横浜F・マリノス vs ホンダロックSC @ニッパツ三ツ沢球技場

ワールドカップは見たけどやっぱマリノスを待ち望んでた。

天皇杯の2回戦なのにホーム自由席完売というのはみんな同じく待ち望んでたんでしょう。

マリノスにしては珍しく、若手チームで臨んできちんと結果を出した試合。

こういう試合で結局主力を出すというのを例年繰り返していたので本当珍しい。

デビュー戦で点も取った天純は、もうちょい線が太くなってくれば試合使われそう。

同じく初めて喜田を見ましたが、小さい割には体幹強いのかがつっと身体ぶつけられるタイプで

ボール回しもできるみたいなので、選手たくさんいる中でも唯一同じタイプがいない富澤の替わりができるかもと思いました。

サイズ小さいのでアンカー的な役割はどうしてもしんどくなってしまうけど、頭を使ったプレーで周りを助けられそうです。

逆にアンドリューが物足りない。これは毎回なのだけど。

無難なプレーが多いよなぁ。ちょっと前の意識強めればチャンスになるぞというときに、必ずペース落としてしまう印象。

なんだかんだでもう3年目なのでこのままじゃいかんと思う。

矢島はマリノスに合わない選手なんじゃないのか。

クロスがあがらないチームなので一番前で身体の強さを活かすようなプレーする機会が少ないだろうし。

マリノスの前線やるならば運動量が少なすぎる。

最後に、勇蔵が流れから前線駆け上がったシーンを見て松田の姿が頭をよぎりました。

センターバックがあがっていくの本当なかったよなぁ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @国立競技場

元日決勝、ここに来ただけで気持ちいい。

藤田いなくてどうなるかと思ったけど、仁のよさが出た。

背負ってのポストや守備は厳しいけれど、

マルキ、藤田にはない部分、

前線でのシンプルなコンビネーションは十分通用した。

後半は攻める必要がなくなってしまったからそういうシーンが少なかったけど

前半は前でパス回ったなー。

広島が全然攻めてこないのもあったけれど。

来シーズンはこういう展開をもっとみたい。

今シーズン、リーグもナビスコも天皇杯一試合ずつホームは見に行っていないだけで

今日が観戦30試合目。

リーグ最終戦のやるせなさから一ヶ月、初めて優勝の瞬間はやっぱいいもんだ。

来シーズンはリーグでリベンジ。

横浜F・マリノス vs サガン鳥栖 @日産スタジアム

去年一昨年の悔しさをやっとはらすときがきた。

試合の入り悪くて、プレスを真に受けてしまったけれど、その時間帯を耐えたあとは

久しぶりによかったころの守備が戻り、ロストしてもすぐにボールが取り返せた。

バイタルまでは行ききれないけれどじわりじわりとポゼッション。

後半もそんな感じで割とうまくいっている。

逆にこんな展開の方がセットプレーかなんかであっさりやられそうな雰囲気を感じた。

中盤から終盤にかけてロングスロー続いたあたりはひやひやしました。

スローインに逃げるにしても、前の方に蹴らないといけないというだけでちょっと違ってくる。

あれできる選手欲しいわ。

そんな時間帯をしのぎ、きれいに得点。

選手たくさん絡んで崩せた。

中町が斜めに走ったところが勝負所だったかと。

ああいうところでもっと自分で行っていい。

中町だけでなく、みんな俊輔探すのじゃなく自分でしかけていかないとと思わせた得点シーンでした。

ついに元旦で試合が見れる。相手もサンフレッチェ。リーグの借りを返そうじゃない。

大分トリニータ vs 横浜F・マリノス @大分銀行ドーム

大分まで来たのは天皇杯を見るため。

ドームでトラックもあるのだけど見やすいのは意外。

マルキいなくなって一番気になるのは藤田のでき。

悪くないんだけど、「合わない」プレーが多い。

毎試合使われてはいたけれど、短い時間だったからなのか。

どうも持ってないイメージがある。パスとかシュートがずれちゃうのよね。

そんなこと行ってもFWはいない。。

仁もいるっちゃいるが、守備とボールが収まるのを求めるチームスタイルと合わない。

時間も短いし、藤田にかけるしかない。

俊輔がちょっとボール足についていないのが気になりました。

日本に戻ってきたばかり、調子が悪い頃のイメージ。

ホントにたまーになのだけど、コンディションは100%じゃないんだろうなぁ。

いろいろと満身創痍な状態だけど、今年こそは決勝進出、優勝しないと!

横浜F・マリノス vs AC長野パルセイロ @日産スタジアム

20131120横浜F・マリノス vs AC長野パルセイロ_9

こういう試合になりがちというのはわかっているのだけれど

毎年天皇杯ではカテゴリーが下の相手とやる機会はあるわけで

戦い方を学んで欲しいと思ったわけです。

がっちりぶつかっていかなくとも、風格というかオーラというか

格上の圧力みたいなもので、勝手に相手がミスしてくれたりするので

どうしてもそのアツに頼ってしまって、全力が出ないように見える。

前半の前半ひたすらキープできていたとき以外そんな感じ。

負けてもおかしくなかったけれど、勝ったのは今年の強さではあるけれど。

久しぶりに出たアンドリューはメンタル弱いな。

ボールを前に出して、引ききれなくて取られるシーンが数回。

そのミスから切り替えができないね。

中町のトップ下も中町が消えてしまうだけかな。

兵藤、優平、仁の誰かにしたほうがいいんじゃないか。

そして俊輔。

交代してからの俊輔にボールが渡った瞬間の客席の期待感が異常w

にしても、コンディション悪そうでした。

一回自身もあーってなっていたボール大きくわけわからない方に蹴ったのを初め、

一つ一つのプレーがあれ??というように、なんでその程度なんだと思ってしまう感じ。

今年、首位に入れるのは俊輔のコンディションが一年通じて

いい状態をキープできているのが要因だというのを再度実感。

延長までやってしまったけど、これがコンディション上げるきっかけになるのを祈るのみ。

横浜F・マリノス vs ヴァンラーレ八戸 @ニッパツ三ツ沢球技場

20130911横浜F・マリノス vs ヴァンラーレ八戸_11

いつもは見れない選手をまったり見ようと思ってやってきた天皇杯。

時間前に着くつもりが、会社出るの遅くなって遅れて行ったり。

会場に行くまでに雨が降り出したり。

中に入る前にトイレよってピッチが見えたら先制されていたり。

と出だしでつまずきまくりましたが、終わってみれば圧勝。

格が違ったのは学、兵藤、パンゾー。

特に学は試合感取り戻す意味ではいい試合だったんじゃないだろうか。

得点シーンはセットプレーを素早くが効いていたのはもちろんだけど。

あのコースに決めれるようになるともっと怖くなれる。

ナビスコのホーム鹿島戦の得点のときも同じようなこと言ったけど。

あとは、優平。

この間のレイソル戦もそうだったけれど、戦う選手になってた。

相手が相手だけに点決めれるとよかったんだけどねぇ。

終盤、パスがずれまくったのはまだまだかと思うけど、なんだかんだでこういう気持ちが見える選手は見てて気持ちいいです。

逆に仁はチャンス活かせない。信頼を失ってっているのがわかる。

ガツンとシュート打ってって欲しい。

普段見れない比嘉さんは、チーム全体の約束事として成り立っているのかわからないけど、

逆サイドまでなんども須走をしていたり、フィードされたボールのトラップはいいんだけどその後がいまいちだったり。

使いどころがなさそう。

そしてかなーり久しぶりにみたドンホ。あのコールは言いたくなる(笑)

試合展開を変えるという意味ではベンチに入れておいてもいいような気がしたけれど、どのへんが足りていないんだろう。

時間短くてそのへんよくわかりませんでした。

たまには違う顔ぶれをみるのも楽しいです。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @国立競技場

20121229横浜F・マリノス vs 柏レイソル_1

今年のサッカー観戦終了です。

去年と同じく、結局ベスト4止まり。

シーズン終盤からここまでいいサッカーができるようになっていたのに、

今日は去年のダメダメサッカーになってしまいました。

レイソルがよく弱点狙って来たというのが正しいのかな。

サイドバックの後ろにポーンと出して、後はがつがつやるだけ。

プレスのかけどころがなくて、なにもできなかった。

これじゃあ、勝てる訳がない。

こういう風に、対策してくるチームに対して、どう対応できるかが来年の課題でしょうね。

今年やっとチームのスタイルが確立できてきたので、その上積みを楽しみに。

まぁ、小野だろうな、もう一ランク上の選手になれるか、普通の選手になるか、そろそろ分かれ目かと。

横浜F・マリノス vs 京都サンガF.C. @国立競技場

20111229横浜F・マリノス vs 京都サンガF.C._11

今シーズン終了。

会社を半休して初の天皇杯観戦。

ロスタイムに追いついたときは勝てると思った。

悔しいです。

こんなに気持ちを見せたゲームは今シーズン初めてだった気がします。

前半から割と好調。

ピッチを幅広く使って相手に的をしぼらせない。

オフサイドだったけどゴールネットを揺らしたり。

これってマリノスではあまりないシーンです。

京都が落ち着いて来てからは、

飯倉のスーパーセーブとポストで4点くらい 助かったシーンが続きましたが

久しぶりの俊輔の「スルーパス」から千真。

コンフェデのギリシャ戦を思い起こさせるような展開でした。

後半。京都が勢いに乗ってきます。

前評判通りの小刻みなパスワーク。

大木監督らしいというのがわかります。

岡ちゃんが監督引き受けたときに話題になった接近、展開、連続という感じ。

そんな勢いに飲まれてか逆転。

一失点目はずるずる下がりすぎで寄せが甘く、

そしてあの切り方をしていて切っているはずの方向から決められる。

2失点目のFKの原因となったファールは

京都のリスタート切り替えの早さについていけなかった。

なんかDFが甘いと言わざるをえない失点でしたね。

その後はパワープレー。

これはJリーグのシーズン中には見えなかった気持ちというのをすごく感じました。

迫力もあった。

ホントギリギリのところで追いついて、これは行ける!という感じだったのに。。

4失点目はしょうがないとしても3失点目ももう少し守りようがあったと思います。

パワープレーを仕掛けた結果、このタイミングで3バックにせざるを得なかったのもありますが。

ただ、これはかなりいい糧になるような気がします。

今日の試合で見せたようなプレーをこれからも続けていかないといけないですね。

最後に、やっぱり俊輔うまいはうまいなとつくづく思いました。

南アフリカの予選の頃のように別格すぎたころからは落ちていますが

やっぱり単純なプレーの一つ一つがうますぎる。

トラップ、パスが しっかりできるのは俊輔だけでした。

フィジカルがよかったときから落ちているだけですね。