みっちゃん いせや紙屋町店

2日目は仕事後に原発ドームの周りを走ってから。

こちらのお店に行ってきました。

お好み焼 みっちゃん いせや

大阪でお好み焼き食べてばかりだけど、広島でも食べないと。

といっても麺が入っているから全然質が違う。

麺ダブルにしたら、またそれはそれで違う食べ物な感じ。

唐々亭 新天地店

3食外食するって珍しい。

こちらのお店に行ってきました。

唐々亭 新天地店 – 八丁堀/つけ麺 [食べログ]

つけ麺も広島は名物らしいというので初めて食べてみたけど不発かな。

辛く冷たいたれが特徴みたいだけど、いまいち食欲をそそらない。

汁なし担々麺のほうがよかったか。

サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス @エディオンスタジアム広島

今季よくあるダメな試合。

決定機はあったけど仕留められなく、そして渡辺が怪我。

連戦最後にまた怪我人というのと、中心になりつつあった渡辺というのが痛すぎる。

喜田が入ったけど、今日はボール扱いが全体的にうまくない選手構成だったのもあって、渡辺いなくなってからは可能性が見えない。

ジュニオールサントスはちょっと変わってきているけど、やはり球離れは難ありで点取れないとそこが目立つ。

大然はシンプルにワンツーで抜け出すとかに振り切ってやればいいのに。

そして天純がいまいちな日でもあった。

ハーフスペースつくシーンもなく、ボール持って前行くときも効果的ではなかった。

ティーラトンは疲れすぎだよな、キレがなさすぎる。

そして去年はあまりなかった気がするんだけど、全体的にポジション取るときに動きがかぶることが多い。

この辺練習してたら違うものなのか。

なんのために広島までやってきたんだという結果だったけど、頭おかしい連戦がやっと一区切り。

いろんなことがあったけど、これが糧になったという結果を信じるしかない。

タリーズコーヒー 広島本通店

夜行バスで12時間かけて広島。

これ考えてみると国内だと一番長い乗車時間だったんじゃなかろうか。

長旅を終えて仕事しなきゃなので場所を探して。

こちらのお店に行ってきました。

Taste The Difference | TULLY’S COFFEE – タリーズコーヒー

なんかめっちゃ広いし、コンセントがたくさんある店。

コロナの影響もあるし朝は全然人いないし、仕事はしやすい。

ホットドックはなんか淡白。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

なんか快勝した。

連戦続いていたFC東京が久しぶりに間隔空いてたのに対してマリノスは相変わらず連戦だったのでコンディションで圧倒されるかと思った。

実際、前半は危ないシーンいっぱいあったのを決定力の低さで救われていたし、前からのプレスはなんとかかわしていたけど、前線はこのメンバーだと剥がして行くみたいのができないので、なんとか耐えるという展開。

名古屋戦の自分でボール運んで行くのに対して、ボランチがドリブルできないし、前線はトラップ、パスが下手だしというメンバー構成は差が激しい。

ただ、後半立て続けにジュニオールサントス得点と退場で一気にマリノスペースになった。

1点目はゴールキックから真ん中縦に入れて、早い展開で一気に奪い切ったし、2点目も楔を前から潰して行った流れから。

相手一人少なくなったというのがあるけど、後半は縦パスが入るのが目立った。

サイドにポジションとって空いたスペースに縦を入れるというやつで、去年はこれがよくみられたなと。

名古屋戦はこれはそんなになかった気がするけど。

こうやって相手振り回せると優位性が高まるよなぁ。

交代5枠と飲水タイムがあるのでへばらせるのはなかなかできないけど。

ここにきてやっと上位に勝つようになってきた。

ACLに向けて上がり調子のままいければいいけど。

伊藤が累積になったのがどうなのかな。

ディエゴオリベイラに当たり負けてなかったし、パワー面では申し分ないし、足元はおぼつかないけど、縦パスつける意識はあるし、去年から比べるとすごい成長していて、使い続けたかったところなのに。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

今日走れるな。

試合始まって最初の感想。

ガンバ、セレッソと身体思い感じがすごかった分、そう感じた。

そして、グランパスの方が中2日でセレッソ戦のマリノスみたいな雰囲気だった。

そんなコンディションの違いもあってか、久しぶりに去年っぽい試合だった。

グランパスのコンディションあれど、選手こんだけ替えてこのサッカーできるとは。

去年のスタメン全然いないこのメンツで。

詠太郎左の方がいいんじゃないだろうか。

1対1になるよう仕向けてあげるとカットインと縦両方見せれてやりやすそう。

アシストしたクロスあれが常にできるのであれば、このまま左でやらせたい。

その得点をしたエジガルのその前のポストプレーは痺れた。

エジガルああいう状況で足が止まらずにボール細かく触ってきちんと落としができるのすごい。

今年の成績だと来年厳しいかなと思うけど、あの落としから自分で最後詰めるの見せられるとやっぱまだまだ見たいとも思う。

真ん中に一回つけられるとチームのプレーの幅広がるしやっぱり見ていて面白い。

怪我しない選手だったらなぁ。

そして渡辺皓太。

なんかもうチームの王様だった。

まだ22歳というのが末恐ろしい。

ヴェルディのときのプレー見てると去年からこのくらいできるのを期待していたけど、去年はマルコス疲れてから交代で入ってくる選手という扱い止まり。

それが、今年初めはなかなか出番なかったけど、中心といえるくらいになってきている。

どこにでも出てくるし、細かいターンが今は止められない。

シュートがもっとうまくなってくるとあっという間に海外行ってしまうんじゃないかという選手。

久しぶりにマリノスのサッカーというのが見れて気分がいい。

後もう少しで連戦がようやく終わり。

試合結果もそうだけど、こういう面白いサッカーが見たい。

セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス @ヤンマースタジアム長居

惨敗。

ガンバ戦あんだけ選手引っ張ったので今日は替えてくるかと思いきやほぼ同じメンバーで今日はもう前半からヘロヘロ。

走行距離としてはかなり走ってはいたし、瞬間のスピードはあるんだけれど、キレと強度がない。

こちらは連動したプレスになっていない中で、セレッソのビルドはうまくて全く取りどころがない。

DFラインの裏に蹴られてまた消耗するし、逆サイド狙われて一気にピンチという問題点つかれまくる。

攻撃も左サイドはティーラトンが疲れすぎだし、前のエリキと全然あわなく、右サイドも大然が守備でしか効いていないのでなにもできない。

マルコスもここのところコンディション落ちていて違いを作れず。

全体的に些細なところでずれていて、再開開始の悪い状態にまた戻ってしまった感じ。

可変でもなくほぼ4バックだったし。

リーグ でACLの可能性もほぼなく、来月のACL再開だけが照準の中で退化している感じはつらい。

ジュニオールサントスも来年いるかわからないし、ACLもメンバー上限で使えないはずなのでこのまま使うのどうなんだろう。

エジガルもACLで使えないので、真ん中はエリキを軸にシャドー・ウイングにはめる選手を探すというのに振り切らないとACLも惨敗に終わりそう。

というか今の感じだとACLまで選手持たないんじゃないだろうか。

リーグ では対策されるけど、ACLなら相手もまだそんなに対策できないんじゃないかという楽観的な考え持っていたけど、そこまで持たないと思えてきた。

今やっていることもこれまでの継続というか遺産を食いつぶしている感じで、ポジショニングやチームとしての約束事がおざなりになっているように見えて希望がないなぁ。