横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180801横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_2

もう今年リーグは落ちなければいい。

前節今シーズン最悪な試合だったなと思ったら、最悪な試合がまた続く。

三ツ沢でこの体たらくはいかん。

PKまでは崩しきれはしなかったけど、これ続けていけたらと思ったがPKでプランが崩れた。

蹴り直しだったり、前半ラストプレーだったりタイミングも悪く。

そして後半しょっぱなにCKで万事休す。

なんであんなかんたんにやられるかね。

そのあとの失点はもう気持ちが切れていたと思うのでどうでもよいか。

選手交代してもみんな気持ちが前掛りすぎて噛み合わない。

前半戦はこういうのはなかったんだけど。

2試合続けて大量失点はなによりメンタルがやばそう。

かといって引き持って守備するほうに舵を切るわけではないと思うので、本当に今シーズンは残留争いを覚悟しないとか。

やられる展開が同じなのを修正できていないのがまずい。

この2試合、ディエゴオリベイラ、パトリックこれだけ。

フィジカル系にキープされて、追い越した選手を捕まえ切れない。

次がフロンターレなので守備固めしてこない相手にどうなるか。

失点するなら喜田入れている意味がないので山田育てたほうがいいと思うんだけどなぁ。

中断前よくなってきたときに効いてたのは山田だったはず。

守備もそんなに悪くなく、戦える選手なので使って欲しい。

というかやっぱりパス回しは上手くなったが、戦う姿勢が今見えてないのが問題なのか。

ここ2試合走り負けてるし、そのへんも気がかり。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170920横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_9

ウーゴ様様。

久しぶりの2点差からの逆転。

去年の神戸線以来かな。

出だし攻撃はそんなに悪くなかったけれど、守備ががたがた。

バブンスキーボランチ起用はないというのがわかった試合。

喜田死ぬんじゃないかというくらい走り回ってた。

前節守りきれなかった結果からよくこのデキまで持ってきた。

2失点ともミロシュの落下地点予測の弱さから。

これどうしたもんかなぁ。

勇蔵がケガがちだから使わないという選択肢もないし、外国人枠使っているのがもったいないという感じになってきてしまっている。

そんなあっさりした2点取られたけれど、三ツ沢だからかそこまで悲観的な雰囲気にはならず一点取れば感じはあった。

その一点が後半まあまあ早い時間に入って押せ押せ。

渓太と前田が右サイドを制圧。

いけいけなのでカウンターでやられそうなシーンもあったけど、飯倉のセーブと相手のミスでなんとか3点目は取られない。

後半早々、扇原準備してたけどチャンス続いたこともあり残したバブンスキーが相変わらず弱点だったけど、そこもなんとかしのぐ。

ケイマンいれてからの2トップ。学が右へ移っての布陣やっつけな割には結構よかったんじゃないか。

やはり前線に二人いると厚みが出る。マルちゃんだと合わなそうだけど、リーグでも試してほしい。

そんなこんなで試合間際に学の仕掛けからウーゴ!

ああいうの決める位置にはこれまでも結構いるんだよな、ウーゴは。

学がシンプルにパス出さないからシュートにすら行かないけれど、このシーンをもっと作れるはず。

延長入ってからは両チームともぼろぼろでどっちにこぼれてもおかしくなかった。

最後飯倉のパントからあの時間帯でちょっと追いつくことすらないかと思ったウーゴはよく走った。

それだけでなく、あそこから打つとは。

まぐれかと思ったけど、リプレイ見るとアウトにかけてるし。

なんだかんだでシーズン15点取ってしまっているのもストライカーらしい。

リーグの強い相手にももっと点とるとこ見せてほしい。

フロンターレの大敗、レイソルに勝ち切れずと悪い流れの中、この大逆転劇がどういう結果になってくるのか。

土曜の甲府はそれを試すのにうってつけな相手なはず。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @日産スタジアム

20170708横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_3

ピッチ観戦に当たる。

ピッチから正直見にくいけど、臨場感がやはり違う。

いつもより試合があっという間だった。

そんな中、試合はというともったいない引き分け。

辛抱強く戦って先制したのは連勝中の勝ちパターン。

最後耐えきれなかった。

ウーゴ替えるのもっと早くていいと思うんだけど。

マルちゃんいなくてバブンスキーサイドはやはり不発。

どうしてもバブンスキーが試合に入りきれない。

学の左サイドはやはりチャンスメイクできる可能性が上がるけど、今日もあんだけ打って点決められないのは深刻。

あとは、ウーゴが孤立する感じになるかな、サイドがカットインするかたちになると。

点とり始めたウーゴがまたいまいちになりつつある。

シュートチャンス自体が少なくなっているのが気がかり。

スタメン、サブの力の差が少なくなって誰が出ても戦えるようにはなって来ているけど、ここの選手の特徴を最大限活かすところにいたっていない。

中断期間のキャンプでそこつきつめられないかなぁ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170531横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_4

敗退。。

調子はよかったと思う。

ケイマンが戻って来て前線から終えるようになった。

いまいちバブンスキーの守備と、攻撃時の仲川がぴりっとしないなという前半だったけれど。

同じく戻って来た中町もボール刈り取れるしパス出しも今日は冴えてた。

失点シーンはあれっという感じでふわっとやられて。それでも優勢ではあったのでそこまで不安な感じはなく。

後半、学投入、中町と替えたのは意外だったけれど。てっきり高野と替えるかと思った。

3バッグで今日の展開であれば学が切り裂くシーン見れるなと期待した交代の初めのプレーでいきなり得点の起点に。

新井もよく走ってアシストした、仲川もゴールという結果は素晴らしい。

こっからさらにいけいけな感じで、そのあとのチャンスが決めきれないのが今シーズンの学。

他にもいろいろチャンスはあったけれど、同点で終わればいいだろうという雰囲気の中、不穏なデゲネグのサイドバック。

新井つってたらしいけど、他の交代でなんとかできなかったかなぁ。せめて3バックに。。

ノックアウトに進めなかったということよりプレーオフであと2試合できたチャンスを逃してしまったのが大きい。

このチームは今は試合をこなすことが必要なのに。

やっと攻撃ができるようになってきて期待が持てるようになったところにこの敗戦はずしっとくる。

次のダービーとかボコボコにされなきゃいいけど。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @日産スタジアム

ここ勝てたら上位陣に入れる試合だっただけに勝ちたかった。

飯倉2試合続けてのミスはいただけない。

マルティノスもあんな倒れまくっててはそりゃ替えられるのは当たり前。

サンフレッチェみたいなチーム考えるときちんとDFすることを考えて兵藤いれてもよかったのでは。

カイケもそうかも。ポストできるのは目新しすぎて新鮮なんだけど、位置がそんなにいいとこにいなかったり、プレッシャーかかったときに足元でかわせきれず貧弱。

俊輔も点とったし、あんなに気持ち入っているのは久しぶりにみたけど、今日は左にもちかえるのをほとんど読まれたりボールロストが多かった。

こういう強いチームに対してふんばりきれないと優勝への道が見えてこない。

2失点目も完全に集中切れだし。

いつも通り大混戦でまだチャンスはあるけど、しっかり次の試合で勝ちきらないと。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @日産スタジアム

ホントよく勝った。

アントラーズ戦よりは全然よかったですが、前半からサンフレッチェの守備を崩せる気配が全くなく。

ボランチのところで持たせればなにもできないので、それを狙われた感じ。

三門はボールの持ち方からして前にはパス出しませんよというのが目に見えていすぎる。

シーズンも終盤に差し掛かってますが、正直、三門のよさが全くわからないです。

パス出せないのはともかくとして、守備がそんなにすごいとも思わないし、運動量も多い感じもなくなんとも言えなさすぎ。

俊輔いなくなった後半は久しぶりの優平の全力疾走、藤田入って2トップになって前から圧力かけれるようになって

連勝中にあったチーム全体としてのバイタリティみたいなのを、少し感じられるようになりましたが

どうも感じなところで合わない、ボールがこぼれてこない。。

守備しているときは相変わらずの小椋のボール奪取力と今日はボンバーも球際すごく強くてボールが取れるのが

攻めのシーンだとセカンドボールがことごとく相手にこぼれてる。

チーム状況象徴しているなという感じで寿人入ってからはやられませんようにということだけ祈る感じになったところでまさかのPK。

兵藤が蹴るのかなと思ったら翔さんがボール置きに行ったので、その瞬間は一昨年の小野と同じように外すシーンがよぎりましたが

心配になる蹴り方だったけどなんとかゴール。

これだけですよ、これだけ。

それでも勝ってしまう、点が入ればいいんだ。

これで雰囲気上向くか。

すぐ週末も試合があるのが逆にいいかもしれない。

今年ラストの三ツ沢でしっかり連勝したい。

サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス @国立競技場

天皇杯最後まで行っていたのでシーズン開幕までのサッカーのない期間が短い。

初めて見にきたゼロックスは、Jリーグのシーズン開幕の大会でもあるのね。

ここのところ意識していなかったから、そういう大会という認識が全然なし(笑)

スタメン見た時点で、兵藤ベンチ、ファビオも優平も藤田もベンチ外。

層が厚くなったなぁ〜なんて。わくわくしながら国立に行ったものの。

広島のチームとしての成熟度にぼっこぼこにされただけの試合になってしまった。。

試合後の選手のコメントではフィジカルの差が多く出ていて、

球際での戦いとか、ボールが足につかいていないあたりは確かにそうかなと思うけど

ここ2年同じメンバーで戦ってきたところへ、マルキ移籍、新戦力加入で

チームがまだ一枚岩になれていないというほうの印象を強く受けました。

スゴいちぐはぐしてた。そういった意味では藤本より兵藤スタメンにすべきだったんだろうな。

既存のメンツで行きつつ、新戦力を少しずつ加えてみるというかたちでいかないと

序盤からひどい結果が待っているような気がしてならない。。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @国立競技場

元日決勝、ここに来ただけで気持ちいい。

藤田いなくてどうなるかと思ったけど、仁のよさが出た。

背負ってのポストや守備は厳しいけれど、

マルキ、藤田にはない部分、

前線でのシンプルなコンビネーションは十分通用した。

後半は攻める必要がなくなってしまったからそういうシーンが少なかったけど

前半は前でパス回ったなー。

広島が全然攻めてこないのもあったけれど。

来シーズンはこういう展開をもっとみたい。

今シーズン、リーグもナビスコも天皇杯一試合ずつホームは見に行っていないだけで

今日が観戦30試合目。

リーグ最終戦のやるせなさから一ヶ月、初めて優勝の瞬間はやっぱいいもんだ。

来シーズンはリーグでリベンジ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @日産スタジアム

20121006横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_5

たくさん観客は行ったときに限ってこういう試合。

広島も引き分けもよしという感じでがつがつこなかった。

となればスコアレスになるのは必然かな。

守備はだいぶ戻って来たと思われます。

出場停止が続いているけれど、アンドリューがいい感じで。

パスミスがちょっと多いけど、富澤以外に後ろからパス出せるのは貴重。

おっかなびっくりなプレーがまだまだあるけど、このまま使い続けて欲しい。

あとは結局、攻撃のところ。

小野のPKは蹴る前から外す雰囲気がでまくりでした。

今年、このあと点取れないようだったら点取るFWではなく、完全にチャンスメーカーと割り切った使い方をしたほうがよい。

PK外した後に、気持ち切れたのは初めてくらいに見損ないました。

あそこから、また取り返そうという気持ちを出せる選手かと思っていたのに。。

交代で入った選手も選手自身もチームとしてもその特徴を活かそうというプレーが見れないのは、チームとしての限界なのではないだろうか。

ここ数年、毎年同じことの繰り返し。

もう割り切って来年に向けていろいろ試すというのをして欲しい。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @日産スタジアム

20111015横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_18

采配ミス。

動けないのでライン下がって押し込まれて最後に失点だもの。

明らかに動けていない選手たちに交代枠2つを使わないなんて。

試合は、前半から前からプレスをかけるというのが効いていて

攻撃は絶望的なまでになにもできてはいませんでしたが、よくやってるという印象。

ホント攻撃はなにもできていない。小野だけ。

というか、小野はフィニッシュ以外のプレーは半端ないです。

去年よりうまくなっている。

ただ、最後のところのプレーと、その判断がいまいちな感じ。

点が取れない焦りか、若さゆえなのか。

ボールをキープできるFWがいてくれたらなぁと思います。

マイクと一緒にやるのを見てみたいかななんて(笑)

そんな小野個人だけのプレーに対してサンフレッチェは組織。

前線での崩しが見ていて楽しい。連動してぽぽぽーんとボールが動く。

やってることは基本的なことなのですが。

マリノスもああいうのやれないのだろうか。

やっぱりきちんとした戦術を教えられる監督が必要ですよね。