横浜F・マリノス vs 柏レイソル @ニッパツ三ツ沢球技場

やっぱレイソルに勝てない。

ここ数試合効きに効いていたプレスをかわされてしまった。

サイドに蹴られて走らされてしまった。

そんな中でも俊輔の技術が光りまくっていたので、前線でためは作れていたけれど

後半開始でまさかの俊輔交代で一気に後手を踏むしかなくなってしまった。

選手交代で俊輔がコールされたときの会場の絶望感足るや否や。。

替わりに出たのが一番足元ない三門というのもあって、三門のところで流れがどうしても止まってしまう。

仁入れるなり、藤田入れてツートップにするなりした方が結果論だけどよかったのだろう。

時間が経つにつれて淳吾のプレーに周りが慣れ始めた雰囲気もあったけど

ボンバーのポカミス、勇蔵の退場があればこのメンバーではこうなるだろう。

というか去年のナビスコくらいのスコアにもなりかねなかった。

一点差なので0-4から2戦目向かった一年前に比べれば全然希望が持てる。

パンゾーのクロスから中町ゴールは去年のホームで決められなかったかたちからの前進ととらえよう。