ドイツ代表 vs ポーランド代表 @Stade de France

いまいちだったなぁ。。点が入らないくて。

馬鹿騒ぎっぽい感じはあるけど、現地の応援はかなり熱く。

ポーランド側にいて、ドイツがボール持つたびにブーイングがすごかった。

イスをばしばし叩く応援は、初めは飛行機が通過した音に聞こえて思わず空を見上げてしまうほど。

注目していたのはクロースとミュラー。

クロースはボール持つのうまいし、取られる雰囲気がない。

展開力も半端なくてなんであそこまで落ち着いていられるのか。

ミュラーは想像していた以上に走っていて、ここぞというところに入れる選手。

あとは点が取れればというところ。

ドイツが圧倒的なポゼションの中、やっぱりゲッツェだけだと前でボール落ち着かせて、押し込んでいくところまでいけなくて厳しい。

レバンドフスキがドイツにいればなぁというところ(笑)

結局、ポーランドに耐えられて終わってしまったのがそう思わせる全て。

期待はずれではあったけれど、サン・ドニの悲劇があった場所で試合見れたのは感慨深いね。