横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第26節第2日

20101017marinos vs vissel_18

後味悪い試合。結果、勝っただけという試合だった。

久しぶりに俊輔がいない。

そして端戸が初先発。

天野も外れて久しぶりに裕介。

メンツが大分変わりました。

前線は端戸と小野という若い二人。

山瀬は久しぶりにMFか。

というか、初めはどういうフォーメーションかよくわからなかった。

小野がどうもFWっぽくない位置にいた気がします。

MFでもやれそうなタイプですが、守備ができてしまうのが逆に怖いタイプだとも思いました。

ディフェンスの仕方が足がかかる感じになるので、今日ももらいましたがカードを受けやすい。

攻撃に関しては最近の中ではよかった方か。

サイドへの展開はよかった。そこから中へ入れてシュートまでいけていたのが珍しい。

やっぱり、本職がFWを使った方がいい。

端戸はなにかやりそうな感は感じられます。

前回は時間短すぎてなにもできなかったけれど

ある程度時間をあげれば育っていきそうです。

ただ、前半はDFが軽い。真ん中がもろかった。

ちょうどザックジャパンで真ん中は絶対あけるなみたいな話題がでているので気になりました。

試合中に話し合っている様子も見えたし、

試合後のコメントを見ると実際ポジションまで変えていて修正していたらしい。

なんだかんだいって現時点で失点の少なさはリーグ第2位なのは頼もしい。

今シーズンは割とがっつと取られることが多かった割には意外。

後半はその修正もあってか、DFが安定。

攻撃時もセカンドボールがひろえまくれていた。

小野が完全にトップの位置に構えていて、

端戸とどちらかが競ったあとにどちらかがそのボールを狙っているという形がはまる。

相手が一人減ってからは絵にかいたような数的有利。

その時間帯すぐに小野の初ゴール!

この後にも畳み掛けれる時間で点を取れなかったのが。。。

小野の一対一もそうだし、山瀬のゴールキーバーかわしたのも。。。

大久保の退場で完全に試合が壊れた。

マリノスも攻めないし、神戸も取りにこれない。

ブーイングが出るのはもっとも。

狩野の交代のときは結構スタジアムは騒然とした雰囲気になってました。

個人的にはこの交代はしょうがないとは思ってます。

若い二人があれだけがんばって前で追っていたのに対して

交代で入ってだらだらした感じのプレーだったので。

ん〜、すっきりしない。

小野のヒーローインタビューも微妙な空気です。

そういえば、小椋がすごかったです。

得点シーンの縦パスは絶対左の裕介に出すものだと思ってました。

あんなパスいつ覚えたんだか!?山瀬へのスルーパスもそう。

まだまだ「え!?」っていうパスミスはするけれど、狙いどころはよいです。

俊輔がいないと小椋にパスが集まるってのは意外でした(笑)

代表狙っていって欲しい!

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第24節第1日

20100925marinos vs vegalta_7

毎年このくらいの時期にサッカーを見に来てサンダルでいるのはもう最後だなと思います。

そして。

毎年このくらいの時期に下位チームと対戦すると絵にかいたように同じような負け方をします。

引きこもりの相手を崩せない。先制されて逃げ切られる。圧倒的にポゼッションはしているのだけれど。

前半、初めから圧倒的なポゼッション。

仙台はでてこない。

天野の中途半端な対応から失点。

確かに、ファールとセルフジャッジしてしまわなくもないが

あそこで競り合う必要はなかった。

というか。

書くのはこれくらいしかなくて。

あとは愚痴。

小椋、勇蔵のDFコンビだったのだけれど小椋はやはりボランチで使ってあげないといけな。

CBとしては、あのボールを取りに行く守備の仕方は怖すぎる。

後半、きわどい追いかけっこになったシーンは触れたからよかったものの

開幕戦の失点シーンのスライディングを思い出した人は多いはず。

あとはパスミスは多いのだけれど、ボランチでの縦パスが効いていたのだなと思えました。

河合だと出さないので。

あとは、波戸。守備はいいのだけれど攻撃面で物足りなさ過ぎる。

センタリング上げるときに右に持ち直すのがイタイ。

まぁ、中であわせられるタイプがいないというのはありますが、

今日は特にサイドバックがセンタリング上げられるようなお膳立てまではできていたのでそれが目立ちました。

本職のFWがやっぱりいないとだめだ。

日本代表 vs パラグアイ代表 @日産スタジアム

代表TIMELINE | SAMURAI BLUE サッカー日本代表 | 日本サッカー協会

20100904japan vs paraguay_5

いい興行試合だった。

これが始めにくる感想。

親善試合とはいえ、試合前の記念撮影も両チーム合わせてとっていたり。

代行監督だし、どう見てもワールドカップの影響で見に来ているライトな客が多いし。

そういえば、ドイツワールドカップ後の初試合、オシムジャパンの船出も見に行ってます。

あのときは、ドイツの惨敗もあり、

また、海外組を呼ばなかったりでそれまでのジーコジャパンの盛り上がりから

一気に熱が冷めたような試合だったのを覚えています。

サッカー知ってる人からするとメンバーいろいろ変わっておもしろかった試合だと思うのですが。

あ、そういえば岡田ジャパンの初めの試合も見に行ってます。

ということで、それらに比べると盛り上がりはすごい。

6万5千なんて入っているのを見たのは、最終予選のオーストラリア戦以来。

あのときと同様、座れなかったので、立って見てました。

パラグアイ、割とメンバー来ているようだけど、やはり真剣味には欠ける。

しかし、それでも前半の初めはなにもさせてもらえなかった。

ささいなところなのだけれど、一瞬逆を取られることが多い。

DFラインからのビルドアップのところとか何気ないところで。

南米のチーム相手だとよくある気がします。

ま、それでもサンタクルスが抜群の決定機でミスってくれたりで、無失点。

前半中盤からは日本ペース。

海外組の中でも調子がいいと言われている選手はホントに調子がよさそう。

香川、長友。この2人はキレがある。

松井もキレていたけれどチームとして考えると少し空回り感。

独りよがりなドリブルが目立った。

本田はまあ普通。

ワールドカップを見て期待度が高まっているのもありますが

よすぎず、悪すぎず。

パラグアイに左足警戒されまくりなのはよくわかりました(笑)

その他の2人。うっちーと森本は。。。

うっちーは正直、今回呼ぶべきではなかったかと。

シャルケでボジションを取るか微妙な時期だし、プレーもやはりよくない。

DF面ではあいかわらずですが、裏取られるかひやひやものだし、

攻撃面でも相手と対峙してしかけているときの一瞬の判断が遅い気がする。

森本が中でフリーだったときのクロスの遅さのときが正にそう。

森本はワントップは厳しいですね。近くに他にもFWがいないとボールが前線で収まらない。

今日はなのかわかりませんが、相手背負ってのトラップが異様に下手。ボールをはじいてしまう。

シュートもなかったし、これまたレギュラーをとれていないチームの方に集中させるべき。

変わって入った岡崎もなにもしなかったな。

得点シーンは香川のうまさが光った。

縦パスをスピードを殺さず前に持ち出せる技術。

ちょうど、試合前にyotubeで香川のプレー集も見てたこともあり、そこらへん期待してました。

今日の試合中も後ろからのボールのもらい方が異様によかったです。

パスもらう前の身体のフェイントでそのまま前を向ける。日本にあまりないプレーができる。

ドイツでもまれてもっと成長してもらわないと!!

最後に、勇蔵。。。

空中戦の強さはアピールできたと思います。

しかし、ミスからケガという最悪な展開。

あのプレーで完全に試合集中具合が途切れました。

ちょっと運がないか。

ボンバーとのコンビなのだから勇蔵が右、ボンバーが左というマリノスと同じのでやらせてあげればいいのに。

横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第21節第2日

20100829marinos vs albirex_8

一ヶ月ぶりのマリノス観戦。

この一ヶ月の間なんだかんだで勝ち点は積み上げてきてました。

好調アルビレックスが相手。

上位についていくには負けられないところです。

前半の半分くらいまで、右サイドからチャンスを作られまくる。

攻撃面では中盤からスーペースがなかったのでアタッキングサードまで入り込めなかった。

俊輔と天野の守備は穴ですね。

2人でいっても俊輔の守備は形だけなのが多いので

そこを上手く利用されて一気に2人かわされてしまうイメージがあります。

バーだったり、飯倉のファインセーブだったりでなんとか失点だけはしなかった。

これは大きかったと思います。

ピンチを切り抜け大分シュートが打てるようになりました。

そして後半。

開始と同時にいきなり新潟にしかけられたのでちょっとちょっと!??と思っていたところに山瀬!

ぎりぎりの追いかけっこになりましたが、シュートが上手かった。

いい感じで力が抜けていて。

普段パンチのあるシュートは多いのだけれどそういうのより、今日のようなタイミングずらす系のシュートの方が入るイメージです。

アシストは俊輔。

このパスはほれぼれする。ボールをもらう前からパスのイメージができている。

もらう、だす。その一連の動作を改めて確認するときれいすぎる。これぞ俊輔といった感じ。

スルーパスとか最近のサッカーであまり見ることが少ない気がしますが、やっぱりいいですね。

ボールがだされてからパスがつながるまでの時間がスローモーションに感じられるのはしびれます。

といったわけで、俊輔がよいです。

自分でボールを前に運べるようになってます。

スピードはないけれどボールの運ぶ位置がいいからか、相手の前に体をいれられるので取られない。

これまでは、前にスペースがあってもボールを運ぶより出しどころを探すことが最初に選択されて

プレーが停滞してしまうのが多かったのですが、今日はそれがあまりなかった。

身体のキレが問題だったのでしょうか??

点決めたときのシザースのキレも鋭かった気がします。この試合通してフェイントにキレがあった。

2点目のシーンはそれ以外にも早いリスタートが効いていました。

もらったのは小野。

もうちょっといいところにボールが出れば自分で最後まで行けそうでしたが。。

他のシーンでもいくつかそういうシーンがありました。

少なくとも今シーズン中には点を取らせてあげたいですね。

今の時点で、ちょっと焦りがあるような気がします。

最後の3点目はアーリア。

交代で入る選手が最近活躍しています。

点以外にも交代で入った選手らしく、ボールの追い回しも積極的で気持ちが見て取れました。

あとやたらキープ力が目立ちました。センターサークルらへんでのボールキープはなんだこいつ!?くらいすごかった(笑)

最後は狩野。

20100829marinos vs albirex_13

見たかった。待ち望んでいた。

それはサポーターみんなもそうだった。

3点目が入って狩野が呼ばれた瞬間から狩野のコールが始まる。

点が入ったかのような異様な盛り上がり。

ピッチに入ってからもコールはなかなか鳴り止まない。

初めのシュートは明後日の方角へ飛んで行ってしまいましたが、それでも見れてよかった。

これからもっと見れる時間を長くして欲しい。期待しています。

今日勝ったのはホント大きい。

フロンターレ戦も見に行ってしまおうかしら。

俊輔のヒーローインタビュー↓

東京ヴェルディ vs コンサドーレ札幌 @国立競技場

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン2 第22節第2日

20100815verdy vs consadole_20

もうすでにリーグも折り返して後半戦ですが、今シーズン初めてヴェルディを観戦。

何回か行こうかとも思ったけれどタイミングが合わなかったのです。

いろいろ大変なことになっているので、今シーズンはチケット代金上がっていますが

むしろ下げるくらいにしたほうがいいんじゃないかと思ったり。

まずは、人を入りやすくするべきではないのだろうか。

どっちの方が金銭的プラスになるとかはわかりませんが。。。

試合はおもしろかった。

最近上位を連続で倒して来ている調子のよさは

去年の6月頃の調子のよさっが頭をよぎります。

去年はその調子のよかったところで見に行った甲府戦で連勝ストップというのを経験していて

実際頭をよぎっていたのは、調子のよいときに見に行ったらまた負けるのではないかというほうでした。

それはいい方向に裏切られました!!

去年より強いと思います。チームがしっかりしている。

なんでこんなにサイドをワイドに使えるようになったのか。

なんだこんなにトライアングルがうまくできるようになったのか。

今シーズン初観戦なのでチームがどのようになってきていたのかわからないですが

しっかり、安定しているというのが印象。

あとは、セットプレイに可能性を感じるようになりました。

初めてみましたが、菊岡がいいですね。いきなり10番背負っているんで何者かと思いましたが。

ヴェルディっぽくない選手かもしれないです。うまくて安定感とか(笑)

初め異様なポゼッションの中あっさり失点したので、あれ?と思いましたがすぐさま同点。

その後は、終止ヴェルディが主導権を握って、札幌にチャンスらしいチャンスがあったのが記憶にない。

中盤の球回しでも、ここダイレクトだと相手イヤだろうなというとこでダイレクトで出せているのは大きい。

去年はJ1見てからヴェルディを見ていると技術的な差をすごく感じたのですが、

今回は技術的には差はあまりないように思えます。ただ、判断のスピードは遅いかと思います。

後半、この暑さもあってかだらだらしたところもありましたが、そんな中でも最後点取れたのは強いという証拠??

初めてヴェルディで平本のゴールを見ました!!!一応横浜FC時代に見たことはあるんですけど、ヴェルディでは初!

20100815verdy vs consadole_10

いや〜、ホントやっと見れた。

2006年からヴェルディ見に行き初めてだから長いです(笑)

しかも、勝負決めるゴール!!あたりそこねだけどボレー。

ああいうの決められるようになったのは今シーズンからでしょうか。

ホントによかった!満足な試合。ヴェルディももっと見に行こう。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第15節第1日

20100731marinos vs grampus_4

最悪な試合だった。

あ、一応点取る前はそんな悪くなかった。

いや、よかった。

点取れない以外は。。というか毎回こればっかです。

前節の大宮戦も中継を見ていましたが、これがあてはまるかと。

相手を圧倒しているのだけれど点だけが取れない。

1失点目は完全にミスから。失点後かなりどたばたしましたがしのいで後半。

2失点目はマリノスではああいうシュートは確実にDFにひっかかるのに相手のは抜けてくるんだよねっというミドル。。

なんか守備のバランスが悪すぎ。、

去年までと違うのは、シュートまでいっているところ。

おしい!!のは多いんですけどね。。

今日は、連戦でもあるし千真の調子が悪いのもあってだろう、前線2枚替え。

個人的には単純に千真と坂田を見たいのだけれど坂田と山瀬。

その他はここ数試合と同じメンツです。

前半、圧倒的にボールを支配。俊輔のパスでチャンスが作れていました。

俊輔どんどんよくなっています。

ただ。

Jリーグに復帰してからが基準。

そもそもパスはやっぱりJの中では圧倒的にうまい。

しかし、2008、2009年くらいまでのイメージには辿り着いていない。

あのときは、とにかく別格だった。

ボールを全く取られなかったイメージが強い。

そこが今、違うところ。ボールを取られるイメージが最近は強い。

セルティックの頃や、代表に比べて前線の動きの質がよくないのでボールを出せないのかもしれないが

別格だったころは、パスを出せなくて相手が寄せてきてもボールを奪われている印象がない。

今は、そこで奪われている。

前線との動きがあわなくてボールを持ち直しているときに、よくとられる感じです。

調子は上がっているのはよくわかる。

今日は、ここ最近見た記憶のないスライディングもしていたし

あとは、FKが壁を越えた!!久々に見ました、ホントおしいという感じのやつは。

以前のイメージとのギャップを抜かせばやっぱり圧倒的に怖いプレイヤーに戻りつつあります。

しかし、相手からしてマリノスで怖そうなのは俊輔と山瀬くらいか。。そこが問題。

小野も怖いかもしれないけれど、あくまで高校生だし、早いうちに点がとれないようであれば伸び悩んでしまいそう。。

というわけで、現在のスタメンで点を取るチャンスを作れそうな選手が圧倒的にいないわけです。

特に、中盤の兵藤、ジロー、小椋から点が取れる気が。。

ボランチの2人はホント攻撃面で期待ができなさすぎるし、全体的なバランスの悪さで今日は狙われていた気がします。

年齢など考えてもジローのボランチスタメンはもうなくていいと思う。

点が取れないのであれば前と後ろのつなぎ役として兵藤をボランチに下げて欲しい。

あとは、山瀬のFW起用もそろそろいいかな。

今日も後半頭から小野と交代させるべきではなかった。

変えるのであればジローと小野を変えて山瀬を2列目におきたい。

小野は今日は何もできなかったですね。時折、お!?と思わせるプレーはあったけれども。

ま、なによりも2点取られて相手引きこもってスペースはないし、そもそもボールが回ってこないしではありますが。。

あとは、狩野!!!!!!!

今日もベンチ外なんて、どうかしてる。

俊輔は今、どう考えても90分フルでは持たないし、変わりのできる狩野はベンチには入れて欲しい。

いや、先発で見たいよ。

もう今の構成は限界です。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第14節第1日

20100724marinos vs gamba_20

劇的な試合。ロスタイムに勝ち越すなんていつ以来だろう。

そんな試合の前に、今日は初めてチアを見たりしました。

20100724marinos vs gamba_1

チアやってる人っていっぱいいるんですね。

こんなに早く会場に来たのは初めてでしたが、今までにない経験で新鮮でした。

というわけで、試合に戻ると。

ワールドカップでの中断後初観戦。

前節は広島にぼっこぼこにやられてガンバ。

なにやらこの試合もボコボコにやられるのではないかという予感。

前半はボコボコだった。点が入らなかったのがなによりの救いという展開。

ジローボランチは守備は意外とまともだけれど攻撃が。。

DFラインからボールを頻繁にもらいにはくるのだけれど、前にパスが出せない。

とはいえ、前半は前でボールが収まりませんでした。

俊輔はあいかわらず、ボールを簡単にロストするし、

兵藤は割とボール持てていたけれど、あと一歩行って欲しいところで行けない。

千真はキープが下手。小野に攻撃を任せるのはコクです。。

けれども、小野は存在感ありすぎでした。

チーム最多のシュートを打ったところもそうです。

高校生でトップでやれる技術的なことはもちろんのことですが

メンタルが強い。ふてぶてしい。特にマリノスではいないタイプかと(笑)

アシストの他にもポストにあたったシュートもあったり、

今節は自信を持てた試合になったと思われる。

後は、早目に点を取るかどうかで今後の成長が変わりそう。

後半は、ガンバがなぜか止まった。カウンターの一発だけ気をつけていればよい雰囲気。

それでもPKを外したりでイヤなムードはぷんぷんしていた。

最後の最後、天野はよくあそこきていた。小野のシザースもよかった。

そういえば、小野へのパスは俊輔から。試合中も何度かあの感じのパスは出していたけどやっと実った。

けれども、数回の決定的なパスのために今の俊輔を出し続けるのは怖すぎる。

単純に狩野使って欲しいなぁ。

横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第9節第1日

20100501marinos vs jubilo_11

まさかの天野のゴール。

坂田が感覚で上げた感じのボールに飛び込んだ。

ボールかなり高く上げたので落ちてくるまでの時間がかかる。

ボールの行方を追いながら逆サイドにゴール前へ走ってくる小さな姿が見える。

なんだか嘘みたいに長い時間に感じられた。飛び込んでゴールに入ったのも嘘のよう。

勝ったことうんぬんよりも、天野が点を決めたことがなんか嬉しかった。

そう思ったサポーターは多かったはず。

試合は小椋が出場停止だったこともあり、メンバー、システムも変わった。

今のチームで核なのは小椋だと思っているのでどうなることかと思ったけれど

金井がよくやっていたと思う。いろんなとこで顔を出していた。

小椋とはタイプが違うし、そして相方が俊輔だったけれども

ジュビロの中盤はたいしたことなかったのもあって普及点以上かと。

俊輔は今試合に出るとしたら今日みたいな後ろの方でパスを散らすことに専念した方がよさそう。

ここのところ前でボールもっても仕掛ける場合は取られることが多かったので。

ただ、やっぱキレがなさすぎる。切り返しでこけたり、FKも壁を越えない。

ワールドカップ選ばれなくても疑問はあまりないかも。

その他では前線で連動してダイレクトでパスが5本くらいつながるシーンが

数回あったのはよかった。

シュートの意識はあいかわらず高いし、徐々にだけど点になりそうなシュートになってきている。

変わってはきている。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

公 式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第8節第1日

20100424marinos vs antlers_8

鹿島にちゃぶられた。そんな感じの試合。

うまいなぁ〜、鹿島。マリノスと比べてパス回しに意味がある。

こちらが引いている状態でも、パスを回していってフリーの選手を作るのがうまい。

そして、サイド広く使い過ぎw

いやもう、マリノスも俊輔が入ってワイドにピッチ使えるようになったけど

鹿島はそれが当たり前かと。

一失点目は左から右、右から左で俊輔のいらないファールのFKからイ・ジョンス。

あのファールはいらなかっただろう、俊輔。。

いやもう、ケガをしてても使いたいという選手では今はないと思う。

俊輔のせいで小椋が死ぬんじゃないかと思った。

にしても、小椋いい!パスは。。ってのがまだまだまだまだ多いけど

今シーズンに入ってなくてはならない存在になったと思う。

そこフリーだと危ないとか、ここぶつかっとかないとというところに

確実に顔を出せる。危機察知力。今チームがもっているのは小椋の力がデカイ。

今日は前線に飛び出す動きも多かった、一番成長している選手ではないだろうか。

それと比べてしまうと。。。というのが兵藤。今日のデキは。。

デキがどうのというより消えてた。動いているのだけれどそれが効果的でない。

攻めるときにシュートにつながるプレーがないし、DFではスペースを空けてしまう印象があった。

兵藤がはまるとかなりチームとしての運動量が上がると思う。

もう主軸の一人なんだし、頑張って欲しい。

あとは、波戸。今日はアシストで結果を出したけれど

どうもこれだけ使われるほどの活躍ではないかと思う。

右のサイドバックは天野、藤田もいるわけだしもっと競争させても。

ケガのようなので次はチャンスもらえるか、天野。

といろいろ思ったけど得点シーンはキレイだった。

確か、小椋のカットから俊輔が右サイドに展開。

波戸が勝負してクロス、千真ヘッド!!!

いい展開だった。あの場面で右サイドにだせるのは俊輔だけなんだよなぁ。

その後、千真のシュート乱れ打ちがあったりで前半はおもしろい試合だった。

後半、マルキに持たせ過ぎだなと思ったら小笠原にやられ、マルキに記念すべき100点目をプレゼント。

アントラーズに2点差はひっくり返せない。

狩野がはいって少し勢いがでたけどあと一歩が。。

これまでよりもシュートが枠にはいくようにはなっているけど

最後の最後でこちらにボールがこぼれてこない。

そういうところにつめられる選手もいないんだよなぁ。

まぁ、今日は完敗。かなり勉強になったゲームだと思う。

これが果たして活かされるかどうかが。。。

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第6節第1日

20100410marinos vs cerezo_20

勝たなければならない試合だった。

前半で相手が10人になった、ということだからだけではなく

あの相手に勝てないようだと上は狙えない。

セレッソ。DFがどう考えてもJ1のレベルじゃないと思います。

今日だけだったのでしょうか。

前半の始めに千真へのなんもへんてつもない縦パスへの対応を見て思いました。

それとやたらとスピードがない??

スピードがないというかマリノス側の選手がやたら早く見えた。

坂田ならともかく、他の選手たちがDFと追いかけっこになってあんなにボール取れるのも珍しい。

セレッソはホントになにもできなかった。

前線の3人は確かに早くてなにかできそうではあるけど

香川以外はそこまで驚異的ではない。

香川はおもしろいボールの持ち方する、ワールドカップ連れてって欲しい。

乾は。。。

マリノスの方は相手にどんびかれて、それを打破する

というここ数年間の課題がいまだに乗り越えられないのを露呈。

今のメンバーだと千真のシュートチャンスが少なくなるのをどうにかして欲しい。

一番、チームの中でシュートセンスがある選手を

前線のつぶれ役、とはいってもそんなどろくさくないけど

最後の決め手のところでゴール前にいることができないような

使い方をしているのはかなり問題かと思う。

山瀬FWもいいけれど、やはり坂田かバスティアニーニと2トップ組ませたい。

バスティアニーニ、前回よりフィットしているけれどまだ動きがかぶるし

バスティアニーニの欲しいタイミングでボールをあずけてもらえない。

あってくれば戦力になる感じはしているのでがんばって欲しい。

あとはやっぱり坂田見たいなぁ。