甘酸っぱい雰囲気

昨日。

帰りの電車で部活帰りの

女子高生たちがいました。

彼女らがずっと話していたのは

学校の男が誰がカッコイイだとか

誰が性格が悪いとかいう単純な噂話。

自分が彼女らの年齢だった頃は

一体何を言われていたのだろうなどと

ちょっと考えてみたりして。

結局甘酸っぱいなぁ~と思っただけですが。。。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4396110073″ locale=”JP” title=”都立高校は死なず―八王子東高校躍進の秘密 (祥伝社新書)”]

この女子高生たちの話を聞いていたのは

ちょうどこの本を読んでいたときでした。

前回読んでいた本は公立に子どもをあずけるな

という本でしたが、

この本は逆に都立高校についてのお話です。

なんといっても

私の学区の一番賢い高校の元校長が著者の本

というのがこれを読もうとした一番の理由です。

この著者が高校に赴任してきたのは99年で

これまた私が高校に入学したのと同じ年です。

本を読んだ感想としては

学校というのは不思議な空間なのだということ。

学生の頃はそんな風には思わなかったし、

絶対分からないだろうけれど

この本を読む限りでは学校は一般企業と公務員の中間にあり、

どちらのいいところをうまく取り込むこともできるし

悪いところをあわせもつところでもありそうです。

そして以上に横社会らしいです。

校長対教師という構図で、教師の横で結束されると校長は勝てない。

それに対していろいろな改革を成功された、

教師の意識改革をしてきたのがこの著者だそうです。

一応「トナリ」の高校にいたわけですが

全く持ってそんな変化の話をしりませんでしたが、

身近な高校の話だけあって、書かれている内容は

やっぱりこの高校ならそうだろうなと納得できます。

それではいくつか気になった言葉を。


・・・二〇〇〇年二学期から、授業観察を本格的に始めることにしました。・・・

教員の評価として授業観察を取り入れるということが

この時期からあったらしいですが、自分は経験していないです。

考えてみると教師を評価するのに一番のは

明らかに授業であるはずなのにそれがされていない、

確かに数値化するのはとても難しいものですがおかしな話です。

こういう新たな取り組みを「一番」にやるのが大事である、

一番にやれば目立つじゃないかという考え方はかなり共感がもてます。


・・・発問して、考える時間を全員に与えてから、それでは○間○君、と指名すべきなのです。・・・

授業で質問するときに

「今日は何日だから、何番の人」

というように指名してから発問するのではなく、

発問してから指名する。

こういう思いやりみたいな考え方大事だなと

思ったのでメモ代わりに書いてみました。


・・・一人の教員を新規採用するということは、生涯賃金から言って一億円の買い物をするということだ、・・・

これもメモです。

こう思うだけで、真剣さが全く異なるでしょう。


・・・これ以上学力が低下すれば、日本は天然資源に恵まれない国で、人的資源だけが頼りなのに、それさえ失われようとしているという議論です。・・・

こう考えると日本はスゴイ。

言い過ぎではあるけれど、今までは質だけで勝負してきたのかと。

全く持ってよくわからない国ですね、日本は。

思っていた以上にいろいろなことにまで

考えが膨らますことができた本でした。

久しぶりに読み応えがありました。

こう考えてみるとやっぱり自分は教育に興味がある気がします。

ネタなし

4月以来がんばってブログを書こうということで

日ごろから何か書くことがないかと考えながら

すごしているわけですが、なかなか毎日書くのは

しんどい、今日は書くことがなぁ~いというのもよくあります。

それでもなんとか書いていたのですが。

ある程度強制的に書くと決めているので

しんどくてもいいとは思うのですが

やはり少しゆとりも欲しいということで

今日から「ネタなし」ということで

そういう日はこのカテゴリーにすることで

気分を多少軽くしていきたいと思います。

こんな日はアンタッチャブルの

ポッドキャストっぽく終わることにします。

今日はここまで。

Flickr Pro Account

Flickrのプロアカウントを購入しました。

年間$24.95です。

無料のアカウントでも耐えることはできましたが

Webサービスをあえて有料で使ってみたかったということもあって

お金を出してみました。

FreeとProの簡単な違いはこちら↓

Flickr: Help: Free Accounts, Upgrading and Gifts

Billing Addressが請求先の住所で

Cityが市町村です。

そして同意して終わり。

いろいろとライフログを残して生きたいと思っているのと

さらにはそれに関してなにかしらサービスを作ってみたいので

これはその小さな小さな第一歩です。

それよりパソコン買えって話ですが。。。

屋形船乗った

久々に定時で速攻に会社を出ました。

向かった先は初めて体験する屋形船。

門前中町へ向かい同期約30人たちと

海の上に出ました。

屋根の低さはなんとなく予想で聞けど

窓から見える海面の近さがちょっとした驚きでした。

雨が降っていたので外にでることはなかったのだけれど

昼間ならそんなにきれいではないのだろうなという

東京の海は、夜という暗闇に隠されて

遠くに見える東京の夜景がやたらときれいに見えたものです。

料理はどんどんでてきて。

食べ切れなかったとなりの天ぷらが大量にこっちにきて。

大いに胃がもたれました。

ほとんどが知らない人たちだったけれど

ほとんどからむことはなく

同じ事業部の人たちといつもより

いろいろと話をしました。

こんなこともありますね。

帰りに一緒になった船では話さなかった同期が

ぼにーさんを好きだったのが一番の驚きでした。

酢豚食べた

今日は中華料理を。

結局日本の料理を食べ歩くのは

あっさり断念し、また世界の料理へと戻ってきました。

こちらのお店に行ってきました。

上海老飯店 – 六本木/上海料理 [食べログ]

今までいった中で一番セレブっぽい雰囲気なお店でした。

ヒルズへ向かう道を一本横に入り

一見普通の住宅地といってもいいようなビル??にあります。

その中は他にもいろいろとおいしそうなお店があって

私たちの外でのランチのペースだと

このビルだけで2ヶ月位楽しめそうでした。

夜だったら絶対入ろうとしないだろうなという

感じのドアから入り、奥のテーブルへ案内されました。

当然テーブルの上は回ります。

そもそも中華料理は、油っこさやお酢そしてあんかけが

にがてなのであまり得意ではないのですが

今日は店の雰囲気からして、食べる前からおいしさを感じました。

一緒にいった面々はみな今までの中で一位くらいの評価をしてます。

ランチの酢豚、プラス小籠包食べました。

小籠包のスープがまいうーでした。

TOEIC

会社でTOEIC受けてきました。

初めての受験になります。

ただじゃなかった絶対受けようとは思わないです。

ただ普通のTOEICではなく、

TOEIC IPというものでした。

違いがよくわからないということで調べてみると・・・

TOEICとTOEIC IP
TOEICとTOEIC IPの違いを教えてください。 – Yahoo!知恵袋

団体制度ということでほとんど変わらないんですね。

一応ここ2、3年の間から英語を話したいと思ってはいるので

ちょこちょこがんばったりはしていたのですが

これがどうにも続きません。

今回のがいいきっかけになってくれればいいのですけど。

というわけで今回はあえて全く勉強しないで受けてみました。

初めからある程度できてしまうのよりも

現状を知ってからがんばってみようという考えからです。

ここから少しずつ、まずは英語の勉強を続けられるように

なれれればいいなと思っています。

大学受験のときに英単語覚えてたときなみの持久力が欲しいです。

ちなみに今回のTOEICは同期と成績を勝負していて

一番下にならなければ叙々苑のランチをおごってもらえます。

おごりで食べたい~

MUGENDAI DANCE LIVE

おそらく。

昨日日付変わったと同時に公式サイト更新されていました。

思わず更新してここのところ

書き込んでいなかったtwitterにも書きこみましたが

みなさんもうごぞんじでしょう

featuringはverbalな新曲、そしてDVD発売!!

DOPINGPANDA Officialwebsite

ここのところかかせない無限大ダンスタイムがまさかの収録。

しかもわざわざスタジオ録音で。

10月が今から待ちきれないです。

DVDもあることだし、確実にツアー??

これは会社休んででも踊りたいでしょう!!

本を読みました。

[amazonjs asin=”4797344016″ locale=”JP” title=”子どもは公立に預けるな! (ソフトバンク新書)”]

現状の日本の教育や今後予想される社会をふまえ

いかに私立がいいのかということが書いてある本です。

主観的な説明だけではなく、ほどよくデータがでてきて、

客観的な面からも考えられたので、バランス的には読みやすい本でした。

あと一押し説得力がかけるというか、納得しきれないのは

作者が私立育ちであるという点です。

まぁ、しょうがないことなのですが、

私立出身で公立を押す、公立出身で私立を押す

といったほうが、やはり受ける印象も全然違ったでしょう。

また、後半になればなるほど私立押しが強くなるのですが

徐々に、ジェネレーションギャップのようなものも感じました。

それではいくつか気になった言葉を。


・・・学校のカリキュラム授業時間が減ったうえに、家では勉強せず、塾にも通わず、テレビゲームばかりしている子どもが増えたということになります。・・・

ゆとり教育によって授業時間が削減された分が

いったいどこに行ったのかという話です。

ただキツキツで勉強ばかりするのではなく、

もっと心に余裕を持てるようなことをいろいろ学んで欲しい

というようなイメージでの「ゆとり」が

あっさり別に「ゆとり」になってしまっています。

子どもではなく、大人が「ゆとり」を求めただけだと思いますが

結局、ゆとり教育は言い方は悪いですが

レベルの低いほうに基準をあわせるようにした方法論です。

なのでそれにより学力低下がおこるのは必然的な流れでしょう。

私立に比べると公立の方が好き勝手にできないので

公立のレベルの低下が大きくなってしまうということです。


・・・ペーパーテストの成績に対する評価は、内申書全体のわずか二十五%を閉めるだけになってしまいました。・・・

1989年に改定された学習指導要領で単純な点数よりも

子どもの自主性や主体性を重視することになりこのようになったそうです。

知りませんでした・・・

75%がほとんど性格のようなもので

成績がつけられていたとは到底思えません。

ここでこの本がいっているのは、こういう評価の仕方にすると

内申書のためにいい子ぶるだけで子どもの自由度がなくなる。

心がゆがんで育ってしまうということを言っています。

公立は内申書が重要になってくるので怖いとまで言っていますが

さすがに言いすぎだとは思います。

(どうしても公立育ちなので客観的な視点になりきれませんが)

そして、私立がいい理由として中高一貫しているので

6年間通して大学受験への準備ができるというメリットを上げています。

確かにそのとおりだし、この本で言っているこれからの学歴社会。

これまでは学歴社会といっても同じ会社に一緒に入れば

結局学歴が異なっていても初任給は同じというのが

アメリカのように学歴によって給料にも差が出るという時代になる。

なので今まで以上にいい大学に入ることが将来につながる。

という点からみても確かにそうだと思います。

ただもっと求められてくるのは高校と大学のつながり。

さらには大学と会社(もしくは社会)のギャップを埋めることが

今後の教育にとって重要だと思っています。

学力低下が一番激しくなるのは大学に入ってから

大学受験の頃の学力を維持できるような仕組み、

入ってしまえばなんとでもなる大学教育を変えていかないと。

なんだか言いたいことはいろいろあるのだけれど

今日は特にそれを文章で表現できないのでこの辺で終わりにします。。。

ひと夏の思い出を作るために

今日は月曜日。一週間が始まりました。

ただ、いつもと違うのは今日が25日。

すなわち給料日。つまりは飲みに行く。

ということで行ってまいりました。

今日の気分は欧州という友達が決めたお店へ。

こちらのお店に行ってきました。

Home – Bernd´s Bar Restaurant & German Pub, Roppongi

ドイツ料理です。

やたらとポテトがでてきました。

おいしいです。

ソーセージ食べて。

ビールも一杯千円くらいして。

やっぱりそのへんのビールとは違う味。

ビールだけで8種類くらいありました。

店員さんもほとんど外人。

日本語がそこまで話せなさそうで

注文が伝わっているのかどうかが

不安なことが多かったけどちゃんと料理はでてきました。

こういう異文化な空間に触れられるのは楽しいです。

そして今日は友達のひと夏の思い出を作るために

みんなでバックアップすることを話し合いました。

結論としてはみんなで楽しめればいいということになりました。

日程は明後日ですぐの水曜日。

今週は楽しくなりそうです。

最後に今すぽるとを見ていて思ったのは

イングランド代表にカペッロはあわないなぁ~。

久々の人数→ふざけすぎ→次は・・・

今日全てのテンプレートをもらいました。

「やっときたか」

ということでやってみると

自分のやることはあっさり終了。

まぁ、初めから簡単なことしか

やらないということはわかっていたけれど

待っている時間に比べてあっさりすぎでした。

とはいうものの、ここからいろいろとチェックが

始まって、そこからいろいろ修正が入るらしいので

これからもこの作業は続きます。

そして仕事が終わり、今日は焼き鳥を食べに行くことに。

こちらのお店に行ってきました。

横浜天下鳥 六本木店 ヨコハマテンカドリ – 六本木/焼鳥 [食べログ]

今日は何を食べに行くかの話には

全然加わってなかったので会社出る直前で

ここに行くことを知りましたが、

そういえば先週焼き鳥を食べたいなんて話をしてました。

最近はただ飲みに行くのではなくて

これを食べたいということでお店に行くことが多くなりました。

しかし、あまり焼き鳥のことは覚えていなくて

久々に8人という人数で飲んで、その中で久しぶりに

飲みに行った人がいたりで、ただあいかわらずの

ふざけすぎな雰囲気でワイワイやりました。

今度は割りとおもしろそうなところに「飲み」に行くつもりです。

本を読みました。

[amazonjs asin=”4569657052″ locale=”JP” title=”女性の品格 (PHP新書)”]

なんだかやたらと説教くさい本ですね。

よく言われているようなことをちょっとやさしめに

いろいろ書いてあるなという感想です。

それではいくつか気になった言葉を。


・・・敬語というのは、年齢や地位にあわせて使い分けるより、相手との距離感に応じて使い分けるべきだと思います。

思い切り同意できる意見です。

あくまでも人と人が話しているのであって

いくら年齢差があったりしても、

そこまで気を使って話をしても自分の感情は

伝わりにくいかと思います。

私の会社はそういうところもかなりゆるいので

そんなところに気を使わなくていいのはかなり楽です。

ただ、距離感を誤ってはいけません。


・・・群れているうちに自分自身で判断しなくなり、正しいことは何か、自分は本当は何をしようとしているかのかに向き合わなくなるからです。・・・

群れすぎはよくないということですが

社会人になってみると、学生の間よりは

特定のグループで常に一緒にいるということが

かなり少なくなるので、そういったことをあまり感じません。

ただ、かといって個人個人がしっかりしていて

自分の意見、意志を持っているように感じるかというとそうでもありません。

単純に群れているのを見る機会が少なくなる、

会社なので当たり前なのかもしれませんが

人付き合いも事務的な感じになっていっていくということでしょうか。

私自身は元々事務的に人付き合いをしていたので

そんなに変わりはない、むしろ自分の意見を主張することが

社会人になって増えてきたと思います。

うどん食べた

今日はうどんを。

先週から日本の料理を食べに

行くということになりましたが

世界の料理とは違い、なかなか何を

食べに行くかを決めるのが難しいです。

有名どころの日本の各料理を考えた結果

あっさりでてきた讃岐うどんを食べに

行こうということになりました。

が、結局讃岐うどんは食べてません。

行こうとしていたお店はすでにいっぱいだということを

ちょうど行こうとしてた方角から

戻ってきた見慣れた同期たちに教えてもらいました。

そこからはiPhoneをフル活用。

店は探せるのだけどうどんではなく

そばがメインのお店ばかりで

最終的に4件目に行ったお店で

うどんにありつくことにしました。

こちらのお店に行ってきました。

松兵衛 まつべえ – 六本木/うどん [食べログ]

いつもより割りと路地を入った方向に行ったので

客層がいつもとは違い、年齢の高い男性。そしてみんなスーツ。

考えてみると普段はあまりスーツ姿の人を見ませんね。

ランチセットを食べました。

ランチセットはうどん+丼物。

お店を探す間に看板で見たうなぎを

ちょうど食べたくなったところに

うな玉丼があったのでそれにしました。

思ったよりボリュームもあったので満足です。

最近はランチの値段に免疫がついてきました。

あ、そういえば仕事はそんなに忙しくありませんでした。

明日こそは・・・