横浜F・マリノス vs シドニーFC @横浜国際総合競技場

オナイウと仲川が一発決めれば量産できそうと思った前回。

さっそく思っていた通りになる。

メンバーは前回と変わらず。

マリノスが強いのか、シドニーが弱いのか。

どっちもだったのかな。

怖いところは全然なかったし、点取るのも時間の問題という展開。

オナイウの1点目には間に合わなかったけど、仲川がこれまであんだけGKにぶち当ててたのに落ち着いてループでしとめるなんて。

2点目もしっかりとったところは風格を感じた。

4点取ったけれど取りこぼしている感が強いのが恐ろしい。

しかも、ここにまだパギ、畠中、エジガル、エリキがいるっていう。

梶川は飛び出しがまだ怪しいけれど、今日も決定機ストップしていたし下手するとパギからポジションとってしまうんんじゃないか。

伊藤も無理したパスがあってそこは畠中には敵わないけど、守備は強く行けてかなりいい。

オナイウは最後まで運動量落ちないし、点も決めてマリノス足りない高さを持っているのが魅力。

左サイドはやはり渓太入れる方が安定するし、どんどん自信を掴んできている風に見受けられる。

あとは今日は大津がよかった、マリノスに来てから見ていてフィジカルはあるけど、もっさりしているなという印象だったけど、今日はレイソルのときのような仕掛けていく動きがあって新鮮だった。

なんかうまくいき過ぎていて怖いな。

まだリーグ始まってないんだよ。