横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

驕りがあったな。

ゼロックスと同じでふわっとしたかたちで前半入ってしまった。

ガンバが前からプレッシャーかけてきているのはあるけど、結局失点は自分たちのミスから。

去年夏場の連敗していたときみたい。

自分たちのやることやらないうちにミスで失点しているとそりゃ勝てない。

シドニーは弱過ぎたけど、全北戦はできていたんだからやっていないだけ。

あとはターンオーバーしないと厳しいな。

しばらくACLがないのでそこで一からチームを作り直さないと。

ACLで点を取ったけれど、オナイウをもう少しフィットさせたい。

前から追うのはいいし、裏抜けも積極的だがポジションをもっと守れるようにならないと。

エジガル、エリキ使えばというのもあるけど、シーズントータルで見るとここでどれだけフィットできるかが問われる。

久しぶりに高野見たけど、展開もあるがティーラトンとは別のよさがあって控えにしておくの勿体ない。

正直最後どういうフォーメーションだったのかよくわからなかったんだけど、前線の選手をとにかく配置した割には、前でノッキングすることもなく普通に崩すかたちできてたのはすごい。

相手によっては逆三角形もう一回やっていくのもありかもな。

これで気を引き締めて一からやり直し。

王者とはいえ、驕っていい立場ではまだまだない。

自分たちのやることをやらないで勝てるような立場ではない。

横浜F・マリノス vs シドニーFC @横浜国際総合競技場

オナイウと仲川が一発決めれば量産できそうと思った前回。

さっそく思っていた通りになる。

メンバーは前回と変わらず。

マリノスが強いのか、シドニーが弱いのか。

どっちもだったのかな。

怖いところは全然なかったし、点取るのも時間の問題という展開。

オナイウの1点目には間に合わなかったけど、仲川がこれまであんだけGKにぶち当ててたのに落ち着いてループでしとめるなんて。

2点目もしっかりとったところは風格を感じた。

4点取ったけれど取りこぼしている感が強いのが恐ろしい。

しかも、ここにまだパギ、畠中、エジガル、エリキがいるっていう。

梶川は飛び出しがまだ怪しいけれど、今日も決定機ストップしていたし下手するとパギからポジションとってしまうんんじゃないか。

伊藤も無理したパスがあってそこは畠中には敵わないけど、守備は強く行けてかなりいい。

オナイウは最後まで運動量落ちないし、点も決めてマリノス足りない高さを持っているのが魅力。

左サイドはやはり渓太入れる方が安定するし、どんどん自信を掴んできている風に見受けられる。

あとは今日は大津がよかった、マリノスに来てから見ていてフィジカルはあるけど、もっさりしているなという印象だったけど、今日はレイソルのときのような仕掛けていく動きがあって新鮮だった。

なんかうまくいき過ぎていて怖いな。

まだリーグ始まってないんだよ。

全北現代 vs 横浜F・マリノス @Jeonju World Cup Stadium

ACLアウェイ初参戦。

韓国のチームのフィジカルにやられるというのを気にしていたけど、圧倒。

ゼロックスの反省を活かしてなのか前半からマリノスのサッカーで攻め続けた。

去年は初得点までにあんだけかっかった渓太が得点とオウンゴールを誘発。

他にもチャンスありすぎたけど、オナイウと仲川が決めきれない。

梶川も前半から飛び出し怪しい部分があったし、失点の原因にもなったけど、初スタメンであれだけできれば十分。

チャンスをきちんと決め切るほうが大事かな。

オナイウも仲川も一回決まればドバドバパターンな気もするし、これにさらにエリキ、エジガルもいるというのが心強い。

DFからのビルドアップも去年よりパスコース一つ増えている気がしたし、ゼロックスで扇原が点とったようなシーンがこの試合もあり、去年のかたちから攻撃の選択肢が増えている。

ので、とにかく決めきることだな。

まだリーグ始まっていない中でここまでできているのが頼もしい限り。

横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @埼玉スタジアム2002

シーズン開幕。

なんとういうバカ試合。

PK考えてもほぼ自分たちのミスとあとはイニエスタだけにやられたなという感じ。

前半はエリキ左サイドが全く機能しなくて全体的に機能不全。

オナイウは追うのはいいんだけど、まだチームとしての追い方になっていない。

オナイウ→渓太にして去年のかたちにしてからは、チームが生き返った。

久しぶりに入ったエジガルはやはりいい。

点決めてればなというのはあるけど、ボールが収まるし、守備がうまい。

収まるので去年ホームの浦和戦みたいにひたすら押し込むという時間帯もあった。

伊藤、和田もよかったし、選手変えて去年のサッカーが今の時期にできているのは進歩。

去年は選手交代で計算できるのが限られていたけど、今年はベンチに入っていない選手もまだまだ見たい選手がいるし。

負けてしまったとはいえ、出だしとしてはそんなに悪くないかな。

ただ、リーグ開幕までのACL2戦で勝たないとずるずる行ってしまう気がする。

次はACL遠征!

横浜F・マリノス vs 徳島ヴォルティス @シーガイアスクエア1

初キャンプで試合見学。

新加入選手とか気になるよね。

前回は昨シーズンのメンバーと混ぜこぜだったみたいだけど、今日は去年のメンバーをベースに。

雨だったりまだキャンプ中だったりで、まだまだ去年の迫力はなかったけど。

スタメンメンバーはもう少し噛み合って欲しいなというのはある。

2本目は相手も相手だったりでオープンな状態すぎたけど、ほぼ新メンバーで固めている割には、攻撃面ではマリノスのサッカーになっていた。

守備の方ままだまだ切り替えが遅い気がするけど。

このメンバーからどれだけスタメンに絡んでくるか。

ACLがありチャンスはかなりあるし、底上げしていかないと今年は戦えないので。

早くシーズン始まらないかなぁ。

日テレ・ベレーザ vs 浦和レッズレディース @NACK5スタジアム大宮

4年ぶりの皇后杯。

今は無料なのか。その影響なのか観客は1万人超え。

一発目のCKからの得点を女王貫禄でベレーザが守りきり。

レッズはGKから足元できちんとパス回そうとして、マリノスっぽくて好感を持てた。

ただ、ボールを回そうとしているときに、女子だとパワーがないからかどうしても片方のサイドに人がよってしまい、バランスが悪い。

きちんと各ポジションに人を配置していければもっとチャンス作れたんじゃ無いかなと思う。

今年のサッカー観戦もこれで終わり。

早く来シーズンが来ないかなぁ。

日本代表 vs 香港代表 @Busan Gudeok Stadium

続いて男子。

なでしこの試合から1時間半あり、極寒の中で暖を取るために辛ラーメンを食べて待つ。

この時期の夜の試合は厳しいよね。

今年は天皇杯もう負けてるからないと思っていたんだけど。

お目当はマリノス勢。

スタメンは仲川のみ。

そもそも代表のフォーメンションにマッチするのかというのが焦点だったけど、案の定厳しかった。

初めはボールの引き出しやネガトラはあり、点は取れなかったけどある種起点的な動きはできていた。

時間が経つにつれて、ウイングの相馬が縦に仕掛けまくるタイプかつ相手が相手なだけにかわせるので縦一辺倒。

そのためのスペース作りに追われてしまう。

後半左に行ったときもなかなかボールはこないし、真ん中でチャンスになりそうなときも小川の球離れが悪く、もう一歩早いタイミングで出ていればというシーンが多かった。

初めてとはいえ、点取るくらいまでは期待したかっただけに残念。

組み合わせもあるけど、これでダメだと見切られないといいけれど。

交代で出てきた畠中も目立つシーンもなく。

相手もメンバーも若手というのもあるけど代表よりマリノスのほうが断然楽しいよなぁ。

そういえば森保ジャパン初見だ。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

今年は初めて全リーグ戦を観戦したが、その中でついに優勝!

得失点差を気にすれば優勝できる状態だったが、そんなのは気にせずにいつも通りのサッカーをするというのはわかってはいた。

ただ立ち上がりはやはりどこか違った。

いきなりファールしたり、マルコスが起き上がらなかったりもあって雰囲気がよくなかった。

FC東京も前から来ていて、ここのところの10分以内に得点どころか相手のペースに。

今日は前からのプレスがなかなかハマることがなかったが、徐々にパスも回るようになりティーラトンのシュートがいい感じで決まって先制。

エリキの得点までのパス回しは淀みなくつながってのゴール。

後半からはさすがに集中力切れてしまってブラジル人たちがゆるい感じでよくないなと思っていたら、まさかのパギ退場。

こんなところで中林の出番が来るとは。

ただ10人になっても同じようにプレーができるのが今のチーム。

その中で渓太がトドメを刺す。

なんだかんだで今季7点目だし、気づけば代表にも選ばれてもいるし。

これでサブというのが信じられない。

和田も前回のFC東京戦以来かつボランチでの出場でこんなにやるとは。

こんな厚みのあるチームになるとは。

状況が状況だったので、試合としてはフロンターレ戦のほうが断然面白かったけど、自分たちのスタイルを貫き通せた試合だったかな。

マリノス観に行くようになって、2010年の松田とのお別れ。

2013年の最後で優勝がすり抜けてしまったフロンターレ戦。

俊輔、学といなくなり、ボンバーも引退。

多くの選手も入れ替わり、劇的に変わっていった近年。

勇蔵も引退することで全て入れ替わった気がする。

それでも喜田、仲川、渓太という選手が台頭してきた。

悲しみを伴いながらもチームはたくましく成長している。

優勝という結果にたどりついたが、そんなの関係なくこの過程でマリノスがとにかく好きなんだということに気づいた。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

フロンターレ粉砕。

支配率も微妙だけど上回れたし、やはりボールをなかなか取らせてもらえなかった。

ただ、前半戦で戦ったときとは全然違った。

今はこちらがやりたいことができている。

これまでマテウス使ってきてよかったなという、マテウスのこの強さから先制。

剥がせるけどマリノスの得点パターンの早いクロスはなかなか苦手な感じだったけれどついにこのかたちで決めた。

松原のスルーパスはなんであんなにうまいのか。

座席的にエリキの1点目は絶妙の角度から見れた。

2点目は前半戦のマルコスのゴールと同じ流れで大津→仲川から。

DAZNで見返して解説の戸田が作ってたものが出たと言ってたのは非常に感慨深いコメント。

留めはエリキのチェイスから渓太にプレゼント。

エリキの得点関与率やばい。

初めのころは守備全然だなと思っていたけど、この短期間でよくもここまで。

フィジカルも半端ないし、エジガル万全の状態になったらどうするんだろう。

苦い思い出が多くなった等々力でここまで力を見せつけられるようになるとは。

かなり有利な状況ではあるけど、最後まで自分たちのスタイルを崩さず最後も勝利で決めたい。

ここまできたのは前半戦の最後でロスタイム追いついたところがシーズンの一つ分岐点だった気がする。