一人旅 2014夏

栃木・宮城・群馬に行ってきました。

四国に行こうかと思っていたけどお盆時期でいろいろ高くてやめにして。

去年同様に秋田行こうと思っていたのだけど

例のごとくプランがうまく合わずに断念。電車取れないとは思ってなかった。

秋田行くにしてもメインの目的は仙台戦なのだけど、仙台は割と行っているので、他をどのようにするか悩んだ結果地味な感じでちょこちょこ寄ることに。

まずは、宇都宮。

餃子食べるだけでは・・ということで向かった城跡はこれまで見た中で一番しょぼく。

これをわざわざ復元してまで造った意味ってあるのかと思いつつあっという間の栃木を後に。

あっという間に午後になって着いた仙台。

仙台自体を観光はしたことはないので、とりあえず伊達さんを見に行くと、とんでもない坂道。

平泉を超えるんじゃないかというくらいの道が一番の印象です。

メインであるサッカー観戦は、スタジアムの雰囲気のよさと共に、サッカーも試合通して白熱した展開。

そしてロスタイムで勝ち越す!という最高の結果ですごい満足。

帰り道も長いこと電車乗ったので試合2回見直すほどでした(笑)

泊まった満喫まで行く道はこれまで経験した中で一番暗い道だった福島から2日目はスタート。

朝一で出発してやっとのことさで着いた高崎はもうお昼。

高崎パスタで腹ごしらえしつつ、目的地まで更に電車で一時間。

世界遺産の富岡製紙場へ。

百年前の建物がほぼそのまま残っているらしい。

基本的には観光名所興味ないんだけど、こういう昔からの建物とかを見るのは、なんとも不思議な感覚でロマン感じたりするのでいいですね。

いつも通り、あっさり一回りだけしただけですがw

という感じでこの旅は終わり。

時間ギリギリなタイミングが多かったけど、珍しくノーミスで効率よく回れたのがよかった。

次はどこへ行こうかしら。

シャンゴ アグーリ by SHANGO店

富岡製紙場への電車は一時間に一本。

高崎着いたタイミングでご飯にしないと変なタイミングで食べるはめに。

食べたいものを含め、駅に着くまで時間をシュミレーションしまくって、食べても間に合うと判断。

こちらのお店に行ってきました。

群馬の老舗イタリアンシャンゴ – TOP

高崎がパスタが有名ということなんて知らなかった。

パスタにカツってどういうことなのだろうと思ったけど、普通にいけました。

濃い味のソースでもはやご飯でもいいんじゃないかと思ったけどうまい。

量も多いし、大いに満足。

ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス @ユアテックスタジアム仙台

今回の旅のメイン。2年前の旅で試合見に行った割にめんどくさくなって行かなかったリベンジでもある。

ラフィーニャ、学がケガでいない中で、苦手な仙台。

嫌な雰囲気でまくりの中、最後の最後でよく勝ち越しました。

スタジアムの雰囲気もすごくいい、こりゃ選手もテンション上がるだろうな。

試合としても90分通じて緊張感が切れることなくおもしろい試合でもありました。

その中でも、マリノスの守備が光る。

中町、小椋のボランチが効きにききまくっている。

去年なかなかチームの勢いになじめなかった小椋が、チームのよさとして輝きを発揮。

ボールを奪うという元々のスタイルに加えて、本当に今はボール回しもうまくなった。

周りもちゃんと小椋にボール預けるようになったね。

セカンドボールが笑ってしまうくらい拾えているし、相手にボール回させないプレスが90分通じてできるようになったのが今の強み。

ボランチだけでなく、ストッパーの2人も圧倒的な強さでした。

勇蔵はなぜだかロングフィードもやたら精度がよかった。

ラフィーニャいなくなって最後のフィニッシュのところでしとめきれなかったけれど、

こういうときこそセットプレーで仕留めるという最高の流れ。

俊輔のキックの精度がこの試合は抜群によくて、蹴った瞬間にゴールに入るイメージが湧くボールの軌道はもはや芸術もの。

最後点入ったシーンもボール蹴る前から雰囲気ありました。

これで3連勝。なかなか順位は上がってこないけれど、中位が団子状態なので一歩抜ければ、一気に順位が上がる。

ナビスコでリーグ戦はちょっと休みになりますが、もう一踏ん張りしたいところ。

宇都宮餃子館中央店

旅の始まりは餃子から。

こちらのお店に行ってきました。

宇都宮餃子館 | 通販、お取り寄せ、店舗情報

やっぱり宇都宮来たので餃子食べたくて。

朝からやっているのはここくらいなもんってことで、9時とかでもそれなりに人がいました。

焼き、蒸し、揚げとまんべんなく食べれるセットメニュー。

食べ始めいまいちだったけど、食べ続けるうちにどんどんうまくなっていった。

よくわかりませんがw

けど、餃子って最終的に家で作るやつが一番うまい気がする。

青葉亭 仙台エスパル店

仙台の観光もあっさりすませ、試合前の腹ごしらえ。

こちらのお店に行ってきました。

牛タン専門店|仙台発祥牛たん「青葉亭」

仙台来るといつも普通の牛たん食べるからちょっと趣向を変えてたんかつにしてみました。

悪くはないのだけど、これならやっぱり普通の牛たん食べればよかったというお味(笑)

住みたくない

予定していたよりも時間がかかってしまったけれどまた新たな町に住むことに。

前回より高いけど、部屋のランクはダウン。。

網戸がないってどういうことよ。

町としてもあまり住みやすい感じしていないんだよなぁ。

というわけでもう結構住たくなくなってきたりしている(笑)

今まで住みたくないって思ったのはないのにね。

一年がんばれるかしら。

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @ニッパツ三ツ沢球技場

去年のようなサッカーができるようになってきた。

前から奪えるようになって、点を取ったらしっかり逃げ切る。

ま、結局はラフィーニャって話なわけですが。。

今シーズンチャンスはなくはないわけで

マルキいなくなって決めれるときに決めれていなかったのがやっぱり勝てなかった原因なんだなと思えてしまう。

マルキより若い分、荒さはあるし守備面ではまだまだだけど、それを補うだけのフィジカルがある。

そんなたいした接触ではないかと思ったけれど交代してしまったのでケガが心配。。

ラフィーニャいないと今の雰囲気なので。。

ラフィーニャ以外の話をするとコメントでボランチのところで奪おうという作戦がかっちりはまる。

小椋と中町が一番当たりやすい相手だったかも。

やっぱり川崎は独特なボールの持ち方、回し方だし、ちょこちょこ外されることはあったけど

ボール持ってくれて簡単に蹴ってしまわない分、つぶしに行ける時間もそれ相応にある。

そこで2人の守備がうまく対応できた。

富澤戻ってきたし、そもそもボランチは激戦区だけどこの感じがコンスタントにできるのであればこの2人からポジション奪うのは難しそう。

少しずつベンチ入りするようになっていた喜田もリーグ初出場したし、今年は競争がうまれているのはマリノスには珍しいこと。

いい流れ、このままのっていきたいところです。

最後に。今日の雰囲気は最高でした。

三ツ沢の近さもあったけど、神奈川ダービの熱気、最初から観客のアドレナリンも全開!といった感じですごい楽しかった。

あと、一平くんにも会えました。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

ちょうど3ヶ月ぶりの日産スタジアム。

やっぱりネルシーニョの采配はすごいわ。

交代で何から起こせる。

マリノスの方はというと去年に比べると交代できる選手は増えたのだけれど。

基本ビハインドで攻撃の枚数増やす意外では、意味のある交代はできていない。

せった展開で使える使える選手がいないんだよなぁ。

先発メンバーのバランスがいいので、交代させるといっきに崩れそうな雰囲気が見ている側も感じる。

今日も結局、相手のペースになっている中、運動量が落ちてくる中盤の時間帯に交代できずに後手を踏んでいるところで追いつかれているし。

再開後は同じような感じばかり。

守備がとにかくやばい。ここ我慢すればというところでこじ開けられている。

下平の集中力と、あとはボンバーの衰えなのだろうか。

ボンバー去年は前半戦よくなかったけど尻上がりにこれまでの安定感取り戻せてたけど

今年は序盤からまだまだやれるなと思っていたけれど、平均してレベルが落ちつつあるかも。

あくまでもマリノスは守備のチームなのだからここが締らない限りは上にはいけそうにない。