中華料理食べた

週末は高校の友人の結婚パーティーでした。

挨拶する機会をもらえなかったけど

楽しかったです。

おめでたいことっていいですね。

それと同じ時代をすごした人たちと会うのも

おもしろいです。

もうかなり昔なはずだけど

高校のときのイメージのままでみんなと話してしまう。

みんな丸くなりました。

というわけで土曜は丸半日飲んでいたので

昨日はすごい眠かったです。

いや、今日も眠いのですがw

眠いのもあってか終止ぼーっとしてました。

それとお昼も遅かったし、1時間半くらい時間もかかってしまったので。。。

なぜかというと遠いお店に行ったから。

月曜日なのに外へ食べに行ったのは

TOECIの勝負で勝っておごってもらえるからです。

こちらのお店に行ってきました。

美林華飯店 – 六本木一丁目/中華料理 [食べログ]

最終的に中華を食べたわけですが

始めは違う近場の中華を食べに行こうとしてました。

ただ、そこは連れがよく行くということで

珍しく、いや初めて代替案で丼ものを食べに行くことに変更。

と思ったら店が見つからずベラルーシ料理にまたまた変更。

さらにそのお店も見つからず。

そこでどうでもよくなったのかすぐそばにあったお店がここです。

20081215サービスランチ_1

ランチはご飯とスープがおかわり自由。

単品であの量だと食べててあきてしまうかもしれませんね。

もとより中華は苦手なんです。。。

また、おごってもらえるように英語を勉強しないと。

今日いつものように速読をやろうと思ったら全て終わっていたので

明日は単語帳を持って行こうと思います。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4047100269″ locale=”JP” title=”女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)”]

「本」カテゴリでブログ書くのは久しぶり。

先週も本は読んでいたのですが借りたものだったので

感想は書いていませんでした。

さて、この本ですが女性が突然怒り出すという

わりと男性ならあるあると思えるタイトルから入って

女性と男性の違いについて説明しています。

脳の仕組みや「ミトコンドリア遺伝」や「ホルモン」など

科学的な話が多くて信憑性は感じますが。

どうも頭の中に入ってこない。

きっちり説明されてもわかりにくいし、

感覚的すぎても納得いかず。

そういうバランスの取り方ってどうすればうまくとれるんでしょうか??

それでは気になった言葉を。


・・・男とおんなでとでは、会話に何を求めているかが違う。おんなの脳が会話に「共感」を求めているのに対し、男の脳は会話に「解決」を求めているのだ。・・・

この本だけどの本でも言われている話のようですが

男が「解決」を求めているという表現は

納得しやすい言葉だなと思いました。

解決といういことで共感と比べて

0から1を生み出すような主体的なイメージが強いです。

だから男のつながりってくっつてしまうと強くなるのかなと。

共感はあわせてはいるのですぐくっつきそうですが

ふわふわしていて離れるのも早そうです。

よく言われていることですがこういう表現をみて

より深く理解できた気がしてます。

やっぱり人数が減っていく

今日は3人。

確実に飲みに行く人数が減っています。

だけれども今日も飲みに行くわけです。

3人だけど3時間くらい同じ店ですごしました。

こちらのお店に行ってきました。

鳥良 六本木 とりよし – 六本木/ダイニングバー [食べログ]

全体的においしかったです。

特に親子丼がはんぱなくうまかった。

あんなに卵がよい感じにとろけるのも珍しい。

水炊き鍋食べて

手羽先食べて

鶏のクリームコロッケも食べました。

飲みであんなにお腹いっぱいになるのもあまりないですね。

というわけで思ったおり長居してしまい

終電コース。今日は30分のコースです。

そして

明日というか、もう今日は

友達の結婚party!!です。

めでたいので楽しもうと思っています。

party peopleになるしかないよね!、同じテンションの人少なそうだけどw

今ちょうどぼにーがテレビにでてます。

キュートな女性ですねw

パスタ食べた

今週は長く感じています。

今日が終わって明日終われば休み。

やっとです。

明日は忘年会の予約をしないといけません。

このタイミングで予約って果たしてできるのか。

かなり面倒なタスクです。

それではランチの話。

先週道に迷ってパスタ食べ損ねるという展開で

今日はパスタ。とはいっても先週行けなかった店ではありません。

こちらのお店に行ってきました。

ジリオーラ GILIOLA – 六本木/イタリアン [食べログ]

パスタ+サラダ+デザート+ドリンクで1200円のランチ。

このランチだとパスタ大盛りは無料でした。

なんという名前か忘れましたがクリームパスタ。

粉チーズをつけるとこれがうまいうまい。

20081211パスタランチ_2

デザートででてきた洋梨のタルトもおいしかったです。

パスタは当たりますね。また違うお店にパスタ食べに行きたいです。

久しぶりに

久しぶりの終電カテゴリー。

店を2件行ったのも久しぶり。

考えてみると確かに今日は

会社をでるのが早かったです。

7時半には外に出ました。

なによりも自分のタスクは終わりが見えてきたので。

そういえば最近飲みに行く人数が少ないです。

みんな仕事が終わらないようで

だいたい始めからいるのは4人くらい。

なかなか大変ですね。

ちなみに、私はいつも始めからいます。

そもそも、残業をしなくても

何も言われることはないようなところにいるので

特に気を使うこともありません。

残業のことでとやかく言われるというのは

あまり望ましいものではないとは思いますが

私の会社はその他のことでも大体なにも言われないので

そこは逆にこれでいいのかなと思ったりもします。

部署によりけりな面は確実にありますが

なぜそうなのかと考えたときに思うのは

若手を育てるということが根付いていないからだと思います。

そのへんはまた別の機会に書こうということにしておいて。

飲みの話へ。

こちらのお店に行ってきました。

美食酒家 ちゃんと。 六本木店 – 六本木/居酒屋 [食べログ]

ちょととこじゃれたお店。

料理もそこそこの値段です。

料理は小さいので満足しきれず。

おいしかったのはスモークサーモンのサラダ。

そして店員のお姉さんがぱっちりした目でかわいかったです。

なんだかやたら「ごめんなさい」と言われました。

ここはすぐに出て抜群の安定感の2件目へ。

こちらのお店に行ってきました。

店舗のご案内|個室のある居酒屋 くいもの屋「わん」 クーポン・女子会・飲み会・忘年会・新年会・歓迎会・送別会・各種宴会

まぁ、当然のことながらの安定感ですね。

ここから遅れてきたのが一人合流。

わんに着いてからは勝ちっぱなしの飲みでした。

席の並びは大事ですね。

ということで楽しんでいたら久しぶりの一時間歩きコースの終電。

帰ってきてから筋トレして

そして、毎度書いていることですがブログ書くのはしんどいです。

豚の角煮食べた

まず、昨日のブログを修正しました。

audiobookはあまりよさそうなのが

なかったというのと、podcastで十分だと

思ったので、今日から仕事中に英語を聞き始めました。

午後、一時間毎に同じpodcastを計5回聞きました。

まだ、全然聞き取ることはできていないのですが

確かに、回数をこなすうちに聞こえるようにはなっています。

同じやつなので当たり前といえば、当たり前ですが。

聞いたのは有名なこちら。

CNN Student News

そもそも夏くらいに一ヶ月くらい

朝、大江戸線に乗っている時間に

聞いていたのですが、いつのまにかやめてしまっていました。。。

今度こそ続けよう。

TOEICの結果が返ってきたら

単語の勉強も始めたいと思っています。

以上が昨日のブログを修正した理由。

続いて、今日のお昼の話。

こちらのお店に行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

始めはパスタ食べに行くとか行っていましたが

リーダーが途中で店がわからなくなった+iPhoneの電池切れ

という事態に陥ったため適当にあった店に。

この写真を見ると割とこれが一つの料理に見えなくもないですが

今日は食べ放題です。一通りあったものを乗っけた結果がこの写真。

20081204和風ブッフェ_1

これ食べ終わった後に、同じくらいの量をもう一回食べたので

午後は、お腹がしんどかった、苦しかった。

食べ放題はやっぱりがっつりいこうとしてしまいますね。

豚組なだけあって豚肉はおいしかったし、食べ過ぎました。

なかでもあっという間になっくなった角煮のとろけ具合は最高。

それにしてもこういうところでのおばさんたちのパワーはすごいですね。

視野が狭すぎ、料理にしか目がいかないです。

1000円でこんだけ食べれれば満足です。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4047040223″ locale=”JP” title=”デキる人は「喋り」が凄い―勝つ言葉、負ける言葉 (角川oneテーマ21)”]

前回に引き続き話し方についての本。

前回同様裏切られました。

喋りが凄いのは、こういう話の持って行き方で

ここに人が惹き付けられるというのを期待していましたが

この本はきちんとした話し方、つまりは

敬語の使い方やよく間違いやすい四文字熟語やことわざ、

最後には冠婚葬祭で注意すべきことなどマナー本というベき本でした。

社会人なりたてとしてはためになりそうな本ですが

頭の中に残らないかと思います。

マナー本にしては、簡単に読めるような感じをうけないし

それぞれの話しもとびとびでつながっていません。

最近本のはずれが多いです。

それでは気になった言葉を。


・・・どんな時でも語尾を「です」「ます」で終わらせれば、それで正しい敬語になると勘違いしている人も増えいるようだ。・・・

さすがに、それだけでいいとは思いませんが

私自身の話し方のレベルは、これに毛が生えた程度でしょう。

そもそも、人と人が話すだけなので固い言葉を使う必要はないと思ってます。

この考え方は自分より下の人に対しては特に問題はないのですが

上の人間に対しては通用しませんよね。

こういったスキルを強制的に身につけなくていい会社に入ったことは

これからを考えた場合不安に思う点ではあります。


・・・「うざい」とは、「うざったい」の略で、東京八王子の方言からきた言葉といわれている。・・・

えーーー!?

そうなの??

ちょっと調べてみました。

うざい・うざったい – 語源由来辞典

若者言葉 – Wikipedia

うざったいに見ることばの変遷

本当にそうなんですね。。

なんとか

今日までに終わらせると

言っていた部分まで仕事一応終わりました。

今日はなかなかの集中具合。

今週結構早く帰ってしまった日もあったので

ぎりぎりでしたが言ったことが実現できた

ちょっとした満足感もあります。

が、まだまだ今期は終わりません。

というわけで今日は集中できたのですが

ここ一、二週間ほどこれまでの

生活習慣を変えてみているのですが

それが効いている気がしています。

仕事中にガムをかむようになったのと

水分を多くとるようになったこと。

それに睡眠時間を減らしているということです。

いい調子なので続けていきます。

睡眠時間を夜遅くまで起きる方をとるのか

朝早く起きる方をとるのかちょっと悩んでいますが。

そんなわけもあって今日借りた本は

帰りの間にあっという間に読み終わりましたw

先入観ある状態で読んでしまいましたが、

前半部分はまずまずよかったかと。

中盤は読む気がなくなり、その流れもあってか

後半は読むテンションが下がります。

ホントに前半だけはちょっとためになっただけな感じです。

それと今日は飲むというほどではないですが行ってきました。

こちらのお店に行ってきました。

ジンギスカンだるま 2180円で食べ放題 六本木駅1分

ジンギスカンです。

人数も少なかったので

さらっと食べて終わりましたが

今年も終わりますねというしみじみした感じでした。

天丼食べた

この時間に帰ってくると

なかなか長い文章を書く気がおきません。

今日は疲れました。

10時まで会社にいました。

一番損なパターンではありますがw

昨日のわけのわからない食事会のつけがまわってきています。

そしてなによりも、やっぱり目がしんどいです。

そのせいもあって帰りは本を読まないで帰ってきました。

それでは今日のランチの話。

今日はいまいちでした。

こちらのお店に行ってきました。

天吉 – 六本木/天ぷら [食べログ]

20081127野菜天丼_1

天ぷらを食べに行くという目的のもと

近場まででかけました。

以前行った韓国料理の隣のお店になります。

天ぷらといいつつ、カツ丼だったり、サバみそだったりと

なんでもありな定食屋です。

会社入って以来、かれこれ半年くらいランチを食べに行っていますが

初めてないなと思ってしました。

ご飯にかかっていたタレがなんともおいしくなかったし

それがかかりまくってご飯がべちょべちょに。

なんともテンションが下がってしまったお昼でした。

おいしい天ぷら食べに行きたいです。

最後に話し変わってちょっと気になっていることを。

最近気になっているのはcapsuleです。

カッコいいな~

キラキラしてるし、間違いなく踊れる。

買うか買わないか悩んでます。

豚旨辛焼押し麦ごはん食べてみた

今日は久しぶりに定時に仕事をあがりました。

それは牛角でやっているキャンペーンで

安く焼き肉を食べに行くためでした。

当然のことのようにどこのお店もこんでいます。

まず、六本木で2時間待ちと言われました。

ここはひとまず想定通り。

新宿へ向かいます。

ここからがもう想定外。

お店が見つからない。

一緒にいた二人についていきましたが

いっこうに見つかる気配がありませんでした。

そのうちの一人は江戸っ子でした。

結局、その場で電話。

すべて2時間は待つということで

ここで終了。

遅れてきた友達と合流し

ご飯を食べることになりました。

こちらのお店に行ってみました。

新宿ねぎし 月光荘ビル店 しんじゅくねぎし – 新宿/牛タン [食べログ]

とりあえず肉を食べる。

20081126豚旨辛焼押し麦ごはん_1

というわけでなにやらよくわからない食事会でした。

カタール戦について

少し遅れてですがカタール戦について書きたいです。

試合を見ていて結構、というかこんなにもたくさんのことを

思う試合って久しぶりというくらいに長々と書きたいのですが

書いている時間もそんなにないので手短に。

その前に。

この試合は午前1時半始まり。

社会人になってというもの平日の

7時に始まる試合はまず見れないので

今までは始まるの遅いよと思っていた時間帯が

逆にありがたいと初めて思えました。

全部見ると次の日がつらいですが、ぎりぎりの許容範囲。

午前3時台は完全にアウトでしょう。

というわけで感想を簡潔に。

俊輔の調子がわるすぎだった。

やっぱり故障の影響がですぎでした。中距離、特にサイドチェンジの精度があんなにも低いのは見たことないくらい。ただ、相変わらずアジアでは段違いのキープ力。そして守備でもいいタイミングで活躍。シドニーのときの南アフリカ戦?を思い出しました。試合後のインタビューも完璧。インタビュー聞くたびにすごいサッカーのこと考えているんだなって思います。そしてインタビュアーのレベルの低さもw
達也のキレの良さ
バーレーン戦同様。前から動く動く。あのチェイスがあると後ろは楽。相手のミスも見逃さず点をとれたし、あのレベルではドリブルもまずとめられない。
守備
いろんなとこに書いてありますが、とられても切り替えが早い。あの相手を挟み込む守備っていうのは岡ちゃん色が一番でたとこなのでしょうか??あんなに何回もうまく挟み込める試合を見るのはそうないはずです。
世界との差
カタールには通用しましたが、世界を見てみるとこのサッカーが通用するのかと改めて思います。ここ一年強い相手と全くあたっていないので差がはかりきれません。コンフェデにでれないのも改めて痛いですね。
ワールドカップ最終予選
代表戦でも客が入らないということがドイツ以降もはや定着しましたが、最終予選くらいもっと盛り上がってもいいかなという意見だったのですが、この試合を見て盛り上がらない理由がわかった気がします。やっぱり日本は強くなったんです(アジアでは)。昔は相手と五分五分、むしろ格上の相手をどうにか倒してワールドカップへ行くんだという戦いでしたが、今は違う。最終予選でこんな完勝できるなんてなかったから昔は熱かったんだと思います。フランスのときのようなギリギリの戦いはもう見れないんでしょう。ドイツのときもドイツのときで変に土壇場での力強さをはっきしていたチームなので盛り上がりやすかった。今回組み合わせもめぐまれた方にいるのではっきりと強豪といえるのは、オーストラリアだけ。
他は中東という日本が苦手なタイプの国が多いですが、なんだかんだで格はやっぱり違う。せめて韓国とワールドカップかけて戦ってくれたら面白かったんですが。確かトゥーリオかなんかが韓国とやりたかったと言ってましたよね。国立で日韓戦なんて見てみたいなぁ。

もっと書きたいのですが、このあたりで。

オーストラリア戦は見に行きます。

そして今日は寒いからという理由で

急遽ラーメンを食べに行くことになりました。

こちらのお店に行ってきました。

一風堂

白丸ランチを注文。

20081121白丸ランチ_1

昨日に引き続きご飯はおかわり自由なのがうれしい。

850円という値段で、餃子つき、ご飯付きはありがたい。

そしてもやしがうまいんですよね、辛いけど。

今週から食費がかさみます。

明日は初の休日出勤!!

すき焼き食べた

昨日は大丈夫かなと思っていたけど

今日はダメだと思った。

う~ん、お肉が必要。

というわけで今日のランチ。

こちらのお店に行ってきました。

六本木 シーフード&ステーキ 元

おろしすき焼きです。

20081120おろし すき焼き_1

卵の中に大根おろしが入ってる。

やったことなかったけど結構違うものですね。

昼からすき焼きなんて落ち着いて考えると

変な話だけれど昼でも案外入るものです。

というより、このお店ご飯のおかわりは自由なので

結果、3杯も食べてしまいました。

どおりで午後にお腹が減らないわけです。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4062720353″ locale=”JP” title=”孫正義 掟破りの決断 (講談社プラスアルファ新書)”]

2000年出版の本なのでヤフーを

買ったところくらいまでの話ですが

なかなかおもしろかった。

特に前半の方。

学生の頃から明確なビジョンを持っているところが

読んでいてわくわくした。

こういった有名な経営者の本は

小説のように楽に読めるし、楽しいです。

それでは気になった言葉を。


・・・孫の人柄については多くの財界人が評価している。・・・

こういう人たちってやっぱり何か持っているんですかね。


・・・可能な限りの検討結果を前に、孫はさらにひとつの法則を当てはめる。データの検討により、成功の確率が七割と判断した場合にのみ勝負に打って出るのだ。五割、六割ではリスクが大きすぎるので手を出さない。一時的には成功するかもしれないが長くはつづかず、ここ一番というときにはかならず失敗する。ならば勝算が八割九割あればどうするか。孫はその事業にも手を出さない。なぜならば八割九割というのは、だれがやってもほぼ成功する数字である。だとすれば、たとえその仕事で成功をおさめたとしても、成果は凡庸なものでしかない。だから、手を出すに値しないのである。・・・

そこまで目を引くことではないし、

感覚的には誰もがやっていそうなことです。

しかし、このように数値を少し出すだけで

もっともらしい言葉に見える。

この考え方よりもそこにひっかかりました。

今日はピアスをなくしました。

といっても就活終わってあけた

ピアッサーのやつをずっとつけっぱだったのですが。

そろそろちゃんとしたピアス買わないと。