セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス @埼玉スタジアム2002

20180101セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス_11

今シーズン終了。

悔しい。

今シーズン3タテくらっているセレッソ相手だけど、勝てるチャンスはあった。

コンディションが両チーム悪い中、あまり相手がプレスに来ず、なんとなしのロビングで裏が簡単に取れるなと思っていたら伊藤翔。

レイソル戦と同様、下平から伊藤翔。

今日もボール収まっていたんだよなぁ、シーズン終盤じゃなくこれを初めから見せて欲しい。

といっても、チャンスのときの視野の狭さはいかがなものか。

逆サイドフリーなのを見れないんだよなぁ。

トップ下の可能性を見出だし始めた中、これができないと結果これ以上にはならない。

一点取った後は例のごとく受け身になってしまう展開だったが、今日はやはりそこまで圧力がなく我慢強くビルドし、自分たちのペースに。

前半はきっちりリードで終了というところで、最後に山中が怪我。

レイソル戦から痛んでたといのもあって今日は全然目立たなかったし途中交代。

シーズン初めも怪我してたし、あんま頑丈なタイプじゃないのかな。

無事是名馬も一つの能力。才能あるんだからこの辺のケアもしっかりできるようになってかないと。

後半は相手がリスク上等で仕掛けて来たので仕留めるチャンスはあった。

ここで決めきれないのが今のチームの実力。

ここで先にウーゴ入れる見たいなバクチもそりゃできないしね。

失点シーンは一本目を打たれたのが全てではあるけど、クリアしきれなかったのは松原。

どうも失点に絡む。今日は最後の惜しいのモアあったり、デキ自体は悪くなかったんだけど、失点に絡むこと自体がマリノスでは許されない。

下平が新加入した頃に似ているけど、下平はそのシーズン内に変わったんだよね。

年が若いとはいえ、パンゾーを切ってまで取った選手なのでもっと自覚もってやってくれないと。

失点後ホームでの敗戦のごとくボコボコにされるのかと思ったけど、ウーゴも早めに投入して以前の轍を踏まない。

けど、ウーゴ万全ではなかったという通りキレがやっぱりなかった。

ここんとこ鋭くなっていたのがもっさり。

それでもチャンスすごい作ってんだよねぇ。

来シーズンは日本にも慣れて更なる結果を出して欲しいんだけど。

というわけで準優勝に終わりACLも出れず。

出たかったけど、出たらでたで今の力だとボロボロになってリーグもひどい結果になりそうな感じだったかな。

監督替わるタイミングでAClってもなかなかよね。

と少しでもポジティブに考えてみる。

シーズン初めの不安すぎる状況の中、ここまで夢見されせてくれたのは想像以上。

なんだかんだ今日の試合のボンバー、中町という両ベテランのすごさたるやいなや。

最後の失点は今シーズンそのパターンなかった気がするんだけど、それ以上にシーズン通じてこの新規のDFラインでよくやった飯倉と経験ある選手もやはり大事だ。

雰囲気はよくなったけど、まだ結果を出し切るチーム力という意味ではちょっと緩かった。

これを来シーズンにつなげていかないと今日の負けが何にも意味がない。

ボンバーがラストと言ってるシーズン、結果が欲しい。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @等々力陸上競技場

20171223横浜F・マリノス vs 柏レイソル_8

ホーム側からの等々力の景色は不思議な感じ。

この時期の恒例の西日が出ている間は少し暑さも感じるんだけど、試合始まるとすぐに寒さに凍える展開。

ただ、シーズンがまだ終わっていない幸せをかみしめつつ。

先制されて5年前を思い出した。

このままあっさり負けてしまうんではないかって。

展開としても序盤はよかったんだけど、点取られるくらいからプレスかけれてあたふたし始めていた。

ただ、点入ったからかレイソルがそこでちょっと来なくなった。

そこがよかったね、がんばってビルドも続けて。

前半は左に偏っていたけど、後半は右にもボール出せるようになっていけいけ。

そんなところで、伊藤が受けて叩いて自分で飛び込み同点。

クロスあげたの山中だとばかり思ってたけど、下平。

シーズン最後のほうで出番が来るようになったけどこういう仕事までするとは。

学が戻らない限りは下平、山中のセットはありかな。

けど、今日は古巣相手だからか若干山中は空回り気味ではあった。

ここんところちょくちょく機会がある伊藤のトップ下は、ワントップで使うようりあり。

ウーゴがワンツーとかするようになるんだよね、このコンビだと。

扇原の怪我の具合によっては、決勝はこの組み合わせでいいかも。

その決勝に導くゴールはやはりウーゴ。

明らかに最近体がきれていてボールに絡むシーンが多い。

ドリブルは正直通用しないというのをもっと考えて欲しいんだけど、そんなことより点取るかどうか。

渓太と松原のシンプルなワンツーからの流れてもよかった。

こういうプレーをもっとさせたかったんだろうな、モンバエルツは。

飯倉も神がかっていたし、まだシーズンが終わらないのが嬉しい。

正直セレッソ今シーズンの対戦からも勝てる気はしないんだけど、今日みたいな試合を経験したことでチームは必ず成長しているはず。

優勝してACL挑戦したい。

横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 @ニッパツ三ツ沢球技場

20171025横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田_2

ベスト4、なにより12月までマリノスが見れる!

雨で傘さしながら見たのはスクランブルアタックしてた2007年以来な気がする。

考えて見るとそのときの相手もジュビロだ。

俊輔相手には負けられない。

ただ、ジュビロの俊輔コール聞くと切なくもなる、マリノスの俊輔だったのにって。

やっぱり驚異的だった、FK、CKが怖すぎる。

ボールの軌道がゴールを想像させるんだよね。

セットプレー以外のループも危なかった。

早めに替えてくれてだいぶ助かった。

逆に集中きれないかなとも思ったけれど、久しぶりの完封勝利。

勇藏久しぶりの試合だったけれど、安定してたな。

ジョンスもぴりっとしていて安定。

なにより、DFラインでだいぶビルドできるようになった。

アントラーズ戦もそうだったけど、なにがあったんだろう、これまでの成果がやっとでてきたのか。

バブンスキーもちょっとフィットしかけてきた。

守備も最低限こなすし、やはり攻撃に期待がもてる。

学やマルちゃんとはちょっと違う相手のはがしかたができるし、縦パス出せるのがやはり魅力。

ロスタイム入ってからのシュートと最後のボールキープ見るとやはり期待してしまう。

フィジカルがもっと底上げできれば使える兆しが見えてきた。

渓太も連続で点に絡んで結果が出てきている。

主力のケガが相次いでるけど、意外と戦力が落ちないね。

どん底を見た9月からだいぶ復調してきた。

10月ラストのジュビロもしっかり叩きたいなぁ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170920横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_9

ウーゴ様様。

久しぶりの2点差からの逆転。

去年の神戸線以来かな。

出だし攻撃はそんなに悪くなかったけれど、守備ががたがた。

バブンスキーボランチ起用はないというのがわかった試合。

喜田死ぬんじゃないかというくらい走り回ってた。

前節守りきれなかった結果からよくこのデキまで持ってきた。

2失点ともミロシュの落下地点予測の弱さから。

これどうしたもんかなぁ。

勇蔵がケガがちだから使わないという選択肢もないし、外国人枠使っているのがもったいないという感じになってきてしまっている。

そんなあっさりした2点取られたけれど、三ツ沢だからかそこまで悲観的な雰囲気にはならず一点取れば感じはあった。

その一点が後半まあまあ早い時間に入って押せ押せ。

渓太と前田が右サイドを制圧。

いけいけなのでカウンターでやられそうなシーンもあったけど、飯倉のセーブと相手のミスでなんとか3点目は取られない。

後半早々、扇原準備してたけどチャンス続いたこともあり残したバブンスキーが相変わらず弱点だったけど、そこもなんとかしのぐ。

ケイマンいれてからの2トップ。学が右へ移っての布陣やっつけな割には結構よかったんじゃないか。

やはり前線に二人いると厚みが出る。マルちゃんだと合わなそうだけど、リーグでも試してほしい。

そんなこんなで試合間際に学の仕掛けからウーゴ!

ああいうの決める位置にはこれまでも結構いるんだよな、ウーゴは。

学がシンプルにパス出さないからシュートにすら行かないけれど、このシーンをもっと作れるはず。

延長入ってからは両チームともぼろぼろでどっちにこぼれてもおかしくなかった。

最後飯倉のパントからあの時間帯でちょっと追いつくことすらないかと思ったウーゴはよく走った。

それだけでなく、あそこから打つとは。

まぐれかと思ったけど、リプレイ見るとアウトにかけてるし。

なんだかんだでシーズン15点取ってしまっているのもストライカーらしい。

リーグの強い相手にももっと点とるとこ見せてほしい。

フロンターレの大敗、レイソルに勝ち切れずと悪い流れの中、この大逆転劇がどういう結果になってくるのか。

土曜の甲府はそれを試すのにうってつけな相手なはず。

横浜F・マリノス vs アスルクラロ沼津 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170712横浜F・マリノス vs アスルクラロ沼津_7

やっと学がゴール。

天皇杯とはいえとったことが大事。

学の2点と喜田の復帰ゴールが決まって前半は言うことなし。

ただ3点入ってだらけてしまった後半。

緩くなってしまうのがしょうがない展開だったので、選手交代してアピールの場にしたかった。

が、選手交代が遅い。。というとのボンバーとか明らかに出す気ないのになんでベンチに入れたのか。

2点取られちゃだめだよなぁ、格下相手だし。

ウーゴはごっつあんだけど、結果出したのはよかった。

ここんとこまた噛み合わなくなりつつあったので、FWはとにもかくにもゴールを取るか取らないかの世界。

なんだかんだでシーズン半分くらいで、公式戦10点とってる。

そこまで活躍した感じもしないんだけど、それこそFWということなのだろう。

とにもかくにも次に進めてよかった。次は二ヶ月後になる。

ここからリーグも中断期間に入るので、キャンプでチームとしての質をどれだけ高められるのか。

今日もリーグのスタメンから3人しか残っていないのに、こんなメンツで試合臨めた。

選手層恐ろしいな、スタメンとサブの差がホント小さくなった。

いったん今がベストみたいな布陣になってきたとこに、食い込んでくる選手が出てくるかが勝負。

スタメンはいいけど、交代しにくくなってるからねぇ。

横浜F・マリノス vs FC大阪 @ニッパツ三ツ沢球技場

去年の2回線が9月だったから今年は3ヶ月も早い。

去年はいきなり延長までもつれ込んでたりしたけど、今年は割とあっさり。

前半は風下というのもあったし、ジョンスがぴりっとしなすぎ、高野がへぼすぎでこりゃやばいかなと思いきやケイマンがきっちり決めてなんとなく先制。

ケイマンはまだ2年目のわりにチーム引っ張っている感じがして頼もしい。

なにがうまいかいまいちわからないんだけど、なんか点取るし。

後半は風上にも立つし、あいてもへばってきたしでやっとボールをし逢し始める。

きちんと崩すみたいなシーンはなかったけどとりあえず3点入った。

最後の一失点はいらなかったのと、ウーゴに取って欲しいというのはあったけど、天皇杯の初戦なんて勝つだけで十分だ。

京都がこけたので次は沼津。

平日だけど行っちゃおうかなぁ。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

20161224横浜F・マリノス vs ガンバ大阪_6

前半から若手が躍動。

ケイマンがポスト案外うまいのと、天純がめっきり戦えるようになった。

中町いる中で、喜田と天純のボランチかと思ったけれど、

二人ともボールもらうの怖がらないのと前向くのもうまくて中盤でボールを持てる。

まだまだ部分的な時間帯だけだけど、これが新しいマリノスなのかもしれない。

後半、ごりごり来られているところをぎりぎりのとこではじき返していたけど、最後にやられるのは今年の特徴。

それでも、そこ跳ね返して天純の決勝ゴール!

オフサイドになったミドルも含めて、FK決めてから一皮むけたか。

中距離のパスを俊輔に近いくらいできるようになってくれば、このままレギュラーはれるはず。

ストーブリーグでだいぶごたごたしているけど、こういう若手が結果を出した中で、ベテランが追い出されるのならばそれがプロの世界として納得できる。

とにかく天皇杯優勝したい。

横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 @日産スタジアム

20161112横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟_1

気持ちのいい秋晴れ。

今シーズンはまだ終わらない。

ままならない最終ラインのビルドアップを取られまくり、どんだけシュート打たれんだという前半。

年々ビルドアップについては下手になっている気がする。

後半から巻き返すのは今年おきまりのかたち。

サイドアタックができるようになってきたが、相変わらず際どいシーンを作られてしまう。

そんな展開でもロスタイムの天純FK。

俊輔以外の選手がFK決めるのはいつ以来なんだろう。

これがサッカーといったかたちの結末。

学いないなかよく勝ち切った。

サッカーとしては面白くはないけれど、こういうのがマリノスらしいものでもある。

次はまたしてもガンバ。

ルヴァンの借りを返したい。

横浜F・マリノス vs 福島ユナイテッドFC @ニッパツ三ツ沢球技場

20160907横浜F・マリノス vs 福島ユナイテッドFC_10

マリノスお得意なぎりぎりな天皇杯。

勝っただけだね。

ボンバー、学は休ませたかった。

チームになっていなかった。

ボランチは喜田か中町がいないとダメそう。

前田はここんとこチャンスもらってるけど、いまいちだなぁ。

使われ方がかわいそうな面はあるけれど、ここのところの学を見てると質の違いが目立つ。

期待してるんだけど、今はまだ小回りはするけどチャンスまでは作れない印象。

金井も限界もだいぶ見えてきた。

このレベルで裏取られたり、いかんせん守備が軽い。

下平の足元のうまさ見てしまっていると、これまた差が目立つ。

そしてカイケ・マルティノスの両外国人。

この二人のために枠使うならわりきって若手使ったほうが踏ん切りがつきそう。

二人ともフィジカルコンタクトを避けるタイプで、マリノスが必要とする前線でのフィジカルの強さにマッチしない。

モンバエルツ体制でこれ以上は見込めないか。

樋口体制で数年かけたチーム作りがやっとできたのが、また毎年コロコロチームが変わってしまう状態に逆戻りしている気がする。

横浜F・マリノス vs MIOびわこ滋賀 @日産スタジアム

Untitled

本来ならベトナム行っていたので見れなかった試合。

残り15分というところからだけど、見に行くでしょう。

中断試合というのは初体験。

ゴールキックから始まるという新鮮なかたち。

とにもかくにも一発が怖かった後半終了間際の連続コーナー。

普通にやっていれば、何もしなくとも圧力かけれるような相手なので。

奈良輪、淳吾とチャンスをもらった二人が精力的に動いてよかった。

仲川はときおりチャンスっぽいの作るけど、まずはもっとハードワークするところから始めないといけないのでは。

延長行ってくれて試合見る時間長くなってよかったなと思ったけれど、

冷静に考えると水曜に大分まで行って試合しないといけないのは結構ハード。

ただでさえ、最近ちょっと重めなアデミウソンを出ずっぱりにしないで、仲川を最後まで行かせたほうがよかったんじゃ。。

まぁ、そんなこといってても始まらないので、JFL勢のあとに大分という2013年と同じ流れというのを活かして勝ち続けてくれないかなぁ。