北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス @札幌ドーム

前節渓太がよくなかったからか謎の三好ワントップ。

そしてリーグ初スタメンの扇原。

三好ワントップより喜田を変えることに不安を覚えていたら案の定。

ボールもらうのがおぼつかなく、今期喜田がすごいよくなっている一つである縦パスもビビって出せない。

去年だいぶボールのもらい方は改善させてたのだけど、去年の最初の頃のよう。

持ち味のロングボール出すシーンもないしなんだったのか。

そして畠中が異様に悪かった。

先制点を与えた場面の足元のボールのつかなさと、そのあとの身体のキレのなさ。

他の選手も含め全体的にインテンシティがなく、とてもプレーがのろま。

今いいのは喜田とチアゴくらい。

天野もバランス取るようになってハーフスペースつくプレーがなく、FKもいい加減にして欲しいくらい毎度ふかして終わり。

頼みの仲川もマーク剥がせなくなっている。

大分戦といい遠くの遠征でなんて試合見せてくれんだ。

開幕直後の好調はなんだったのか。

こういう試合見ると次の試合まで気分が憂鬱でしょうがない。

横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @日産スタジアム

20181005横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌_3

3連勝。

けど今日はちょっと緩かった。

試合開始はしっかり入れたかなと思いきや、ちょっと後手にまわりポジションが崩れたときにその流れをなかなか変えれない。

チャナティップが捕まえられず自由にやられ、失点前まではオフサイドにも助けられたが、ジェイにあっさりやられる。

2対1の状態だったのに軽くかわされて失点。

この辺が今季よく見られる、ただただ軽い。

ただ、点は取れる。

そもそも試合は支配していたので、やっと流れが戻ったところで仲川。

この得点シーン以外もそうだけどキレが半端ない。

体の小ささを逆に武器にしている。

代表呼ばれてもおかしくないんじゃないかというデキ。

上背のなさ以外、プレーにおいて欠点というところがない気がする。

ドリブルできる、パスもできる、シュートもできるし、守備もできる。

あとは怪我しがちなプレースタイルだけかな。本当国内組だけのときであれば代表行ってもいいんじゃないか。

代表の流れで今回は外れてしまった天純は前節に続き主体性がプレーに現れている。

前を向くシーンがすごく増えたし、エリア内自分で仕掛けて侵入するシーンも増えた。

代表入ったのが本当に一皮むけるきっかけにになりつつある。

あとはここ決めてくれればみたいなときに、チームを勝たせる決定的な仕事をできるようになるかかな。

横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170304横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌_9

開幕戦の余韻がまだまだ冷めない中、すぐに第2節、三ツ沢。

張り切って4時半くらいに行っても結局席は取れずのいつもの立ち見の場所に。

3万くらいのスタジアムできないかなぁ。

前半はサイドから打開しようとする姿勢が強すぎて、選手の連動が見られず。

左は新井だったので学もちょっと連携が弱い。

右サイドは松原が不安定、守備があれではまずい。

パンゾーの壁は高い。

これから目指すスタイルに合わなくなり、出てっいった選手が多かった中、明確に戦力外を通達されたかたちだったパンゾーは今のスタイルでも一番問題なくやれた選手だったんじゃないか。

サイドバックが左に偏っているという点でもここは弱点になってしまうかも。

後半になってバブンスキーの2試合連続の綺麗なゴール。

前半はきえてたんだけどね。

単純にやっぱりうまいな。守備もボールの取り方がうまい、なんかあまり見たことない間合いでボール奪取する。

ボランチとかと挟んでボール取るんだけど、そんなにコンタクトせずかすめ取る。これがどこまで続くのか。

ケイマンも前半の惜しいのは外してしまったけど、今日はしっかりつめきってゴール。

替わったウーゴも明らかにDF引張てはいたけど、あっさりゴール。

横からのボールにしっかり合わせて決めるシーン久しく見てなかった気がする(笑)

やっぱ規格外の選手かも。

あとは学がゴール取ってくれたらいうことなかった。

アシストはしているし、キレもすさまじくチャンスもあるんだけどGKにぶち当てるのが多い。

ちょっと長引く雰囲気も感じさせるので、早く決めて安心したいとこ。

チャンスも作られたし、CK与えすぎではあったけれどしっかり無失点で雰囲気はいい。

ここ数年、こういうときに出くわし叩かれるイメージのある鹿島が次の相手。

ここ突破できたらだいぶ期待が持てるようになってくる。

唯一金曜開催でさすがに行けなさそうなのでDAZN入るかなぁ。

週末を楽しめる日々はよいね。