横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20180815横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_1

不甲斐ない。

なんでか3バックになって、なんとなく悪くない立ち上がりかと思いつつやられる。

チャンスかと思いきやパスミスからカウンターで沈む。

カウンターも止めたかと思ったんだけど、しっかり止めきれない。

今日は割と前から行けてたし、なによりドゥシャンの潰しに行くよさが目立つ。

それとともにボンバーが限界なのかもしれないと思った。

中断前までは、そんなこと思わなかったけど潰しにいけないのが際立っているし、フィジカルで負けるシーンが目につく。

チーム全体としても中断前できつつあったバランスが完全に崩れているし、メンバー替わったり、3バックにしたりでチームの作り直しみたいになっている。

そしてなにより今シーズンはふわっとした雰囲気になる試合が多い。

神戸、ベルマーレ、ジュビロ、ガンバ、そして今日。

もっとあるような気もするけど、雰囲気がすごいふわっとしている。

今日は久しぶりに前から行くようになっていたけど、どこか軽い。

名古屋の守備はゆるゆるなのでボール簡単に持てるんだけど、回しているだけで終わり。

最後の失点シーンもボール持ちまくりだけど、ペナの周りから中に入ってこれないのを繰り返した結果の逆襲から。

相手からすれば楽なんだろうな。

ボール回せるけど、パターンで回しているだけだから、エリアの中をしっかりし閉めていれば前がかりのところをカウンターで狙える。

そして中断明けやれているのはフィジカルあるFW相手。

ここもボンバーがやられているといってもいいのかもしれない。

DFを立て続けにとったのでさすがに使ってくると思う。

連続試合はあるけど、この夏の連戦で使い続けるのは降格覚悟しないといけない状況なのは事実か。

出れなくなるのしょうがないけど、若いやつがちゃんとポジション奪って行ってほしい。

そういった意味で、康太は今日のデキを見ても使い続けたいなぁ。

前半ボール全然入ってこなかったけど、今のサッカーへの適正と気持ちが今一番伝わってくる選手な気がする。

名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス @豊田スタジアム

20180505名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス_1

豊田スタジアム初参戦。

いいスタジアムだ、でかいし、傾斜があって見やすい。

この過密スケジュールの中で戦術練習したとあった通り、前節から改善はされてた。

山中はずっとサイド張りっぱなしだったのが、偽SBとして中入るようになったり、喜田が入ったことで真ん中空くケースが少なくなった。

飯倉もポジション下げて、前半は完全に支配。

大津のワントップも伊藤翔より起動量あるし、収まるといえば収まる。

サイドに流れて結局真ん中に人いなくなるけど、MFとしてポジション空けるよりはまし。

得点シーンも大津のポストしたとこから、空いたスペースに喜田入ってきてなので、かたちとしては悪くない。

ただ、やはり後半崩れる。

新幹線の時間あったから失点前に帰ってしまったけど、時間が経つにつれてずるずる下がる。

後半開始直後に決定機何回もあったのでそこで仕留められていないことが問題ではある。

バランス崩れてるのは明らかなのに交代が遅い。

毎回こんな感じなのにどうにもならないのはどうしたもんか。

ポジションちゃんと守れば安定するのは今回はっきりしたと思うので、それを一試合通してやるためにどうするか。

スタメンだけでやりきるのは現状無理なので、交代をうまく使うか2点目をとるか。

ウーゴスタメンにしないのは問題だと思うんだよなぁ。

東京ヴェルディ vs 名古屋グランパス @味の素スタジアム

520170610東京ヴェルディ vs 名古屋グランパス_

久しぶりのヴェルディ観戦。

グランパスだったので来てみたんだけど、楢崎と玉田いなくて残念。

J2に行ってどうなんだろう思っていてけど、基本的には圧倒していた。

ただ、あんだけ決定機決めきれなければこうなるかなという試合。

ドウグラス ヴィエイラのあっという間の2点であっさり逆転。

そのあともぎりぎりなシーンはあったけどこのまま試合は終わり。

動員かけたのか1万超えの観客は、あの逆転の雰囲気に味をしめてまた来てくれるのか。

そんなこと考えたり。

サッカーは楽しいな。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20160730横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_2

凡戦。まさに凡戦。

俊輔いないとなんもできないじゃんという典型的な試合。

引かれて相手を崩せない。

マルティノスはスペースないところのドリブルはそんなに、最後のひとこねが余計で取られるのが目立った。

なんもなかったなぁ、相変わらずカイケは力弱く。

仲川チャンスもらったけど、最前戦はあのサイズだと厳しい、スペースある相手ならともかく。

前節もそうだったけど、相手の攻撃は一発だけ気をつければという展開だったのだから、勇蔵入れてパワープレートかもやんないと。

負けてはないけど、この2試合は完全の取りこぼし。

来週は苦手レイソルだけに勝っておきたかった。。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

思い起こすと、名古屋相手にホームで勝ったのって

ピクシーが革靴ゴールして、狩野がロスタイムに点決めた2009年以来。

アウェイではそんなに負けないんだけどね。

ナビスコでは結果惨敗だったけれど、リーグは実は3連勝していたわけですが、そのときの勢いが完全になくなってしまった。

レイソルみたくプレスかわしにきたでもないのに、あれだけ効いていたプレスは見る影もなく。

蹴った瞬間ゴールがイメージできるくらいのキレがあった俊輔のFKも今日は一番手前で弾かれるし。

俊輔やっぱケガの影響が見えているのでちゃんと休ませてあげたい。

フィジカル期待されている矢島も全くトゥーリオに勝てないし、これなら初めから伊藤使って今まで通りやった方がよっぽどよかった。

何も得るものがないとはこのことかという試合でした。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20131110横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_3

俊輔いないとゲーム作れない、それがよくわかる試合。

ためができないね、どうも焦ってしまう感じに。

中町いきなりトップ下は結果見るとやっぱり厳しかったか。

小椋、富澤のボランチコンビは結構よかった。

小椋の球際の激しさはリズム作っていたね。

やっぱり富澤のバランス感覚なんだろうな。

全体で見るとそこまでひどいとも思わなかったけれど。

俊輔がいないことでチームの歯車がずれているなというシーンがよく目立った。

特にパスがずれる、なんてことのないパスが。

一歩くらいずれていてトラップがぎりぎり、なんとか取られはしないんだけどそこからのプレーがたがたみたいな。

ここ数年のこの時期らしい試合になってしまったかな。

これを最後にできるのかが優勝できるかどうかの分かれ目。

そいうえばリーグ戦でいうと2ヶ月ぶりくらいの観戦。

こんだけ間隔あくとやっぱスタジアム入るときわくわくするね。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20120630横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_9

今日勝てたら大きかったのに。

名古屋が相手。俊輔不在を吹き飛ばすことはできなかった。

采配ミスだろう。

失点したちょっと前から、FWが動けなくなってた。

守りきるのか、攻めるのかのメッセージも含めて選手交代しないと。

選手層が薄いというので替えれないというのはあるだろうが、使わないと成長しないのも事実。

結果から見ても替えてあげないと。

小野の負担でかすぎて、ケガとかしてしまはないか心配です。

名古屋はやっぱり強かったです。

最後の圧倒的なパワーでのごり押しもそうですが、前半の永井、金崎のスピードも怖かった。

永井のスピードに対して、ドゥトラなので。

ただ、前半はやられていたけど、きっちり後半は対応できていたのはさすがドゥトラ!

チームとしても、前半にやられていたのをきちんと後半修正できたのは収穫。

あとは2点目がなぁ。

1点取るのも精一杯ではありますが(笑)

学の決定機はきちんとしとめないと。

守備は安定してるんです。

センターバック2人が絶好調。

読みがハンパないです。こんなにカバーリングできる2人だったかと驚くほど。

勇蔵は代表で出てからちょっと変わりましたね。

単純にメンタルの部分ではあると思うけど、力強さがましました。

ケネディ、トゥーリオを吹っ飛ばすくらい。

とにかく点が取れないと!

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20111119横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_6

成長しないなぁ。

今シーズンなんとか4位にはいるもののシーズン通して強さが身に付いていない。

夏場首位にたった頃は連覇していた頃のような力強さがついてきたかと思ったら

結局のところ、上位陣に対しては通用せず。

取りこぼさなくなったのはよいのだけれど、チームとしての上積みがない。

やっぱ個人技になってるんだよな。

名古屋見ているとよくわかる。みんな何をすればいいかわかっている。

それに対して、マリノスというと今日は谷口がトップに。

ボールをおさめるタイプのFWがいないというのはわかる。

そして、谷口が前線でもボールをおさめられるというのは今日わかった(笑)

ただ、あの位置にいる選手ではない。素直に小野使えばいいのに。

もう一つ今日の新たな発見。これは本当に選手自体です、森谷。

チャンスもらったという感じで、攻撃ではアグレッシプさが見れてよかった。

失点のシーンで はあっさり小川を話してしまったけれど、もっと使ってほしい。

シーズン中に新たな選手がでてくるのがこの時期っていうのも遅いですが。。

もうあと2試合です。ACLもなくなってしまった。

今後につながる試合をしてほしいです。

脱・俊輔。

俊輔いないといないで、攻撃がさらに停滞しまくるのはわかってます。

とはいえ、今みたいにとにかく俊輔に預けるというのはどうにかしていいと思う。

来年につながるようななにかを見たい。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第15節第1日

20100731marinos vs grampus_4

最悪な試合だった。

あ、一応点取る前はそんな悪くなかった。

いや、よかった。

点取れない以外は。。というか毎回こればっかです。

前節の大宮戦も中継を見ていましたが、これがあてはまるかと。

相手を圧倒しているのだけれど点だけが取れない。

1失点目は完全にミスから。失点後かなりどたばたしましたがしのいで後半。

2失点目はマリノスではああいうシュートは確実にDFにひっかかるのに相手のは抜けてくるんだよねっというミドル。。

なんか守備のバランスが悪すぎ。、

去年までと違うのは、シュートまでいっているところ。

おしい!!のは多いんですけどね。。

今日は、連戦でもあるし千真の調子が悪いのもあってだろう、前線2枚替え。

個人的には単純に千真と坂田を見たいのだけれど坂田と山瀬。

その他はここ数試合と同じメンツです。

前半、圧倒的にボールを支配。俊輔のパスでチャンスが作れていました。

俊輔どんどんよくなっています。

ただ。

Jリーグに復帰してからが基準。

そもそもパスはやっぱりJの中では圧倒的にうまい。

しかし、2008、2009年くらいまでのイメージには辿り着いていない。

あのときは、とにかく別格だった。

ボールを全く取られなかったイメージが強い。

そこが今、違うところ。ボールを取られるイメージが最近は強い。

セルティックの頃や、代表に比べて前線の動きの質がよくないのでボールを出せないのかもしれないが

別格だったころは、パスを出せなくて相手が寄せてきてもボールを奪われている印象がない。

今は、そこで奪われている。

前線との動きがあわなくてボールを持ち直しているときに、よくとられる感じです。

調子は上がっているのはよくわかる。

今日は、ここ最近見た記憶のないスライディングもしていたし

あとは、FKが壁を越えた!!久々に見ました、ホントおしいという感じのやつは。

以前のイメージとのギャップを抜かせばやっぱり圧倒的に怖いプレイヤーに戻りつつあります。

しかし、相手からしてマリノスで怖そうなのは俊輔と山瀬くらいか。。そこが問題。

小野も怖いかもしれないけれど、あくまで高校生だし、早いうちに点がとれないようであれば伸び悩んでしまいそう。。

というわけで、現在のスタメンで点を取るチャンスを作れそうな選手が圧倒的にいないわけです。

特に、中盤の兵藤、ジロー、小椋から点が取れる気が。。

ボランチの2人はホント攻撃面で期待ができなさすぎるし、全体的なバランスの悪さで今日は狙われていた気がします。

年齢など考えてもジローのボランチスタメンはもうなくていいと思う。

点が取れないのであれば前と後ろのつなぎ役として兵藤をボランチに下げて欲しい。

あとは、山瀬のFW起用もそろそろいいかな。

今日も後半頭から小野と交代させるべきではなかった。

変えるのであればジローと小野を変えて山瀬を2列目におきたい。

小野は今日は何もできなかったですね。時折、お!?と思わせるプレーはあったけれども。

ま、なによりも2点取られて相手引きこもってスペースはないし、そもそもボールが回ってこないしではありますが。。

あとは、狩野!!!!!!!

今日もベンチ外なんて、どうかしてる。

俊輔は今、どう考えても90分フルでは持たないし、変わりのできる狩野はベンチには入れて欲しい。

いや、先発で見たいよ。

もう今の構成は限界です。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

no title

20091017marinos vs grampus_18

デジカメが電源が入らずついに壊れたか??と思いましたが

家で充電器にさして電源入れたら普通に動きましたw

ということで写真がいつもより遠目になりました。

試合はロスタイム弾という劇的な結果での勝利!!

しかも逆転勝ち!!!

自分の観戦でいうと逆転勝ちを見たのは

なんと2007年のジュビロ戦@三ツ沢です。

当時はスクランブルアタックなんていう

ネタにしかならないキャッチフレーズでシーズンが始まり

本当にスクランブルアタックなチームになっていた時期でした。

まぁ、あのときはあれで試合は見ていて結構おもしろかった。

05、06と続いた9位からやっと抜け出したシーズンでもありました。

(ただ順位は7位です。)

内容はというと開始早々にあっさり失点。

FKをはじき返してラインを押し上げたのが中途半端になった状態で

はじかれたのをすぐに上げられてギャップの中に入った吉田のループであっさり。

集中力ないなぁというのとACLがありスタメン落としてきている相手にこれはなかった。

がつがつこなさそうな相手に先制されてしまうと後は引きながらカウンターで。。

という一番やってはいけない展開になるんじゃないかというのが頭によぎりました。

杉本とかに絶対やられるんじゃないかと。。

しかし、守備は??でしたが攻撃面、というかクロスの精度がよかった天野から坂田ヘッドで同点。

リプレイ見るとやたらとジャンプしてましたね坂田。

あいかわらず前線からのチェイスはチームを助けているし、

中盤がボールを出しやすい選手としてやっぱり今一番かかせないでしょう。

天野のクロスもパシッと決まった。

小宮山がいなくて裕介が左にまわったことでのスタメンでしたが

ポジショニングがやたらと高い位置をキープし続けていて

裕介があがっているときもそうだったので左右のバランスがなし。

審判が結構こっちよりだったのもありますがそこから失点しなかったのがすごいなというDFでした。

クロスに関しては確実に裕介、小宮山よりも上なのでもうちょいがんばって欲しいです。

あとは、試合を決めた狩野。

最後の得点だけではなく試合通してチャンスを作ったのは狩野です。

パスをダイレクトでちらせるのと展開力。

今年初めはいまいちでしたが去年の今頃に戻ったんじゃないでしょうか。

なぜかヘディングの競り合いに強かったり、奥を思わせる足のひっかけるDFなんかもいい感じ。

最後のシュートだけでなく、シュート打てるタイミングはたくさんあったので

もっともっと、もっともっとシュートを打ってもいいと思う。

アーリアとのコンビもいいんじゃないかな。

アーリアはワンツーできるタイプなので狩野がうまく走らせてあげれば。

ただ、今日のアーリアはいまいちでしたが。。。集中力がなかった。

そんな試合の中で最後のゴール以外で一番目立ったのはピクシーでしょうw

ケガ人がいたので哲也が外へ出したボールがグランパスのベンチの方へ。

ちょうどピクシーがいたところにきてそれをピクシーがダイレクトで蹴り返す。

その時点で歓声。おぉ~っとなりました。

さらに、そのボールがそのままマリノスゴールへ。

更に大きい歓声、そしてマリノス側からはブーイングもありましたが会場からは拍手。

両手をあげてこたえるピクシー。そして退場w下がって行くピクシーへのフラッシュがすごいww

退場にはなったけどやっぱりピクシーって凄いなと思わせてくれる瞬間でした。

なんかかっこよかった。こんなとこでもファンタジスタだ!

ちなみに↑写真は退場を宣告された時の写真です。

最後にヒーローインタビューを動画で撮ってみました。