横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第26節第2日

20101017marinos vs vissel_18

後味悪い試合。結果、勝っただけという試合だった。

久しぶりに俊輔がいない。

そして端戸が初先発。

天野も外れて久しぶりに裕介。

メンツが大分変わりました。

前線は端戸と小野という若い二人。

山瀬は久しぶりにMFか。

というか、初めはどういうフォーメーションかよくわからなかった。

小野がどうもFWっぽくない位置にいた気がします。

MFでもやれそうなタイプですが、守備ができてしまうのが逆に怖いタイプだとも思いました。

ディフェンスの仕方が足がかかる感じになるので、今日ももらいましたがカードを受けやすい。

攻撃に関しては最近の中ではよかった方か。

サイドへの展開はよかった。そこから中へ入れてシュートまでいけていたのが珍しい。

やっぱり、本職がFWを使った方がいい。

端戸はなにかやりそうな感は感じられます。

前回は時間短すぎてなにもできなかったけれど

ある程度時間をあげれば育っていきそうです。

ただ、前半はDFが軽い。真ん中がもろかった。

ちょうどザックジャパンで真ん中は絶対あけるなみたいな話題がでているので気になりました。

試合中に話し合っている様子も見えたし、

試合後のコメントを見ると実際ポジションまで変えていて修正していたらしい。

なんだかんだいって現時点で失点の少なさはリーグ第2位なのは頼もしい。

今シーズンは割とがっつと取られることが多かった割には意外。

後半はその修正もあってか、DFが安定。

攻撃時もセカンドボールがひろえまくれていた。

小野が完全にトップの位置に構えていて、

端戸とどちらかが競ったあとにどちらかがそのボールを狙っているという形がはまる。

相手が一人減ってからは絵にかいたような数的有利。

その時間帯すぐに小野の初ゴール!

この後にも畳み掛けれる時間で点を取れなかったのが。。。

小野の一対一もそうだし、山瀬のゴールキーバーかわしたのも。。。

大久保の退場で完全に試合が壊れた。

マリノスも攻めないし、神戸も取りにこれない。

ブーイングが出るのはもっとも。

狩野の交代のときは結構スタジアムは騒然とした雰囲気になってました。

個人的にはこの交代はしょうがないとは思ってます。

若い二人があれだけがんばって前で追っていたのに対して

交代で入ってだらだらした感じのプレーだったので。

ん〜、すっきりしない。

小野のヒーローインタビューも微妙な空気です。

そういえば、小椋がすごかったです。

得点シーンの縦パスは絶対左の裕介に出すものだと思ってました。

あんなパスいつ覚えたんだか!?山瀬へのスルーパスもそう。

まだまだ「え!?」っていうパスミスはするけれど、狙いどころはよいです。

俊輔がいないと小椋にパスが集まるってのは意外でした(笑)

代表狙っていって欲しい!

横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @ニッパツ三ツ沢球技場

20090411marinos vs vissel_21

今シーズン初勝利!!

三ツ沢はとんでもなく見やすい!!

5-0というバカ勝ちはマリノスがよかったのと

ヴィッセルが悪すぎた両方の面からの結果でしょう。

あと3点くらいは入ってもおかしくなかったです。

まず一点目は千真。

試合始まって一発目のチャンスを確実にゲット。

兵藤がするすると前線にあがったのを見逃さずに

松田がフィード→兵藤トラップしてすかさずパス

→走ってきた千真豪快にあわせる!

シュートセンスを存分に感じさせるシュートでした。

2点目は山瀬。

この試合初めてヴィッセルにおとずれた

連続CKからのピンチをしのいでのカウンター。

誰もが山瀬らしさを感じたであろうドリブルからのミドルで追加点。

このシーン含め山瀬キレキレ。

昨シーズンはあまりこういうの見れなかったので

今年はまだまだこのドリブル、ミドルを見たい!

そして忘れちゃいけないのはこの得点の前のピンチを

防いだ哲也のファインセーブ。

点はいりまくって印象がちょっと薄くなりましたが

あそこで失点したらどっちに転んでもおかしくなかった、

そんな勝負の分かれ目になるくらいのセーブでした。

3点目は金からのロングフィード?結構適当に蹴った感じ。

これにするっとDFの前に出た千真がDFをブロックしながら

GKがでてきたところをループでゴール。

やっぱり得点感覚が優れているなと感じさせてくれるゴール。

千真は今までのマリノスにはいなかったタイプのFWじゃないでしょうか?

こんなにシュートがうまい(シュートがぶっとんでったりしない)のはいなかったと思う。

ただ、まだストライカーという風格はないかも。試合を決めてくれそうなオーラがつくのはこれからかな。

というかこのときせっていたヴィッセルのDFって宮本なんですよね。

ヴィッセルサポーターからすれば恒さん。。。と言いたくなるような感じでしたね。

4点目。山瀬。

裕介のがんばりから逆サイドの丁へ。

パスはぎりぎりのところでGKにカットされたが

このGKというのは達也。

なんとも達也らしい!?対応でボールは山瀬のところへ。

ゴールはがら空きなのでループで得点。

ヴィッセルはDFラインとGKの連携ががたがたでした。

最後の5点目は狩野のFK。

自分でファウルもらって自分で点を取る。

なんともたくましくなりました。

このシーンだけでなく試合全体で存在感があります。

パスを出す側でのイメージが強かったけど

最近はパスをもらう側でもいい感じです。

もらい方がうまい。スローインのときの裏への抜け出しが今日はかなり多かった。

さらにはDFでも貢献。だいぶ前でも足だしてつっかけることができてます。

結構身体の使い方がうまいです。なんだか奥を彷彿とされるようになってきたかな。

試合通して玉際が勝負強かった。

今の代表のような相手に対して挟みこんで奪うDFとは

ちょっと違うのだけれど始めに行く一人目が粘り強くいって

奪うor相手の体勢を崩したところに二人目が奪うというような

DFが多く見られました。とんでもなくいい天気で暑かった中、最後までよく走ってました。

DF今日は安定です。相手しょぼかったですけど対人ではDFラインの3人強靭すぎてびくともしないw

前にチャレンジしてとりにいくときに全体的にポジションが崩れてバランスが悪くなるところは

これから修正していって欲しい。とにかく今日はそれでも余裕な感じ。

三ツ沢なので松田がDFラインコントロールするところを間近で見れてすごい興奮しました。

あれはしびれる!!こういうところを見れるのが観戦しに行ってよかったと思える瞬間ですね。

その他でいうと、今日はいろいろと初めて見るものが多かったです。

金をDFで使っているのを見るのは初めて。

パスを縦に出す姿勢はすごくよかった。

足下がうまい分、怖いパスの出し方もありましたが十分期待できますね。

そして右サイドの丁。まだまだなじんでない感じはありますが

縦に仕掛けて行こうとする感じは好印象。まだまだこれから。

そして左で途中から入った金井。見るの初めて。

点差も開いている中での途中交代ということで

かなりやってやろうという姿勢をみせてました。

今日はおそらく本職ではなかったのですが、若手らしく見ていて気持ちいいプレーぶり。

最後は天野っちの右サイド。確かボランチ当たりででた試合は見たことがあります。

以外といいボールあげます、フィードもなかなか。

というよりもなにより、人気がすごい!!w

ボール持つだけで歓声があがるし、愛されている選手なんだなと感じました。

ひとまず一勝。

ここからまた上昇気流に乗ろう!