川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

フロンターレ粉砕。

支配率も微妙だけど上回れたし、やはりボールをなかなか取らせてもらえなかった。

ただ、前半戦で戦ったときとは全然違った。

今はこちらがやりたいことができている。

これまでマテウス使ってきてよかったなという、マテウスのこの強さから先制。

剥がせるけどマリノスの得点パターンの早いクロスはなかなか苦手な感じだったけれどついにこのかたちで決めた。

松原のスルーパスはなんであんなにうまいのか。

座席的にエリキの1点目は絶妙の角度から見れた。

2点目は前半戦のマルコスのゴールと同じ流れで大津→仲川から。

DAZNで見返して解説の戸田が作ってたものが出たと言ってたのは非常に感慨深いコメント。

留めはエリキのチェイスから渓太にプレゼント。

エリキの得点関与率やばい。

初めのころは守備全然だなと思っていたけど、この短期間でよくもここまで。

フィジカルも半端ないし、エジガル万全の状態になったらどうするんだろう。

苦い思い出が多くなった等々力でここまで力を見せつけられるようになるとは。

かなり有利な状況ではあるけど、最後まで自分たちのスタイルを崩さず最後も勝利で決めたい。

ここまできたのは前半戦の最後でロスタイム追いついたところがシーズンの一つ分岐点だった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です