柏レイソル vs 横浜F・マリノス @日立柏サッカー場

やっぱ勝てなかった。

先制したこともあり、振り返るとスタメン5人がいないというのがそこまで気にはならなかった。

もう見ることはないのだろうと思っていた矢島スタメンとかわけわからないなと思ったけれど

小椋、喜田、奈良輪という100%の力でボールに向かってくる選手がそろった中盤は、きちんと戦えていた。

まぁ、パスが回せないのでゲームは作れない。やっぱり淳吾と最低もう一人いないと。

淳吾は使う側だけになると厳しいなぁ、ボールを引き出してなにかするタイプでもあるので。

チャンスはなくはなかったし、こちらが前掛かり行かないと行けない状態だったにせよ、相手はチャンスをきちんと決めた。

サイドバックの裏ひたすら狙われているだけなのだけど、ライン下げるわけでもなく、毎度同じことの繰り返し。

レイソルがこれ一番うまいんだけど、何年も弱点が同じなのはもうこれは捨てているということなのか。

ボール保持することで相手に何もさせないとかいう理想を追い求めているのだろうか。

これでトーナメントも全滅、今年はACL出場権取れたらラッキーといったところか。