横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170920横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_9

ウーゴ様様。

久しぶりの2点差からの逆転。

去年の神戸線以来かな。

出だし攻撃はそんなに悪くなかったけれど、守備ががたがた。

バブンスキーボランチ起用はないというのがわかった試合。

喜田死ぬんじゃないかというくらい走り回ってた。

前節守りきれなかった結果からよくこのデキまで持ってきた。

2失点ともミロシュの落下地点予測の弱さから。

これどうしたもんかなぁ。

勇蔵がケガがちだから使わないという選択肢もないし、外国人枠使っているのがもったいないという感じになってきてしまっている。

そんなあっさりした2点取られたけれど、三ツ沢だからかそこまで悲観的な雰囲気にはならず一点取れば感じはあった。

その一点が後半まあまあ早い時間に入って押せ押せ。

渓太と前田が右サイドを制圧。

いけいけなのでカウンターでやられそうなシーンもあったけど、飯倉のセーブと相手のミスでなんとか3点目は取られない。

後半早々、扇原準備してたけどチャンス続いたこともあり残したバブンスキーが相変わらず弱点だったけど、そこもなんとかしのぐ。

ケイマンいれてからの2トップ。学が右へ移っての布陣やっつけな割には結構よかったんじゃないか。

やはり前線に二人いると厚みが出る。マルちゃんだと合わなそうだけど、リーグでも試してほしい。

そんなこんなで試合間際に学の仕掛けからウーゴ!

ああいうの決める位置にはこれまでも結構いるんだよな、ウーゴは。

学がシンプルにパス出さないからシュートにすら行かないけれど、このシーンをもっと作れるはず。

延長入ってからは両チームともぼろぼろでどっちにこぼれてもおかしくなかった。

最後飯倉のパントからあの時間帯でちょっと追いつくことすらないかと思ったウーゴはよく走った。

それだけでなく、あそこから打つとは。

まぐれかと思ったけど、リプレイ見るとアウトにかけてるし。

なんだかんだでシーズン15点取ってしまっているのもストライカーらしい。

リーグの強い相手にももっと点とるとこ見せてほしい。

フロンターレの大敗、レイソルに勝ち切れずと悪い流れの中、この大逆転劇がどういう結果になってくるのか。

土曜の甲府はそれを試すのにうってつけな相手なはず。