一人旅 2020春

島根・鳥取・兵庫に行ってきました。

サッカーのために広島行くついでで考えていたけど、試合開催されなかったので6年ぶりに山陰を攻めることに。

やはりなかなか移動が難しかったけど、ひとまず世界遺産の石見銀山。

坑道は朝早すぎて入れなかったんだけども。

そこから鳥取砂丘を見に。

久しぶりにレンタルサイクル乗ったけど久しぶりに自転車乗るとテンションが上がる。

砂丘かなりよかったな。

砂丘と鬼太郎ロードといい鳥取の観光スポットは外れないんじゃないか。

他に何があるのかはよくわからないけど。

城崎温泉はただここに入りに来ただけだけど、兵庫の上の方に行くことはなかなかないと思うのでまた行った地域に幅がでてきた。

寝坊により特急に乗ることになったけど、やはり早い早い。

18きっぷメインの旅だけど、ここのところは行く場所も結構大変になって来ているので飛行機もかなり使うようになったし、予算がだいぶかかるようになってきた。

これも年取ったってことかなぁ。

韓国、マレーシア、バングラデシュ、ネパール

マリノスがACL出場しているので、試合を見る流れで無理やり行っていない国へ。

韓国は12月にも行ったばかりなので観光なんかはどうでもよく、とにかく試合。

韓国王者にマリノスのサッカーで圧倒して勝利。

この旅の一番テンション上がるところが初っ端なのでここからテンションをどんだけ保てるかというのが心配なところ。

試合後は仁川空港で夜を明かし、マレーシアを経由してダッカへ。

マレーシア乗り継ぎただすればいいだけだと思っていたら、ターミナルを変えないといけなく、一旦入国しなければいけなかった。

それに気付いたのが荷物検査とかも受けたあとだったので、まさかの逆走。

ちょっと焦った。

ダッカへの飛行機の中はカオス。

バングラデシュ人はたぶん飛行機乗ること自体が少ないのかもろもろルールわかっていないっぽくてCAさんがかわいそうだった。

そんなこんなでダッカに着き2夜連続の空港泊。

夜も明けて市街へ。

電車に乗ってみる。もっとカオスな感じを説明しているブログとかが多かったけど、オカマに絡まれたくらいでわりとすんなり。

ただ、そこからホテルチェックインして街を巡ったが、これがなかなかな途上国。

スマホがまだあんまり普及していなかったり、女性を見ることが少なかった気がする。

考えて見るとアジアのこういう感じの国に来るのは2年ぶりくらいで、なんのルールもないような交通事情とかが今の会社の状態と同じに見えてげんなり。

そしてネパールへ。

ネパールに行く日にホテルで指を切って血が猛烈に出て焦る。

無理やり血を止めて空港までたどり着いたけど、そこで傷が開きまた猛烈に血が出る。

ラウンジで消毒してもらい、ガーゼ巻いてもらってなんとか乗り切ったけど旅で怪我するとか想定していないというか、そもそも血を出すみたいなことが日常ないのでなんかびっくりした。

ラウンジのスタッフのおかげでバングラデシュの印象がちょっとアップ。

ネパールはバングラデシュに比べると圧倒的に都会。

バングラデシュは外国人自体が全然いないけど、ネパールはヒマラヤとかあり観光客がきちんといるし、全然違う。

どんどん成長していきそうな気配がある。

今回は首都だけしかいかなかったけど、やはりヒマラヤは一度行ってみたいところ。

次はユーロを見にヨーロッパかな。

チケットが取れないかもなのが気がかり。

あ、その前に他のACLのアウェイもあるか。

一人旅 2019冬

三重・奈良・滋賀・愛知・静岡・神奈川に行ってきました。

先週の韓国に続き、また旅へ。

なんかあまり考える時間がなくてだぁーっとこなせるところに行こうと。

三重では伊賀の忍者屋敷。

忍者でなんでかわくわくしてしまうのはなぜなのか。

どんでん返しとか楽しかったし。

奈良では古墳を見て散財ランチ。

滋賀にも行ったけどただ暗い中歩いただけだった。

名古屋は食べてなかった名古屋めし。次は台湾ラーメンかなぁ。

静岡では橋と神社。

大きい木を見るのは心が和む。

最後は横須賀。

なんか落ち着きなくすぎてしまったし、相変わらずすごいストレスをためているのがわかる旅だった。

一人旅 2019夏

岐阜・愛知に行ってきました。

全国一周2週目で、行ったことないところはまだまだたくさんあるのだけど、行くのが面倒にどんどんなってくるか。

と思ったけど、白川郷は案外行きやすかった。

久しぶりに高速のバス乗り場から出発して、二人席を一人で使えるところで、しょっぱなからかなりの満足感。

コロッケがなんでかとんでもなくおしくて。

小さいとこなので時間は持て余したんだけどよかった観光スポットだった。

今夜の宿となる高山でもよい食事に出会う。

高山ラーメン、これまたうまかった。

最近どこか行くとご当地ラーメン食べていることが多くないか。

2日目はいきなり落石で電車が動いていないことから下呂温泉を経由し。

愛知で行こうと思っていたところを一箇所行けずで一つ行ったのは常滑というところ。

焼き物が有名なところらしく普通の町中を観光地としていた。

そこをさくっと廻って最後はサッカー。

快勝したので最高。

にしても日頃のストレスが溜まっているんだなぁというのがわかった旅立った。

なんかよくわからないけど、食べまくろうと思ったり、ビール飲んだり。

ストレス溜まりすぎだ。

ポーランド・ベラルーシ・フランス・イタリア・バチカン・デンマーク

なでしこのワールドカップ観戦のついでにヨーロッパの行っていなかったところを忙しなくめぐる。

まずはポーランド。U20のワールドカップ見ようかと思ったけど日本戦でもないしパスで、ワルシャワをささっと観光。

続いてベラルーシ。

ここのところ旧ソ連系の国によく行くが、旧共産圏は日本人にあっていそうな気がする。

統制が取れている感じがあるし、すごい近代化しているわけではないがアジアほど発展段階でもない。

今回はベラルーシが一番よかった。

そしてフランス。

パリの見てなかったところと、サッカーを見ただけだけど、なんといっても飯がうまい。

飯のうまさはやはりダントツ。高いけど。

次はイタリア。

一度来たけど前回はミラノで今回はローマ。

よく見る景色を生で見て。

流れでバチカン。

時間なくて宮殿とか見れなかったけど。

最後はデンマーク。

北欧初進出。キレイだねぁ。

物価が高いのがどうにかならんかなというとこだけども。

本当はコパアメリカ見に行こうと思ったけど、やはり日程が難しくて諦めた南米に次こそはチャレンジ。

一人旅 2019春

大分・福岡に行ってきました。

前回の旅で全国制覇したので今回から2週目。

1週目で行ってなかったところにできるかぎり行ってみようというのが2週目。

そんなわけで5年前は行っていなかった中津や。

湯布院なんて。

この間に当然サッカー観戦はしているのだけど、あまりにもショックな敗戦だったので省略。。。

帰りにちょろっと久留米によって帰宅。

もうこなれすぎてこなれすぎて。

だけど、最近はホテルに泊まるようになってだいぶ大人になったのと感じる。

UAE・アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア・ウクライナ

アジアカップを起点に5ヶ国をを廻る。

トランジットでよく来ていたけど、UAEへの入国は3年ぶり。

試合はヘボかったけど、2度来る国はあまりないので来て見たところがあるのは新鮮。

試合後はアゼルバイジャンへ移動。

こんなに観光客がいない国は初めて。

びっくりするくらい入国管理の職員が美人で揃えられていた。

続いてのジョージアはコーカス地方の中で一番欧米感があるとのことだったが、そうでもなく。

とにもかくにも埃っぽい印象だけだった。

コーカス地方ラストのアルメニアが今回の旅で一番よかった国。

コーカスの中で一番貧しいらしいけど、首都のエレバンは十分発展していて、街に活気があった。

ラストはウクライナ。

差別的な感じがあって一番印象が悪い。

今回UAE以外観光客が基本的にいないところばかりだったけど、まだまだ閉鎖的な国はたくさんあるのだなというのを体感。

どことなく世界を廻るにつれて、その周辺の文化がつながり、そして変わってく様を感じるようになったか。

今回ので行った国が40ヶ国。

次は6月にヨーロッパ、南米の予定。

一人旅 2018冬

沖縄・東京に行ってきました。

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

10年以上ぶりの沖縄。

行きは3時間半くらいかかった。

海外での移動でそのくらいだと余裕だなと思うけど、日本での3時間半は長い。

沖縄は20度もあってあったかい。

半日くらいの滞在だったから

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

ゴーヤチャンプル食べて

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

首里城行ったくらいだけど。

あっさり東京へ戻りいよいよ最後の観光。

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

浅草、一応東京も観光するということでどうしたもんかなと思った結果のすえ。

これで足掛け8年かけて日本全国をまわる旅がやっと終了。

初めの旅の目的は日本海を見に行くがテーマで、日本海を見ずに帰ったとこから。

8年の間に、そもそも旅なんて行くタイプじゃなかったのが日本だけでなく、海外までも気軽に出かける旅慣れテーラーにもなった。

18きっぷという制約の中だったのでちょっと移動にコストがかかるところはいっていなかったので、これからはもうちょい行動範囲を広げて旅に出よう。

春からは2周目の旅へ。

フィジー ・ニュージーランド・オーストラリア

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

南の方へ。

島国ばかりなので一度に色々な国へ行けないので敬遠していた。

が、しかしフィジー航空というのが引っかかり安くフィジーを経由し、ニュージーランドへ行けるということで決断。

フィジーがクソ暑くて、あっさり火傷する日焼け。

そこから移動したニュージーランドは雨降ってたりで寒すぎだった。

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

2日目も変わらずで、3日目は快晴。

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

さすがのニュージーランドは車道を羊が歩いている。

なんかそんな感動することもなく、観光に失敗した感のある中、オーストラリアを目指したところでハプニング。

初めて飛行機が欠航する。

これまで考えてみるとトラブルに出会ってなかったのは運がよかったのかな。

無駄な出費でテンションだだ下がりの中だったけど、海で復活。

New photo by Hiroyuki Abe / Google Photos

泳いだよね、久しぶりに海で。

いつ以来だかわからんけど。

こんな綺麗なとこだとただそれだけで楽しい。

風が強いし、水は冷たいしだけど、海が綺麗で嬉しい。

おじさんの家に泊まるという海外で友達に会うというのも初の体験だったが楽だねぇ。

帰りはこれまたフィジー飛行機の調子悪くて、別の機体に乗り換え、結果成田で終電逃して始発待ちという、、

ハプニングが多い旅だったな。