横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20180815横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_1

不甲斐ない。

なんでか3バックになって、なんとなく悪くない立ち上がりかと思いつつやられる。

チャンスかと思いきやパスミスからカウンターで沈む。

カウンターも止めたかと思ったんだけど、しっかり止めきれない。

今日は割と前から行けてたし、なによりドゥシャンの潰しに行くよさが目立つ。

それとともにボンバーが限界なのかもしれないと思った。

中断前までは、そんなこと思わなかったけど潰しにいけないのが際立っているし、フィジカルで負けるシーンが目につく。

チーム全体としても中断前できつつあったバランスが完全に崩れているし、メンバー替わったり、3バックにしたりでチームの作り直しみたいになっている。

そしてなにより今シーズンはふわっとした雰囲気になる試合が多い。

神戸、ベルマーレ、ジュビロ、ガンバ、そして今日。

もっとあるような気もするけど、雰囲気がすごいふわっとしている。

今日は久しぶりに前から行くようになっていたけど、どこか軽い。

名古屋の守備はゆるゆるなのでボール簡単に持てるんだけど、回しているだけで終わり。

最後の失点シーンもボール持ちまくりだけど、ペナの周りから中に入ってこれないのを繰り返した結果の逆襲から。

相手からすれば楽なんだろうな。

ボール回せるけど、パターンで回しているだけだから、エリアの中をしっかりし閉めていれば前がかりのところをカウンターで狙える。

そして中断明けやれているのはフィジカルあるFW相手。

ここもボンバーがやられているといってもいいのかもしれない。

DFを立て続けにとったのでさすがに使ってくると思う。

連続試合はあるけど、この夏の連戦で使い続けるのは降格覚悟しないといけない状況なのは事実か。

出れなくなるのしょうがないけど、若いやつがちゃんとポジション奪って行ってほしい。

そういった意味で、康太は今日のデキを見ても使い続けたいなぁ。

前半ボール全然入ってこなかったけど、今のサッカーへの適正と気持ちが今一番伝わってくる選手な気がする。

湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス @Shonan BMWスタジアム平塚

20180811湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス_3

なんとか勝った。

下位チームが元マリノスの選手が大活躍の中、ここで負けると危なかった。

というか下位が勝ち始めたので、まだまだうかうかできないのは変わらずなのだが、勝ちという結果が出たのがなにより。

というか自分たちのスタイル全然出せなかったり、完全に自信失ってる感あった中、結果だけついてきたのは御の字。

しかももうないのかもと思っていた無失点。

湘南はすごいな、あんだけ走れるんだもの。

マリノスはラインが下がったままなので、全体が間延び。

山中が真ん中はいるようになったけど、真ん中入りすぎて逆にサイドにいったときに数的不利だったり、中央が混雑していたり。

軽いプレーも目立つし今の状態で海外行くべきなのかは謎。

湘南のプレスが厳しいのもあって、パスがつなげずロングボールで裏狙い。

結果、得点シーンはFWでなくもう一つ後ろから出てきた天純からのクロスで、ああいう飛び出しはありだと思うんだけど、

FWの裏狙いは運頼み的な要素が強すぎてなんとも。

ショートパスで回すのと裏狙うのがバランスよくできればいいんだけど、どうもどっちか一辺倒。

中断前はバランス取れてたんだけど。

なんかまた一からチーム作りなのかな。

ミロシュ抜けてドゥシャンになったのも大きい気がする。

DF面で厳しくいける部分が見えてきて徐々にフィットはしていると思うけど、ビルドアップがどうしてもワンテンポ合わないし。

ブマルが攻撃面ではあって来てるの見ると、それなりに新しい選手は時間かかるというのを第一に思っておかないと。

まだまだ安心はできない中、好調の名古屋と当たるのがどうなるのか。

日産スタジアムは久しぶりだ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

20180805川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_5

弱い。

意図的だったのかはわからないけど前半は守備的にいったが失点。

縦パス入るタイミングとかスタンドから見ているとすごいわかりやすいんだけどな。

ボール持たせすぎじゃないかというところで、やりたいようにやられて失点だもの。

後半やっと自分たちのスタイルを出し始めたかと思いきや、一瞬だけ。

フロンターレも省エネっぽいかんじだったから失点は重ねずいいようにボールを回されるだけ。

プレスに行って入るけど、フロンターレがうまいというのと守備の連動性がなさすぎる。

しびれを切らして喜田が食いついたところをいいように使われて失点。

それで失点してしまうのであると喜田を入れている意味がない。

本人はなんとかしないとという危機感があったんだろうけど、チームとしての危機感になっていない。

唯一の免罪符的なものだったが、連続得点も止まってしまった。

自分たちのスタイルをやりきるわけでもなし、プライド捨ててでも勝ちに行くでもなし。

球際で戦えていないのがこの連敗中目立つし、チームが崩壊しつつある気がする。

攻撃の連動性も下がるいっぽい。

そんな中、ドゥシャンがビルドのリズムまだまだ合わないのもつらいとこ。

せめて失点抑えているのならいいのだけど、全てにおいて負のスパイラル。

こんなんなら山田やっぱり見たいんだよなぁ、今日もちょっとの時間だけど今のサッカーに一番フィットしいるプレーできているし。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180801横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_2

もう今年リーグは落ちなければいい。

前節今シーズン最悪な試合だったなと思ったら、最悪な試合がまた続く。

三ツ沢でこの体たらくはいかん。

PKまでは崩しきれはしなかったけど、これ続けていけたらと思ったがPKでプランが崩れた。

蹴り直しだったり、前半ラストプレーだったりタイミングも悪く。

そして後半しょっぱなにCKで万事休す。

なんであんなかんたんにやられるかね。

そのあとの失点はもう気持ちが切れていたと思うのでどうでもよいか。

選手交代してもみんな気持ちが前掛りすぎて噛み合わない。

前半戦はこういうのはなかったんだけど。

2試合続けて大量失点はなによりメンタルがやばそう。

かといって引き持って守備するほうに舵を切るわけではないと思うので、本当に今シーズンは残留争いを覚悟しないとか。

やられる展開が同じなのを修正できていないのがまずい。

この2試合、ディエゴオリベイラ、パトリックこれだけ。

フィジカル系にキープされて、追い越した選手を捕まえ切れない。

次がフロンターレなので守備固めしてこない相手にどうなるか。

失点するなら喜田入れている意味がないので山田育てたほうがいいと思うんだけどなぁ。

中断前よくなってきたときに効いてたのは山田だったはず。

守備もそんなに悪くなく、戦える選手なので使って欲しい。

というかやっぱりパス回しは上手くなったが、戦う姿勢が今見えてないのが問題なのか。

ここ2試合走り負けてるし、そのへんも気がかり。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

20180722FC東京 vs 横浜F・マリノス_6

前節快勝したと思ったら、今日はボッコボコにされる。

マリノス自体はそこまで悪くはなかったけど、ブロック作ってカウンターというスタイルに見事にやられた。

これマリノス対策のいいお手本になってしまったと思われる。

ブロック作られる中でもパスは回せていたし、ハーフスペースにはいってクロス上げるかたちも作れていた。

左サイドは天純だけでなく、渓太も入り込めるようになっていてそこは今後も期待できそうだけど、

今日みたいにブロック作られるとその後がペナルティエリア内に人がいすぎて出しどころがなくなってしまう。

片側に寄せて、逆サイドのようなこともできているのでそこまで食い込めているので、あとは中をもう少しあけることができるようになれば。

ミドル打たないといけないと思うんだけどなぁ、天純はいいのあるんだし、あとは大津にも期待したい。

カウンター対策もどうしたものか、サイドバックが中に入ってくる仕組みのせいで、一気にカウンター時に2バックになってしまっている。

この手のスタイルに弱かったのは今シーズンに始まったことではないけれど、攻撃に手数かけている分、穴がでかくなっている。

中断前だめだったときの中盤のパスミスから自滅というかたちは、ボール回しがうまくなったのと、左右のバランスが取れてきたのでなくなってきたけど、カウンターはこれからどうにかしないといけない一番のポイントになってきそう。

リスクヘッジの仕方をもうちょい工夫することができるのかどうか。

今日点とったのもあるし、喜田より山田使っていくべきかなぁ、今手詰まりになるのが喜田のとこになってしまっているので。

攻撃面のセンスは山田はこのサッカーにあるのを持っている、縦パスビビらず入れれるし。

走り勝てなかったのも珍しく、これが週2日のときのデフォルトでなければいいけど。

事故的にではあるけど、扇原CBが見れたというのと、ウーゴが久しぶりにリーグで得点、山田が初ゴールというのが無理やりポジティブになれる唯一のところか。

横浜F・マリノス vs 横浜FC @ニッパツ三ツ沢球技場

20180711横浜F・マリノス vs 横浜FC_8

すげー久しぶりかと思ったんだけど、案外一ヶ月ぶりのマリノス。

天皇杯から再開で相手は横浜FCということで、チケット発売日は自由席売り切れてたので焦って指定席。

これまた久しぶりにこちらから見たけど、自由席も結構空いているでやんの。

デゲネグが出て行ってしまったが、ウーゴはまだ残っている状態。

キャンプの成果がどんなもんなのかも楽しみにしていたが、相手はBチームなのでパス回せすぎるが点は取れない嫌な展開。

勝ち始める前の雰囲気に近かった。

バランスは悪くないが、インサイドハーフがもう一つ前に出切らない。

今日は喜田だったけど、山田のほうがやはり攻撃と右サイドのコンビネーション考えるといいかなと思った。

点取れないままついにウーゴ投入かというところで失点。

交代させるタイミング取れず、その流れからやられる。

どうもウーゴ投入時の失点の確率高い気がする。

今日はあんま点も取れる雰囲気自体もなかったし、天皇杯のジャイアントキリングがちらついたけどやはりウーゴ。

1点目とかセンタリングがウーゴの頭に届くまでの時間が楽しすぎた。

ワールドカップで日本盛り上がってたけど、やっぱりマリノスのゴールが最高。

後半終了間際のチャンスも決めきれず延長でPKでなんとか勝利。

天皇杯だから勝てばいいもんね。

全体的にコンディションがそんなよくなかったかなというのと、やっぱり山中はどうにかしたい。

走れなくなってからも渓太とポジション変わらずいたことで狙われまくってピンチ作りまくったし、やっぱり軽さが目立つ。

攻撃が山中以外できなかったので、外せなかったけど、右サイドが攻撃できるようになってきた今、下平もいるんだし一回外してもいいと思う。

次のワールドカップ目指すならこのままじゃダメだ。

ポルトガル代表 vs モロッコ代表@Luzhniki Stadium

20180620ポルトガル代表 vs モロッコ代表_1

もう一試合観戦。

日本代表ではなく、タイミングのよかったポルトガル代表の試合。

正直日本に期待するものがなかったので、クリスチャーノ・ロナウドが楽しみたっだけど。

昨日の日本戦が思わぬ展開で、こちらの試合は退屈になってしまった。

いきなりのロナウドの得点はさすが。

ゴールパフォーマンスが一番キレあったんじゃないかというくらい、そのあと何もしなかったけど。

チャンスシーンには顔だして入るけれど、もっと頑張る選手かと思っていたんだけどほぼ何もしてなかったのはガッカリ。

ただ、FKとかの期待感は花があるね。

試合は初回の得点以降モロッコのペースのほうが多かったけど、しとめきれず。

サポーターも熱くて、モロッコすごいんだなというのは発見だった。

コロンビア代表 vs 日本代表 @Mordovia Arena

20180619コロンビア代表 vs 日本代表_2

4年の間を経て再びワールドカップに。

前回を経験してるから興奮は抑えめ。

圧倒的なコロンビアサポーターの中での観戦。

いきなりのPKで先制。

まさかすぎる展開だったけど、ここまではコロンビアサポーターも余裕な表情。

ただ、時間が経つにつれてコロンビアサポーターの熱が上がる。

早い時間に10人になったことでスペースはあるんだけど、逆に戸惑ってうまく攻めれない展開。

ハーフタイムで落ち着きたいなという中、自分たちのミスからFKで失点。

クリアがへぼかったり、たいしたことない接触でFK取られたり、それ入っちゃうというシュートでゴール割ったり。

前半持ちこたえられなかったけど、ハーフタイムが近くて勢いに乗らせなかったは結果よかった気がする。

後半スタンドから見てるとすっかすかなコロンビア、攻めにくるのでうまく仕留めたいところを仕留めきれない中、ハメスロドリゲス。

ブラジルのときのドログバ投入で流れ変わったのを思い出したけど、そこまでのインパクトはなく。

あのときはスタジアムの雰囲気が一気に変わったんだよな。

ハメス自体も脅威に感じるシーンはほとんどなく、怪我してて助かった。

決めてもないので引き分けかなと思ったら、大迫。

CKから競り勝った。

ここにきてセットプレーで点取るとは、しかも投入した本田がアシスト。

戦前の予想を大いに裏切る。

このあとはしっかり守りきり勝利。

ワールドカップの勝利を見れるなんて思わなかった。

南アフリカのときみたく、戦術を変えたのがハマったとかでなく、やってることはハリルのときとは変わったけど、ザッケローニのときに近しい感じなだけ。

いきなりのPK、退場。そしてクアドラード替えてくれたのがデカかった。

なにがあるのかわからないもんだ。

ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス @ノエビアスタジアム神戸

20180609ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス_8

ワールドカップの中断期間長すぎるので、ぎりぎりまでマリノスが見たかったので、初の神戸遠征。

2点のアドバンテージがありつつですが、2失点は今のチームは日常的にあり得るので安心はできてはいなかった。

しかし、試合の入りはよく完全にゲームを支配。

本当にバランスがよくなった。左に偏らなくなったのが一番かな。

ただ、そんな雰囲気を消し去る扇原のミス。。

左に偏るのも3人で崩しているところに扇原まで行くことで、真ん中から右がすっかすかになっていたり。

どうしてもアンカーとして物足りなさが拭えない。

展開力とかあるんだからそこきちんと見つめて克服しないと。

失点からはビビりだしたのか押される展開。

後半怪我したユンに替わってウーゴが入って盛り返す。

大津も好調をキープしてアシスト。

ポジショニングは自由きままにふらふらしてるけど、フィジカルあって無理が効くので前線で使うのが今のチームとしてはよさそう。

試合で続けることでコンディション上がっているのもあるか。

同点に追いついた後も今日もまたハットできるくらいのチャンスはあったウーゴ。

山田にもラストパス出したり、周りを使うようにもなってきた。

3試合連続ゴールで一時期の不調から脱したかな。ここで中断になるのが残念なくらい。

交代選手が全部怪我っぽい感じで交代だったけど、中断期間入るところでよかった。

一旦オフになるのでキャンプで今できていないところをきちんと克服してレベルアップしたいところ。

開幕おっかなびっくりボール回ししていたところから、ボール回しに慣れてボール回しが目的になり支配はするが点は取れない時期を抜け。

複数得点取れるが失点は減らないというじょじょにチームが進化して行っている中で中断で時間とって戦術高める時間ができたのをポジティブに捉えたい。

にしても一ヶ月の中断は長いなぁ。

横浜F・マリノス vs FC大阪 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180606横浜F・マリノス vs FC大阪_9

去年に引き続きFC大阪戦。

去年はそんな天皇杯で苦労した感覚なかったのと、あっさり点入ったので楽に見れるなと思ったら。

バブンスキーサイドバックと和田のアンカーというはちゃめちゃなメンバー構成というのもあり、あっさり逆転される。

失点に慣れ過ぎてる。

あっさり追いついたものの後半いきなりやられる。

そこから追いついたの後半30分くらいだから、久々に厳しい天皇杯の雰囲気を味わう。

和田は案外アンカーいけるんじゃないかという感じある。

守備が慣れてくれば、中町のような動きはできそう。

展開もあって交代してしまったのは残念。

バブンスキーのサイドバックは山田と同じようなことを狙ったんだけど、やはり守備がダメすぎる。

なんか一人少ないみたいな感じだったなぁ。

攻撃ではやっぱりバブンスキーいると一枚剥がせるし、展開力もあるので使いどころなんとか見つけたいところ。

そんな二人に隠れてだけど、山中が結構酷かった。

攻撃は文句ないんだけど、今シーズンは守備が軽いのが目立つ。

去年も同じようなとこはあったんだけど、狙われるようになったのかな。

代表目指すならそこ改善できないといけない。

なんだかんだで、仲川、天純まで入れた総力戦にしてしまったので、最後は力技で乗り切った感。

点は入る感覚はあるんだけど、失点このままでいいのか。

徐々に進歩してるから守備面もここから改善されてくるのかなぁ??

週末の試合が中断前ラスト。

なんとか勝ち続けたので、最後も気持ちよくいきたい。