横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

今年は初めて全リーグ戦を観戦したが、その中でついに優勝!

得失点差を気にすれば優勝できる状態だったが、そんなのは気にせずにいつも通りのサッカーをするというのはわかってはいた。

ただ立ち上がりはやはりどこか違った。

いきなりファールしたり、マルコスが起き上がらなかったりもあって雰囲気がよくなかった。

FC東京も前から来ていて、ここのところの10分以内に得点どころか相手のペースに。

今日は前からのプレスがなかなかハマることがなかったが、徐々にパスも回るようになりティーラトンのシュートがいい感じで決まって先制。

エリキの得点までのパス回しは淀みなくつながってのゴール。

後半からはさすがに集中力切れてしまってブラジル人たちがゆるい感じでよくないなと思っていたら、まさかのパギ退場。

こんなところで中林の出番が来るとは。

ただ10人になっても同じようにプレーができるのが今のチーム。

その中で渓太がトドメを刺す。

なんだかんだで今季7点目だし、気づけば代表にも選ばれてもいるし。

これでサブというのが信じられない。

和田も前回のFC東京戦以来かつボランチでの出場でこんなにやるとは。

こんな厚みのあるチームになるとは。

状況が状況だったので、試合としてはフロンターレ戦のほうが断然面白かったけど、自分たちのスタイルを貫き通せた試合だったかな。

マリノス観に行くようになって、2010年の松田とのお別れ。

2013年の最後で優勝がすり抜けてしまったフロンターレ戦。

俊輔、学といなくなり、ボンバーも引退。

多くの選手も入れ替わり、劇的に変わっていった近年。

勇蔵も引退することで全て入れ替わった気がする。

それでも喜田、仲川、渓太という選手が台頭してきた。

悲しみを伴いながらもチームはたくましく成長している。

優勝という結果にたどりついたが、そんなの関係なくこの過程でマリノスがとにかく好きなんだということに気づいた。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

フロンターレ粉砕。

支配率も微妙だけど上回れたし、やはりボールをなかなか取らせてもらえなかった。

ただ、前半戦で戦ったときとは全然違った。

今はこちらがやりたいことができている。

これまでマテウス使ってきてよかったなという、マテウスのこの強さから先制。

剥がせるけどマリノスの得点パターンの早いクロスはなかなか苦手な感じだったけれどついにこのかたちで決めた。

松原のスルーパスはなんであんなにうまいのか。

座席的にエリキの1点目は絶妙の角度から見れた。

2点目は前半戦のマルコスのゴールと同じ流れで大津→仲川から。

DAZNで見返して解説の戸田が作ってたものが出たと言ってたのは非常に感慨深いコメント。

留めはエリキのチェイスから渓太にプレゼント。

エリキの得点関与率やばい。

初めのころは守備全然だなと思っていたけど、この短期間でよくもここまで。

フィジカルも半端ないし、エジガル万全の状態になったらどうするんだろう。

苦い思い出が多くなった等々力でここまで力を見せつけられるようになるとは。

かなり有利な状況ではあるけど、最後まで自分たちのスタイルを崩さず最後も勝利で決めたい。

ここまできたのは前半戦の最後でロスタイム追いついたところがシーズンの一つ分岐点だった気がする。

松本山雅FC vs 横浜F・マリノス @サンプロ アルウィン

5連勝で首位浮上。

またしても仲川のスーパーなプレー。

早々に先制して楽になった。

山雅はFWが全然怖くなかったので、守られ続けて一発当てられたらやだなと思っていたけど。

ただ、追加点が取れなかったのが課題。

勝ってはいるんだけどここのところもっと取れただろというシーンは多い。

エジガルいたらもうちょっと決定率上がりそうなんだけど、今シーズンは今のメンツでやりきるのかな。

マテウスが今日はダメだった日なのでマテウスは外せそうだけど。

当たり外れが大きいのが難しい。

エリキはコンスタントなプレーできるようになったんだけど。

あとは扇原がすごいよかった。

ターンでいなすようになったの去年から格段の進歩だし。

これまでは天純がやっていたようなハーフスペースへの飛び出し、最後まで走り抜ける走力、守備も向上しているしキャプテンの一人としてチームを引っ張る姿も頼もしい。

こんな選手になるとは思ってもみなかった。

累積リーチだけど後半きわどいシーンをスライディングでノーファールで防いだのは痺れた。

あとはゴールが入れば(笑)

喜田もだけど。

喜田はなんか優勝決めるゴールを決める気がしている。

この段階で首位におどり出るとは思ってなかったんだけど、ラスト2戦ワクワクが止まらない。

2013年から色々乗り越えて、もっというと2010年から色々乗り越えてやっとここまできたので優勝したい。

横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @ニッパツ三ツ沢球技場

4連勝!

4点取ったとはいえ、きちんと決めてればあと4点くらい入ってもおかしくなかった。

試合開始早々から立て続けに点が入る。

エリキは2点目の入り方はブラジル時代の点取ってる姿に近かった。

そして点までつながらなかったけど、切り返しから切れ込むシーンの迫力が素晴らしい。

守備もかなりするようになったし、体力も最後まで落ちないので、来年までのレンタル期間はあるといえ、完全移籍まったなしか。

マテウスが持ってない日だったので3点くらい取るチャンスしとめられなかったけど、こちらもだいぶチームにフィットしてきた。

守備は期待できないけど個で打開する能力は一番ある。

チームの特徴であるクロスがあさってのほうに飛んでいくことが多いのがあれだけど。

エジガル戻ってきてお試し運転したいんだけど、この二人のどちらかを外さないといけないというのが悩ましい。

そして仲川。

ゴールシーンはおそらく2回目だと思うけどゴールの前に思わず立ち上がった。

1回目は2017開幕戦の学が前田にアシストする手前のドリブルシーン。

今日もアシストもしているし、このままいくとMVPもあるのかもしれないくらいの活躍。

クイックネスの特徴はわかるんだけど、全然ハマることがなかった数年間を考えると去年からここまで来るとは誰も思っていなかったろう。

鹿島がこけたので2位に浮上。

最終節の直接対決まで勝ち続けて優勝したい。

サガン鳥栖 vs 横浜F・マリノス @駅前不動産スタジアム

初の駅前不動産スタジアム。

仲川は帯同はしているけど、先発は回避。

そしてそんなに相性のよくないスタジアムということだったけど、立て続けに得点が入る。

仲川の替わりにスタメンだった渓太が結果を出し、エリキも久しぶりに得点。

渓太もなんだかんだで5点目。

数字としては立派なんだけど、もっと取るチャンスがあるからなぁというのと今日もロスタイム仕留められていないし。

エリキもそうだったけど。

チャンスはもっとあったけど、後半は完全に鳥栖の勢いを受けてしまっていた。

この辺の試合運びをどうにかした。

いつもと同じような感じでビルドアップしようとしているところに、すごい圧力をかけられたときにどうするか。

正直ファウル上等で来る相手で審判が取ってくれないときにどうするかかな。

ACL行けそうになってきているので、これ国内でいなせないと厳しい。

ただ、最後まで持ちこたえているもの事実。

また3連勝まできた。

4連勝ができていないので今度こそなるか。

横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ @ニッパツ三ツ沢球技場

初の選手との記念撮影、ブラジル人は陽気だなぁ。

もう14時キックオフになる季節。

ここからどんだけ取りこぼさずに行けるかというところ。

立ち上がりからエンジン全開。

チャンス作りまくっていたけれど、点を決めきるところまではいかず。

いつでも取れる雰囲気はあってそれが逆にイヤな感じもしていた。

そんな中で前半終わる間際に攻め続けた中から仲川。

左に持ち替えてのシュートが綺麗に決まる。

後半開始は今度はマテウス。

ドリブルは今日はキレていたけど、シュート、クロスはいまいちだった中、FK直接が入る。

点取ってくれないと、使っている意味がない選手なのでやっと。

なんかそのあとすぐ怪我っぽい感じで渓太と交代。

その渓太がPKゲットでマルコスが単独得点王争いトップに躍り出る。

渓太は今日の相手だったら点も取りたかったけれど。

仲川が怪我して最後はぐだぐたで失点までしてしまったのはいただけないけど、きちんと勝ちを手にした。

仲川の具合がとにかく気になるところ。

ずっとギリギリのところでやっていたと思うのでついにという感じもあるけど。

エジガルはいつ帰ってくるんだろうか。

ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス @ヤマハスタジアム

初のヤマハスタジアム。

高速の渋滞で結構遅れるかと思ったけど、なんとか5分くらいの遅れで到着。

暑い。

暑さが原因とは思えないんだけど、全体的に身体が重そう。

特に仲川とマルコス。

今日は右サイドで結果オウンゴール誘発、得点と結果は出したけど仲川本来のキレがなさすぎた。

マルコスも感覚だけでやってしまっている感じで、本来の正確な技術が出てない。

そんな中でも勝てたのは大きい。

渓太の怪我でちょっと見たかった高野のウイングが見れたのはよかった。

先発からだと前線がドン詰まりになりそうだけど、途中出場であればこれはありそう。

マテウスもやっぱり交代でしか使い所なさそうなんだけどな。

個人技はあるのはわかるけどチームの戦術に則って動けない。

エリキも身体の強さ見せつけていたり、スタミナはそれなりにありそうなのも見えたのだけど、やはり同じくチーム戦術がまだまだ身についていないのが。

守備がもうちょい連動できるようになるとねぇ。

試合的には不安を感じさせるデキだったけどFC東京がこけたことにより首位との勝ち点差は暫定だけど1に。

ここからどれだけ勝ちこぼさないで直接対決に持ち込めるか。

ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス @ユアテックスタジアム仙台

最高の週末になりかけた。

喜田、ティーラトンが出場停止だったけどそんなに心配はしていなかった。

復帰戦だった高野は復帰してすぐでこれだけできればというデキ。

アシストもついたので勝てれば言うことなかったが。

ただ、今シーズン最初の頃のサッカーをしている感じはあった。

マテウスとは案外合っていたけど、渓太とは時間短かったけど合わなそうな感じ。

槍タイプなので開幕のころみたくマルコスが前の方がよさそう。

前半はいい感じでできていたけど、後半はドタバタ。

ゲームを落ち着かせられなかったのは、ティーラトンの足元があったからだったのかなと感じる。

特に、前線がエリキとマテウスでまだまだチーム戦術理解できていない選手だけあってリズムが急ぎなだけに。

きちんと速いクロスを送れるようにならないといけない。

特にエリキは前行く推進力もあるのに、なんで今日は中に入ろうとするばかりだったのか。

しかも中に入ってもなにもできず。

天皇杯もフルででていたのでエリキは替えないといけなかった。

が、交代させられる選手もいなかった。

李が久々にベンチ入っていたけど信頼されていないんだなぁというのがわかった。

仲川の負担が激しすぎるので少しでも軽減したいのだが。

エジガルいつ帰ってくるのかなぁ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

快勝。

アウェイでやったときは勝ったけど何もさせてもなかった相手。

しかもここのところ負けなしかつリーグ最少失点のチーム。

苦手なタイプなチームなのでカウンター受けまくるかと思いきや、マルコスが浮いていてそこがすっかすか。

点を取るところまではいけなかったけど、十分チャンスは作れていた。

懸念の柏もそれほどキレはなく。

後半も同じような展開が続いて行くがマリノスの方がボール持つ機会が多くなってきた。

そこを仲川がこじあけた。

渓太のクロスをニアで仕留めた。

エジカルはあまりニアで仕留めるのはないので、ウーゴを彷彿とさせるゴールだった。

そこからはイケイケで結果3得点。

去年ぼっこぼこにされた借りを返した。

正直もっと点とってもおかしくはなかったけど。

エリキは毎回点に絡んでいて守備も少しずつするようになってきていて、しっかりできるようになるとすごいことになりそう。

エジカル帰ってきたらどうなるんだ。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @ニッパツ三ツ沢球技場

連勝。

一点取られてからドタバタしたけど3点目とって黙らせたというのはなかなかないかたち。

前節2得点の渓太を外してマテウスというのが気になったスタメン。

セレッソ戦は個人技でぶち抜きまくりだったけ今日は全然。

戦術理解も全然ないのでこれだとなんのために使われているのかわからない。

結果的に怪我で渓太と替わったのがよかったが。

初得点のティーラントンは最近あの位置でシュートチャンスあるのにあまり打ってなかったんだけど、今日はビューティフルゴールを決めた。

FKっぽい軌道でガンバの守備があれだったにせよ、バイタル前でシュート打てるシーンあるのならもっと打っていけるとチームとして幅が広がるんだけど。

エリキがよくなってきているのは安心。

守備は全然だけど前であんなに相手剥がせる選手だとは思っていなかった。

カットインで中に入って行けるんだというのを見ていたら今度は逆に縦に抜いたり。

キレがいいし、今日も2点目の起点になったけどずっと縦パスがよい。

走行距離も多いので、守備できるようになってくるとやばそう。

エジガル戻ってきたらどうするんだろう。

そして渓太。

あそこでニアぶち抜けるようになったのがまぐれでないと完全に一皮向けた感があるかも。

ただもっとチャンスもあったのでそこの質はあげてほしいし、がんがんではないけれどこれまで確実に成長してきているので得点、アシスト共にできるウイングとして代表目指してほしい。

ここで代表期間で一時中断。

次の広島戦は仲川真ん中に置いてから初めて守備をきちんとする相手で進化が問われるしなにより順位が入れ替わる相手なので負けられない。