横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第15節第1日

20100731marinos vs grampus_4

最悪な試合だった。

あ、一応点取る前はそんな悪くなかった。

いや、よかった。

点取れない以外は。。というか毎回こればっかです。

前節の大宮戦も中継を見ていましたが、これがあてはまるかと。

相手を圧倒しているのだけれど点だけが取れない。

1失点目は完全にミスから。失点後かなりどたばたしましたがしのいで後半。

2失点目はマリノスではああいうシュートは確実にDFにひっかかるのに相手のは抜けてくるんだよねっというミドル。。

なんか守備のバランスが悪すぎ。、

去年までと違うのは、シュートまでいっているところ。

おしい!!のは多いんですけどね。。

今日は、連戦でもあるし千真の調子が悪いのもあってだろう、前線2枚替え。

個人的には単純に千真と坂田を見たいのだけれど坂田と山瀬。

その他はここ数試合と同じメンツです。

前半、圧倒的にボールを支配。俊輔のパスでチャンスが作れていました。

俊輔どんどんよくなっています。

ただ。

Jリーグに復帰してからが基準。

そもそもパスはやっぱりJの中では圧倒的にうまい。

しかし、2008、2009年くらいまでのイメージには辿り着いていない。

あのときは、とにかく別格だった。

ボールを全く取られなかったイメージが強い。

そこが今、違うところ。ボールを取られるイメージが最近は強い。

セルティックの頃や、代表に比べて前線の動きの質がよくないのでボールを出せないのかもしれないが

別格だったころは、パスを出せなくて相手が寄せてきてもボールを奪われている印象がない。

今は、そこで奪われている。

前線との動きがあわなくてボールを持ち直しているときに、よくとられる感じです。

調子は上がっているのはよくわかる。

今日は、ここ最近見た記憶のないスライディングもしていたし

あとは、FKが壁を越えた!!久々に見ました、ホントおしいという感じのやつは。

以前のイメージとのギャップを抜かせばやっぱり圧倒的に怖いプレイヤーに戻りつつあります。

しかし、相手からしてマリノスで怖そうなのは俊輔と山瀬くらいか。。そこが問題。

小野も怖いかもしれないけれど、あくまで高校生だし、早いうちに点がとれないようであれば伸び悩んでしまいそう。。

というわけで、現在のスタメンで点を取るチャンスを作れそうな選手が圧倒的にいないわけです。

特に、中盤の兵藤、ジロー、小椋から点が取れる気が。。

ボランチの2人はホント攻撃面で期待ができなさすぎるし、全体的なバランスの悪さで今日は狙われていた気がします。

年齢など考えてもジローのボランチスタメンはもうなくていいと思う。

点が取れないのであれば前と後ろのつなぎ役として兵藤をボランチに下げて欲しい。

あとは、山瀬のFW起用もそろそろいいかな。

今日も後半頭から小野と交代させるべきではなかった。

変えるのであればジローと小野を変えて山瀬を2列目におきたい。

小野は今日は何もできなかったですね。時折、お!?と思わせるプレーはあったけれども。

ま、なによりも2点取られて相手引きこもってスペースはないし、そもそもボールが回ってこないしではありますが。。

あとは、狩野!!!!!!!

今日もベンチ外なんて、どうかしてる。

俊輔は今、どう考えても90分フルでは持たないし、変わりのできる狩野はベンチには入れて欲しい。

いや、先発で見たいよ。

もう今の構成は限界です。

くいもの屋わん 六本木店

こちらのお店に行ってきました。

個室のある 居酒屋 くいもの屋「わん」|クーポン・飲み会・各種宴会

前回の送別会に続き、わん。

今回は送別会と誕生日会を兼ねていました。

最近、仕事終わりに飲みに行くことがかなり減っていますが

やっぱりこういうふうにみなで集まるのは楽しいものです。

いろいろと話を聞けたし、楽しかった。

次はまた送別会になるのだろうか、単純に誕生日会になるのだろうか。

トイ・ストーリー3

午前中から1、2と見て3を見に新宿へ。

映画見ました。

Disney.jp | トイ・ストーリー | ディズニー・オフィシャル・ホームページ

前作までとちょっとテイストが違うなと思いましたが、2はもう10年ほど前なのを考えると当たり前か。

アンディも大人になって、おもちゃもかなり少なくなった。

終盤、ゴミ処理場で焼かれてしまうのも一つの結末としてありなのかなぁと思った。

あそこで、リトル・グリーン・メンが助けるのはちょっとつまらない気がした。

あまりに幼稚すぎる展開。なんて思ったけれどディズニー映画なので当たり前か(笑)

ま、ハッピー?エンドで、きちんとアンディの元へ戻り、アンディ自らがお別れを選んだ。

幼稚すぎる展開とは思ったけれど。

結果。

泣いた。

前作からだけれど、子供より、大人の方がいろいろと感じるものは大きい気がする。

自分が使っていたおもちゃのことを思い出したり。

このストーリーだと、捨ててしまったおもちゃたちのことを考えて少し怖くなる気もする。

なんにせよ、よい映画。得るものはあると思う。

にしても、ここのところピクサーの映画をDVDで立て続けに見てたけどかなりおもしろい。

世界観がよいです。

特にモンスターズインクが一番だった。

なにやら続編が製作されるらしい。

2012年だけれど、見たい。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第14節第1日

20100724marinos vs gamba_20

劇的な試合。ロスタイムに勝ち越すなんていつ以来だろう。

そんな試合の前に、今日は初めてチアを見たりしました。

20100724marinos vs gamba_1

チアやってる人っていっぱいいるんですね。

こんなに早く会場に来たのは初めてでしたが、今までにない経験で新鮮でした。

というわけで、試合に戻ると。

ワールドカップでの中断後初観戦。

前節は広島にぼっこぼこにやられてガンバ。

なにやらこの試合もボコボコにやられるのではないかという予感。

前半はボコボコだった。点が入らなかったのがなによりの救いという展開。

ジローボランチは守備は意外とまともだけれど攻撃が。。

DFラインからボールを頻繁にもらいにはくるのだけれど、前にパスが出せない。

とはいえ、前半は前でボールが収まりませんでした。

俊輔はあいかわらず、ボールを簡単にロストするし、

兵藤は割とボール持てていたけれど、あと一歩行って欲しいところで行けない。

千真はキープが下手。小野に攻撃を任せるのはコクです。。

けれども、小野は存在感ありすぎでした。

チーム最多のシュートを打ったところもそうです。

高校生でトップでやれる技術的なことはもちろんのことですが

メンタルが強い。ふてぶてしい。特にマリノスではいないタイプかと(笑)

アシストの他にもポストにあたったシュートもあったり、

今節は自信を持てた試合になったと思われる。

後は、早目に点を取るかどうかで今後の成長が変わりそう。

後半は、ガンバがなぜか止まった。カウンターの一発だけ気をつけていればよい雰囲気。

それでもPKを外したりでイヤなムードはぷんぷんしていた。

最後の最後、天野はよくあそこきていた。小野のシザースもよかった。

そういえば、小野へのパスは俊輔から。試合中も何度かあの感じのパスは出していたけどやっと実った。

けれども、数回の決定的なパスのために今の俊輔を出し続けるのは怖すぎる。

単純に狩野使って欲しいなぁ。

つけ麺屋 やすべえ 下北沢店

最初は餃子食べようと思ったけれど王将が並んでいたので別のものに。

銀だことラーメンの選択肢があった中でラーメン。

こちらのお店に行ってきました。

つけ麺屋 やすべえ 渋谷 新宿 高田馬場 池袋 水道橋 赤坂 下北沢 練馬

20100724みそつけ麺_3

最近つけ麺多い。

なんでだろうか、無性に食べたくなる。

味噌味にしました。

つけ麺の種類で味噌があるのってあまり多くない気がする。

味はかなり甘め。辛めもあったのでそっちにすればよかったか。

つけ麺は最後の方、麺が水っぽくなるのがイヤ。

その辺、きちんとしてくれているところだとよい。

IKEA港北

日産スタジアムでチアを見てからIKEAへ。

いい買い物をしたので、ちょっと小腹を満たすかということで。

こちらのお店に行ってきました。

IKEA港北

20100724ソフトクリーム_2

ソフトクリーム食べて。

20100724シナモンロール_2

シナモンロール食べて。

安さにつられて、みんな食べるんだろうな。

ここでお金を落とさせているのも効いていそう。

ちりも積もれば山となる。

名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉

本を読みました。

名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 (光文社新書)

本を読んでないな〜と思って

免許更新に行くのに本を持って行ったら

移動の時間だけであっさり読み終わってしまいました(笑)

引っ越して思うのは、やっぱり片道一時間くらいは電車に乗るくらいでいいんじゃないかということ。

2年間。電車では本を読むという習慣があったため、もはや電車でないと本読めないくらいになりつつある。

がんばって家でも読まないと。

で、この本。

結局のところ最近の学生はみたいなことを言って嘆いても

その嘆き自体は大人が作っているものなのだと感じた。そう書いていると思う。

大学に入ることを目的に勉強させ続けていることがダメだというのは社会にでれば誰もが感じることだろうのに。

それが、直らないのは不思議に思う。

大学が完全にムダになっている。

専門的に学んだことが社会に出たときに役に立っている人は少数派であろう。

高校をでて、そのまま就職した方がどれだけよいか。

仕事の経験を積んでいたほうがどれだけよかったか。

今、自分自身はそう思っている。

けれど、実際高校でてそのまま働けるかというと働けない。

働くためのパスを取るがためだけに大学があるだけ。

学歴が大事じゃないというのも、働いていればわかる。

けど、変えられない。

どこに悪があるのだろうか。

乱反射ガール

今日来たもの。

乱反射ガール(DVD付)

その気じゃなかったけれど落札できてしまって購入。

このインタビューにもあるように

土岐麻子 『乱反射ガール』 – インタビュー – TOWER RECORDS ONLINE

80年代のCMっぽさは確かに出ている。

その頃に抱いていた憧れを落とし込んでいるらしい。

自分自身も80年代ではないけれど、昔の町に対する憧れ見たいのが心のどこかにあるのは感じている。

90年代の。

昔の町。とはいえ、それは自分で見た、感じた景色であったりではなくあくまでもテレビを介していたものだと思う。

すごいキラキラして見えていた、今も見えている気がする。

現在、感じるキラキラの方がキレイというかクリアなキラキラであり

イメージの中にあるキラキラは色あせてはいるのだけれど、わくわく感が段違い。

いろんなことを見知った今と、世界が極端に狭かった昔の差なのだろうか。

そんなことを思わせてくれた、久しぶりに買ったCD。

9月にライブがあるよう。ワンマン行ってみたい。

9月はドーパンもマスドレもあるし、ライブ抑えないといけない今は悩みどころ。

ただ、行ってしまうのだろう。

ap bank fes’10 @つま恋

ap bank fes ’10 – エコレゾ ウェブ

20100717ap bank fes'10_5

見たの

Bank Band
世界の終わり
Bank Band with Great Artists 1
阿部真央
FUNKY MONKEY BABYS
MONGOL800
Mr.Children
Bank Band with Great Artists 2
Cocco
横山剣
Bank Band

Mr. Childrenのセットリスト

シーラカンス
PADDLE
僕が僕であるために
横断歩道を渡る人たち
I'll be
365日
声
Worlds end

参加するのは5年目です。

今まで参加した中で、一番暑かったのは間違いない。

気温の話ですけど。

20100717ap bank fes'10_3

なんだかんだでライブ開始ぎりぎりにつきそうだなぁと入場したときは思っていたけれど

ライブエリアに入るまでが大変でした。

20100717ap bank fes'10_7

去年は完全に迂回しなくてもライブエリアに行けたのが今年は回り込まないと行けなかったのです。

結果、2007年のとき以来で、初めの演奏見れませんでした。

ちょうど、演奏終わってはけていくときにライブエリアに入りました。

カルアミルクはちゃんと聞きたかった。

会場は、今年はブロックがなくなり、そしてステージが2つになりました。

これはすごしやすくなったとは思います。

全力で行く人は立ち見エリアの真ん中によってゆくので端の方はガラガラです。

なので、横はシート敷くエリアと化しました。

20100717ap bank fes'10_16

まぁ、全然込んでいなかったので、そのへんはこれでもよい感じでした。

ステージ2つは片方が使っている間にもう片方でセッティングできるので

進行がスムーズになりました。待ち時間を感じないのがよい。

ライブ自体の盛り上がりは周りを見るといまいちだった気がします。

アーティストがいわゆる大物というのがいなかったのと

ミスチルのセットリストもシングル曲なしだったりしたのもあったのでしょう。

個人的にはこういう方がおもしろいからいいです。

これはたぶん、毎年行っている側からの意見かしら。

Coccoは異次元でした。常識でははかりきれない感じ。

あとは、ファンモンも意外によかった。

曲はどこかーーで聞いたことあるくらいで、特に知らないのですが人気あるんですね。

そして、ホントにケミカルは踊っているだけなんだ(笑)

DJセット触るのかなと思ったら下にある水を取り出すだけだったり。

単純に、あれだけ全力でやってくれてるいると。

そして、それが感じ取れるのが見れると。

あまり興味がないジャンルでも受け取れるものも多いです。

根性論とかあまり好きではないけれど、そういうのってやっぱり大事だなと最近思うことが多い。

あとは、やっぱり八王子っぽい(笑)

そろそろ。

毎年行かなくてもいい気がしています。

今回はレミオロメンを見ずに、そこを食事時間にしたりもしたのですが

ずっとライブを見るのではなく、もっとワークショップとか参加する楽しみ方もあるのかなと思う。

チケット買わないで会場にだけくるというのもありかもしれない。

やっぱり初めの頃と比べると、これは比較しようがあることではないけれど

いろんなものが違うかなと思うことが年々増えてきます。

そんなふうにも思った今年のapでした。

20100717ap bank fes'10_21