横浜F・マリノス vs 横浜FC @日産スタジアム

連敗ストップ。

13年ぶりというダービーで久しぶりマリノスらしさの片鱗があった勝利。

前半の前半は連敗中の流れ断ち切れないかと思った。

いきなりスタメンになった仙頭が迷子になっていて、例のごとく前からプレストサイドバックの裏狙われてイヤな流れそのまま。

ただ、今日は梶川が長めのボール蹴ったりして工夫があった。

あと前からハメられるのはここんところやられているのと同じだったけど、守備のときは3バックというのもあってか、最近見ることのなかった裏は取れていた。

仙頭が絡めるようになってきたなという頃から少しずつ盛り返し、オウンゴールで先制。

どんなかたちであれ得点が今は必要。

後半は本当久しぶりにこんな感じというサッカー。

サイド切り込めるようになったし、ネガトラでボール取り返せるようになってきた。

あれよあれよと3点取り、怪我で選手交代しなければいけなかったせいで最後は足止まってしまったのがなければもう少し行けたかな。

前節の扇原のコメントの通り、取られてもすぐプレスかけれるようになればそこまで安易には失点はない。

だいぶ距離感はよかった感じはするけど、まだまだ切れはないなぁ。

連戦でコンディション落ちているのもあるのだろうけど。

ただ、最後全然走れてないじゃんと思ったけど120kmくらい走ってはいたのか。

これで120kmというとコンディションよかったらどんだけ走れるんだろうか。

今日の怪我がどんだけのものなのか、怪我人がいつ戻ってくるのかはあるけれど、仙頭みたいに新戦力はもうどんどん使っていって欲しい。

ここから波に乗れるのかまだまだわからないけど、やっぱりマリノス勝つと気分がいい!