横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ @ニッパツ三ツ沢球技場

初の選手との記念撮影、ブラジル人は陽気だなぁ。

もう14時キックオフになる季節。

ここからどんだけ取りこぼさずに行けるかというところ。

立ち上がりからエンジン全開。

チャンス作りまくっていたけれど、点を決めきるところまではいかず。

いつでも取れる雰囲気はあってそれが逆にイヤな感じもしていた。

そんな中で前半終わる間際に攻め続けた中から仲川。

左に持ち替えてのシュートが綺麗に決まる。

後半開始は今度はマテウス。

ドリブルは今日はキレていたけど、シュート、クロスはいまいちだった中、FK直接が入る。

点取ってくれないと、使っている意味がない選手なのでやっと。

なんかそのあとすぐ怪我っぽい感じで渓太と交代。

その渓太がPKゲットでマルコスが単独得点王争いトップに躍り出る。

渓太は今日の相手だったら点も取りたかったけれど。

仲川が怪我して最後はぐだぐたで失点までしてしまったのはいただけないけど、きちんと勝ちを手にした。

仲川の具合がとにかく気になるところ。

ずっとギリギリのところでやっていたと思うのでついにという感じもあるけど。

エジガルはいつ帰ってくるんだろうか。

ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス @ヤマハスタジアム

初のヤマハスタジアム。

高速の渋滞で結構遅れるかと思ったけど、なんとか5分くらいの遅れで到着。

暑い。

暑さが原因とは思えないんだけど、全体的に身体が重そう。

特に仲川とマルコス。

今日は右サイドで結果オウンゴール誘発、得点と結果は出したけど仲川本来のキレがなさすぎた。

マルコスも感覚だけでやってしまっている感じで、本来の正確な技術が出てない。

そんな中でも勝てたのは大きい。

渓太の怪我でちょっと見たかった高野のウイングが見れたのはよかった。

先発からだと前線がドン詰まりになりそうだけど、途中出場であればこれはありそう。

マテウスもやっぱり交代でしか使い所なさそうなんだけどな。

個人技はあるのはわかるけどチームの戦術に則って動けない。

エリキも身体の強さ見せつけていたり、スタミナはそれなりにありそうなのも見えたのだけど、やはり同じくチーム戦術がまだまだ身についていないのが。

守備がもうちょい連動できるようになるとねぇ。

試合的には不安を感じさせるデキだったけどFC東京がこけたことにより首位との勝ち点差は暫定だけど1に。

ここからどれだけ勝ちこぼさないで直接対決に持ち込めるか。

ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス @ユアテックスタジアム仙台

最高の週末になりかけた。

喜田、ティーラトンが出場停止だったけどそんなに心配はしていなかった。

復帰戦だった高野は復帰してすぐでこれだけできればというデキ。

アシストもついたので勝てれば言うことなかったが。

ただ、今シーズン最初の頃のサッカーをしている感じはあった。

マテウスとは案外合っていたけど、渓太とは時間短かったけど合わなそうな感じ。

槍タイプなので開幕のころみたくマルコスが前の方がよさそう。

前半はいい感じでできていたけど、後半はドタバタ。

ゲームを落ち着かせられなかったのは、ティーラトンの足元があったからだったのかなと感じる。

特に、前線がエリキとマテウスでまだまだチーム戦術理解できていない選手だけあってリズムが急ぎなだけに。

きちんと速いクロスを送れるようにならないといけない。

特にエリキは前行く推進力もあるのに、なんで今日は中に入ろうとするばかりだったのか。

しかも中に入ってもなにもできず。

天皇杯もフルででていたのでエリキは替えないといけなかった。

が、交代させられる選手もいなかった。

李が久々にベンチ入っていたけど信頼されていないんだなぁというのがわかった。

仲川の負担が激しすぎるので少しでも軽減したいのだが。

エジガルいつ帰ってくるのかなぁ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

快勝。

アウェイでやったときは勝ったけど何もさせてもなかった相手。

しかもここのところ負けなしかつリーグ最少失点のチーム。

苦手なタイプなチームなのでカウンター受けまくるかと思いきや、マルコスが浮いていてそこがすっかすか。

点を取るところまではいけなかったけど、十分チャンスは作れていた。

懸念の柏もそれほどキレはなく。

後半も同じような展開が続いて行くがマリノスの方がボール持つ機会が多くなってきた。

そこを仲川がこじあけた。

渓太のクロスをニアで仕留めた。

エジカルはあまりニアで仕留めるのはないので、ウーゴを彷彿とさせるゴールだった。

そこからはイケイケで結果3得点。

去年ぼっこぼこにされた借りを返した。

正直もっと点とってもおかしくはなかったけど。

エリキは毎回点に絡んでいて守備も少しずつするようになってきていて、しっかりできるようになるとすごいことになりそう。

エジカル帰ってきたらどうなるんだ。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @ニッパツ三ツ沢球技場

連勝。

一点取られてからドタバタしたけど3点目とって黙らせたというのはなかなかないかたち。

前節2得点の渓太を外してマテウスというのが気になったスタメン。

セレッソ戦は個人技でぶち抜きまくりだったけ今日は全然。

戦術理解も全然ないのでこれだとなんのために使われているのかわからない。

結果的に怪我で渓太と替わったのがよかったが。

初得点のティーラントンは最近あの位置でシュートチャンスあるのにあまり打ってなかったんだけど、今日はビューティフルゴールを決めた。

FKっぽい軌道でガンバの守備があれだったにせよ、バイタル前でシュート打てるシーンあるのならもっと打っていけるとチームとして幅が広がるんだけど。

エリキがよくなってきているのは安心。

守備は全然だけど前であんなに相手剥がせる選手だとは思っていなかった。

カットインで中に入って行けるんだというのを見ていたら今度は逆に縦に抜いたり。

キレがいいし、今日も2点目の起点になったけどずっと縦パスがよい。

走行距離も多いので、守備できるようになってくるとやばそう。

エジガル戻ってきたらどうするんだろう。

そして渓太。

あそこでニアぶち抜けるようになったのがまぐれでないと完全に一皮向けた感があるかも。

ただもっとチャンスもあったのでそこの質はあげてほしいし、がんがんではないけれどこれまで確実に成長してきているので得点、アシスト共にできるウイングとして代表目指してほしい。

ここで代表期間で一時中断。

次の広島戦は仲川真ん中に置いてから初めて守備をきちんとする相手で進化が問われるしなにより順位が入れ替わる相手なので負けられない。

名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス @パロマ瑞穂スタジアム

連敗脱出。

いきなりPKもらえたのでだいぶ楽になった。

それでも守備ざるすぎてよく追いつかれなかったなと。

絶対失点なしで前半終わりたいと思っていたらまさかのバイシクル。

バイシクルしたのは見えてたんだけど、入ったかどうかわよくわかってなかった。

バイシクル自体もそうだけどエリキは身体能力は高いし、やはり速さはある。

チームとはまだまだやはりあってないんだけども、サイドの方が活きる。

ただ守備全然できないけど。

エジガル不在の中で仲川がトップで深さを作れたという発見も。

背負ってキープするのでなく裏狙いで深さを作るという違いはあるが今日はかたちが作れた。

ただ、名古屋の守備だからこそできたきらいはある。

マルコストップにしないのであれば今日の布陣が最適解かな。

マテウスは後半からでいい、エリキがこんだけ守備できない中で逆サイドも守備できない状態にするのはできない。

上位陣がつまずいているので勝ち点差は縮まった。

どうにか食らいつきたい。

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 @日産スタジアム

あっという間に3連敗。

上位が停滞しているのでまだ5位だけど。

これまで積み上げてきたのはなんだったのかという外人だのみの大博打。

新戦力3人がリーグデビュー。

マテウスはラフィーニャを思わせる一人でむちゃくちゃやりきってしまうタイプの選手。

ただ、マリノスのサッカーにフィットしなそう。

先発より途中交代で何振り構わずいくときに使いたい。

エリキは時間経てばマリノスのサッカーにあっていきそうなかんじはするけど、トップの選手ではないかな。

エジガルがいなくて、その代わりをイメージしていたけどプレースタイルが全然CFではない。

イメージとしては仲川のサブな感じ。

足は早く横から合わせるかたちはもっていそうだけど、今から守備をしこんだり、連動性を考えると今シーズンのフィットはできないか。

今の感じだとCFはマルコスにしたほうがいいなぁ。

渡辺はもうレギューラにしてもいいくらい。

なんでこんなフィットしているのというのと今日唯一ハーフスペースついた選手じゃないだろうか。

三角形やめて逆三角形もできるんじゃないか。

心配されたGKの杉本はつなぎは無理に全部繋ごうとせずで、無難にやれてたけどなんかボールこぼすのが多いな。

パギはいつ帰ってくるのか。

この今までのかたちを捨ててまでやったのに、結果勝てないとは。

失点が去年みたいにあっさり取られるかたちに戻って来てしまっている。

結局夏場は走れなくなってプレスかけるべきところにかけれないようだと、このスタイルは結局なんなんだという話になる。

エジガルが抜けて前でキープ、守備できるやつがいなくなっただけではないと思う。

そして芝がどうしようもなくひどい。

ここから最終節まで三ツ沢になるけど、十年くらいマリノス観てきた中で、今年の芝がダントツでひどい。

なんなんだハイブリッド芝。。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

鬼門を突破できず優勝はもうないかな。

いきなりの失点で自ら難しくしてしまっている。

7月圧倒的に押し込み続けるサッカーができていて、エジガルが抜けてしまったわけだけど、一人の抜けだけが原因ではないと思う。

全体的に調子が悪そうで、シティ戦でなにか狂ってしまったかなぁ。

ネガトラできなくなっている、全然走れていない。

大津CFはもうなしで、マルコスか新加入のエリキにかけるか。

扇原が出場停止になったので中盤は逆三角形に戻してもいいんじゃなかろうか。

その場合はマルコストップで。

また今年も夏場ぼっこぼこになるのは勘弁。

横浜F・マリノス vs 清水エスパルス @日産スタジアム

スタメン紹介の松田の映像で号泣。

そしてそれがピークだった試合になってしまった。

エジガル怪我、ヂアゴ出場停止という状態だったけど、あまり悲壮感はない感じで試合見てた。

伊藤は結構やれていたが、大津はボール収まらなかったなぁ。

あれだとマルコストップにして大津トップ下でボール負わせた方がよかったかも。

失点シーンいい感じで伊藤からダイレクトでマルコスにボールつけれたのにミスってライン揃っていないところから失点。

先制されるの久しぶりでこのまま行く感じには思ってなかったけど、逆転するところまでは見えてもいなかった。

三好入ってギア変わるかと思ったけど三好がいまいち。

シュートが相変わらず雑すぎる。

マルコスインサイドハーフになったのもよくなかった。

真ん中以外のときは幅をとって欲しいときに中によって来てしまうのと外だと相手剥がせないのでトップ下かセンターフォワード以外だといまいちなのかもしれない。

というか6月くらいからずっとキレがないのが気がかり。

トップ下になってから後ろから削られることが多いので怪我してんじゃないかな。

マルコスFWでトップ下を大津か三好というのが直近はいいかと思う。

もしくはやっとJ1デビューした風希。

プレー軽い気はしそうだけどトップ下やれる可能性はあると思う。

神戸戦で強い勝ち方できたのに、今日の試合でまたいちからやりなおしかな。

こういうの勝ち点とれないと優勝は遠い。

ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス @ノエビアスタジアム神戸

強い勝ち方。

展開的には前からプレスかけられた結果、ここ最近では一番押し込まれてしまった。

イニエスタまで前からプレスかけて来るとは思わなかった。

というかイニエスタやっぱりうまい。

ボールが足に吸い付いているとはまさにこのことかと言わんばかりのボールコントロール。

そんな状態をなかなか打破できず、ダブルボランチじゃなく逆三角形にしたほうが組み合わせよさそうだった。

それでも相手のミスから前線の選手が全員絡んでのゴール。

エジガルが勝負強い。

いまいちなんでこんな点取れるのかよくわからないん選手なんだけどね。

ただ、後半早々怪我で、、

ちょっと復帰まで時間かかりそうな雰囲気。

ただ、この怪我の影響で久しぶりのマルコストップでチャンスは増えた。

最近マルコスシステムの中でイマイチな感じだったけどトップで躍動。

なんて使い勝手がいい選手なんだ。

ヂアゴが退場の中でいきなり投入された伊藤も無失点で切り抜けるし、こういう展開でPKで追加点取れるなんて展開としては最高。

エスパルス戦の教訓がちゃんと活かされた。

次がその苦い経験をさせられたエスパルス戦なのでリベンジ。