横浜F・マリノス vs FC大阪 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180606横浜F・マリノス vs FC大阪_9

去年に引き続きFC大阪戦。

去年はそんな天皇杯で苦労した感覚なかったのと、あっさり点入ったので楽に見れるなと思ったら。

バブンスキーサイドバックと和田のアンカーというはちゃめちゃなメンバー構成というのもあり、あっさり逆転される。

失点に慣れ過ぎてる。

あっさり追いついたものの後半いきなりやられる。

そこから追いついたの後半30分くらいだから、久々に厳しい天皇杯の雰囲気を味わう。

和田は案外アンカーいけるんじゃないかという感じある。

守備が慣れてくれば、中町のような動きはできそう。

展開もあって交代してしまったのは残念。

バブンスキーのサイドバックは山田と同じようなことを狙ったんだけど、やはり守備がダメすぎる。

なんか一人少ないみたいな感じだったなぁ。

攻撃ではやっぱりバブンスキーいると一枚剥がせるし、展開力もあるので使いどころなんとか見つけたいところ。

そんな二人に隠れてだけど、山中が結構酷かった。

攻撃は文句ないんだけど、今シーズンは守備が軽いのが目立つ。

去年も同じようなとこはあったんだけど、狙われるようになったのかな。

代表目指すならそこ改善できないといけない。

なんだかんだで、仲川、天純まで入れた総力戦にしてしまったので、最後は力技で乗り切った感。

点は入る感覚はあるんだけど、失点このままでいいのか。

徐々に進歩してるから守備面もここから改善されてくるのかなぁ??

週末の試合が中断前ラスト。

なんとか勝ち続けたので、最後も気持ちよくいきたい。