丸岡 vs 東山 @ニッパツ三ツ沢球技場

1枚のチケットで2試合分見れるので引き続き。

地元桐光が終わったからか一気に観客が減って。

普段は座れないホームゴール裏に陣取ってみる。

注目選手とかいないようなチーム同士の試合だったけど、実力が拮抗していて共にチームで戦うゲームになって好ゲーム。

後半ロスタイムに追いついた丸岡のゴールはネイマールっぽい切り返しでしびれた。

その勢いのままPKも制する。

にしてもみんなPKうまいわ。

結構飲まれている雰囲気醸し出しながら蹴っている選手も多かったけどバシッと決めるね。

桐光学園 vs 大津 @ニッパツ三ツ沢球技場

初めて高校サッカーを見に。

西川目当てだったけど不発。

ボール持つと何かしてくれそうな雰囲気はあるけど、ボール持っていないときに何もできない。

大津のフィジカルの強さと桐光は西川頼みでしかないので、西川消されたら何もできなかった感じ。

ボールは持つんだけど、最後剥がしきれないでカウンターをいいように食う様はマリノスを見ているようだった。

レバークーゼンからオファーとかいっているけど、まだまだだなという印象。

ここからどれだけ伸びるのか。

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 @日産スタジアム

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

久しぶりの3バックで迎えた完全な消化試合。

今シーズンは毎度毎度見ていて締まった入り方をすることがほぼない。

慣れない3バックでどうなるかと思ったら、攻撃は割とできていたが、守備のバランスが悪かった。

前からプレス行こうとしてもセレッソに簡単にいなされていた。

プレスの入りがこちらの人数のバランスが取れていないうちから始まるので逃げ場がある感じ。

後半ごたついたところから天純がプッシュして先制するのはいいが、すぐに追いつかれ逆転される。

追いつかれたシーンはファール撮ってもらえたなかったとはいえ、相変わらずあっさりしすぎているしそこから反発できない。

ウーゴ、久保を投入して久保がボール収まるし攻撃のスイッチ入れられるので盛り返しはしてきたが、最後がどうも合わなかった。

なんかシーズン終盤にかけてから下手になってきている感じがする。

よかったり悪かったりを繰り返し終始安定しなかったシーズン、なんだかんだで得失点はプラマイ0。

攻撃サッカーを標榜するも結局2点目取れなくて勝てないのは去年と同じ。

ウーゴがいなくなることは決定で、また移籍して行ってしまう選手も出てきそう。

結果が全ての世界なので、それでも強くなってくれないとなぁ。

今シーズン劇的にスタイルを変えることを選択し、それを受け入れて応援してきたのでこれは続けていかないと。

あとはボンバーがどうなるのか。

このスタイルでやっていく限り試合出るのは厳しいとは思うけど、チアゴや畠中にはボンバーから色々学んで欲しい。

V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス @トランスコスモススタジアム長崎

20181110V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス_5

一点が遠い試合だった。

PK決まらず、崩しても決まらずだけど、偶発的にボール当たって入るなんてね。

これで残留もほぼほぼ決まったか。

来シーズンに向けてあとはどう上積みしていくか。

渓太が戻って左サイドがスムーズになったし、今日は真ん中から崩そうという姿勢も見られた。

右がちょっと一発頼みすぎなので、大津には守備のスイッチ役としては申し分ないんだけどだど、攻撃でも前に入っていくプレーが欲しいな。

扇原もシーズン終盤にかけてボールの持ち方がまた悪くなってきているので、まずはミスをなくしてしっかりプレーするところから。

山中は代表効果か攻撃はキレキレだったけどやはり簡単なミスが多い。

簡単にやれるだろうと思ってやっているんだと思うけど、スタンドから見ているとそういうシーンじゃないだろうというふうに見えるのが多かった。

攻撃が特徴だけどやっぱり今の守備だと代表で継続的にやっていくことはまだまだだと思うので、代表行ってそのへんの意識が変わるといいが。

攻撃サッカーで結局こういう1-0のひやひやする試合やっているのではまだまだ。

やっぱり選手層がもうちょい厚くならないといけないか。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20181103横浜F・マリノス vs FC東京_1

ひどい試合だった。

ここのところ審判のジャッジに不満はあるが、それでも自分たちが不甲斐なさすぎる。

やはりルヴァン準決勝でピークを迎えてしまったか。

ホームの前半でアントーラズに何もさせなかったところがピーク。

あの後半からGKからのビルドを封じられ今の状態になってしまった。

扇原にボールが渡せないのがなというのと、全体的にシーズン序盤のように受け方が下手になってしまった。

なんなんだろう。

そしてFC東京見ていると、いくらパス回しができたとしてもインテンシティが今のままだと厳しい。

デュエルで気持ち見せないと。

大津がそこを見せていて好調だった要因の一つだったがそれが今日は全くなかった。

喜田がそれをやらないといけないはずだったけど、リードされた展開で相手が引いている中だと攻撃での貢献できなさが目立ってしまう。

山中もやっと調子戻ってきたかと思ったら、中に入る時間が長すぎだし、そこでのパスミスが多すぎてよさがでなくなっている。

渓太も怪我して左の連動性もないし、いろいろとボロボロ。

あと一勝すれば大丈夫だろうけど、ここからの長崎、鳥栖戦勝てないようだとまずい。

湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス @埼玉スタジアム2002

20181027湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス_2

今年2回目の準優勝。

前半よくない入りのパターンというのが出ていた。

アントラーズ戦後半、ガンバ戦後半と同様にGKからのビルドアップがつぶされる。

それに加えて、DFから扇原へのラインも消される。

こうなるとビルドができない。

仲川以外で突破できる雰囲気がなく、特に久しぶりの先発のユンも全く機能せず左サイドが完全に消えていた。

後半は湘南のプレスも落ちたので左サイドも復活したけれど、ちょっといつもと違う。

ここのところできていた連動して中に入ってくる動きができず、中でマークがずれなかった。

圧倒したけれど点は取れず。

交代で試合を締めることはできるけど、ビハインド時にどうにかできる交代ができなくなっている。

よくなっては停滞しを繰り返しの今シーズン、また停滞のターンか。

流れよくないのでとにかく残留を早く決めたい。

ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス @パナソニック スタジアム 吹田

20181020ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス_4

サッカー専用スタジアムいいなぁ。

いいスタジアムで気分よく勝ちたかった。

前半は圧倒していたが、ここのところあった強度はそんなになかった。

ガンバもカウンターしかないみたいな展開で、得点シーンはずっとボールキープした中からきちんと崩した取った感じのある得点だった。

が、ガンバが後半システムを替えて来たのに対応できない。

なんか後半勝負は作戦どうりだったみたい。

GKからのパス回しを封じられボール保持ができなくなり、持っているときもミスが多くて防戦一方。

ミスをしてはダメなスタイルなのでそれはやられる。

そして山中が異様に中に入りすぎて左サイドが前半から機能していなかったのもどうなのか。

やっぱり練習でやっているであろうパターンであればできる、パターンに持っていけるようになったけど、そこからの応用が試されている。

今シーズン相手が対応できない、対応されて勝てなくなる、また次のパターンで勝てるようになるというように成長はしているけれど、

そこで失っている勝ち点も大きいので、勝ち点こぼさずに成長して行くようにならないとこんな順位のままだろうな。

また下位近づいてしまって、ルヴァン決勝に向けても雰囲気悪気がする。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @ニッパツ三ツ沢球技場

20181014横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_5

ついに決勝。

17年ぶりだっていうもんね。

2013、2016年と準決勝で敗退するのを見てきた。

今年の準決勝の相手がアントラーズだったので、また無理かなと思っていたけども。

アウェイで劇的に勝ちきり、今日も前半は完璧だった。

渓太もドリブルで個人で行くとこ以外は、左サイドで天純、山中と絡んで崩せるようになってきている。

2点目は完全にチームの形を引き出していたし。

後半、大津が下がったことで、中盤の締まりが悪くなり、飯倉のクソミスから一気にアントラーズペース。

メンバー落としてきているし、2点先制されているのにチームとして落ちていないのはすごかった。

ミスを引きずってGKからのつなぎにビビりはじめ、ポゼッションができなくなればそりゃ押し込まれる。

カップ戦だったし、前線4枚で前からコース制限されること自体があまりないけど、これも突破するパス回しできないとなぁ。

まだ、かたちありきの回し方なのか。

今日しっかり勝てれば一皮むけた感じがあるかと思ったけど、引き分けという結果になってしまったのが次のリーグ戦あたりで影響出そうな気がするがどうなのか。

まだ残留が決まったわけではないし、最近負けがないけど崩れるとだだっといってしまうと思うので気になるところ。

横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @日産スタジアム

20181005横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌_3

3連勝。

けど今日はちょっと緩かった。

試合開始はしっかり入れたかなと思いきや、ちょっと後手にまわりポジションが崩れたときにその流れをなかなか変えれない。

チャナティップが捕まえられず自由にやられ、失点前まではオフサイドにも助けられたが、ジェイにあっさりやられる。

2対1の状態だったのに軽くかわされて失点。

この辺が今季よく見られる、ただただ軽い。

ただ、点は取れる。

そもそも試合は支配していたので、やっと流れが戻ったところで仲川。

この得点シーン以外もそうだけどキレが半端ない。

体の小ささを逆に武器にしている。

代表呼ばれてもおかしくないんじゃないかというデキ。

上背のなさ以外、プレーにおいて欠点というところがない気がする。

ドリブルできる、パスもできる、シュートもできるし、守備もできる。

あとは怪我しがちなプレースタイルだけかな。本当国内組だけのときであれば代表行ってもいいんじゃないか。

代表の流れで今回は外れてしまった天純は前節に続き主体性がプレーに現れている。

前を向くシーンがすごく増えたし、エリア内自分で仕掛けて侵入するシーンも増えた。

代表入ったのが本当に一皮むけるきっかけにになりつつある。

あとはここ決めてくれればみたいなときに、チームを勝たせる決定的な仕事をできるようになるかかな。

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180929横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台_3

苦手ホーム仙台戦で5発。2失点はするけどね(笑)

いい感じで試合に入っていたし、天純の主体性が目立った。

これまでであればパス出すところを自分でやり切るシーンが増えた。

今日はミドル打ったり、自分でドリブルでエリア内侵入して行ったり。

やっぱり代表入ってから意識変わったんだろう。

代表なんか興味なくなっているけど、やはりマリノスの選手が絡むと自然と代表も意識したくなる。

そんな中、山中の2試合連続ゴール。

初めはサイドネットだと思ったんだけど入っていた、周りもそんなリアクション(笑)

目の前に選手集まってきてテンション上がった。

このまま続けていこうと思ったら、あっさりとオウンゴールで失点。

今シーズン得点してもすぐ返されるシーンも目立つよな。

もうちょっと試合コントロール術も身につけていかないと。

前半のうちに勝ち越せてたのは大きかった。

ルヴァンのプレーオフを思い起こさせる仲川のドリブル突破。

1点差じゃまだまだ不安だなと誰もが思っていた中、後半3点目もとったのもそうだけど、ここまでの選手だったか。

これまでの3年間、速いのとそれなりにうまい選手だというのはわかっていたけど、どうも結果が出てこなかったけど

監督が変わって使い方変わるだけでこんなにもなるのか。

大学ナンバーワンFWだったときもこういうプレイヤーだったのかな。

モンバエルツ時代はウイングだったけど、今はもうちょいうちに絞っているのが違うのかなぁ。

小さいんだけど、それすら武器みたいなことあるし、これ続けられると代表も見えてくる選手な気もする。

これが世界で通用するのかを見てみたい。

やっぱりこれまた天純が代表入ったことで、同じく大卒でなかなか目が出なかったとこから出てきた選手にも夢を見れるな。

そしてウーゴがちゃんと点取ってくれて一応かたちになった。

最後のPKは帳尻合わせ的なやつで余計だったけど。

好調だった伊藤翔がいなくなってどうなるかというところで連勝できてよかった。

前回の仙台戦後から一気に流れ悪くなったので同じ轍を踏まないようにしないと。