横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @ニッパツ三ツ沢球技場

春の訪れで暖かくなってきたおりに、風が冷たい夜。

そんな中でお寒い試合を見てしまった。

去年に引き続きリーグでは出れないサブ・若手たちでの編成。

今日の試合見て去年はよく予選突破できたなと思った。

とはいっても去年は兵藤、哲也、天純なんか出てたわけで、後半戦は試合出るようになった選手たちがいたし、今年よりは経験のある選手は多かったか。

今年は本当に若手たちだけで、ベテランは勇蔵くらい。

扇原はそれなりだけれど、いっても今年移籍してきたばかり。

ボールの出しかた見るとやっぱり期待してくなる雰囲気あるけど、このメンバーだと負担でかすぎるか。

前半は風上に立っていて遠藤、海夏とサイドがそれなりにアグレッシブに攻めていたのだけど、ちょっとしたミスから入れ替わられてあっさり失点。

そこが全てだったか。風上にいるうちに点取らないといけなかった。

後半も終盤やっと盛り返し始めたところでCKから失点。典型的な負けゲーム。

ちょっとジョンスがひどかった。

足元のうまさが裏目に出て、変に持ちすぎて逆に苦しいパスを出してしまう。

出して側の問題でもあるけど、去年の出来を見てるとかなりの劣化っぷりに見えてちょっと心配なくらい。

今年はさすがに突破できないかなぁ、普段出ない選手見れるのは楽しんだけど、やっぱり勝ちたいよね。