくなってしまう。

また、大学に入ると同時に一気に自由になってしまうので

これまで上ってきた坂道をすーっと下り落ちてしまう。

これまでのがんばりを全てなくしてしまうだけ。

今の大学は社会に出る前に4年間息抜きするだけの場ぐらいの

果たして意味があるのかないのかよくわからない場所です。