横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @ニッパツ三ツ沢球技場

内容なさすぎだけど3連勝!

なんでか勝っている。

ここんところずっと続いている試合序盤の集中力のなさ。

これまで中でも今日は選手の距離感が悪すぎた。

後半俊輔入ってこうもボール落ち着くもんかというのを見せつけられたけど、2トップ?はダメだろう。

トップ下のときと比べて守備を全然しなくなってしまう印象。

少し前目にいる分、戻る距離が長くなって戻りきれない。

2点目が異様にあっさり決められて、ダメだこりゃと思ったら。

これまたあっさりカイケ。

この試合、ここだというところで確実に負け続けるプレーでどうしたもんかと思ってたら、入るとkは入るもんね。

マルティノスにスペースある状態で1対1やらせたら止められない。スピードが段違い。

かたや学も力強さか目立つし、このサイドアタッカー2人は脅威かも。

PKは家本劇場な感はありましたが、結果蹴り直しもあり2本も俊輔のPKを観れたのはありがたい。

最後も学、真ん中で伊藤翔が合わなかったときはやっぱり持ってないかと思ったけど、それも一瞬のできごと。

逆サイドのアタッカーがゴール前入ってきて点取るなんてかたちマリノスっぽくなさすぎる(笑)

ロスタイム入っても勝てる雰囲気はあったのよね、三ツ沢だからかな。

点入った瞬間叫んだのは久しぶり。2点差ひっくり返すのみたのなんていつ以来だろう。記憶にない。