横浜F・マリノス vs ヴェンフォーレ甲府 @ニッパツ三ツ沢球技場

予想された結果になってしまったという試合。

俊輔いなくて、学もベンチからということで

2トップにしたはいいけどどうやって攻撃するんだというメンバー。

甲府が引いているおかげでパスが回せているように感じるけど

バイタル手前のところまでで、そこから先へは進めず。

夏場の連勝のころはそこにも行けていたので、それはメンバーのせいでしょう。

ラフィーニャ、俊輔、学、中町。

改めて名前出してみるだけで、別チームになりそうに感じる。

今シーズンはメンバー変えてもなんとか試合できるようになっては来てはいる。

ゲームの作り方は全く別にはなるが、俊輔いなくとも去年よりは中盤で戦えるようにはなってはいる。

ただ結局FWだよなと思う。連勝もラフィーニャ頼みではあったし。

シュートまでいけない伊藤翔、高いけど強くない矢島の2人を見ていて、もう言葉がなかなか見つからない。

それであればもっと仁を使ってくれた方がまだ可能性ありそうに感じるし、楽しめるんだけど。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @日産スタジアム

ホントよく勝った。

アントラーズ戦よりは全然よかったですが、前半からサンフレッチェの守備を崩せる気配が全くなく。

ボランチのところで持たせればなにもできないので、それを狙われた感じ。

三門はボールの持ち方からして前にはパス出しませんよというのが目に見えていすぎる。

シーズンも終盤に差し掛かってますが、正直、三門のよさが全くわからないです。

パス出せないのはともかくとして、守備がそんなにすごいとも思わないし、運動量も多い感じもなくなんとも言えなさすぎ。

俊輔いなくなった後半は久しぶりの優平の全力疾走、藤田入って2トップになって前から圧力かけれるようになって

連勝中にあったチーム全体としてのバイタリティみたいなのを、少し感じられるようになりましたが

どうも感じなところで合わない、ボールがこぼれてこない。。

守備しているときは相変わらずの小椋のボール奪取力と今日はボンバーも球際すごく強くてボールが取れるのが

攻めのシーンだとセカンドボールがことごとく相手にこぼれてる。

チーム状況象徴しているなという感じで寿人入ってからはやられませんようにということだけ祈る感じになったところでまさかのPK。

兵藤が蹴るのかなと思ったら翔さんがボール置きに行ったので、その瞬間は一昨年の小野と同じように外すシーンがよぎりましたが

心配になる蹴り方だったけどなんとかゴール。

これだけですよ、これだけ。

それでも勝ってしまう、点が入ればいいんだ。

これで雰囲気上向くか。

すぐ週末も試合があるのが逆にいいかもしれない。

今年ラストの三ツ沢でしっかり連勝したい。

テルマエ・ロマエII

2本目。

映画見ました。

映画『テルマエ・ロマエII』公式サイト

いかに阿部ちゃんで笑いを取るかというのがこの映画のポイントだと思うのだけど

笑いの取り方が一作目と比べて当たり外れあったかな。

原作知らないけど、正直ストーリーとかどうでもいい前提で見てしまっているので物足りなさが残りました。

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜

初の中目黒シネマ。

映画見ました。

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』公式サイト

矢口監督作品らしい笑いのとりかたがほぼ外れなし。

山場らしい山場がほぼなく進むのだけど、笑える作品だからそれはそれでよかった。

出ている役者が全部はまり役でストレスなく見える作品。

長澤まさみいい女だわ。

フライト・ゲーム

六本木は夜でも映画に見に来る人たくさんいるんですね。

映画見ました。

映画『フライト・ゲーム』 大ヒット上映中!

久しぶりにシンプルなやつで当たりだった。

スマホでの画面上のやり取りを、画面内で見せるのではなく普通のシーンの画面上に出す見せ方は案外見たことない割にすんなり入る。

最後、犯人が事件を起こした理由が伏線もなにもないし、納得感はなさすぎたけれど、全体と押してテンポよいし、

この手のやつにありがちな女のコもかわいかったし、CAもすごい好みの顔立ちでそんなんもよかったw

爆弾爆破してからの飛行機着陸せせるまでは、見ながらついつい足踏ん張ってしまう迫力。

こういうシーンでよかったのフライト以来。

やっぱ映画館近いと映画見に行く気になるね。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

思い起こすと、名古屋相手にホームで勝ったのって

ピクシーが革靴ゴールして、狩野がロスタイムに点決めた2009年以来。

アウェイではそんなに負けないんだけどね。

ナビスコでは結果惨敗だったけれど、リーグは実は3連勝していたわけですが、そのときの勢いが完全になくなってしまった。

レイソルみたくプレスかわしにきたでもないのに、あれだけ効いていたプレスは見る影もなく。

蹴った瞬間ゴールがイメージできるくらいのキレがあった俊輔のFKも今日は一番手前で弾かれるし。

俊輔やっぱケガの影響が見えているのでちゃんと休ませてあげたい。

フィジカル期待されている矢島も全くトゥーリオに勝てないし、これなら初めから伊藤使って今まで通りやった方がよっぽどよかった。

何も得るものがないとはこのことかという試合でした。

日本代表 vs ベネズエラ代表 @日産スタジアム

アギーレジャパンになりましたね。

ワールドカップ行ったのがあったけど、国内で代表見るのはブラジルワールドカップ予選以来で2年ぶり。

考えてみると、監督交代下直後のタイミングで代表戦見に行っているの多い。

オシムの初戦、岡田ジャパンになって2試合目、ザックのちょい手前で原博実が代行した試合。

そして今回はアギーレになって2試合目。

メンツ変わり過ぎてチームにまだまだなっていない。

前半なんて、本田、柴崎くらいしかゲーム作れる人いなくて他の中盤はパス出せない、FWは基本受け手で悲惨なものでした。

後半は武藤がドリブルできるのと岡崎の動きもあって、ゲームが作れた訳ではないけど動き出す。

武藤は今何しても上手くいく時期なのではないだろうか。

あの思い切りのよさは自分に自身がないとでてこない。

柴崎もやっぱうまいなぁ。ミスもあったけど、パス散らせるし、

点も取ったし代表でも中心になってもらわないと、さすがに遠藤は次はないと思うので他に人材がいない。

他の選手で気になったのはいないというか、代表ってこんな下手だったけと思った。

ベネズエラが南米らしいテクニックを見せてくるのに対して、チームとしてできあがっていなさすぎるとはいえ日本は単に下手。

今後の伸びしろもないように感じてしまった。

アジアカップ行こうと思っているけど、優勝は厳しいかな。

味噌一 中目黒店

柏までの遠征だったので帰ってから飯作るのはいいかなと思って

引っ越し後、初の外食。

こちらのお店に行ってきました。

味噌ラーメン専門店 味噌一

なんでこんなにラーメン屋あるの!?ってくらいラーメンばっかあるね。

中目に住んでいる間で確実に全部はいかないだろうな。

久しぶりに味噌らーめん食べました。

豚骨とかまだ知らない子供の頃は味噌が一番好きだったんだけど、

そんなに魅力を感じなくなってしまった。

柏レイソル vs 横浜F・マリノス @日立柏サッカー場

やっぱ勝てなかった。

先制したこともあり、振り返るとスタメン5人がいないというのがそこまで気にはならなかった。

もう見ることはないのだろうと思っていた矢島スタメンとかわけわからないなと思ったけれど

小椋、喜田、奈良輪という100%の力でボールに向かってくる選手がそろった中盤は、きちんと戦えていた。

まぁ、パスが回せないのでゲームは作れない。やっぱり淳吾と最低もう一人いないと。

淳吾は使う側だけになると厳しいなぁ、ボールを引き出してなにかするタイプでもあるので。

チャンスはなくはなかったし、こちらが前掛かり行かないと行けない状態だったにせよ、相手はチャンスをきちんと決めた。

サイドバックの裏ひたすら狙われているだけなのだけど、ライン下げるわけでもなく、毎度同じことの繰り返し。

レイソルがこれ一番うまいんだけど、何年も弱点が同じなのはもうこれは捨てているということなのか。

ボール保持することで相手に何もさせないとかいう理想を追い求めているのだろうか。

これでトーナメントも全滅、今年はACL出場権取れたらラッキーといったところか。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @ニッパツ三ツ沢球技場

やっぱレイソルに勝てない。

ここ数試合効きに効いていたプレスをかわされてしまった。

サイドに蹴られて走らされてしまった。

そんな中でも俊輔の技術が光りまくっていたので、前線でためは作れていたけれど

後半開始でまさかの俊輔交代で一気に後手を踏むしかなくなってしまった。

選手交代で俊輔がコールされたときの会場の絶望感足るや否や。。

替わりに出たのが一番足元ない三門というのもあって、三門のところで流れがどうしても止まってしまう。

仁入れるなり、藤田入れてツートップにするなりした方が結果論だけどよかったのだろう。

時間が経つにつれて淳吾のプレーに周りが慣れ始めた雰囲気もあったけど

ボンバーのポカミス、勇蔵の退場があればこのメンバーではこうなるだろう。

というか去年のナビスコくらいのスコアにもなりかねなかった。

一点差なので0-4から2戦目向かった一年前に比べれば全然希望が持てる。

パンゾーのクロスから中町ゴールは去年のホームで決められなかったかたちからの前進ととらえよう。