横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @日産スタジアム

20180408横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ_2

やっと日産スタジアムでの試合。

半年ぶりくらいで、菊名駅の改札が変わっていたり、スタジアムも改修されていたり、今年は指定席にしたのでバックスタンドからだったりなど、いろいろと新鮮な状態。

前半はよく点取られなくてすんだなという展開。

車屋を自由にさせすぎた。

ブマルがいまいちで守備ができない。

途中加入なのでフィットしないのはしょうがないが、なかなか光るもの自体が見られないのがちょっと不安。

この連戦で試合こなしていく中で馴染んでくるのを待つしかないのか。

後半は修正したとのことで、自分たちのサッカーができてきた。

山中すごすぎるな、最後走れなくなってたけど攻撃に関しては十分代表としてやれると思う。

ユンも前節ほどのキレはなかったけど、山中とのコンビネーションは確立できてきている。

CKとはいえやっとアシストという結果もついたのも嬉しいところ。

あとは自分でやりきって欲しいところでパス出しちゃうのをやりきれるようになると怖さが出てくるはず。

途中から出てきた渓太はあいかわらず判断が悪いけど、二人ともウーゴにとにかく合わせるというプレーをもっと確実にやりたい。

オープンな展開になったので前半のことは忘れて勝ってもいい試合だけど、フロンターレとまだまだ完成度が違いすぎたな。

そして学。

ブーイングはそりゃされるんだけど、やっぱり悲しい。

復帰したばかりだけど、ドリブルのときの重心ががたついていたのは気がかり。

フロンターレのサッカーと学のドリブル合わない感じがしたんだけど。

今のサッカーのいいアクセントになったはずなんだけどなぁ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

夢から醒めた。そんな試合。

すごいやられた感じはしなかった。

ボールは支配されるだろうとは想像できたし、ぎりぎりでそれを耐えるという展開だった。

失点は基本的にはミス絡み。

負けてない間もこういうシーンはいっぱいあったし、その期間はそれがぎりぎりで防げていたかどうかの違いだった。

代表帰りのミロシュを使う必要があったかなぁ。

フロンターレという相手考えても足元あるジョンスでよかったんじゃないか。

1点目はまだ許せなくもないミスだけど3点目の安易なパスとそのあと飛び込んでしまったのはいただけない。

他にもヘディングすべきとこを見誤って、マイボールにできたであろうところをかっさらわれるシーンもあり。

正直、ジョンスいる中でこのデキだと厳しい。

そして松原。守備向上してきたといえ、1、2失点目のきっかけになっているプレーはマリノスのDFではありえない。

1失点目の直前、少なくとも大きく蹴り出せばいいところを中途半端なプレーしてスローインに。その流れで失点。

2失点目もなんなんだそのスライディングは。。。

今期の失点にどんだけ絡んでいることか。

攻撃のほうで盛り返してくれているならまだしも、パンゾー放出してまで取った意味が。。

喜田のスタメンもどうだかなぁ。

前回のフロンターレ戦で復帰した中町入ってから今のスタイルが確立できていた気がするんだけど、なんだかんだで喜田が使われるようになっていた。

喜田の刈り取る力は中町より高いけど、それ以外でなにかあるかというと。

最後は天純。

点取り初めて一皮むけたかといったところここのところのプレーは見るに耐えなくなっている。

おしいシュート放ってはいたけど、それ以外で怖さがない。

前で起点になれないのと、ビルドできないのもあって下がってきているけど、下がってそこまで効果があるかというと。

そしてセットプレー。ここんところ蹴る機会はすごくあるけれど、チャンスにすらならに。。

俊輔と比べるのはそりゃかわいそうだけど、今のデキでポジションが担保されている感じになっているのはダメだと思う。

一気に5位に戻ってしまった。

日程的に下位ばかりとあったっていた恩恵がこれからは期待できない中、今日負けたことで優勝はもう諦める。

まだアントラーズ以下が団子な状態なのでACL争いに切り替えよう。

ただ来週のレイソルで負けたら今年も中位かなぁ。

負けるのはまだしも3失点は堪えるんよ。。やけ酒だぁ〜。

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @日産スタジアム

2014年のダービーを思い出す展開だった試合。

フロンターレにボール持たれまくってはいたんだけど、そこまで脅威はなく。

スタンドから見てもついけいけなくなるような素早いパス回しがそんなになかった。

持たせてたまではいかないけど、粘り強く守ろうという姿勢が最後まで崩れなかった。

中町の復帰が大きいかもしれない。

喜田も刈り取る力はあるんだけれど、大事なところにいる力は中町の方が上なのかも。

さらに、そんなテンポよくボール回すこともできたっけというデキ。

扇原との相性がいいのかね。

今シーズンのボランチのコンビの中で一番よいかも。

天純がトップ下だとDFに戻りまくってくれるというのもあり。

そしてついに学が右、マルちゃんが左の布陣に。

サイド二人が他の選手使うようになるのでチームとしてリズムがよくなる。

これまでのかたちだと中にカットインするのが警戒されすぎていたので、相手がまだケアのしかたができていないかもしれないが。

FW二人が点とったのもデカイな。

ウーゴがやはりキレが出てきた、得点シーン以外もボール運べるシーンが増えて来た。

ルヴァンも終わってしまったのでルヴァン組もリーグで入ってきてくれれば。

なんの可能性も見出せなかったところから抜けて来そうなので、この期待裏切らないでくれ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

20160925川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_6

リーグ戦終了。カップ戦でなんとか結果を。

試合は支配されていたけれど、じれずにやればチャンスありそうな展開だった。

ただ、あっさり健太に恩返し弾を食らってしんどい流れに。

後半は入りがよかったけど、キーパーが倒れて試合中断してその流れもあっさり途切れた。

選手交代は効いたけど、もっと早く交代していれば。

4-2-3-1のトップ下は兵藤では厳しいというか、コンディションのいい俊輔以外はもう4-1-4-1か4-4-2でないと無理か。

2失点目がいらなかったなぁ、ビルドアップのケアレスミスだし。

同点に追いついたのはテンション上がりまくりだったけれど、このままいく感じはしなかった。

勝ち越される前のマルティノスのセンタリングがもう少しどうにかなっていれば。

2ステージ制でなかったら結局中位はであることは変わっていないのよね。

前田、天純とここにきて交代しても使えるようになってきて選手層は厚みが出て入るけれど、やっぱり必要なのは点取れるFWってことか。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

20160731川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_6

神奈川ダービーと言ってもサテライト。

今シーズン久しぶりに再会したサテライト。

サテライトを見たのは、昔地元で試合があって以来。

安貞桓がみんなにジョンファンって言われてたのを聞いただけで嬉しかったのを思い出す。

今日の試合は、一応ダービーなのでそれなりに観客もいて、マリノスは太鼓も叩いて、リズム感なかったけど。。

はじめはフロンターレにいいようにやられまくって。

その中で、なぜかという感じで決めた和田。

去年のプレシーズンのイメージとは全然違う選手になってた。

もっとキレがあった気がしたんだけど。

ただ、点も取ったし、アピール一番できた選手なんじゃないか。

同期の遠藤が試合出ている割に、パッとしないのもあって。

トップで出ているときもそうだけど、この試合でも自分でやっているというのが感じられない、集中していればチャンスなときもどこか他人事。

後半はもうルーズでしまりのない感じ。

点取られたシーンは、賢星の軽率なファールから。

スケールはでかい感じはあるけど、このままだとJ2レンタルで帰ってこない選手になるかなぁ。

メンタルだね。

そして、ユースの子たち。

ちっちゃこが多いのはなんでだろう。

やっぱりユーズだなっていう、プロとの壁が随所にあった。

そういうの見ていると、小野ってホント化け物だったんだなと思う。

点取れる感覚はないんだけど、チャンスメーカーとして戻ってこないかなぁ。

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @日産スタジアム

20160611横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ_1

マリノス悪かった。

フロンターレは強かったけどそこまでよいという感じもなかった。

俊輔が全然でした。今日はフィジカルコンタクトが異様に弱かった。

学のドリブルの手のつけられなさは今シーズンは相変わらず頭抜けてるんだけど、やりきるところまでいかない。

遠藤もやっぱり、自分がやってやる感がでてこない。ボールが自分のところに来るかもというのを感じ取れないシーンが目立つ。

考えてみるとルーキーが3人もいるんだもんね。

さすがに下平の穴を埋めるのはつらい。ビルドアップ考えると高野使ってあげたほうがいいんじゃないか。

2失点目の前にFW入れておくべきだったんじゃないかなぁ。

ケイマン使って推進力出して欲しいと思っていたらカイケだった。

ただ、今まで見た中で一番動いてたしよかった、フロンターレがやる気ない時間帯ではあるけど。

観に行くモチベーションになるものがない。

ナビスコでいいから取って欲しい。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_6

リーグ戦から先発全員入れ替え。

ルーキー3人いるし。

哲也、勇蔵、兵藤がどんだけフォローできるかかなと思っての観戦。

前半はひどかった、ボールを落ち着かせるところが全くないのでフロンターレにやられたい放題。

きわどいところはそんなになかったし、そこは哲也がきっちり弾いてくれたのでなんとか無失点。

この時点で引き分けで十分と思って折り返し。

後半は、バックラインまでボランチ一枚下がることで前半より楽にボールを回せるように。

まだまだ回しているのは後ろ過ぎるけれど、和田と遠藤が変わって天純が真ん中になってから前にも行けるように。

結果、和田真ん中は失敗で初めから天純でいけばよかったかと。

開幕戦でなにもせず終わったけれど、このレベルであればそれなりにゲーム作れるんだというのを認識。

遠藤もスピードを見せて、ただ最後の一歩のところがプロではまだ通じない。リーグも含めてそこがまだユースレベルか。

決定機もそれなりにあったけど、持ち前の決定力のなさを見せての引き分け。

憲剛も引きずり出しての引き分けは、若手で臨んだことを考えるといい経験値にはなったと思う。

ただ、勝つチャンスはあったので、その一歩の差はとても大きかったはず。

あー、悔しいな、前半は完全諦めてたんだけど(笑)

にしても試合終わってから30分で家に着いた。これは驚きの近さ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

20151024川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_7

勝負強かった。

最近の試合は引いている相手に対して縦パスが入れられず

DFラインのパス回しをじれずにやりながらというかたちが多かったけれど今日は逆。

ボールを持てるフロンターレに対して、しっかりブロック作ってしぶとく守りきった。

フロンターレはやっぱ怖いね、上から見ててもどこに出すのかわからなかったりするから

ピッチの上ではより翻弄されてしまうんだろうなと。

ただ、最後の最後、シュート打たせないDFができたので、決定的なシーンはほとんど作らせなかった。

FK一発で守りきる。

マリノスならしい勝ち方。

あんだけカウンターあったなの追加点奪えないところもw

アデミウソン足技うますぎるね、残ってくれないかなー

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @日産スタジアム

シーズン開幕。1stステージは今日と来週の試合だけしか観に行くことができない。。

去年のフロンターレ戦は去年のベストゲームくらいの印象だったんだけど、今日はひどかった。

フロンターレにやりたい放題やられすぎ。

フロンターレがやっていることは同じことをシンプルに繰り替えしているだけなのだけど、奪えない。

ボールを持とうとしてくれるので、奪えばチャンス作れるはずなのにプレスがはまらない。

去年の夏頃の小椋がいてくれればとすごい感じた。

そもそも学ワントップというところから間違い。

裏に抜けようという姿勢はすごいあるんだけど、マリノスは裏にパスがでるチームではなく。

背負うプレーはできないので、全体を押し上げることができず。

そして、追ってはいるけどチームとしてプレスがはめられない。

伊藤が一試合無理なのであれば、和田使ってみてもよかったくらい。

守備だけは固かったはずなのにいきなりの3失点。

前線がこれだと守備はそりゃつらい。

下手すると降格ありうる。

早くもアデミウソンと俊輔が戻ってくるのを期待するしかないくらい、ヤバイと感じた試合になってしまった。

そういえば。

パンゾーのゴールは2013の最終節の同じようなシーン思い出したな。あのとき決めてくれていれば。。

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @ニッパツ三ツ沢球技場

去年のようなサッカーができるようになってきた。

前から奪えるようになって、点を取ったらしっかり逃げ切る。

ま、結局はラフィーニャって話なわけですが。。

今シーズンチャンスはなくはないわけで

マルキいなくなって決めれるときに決めれていなかったのがやっぱり勝てなかった原因なんだなと思えてしまう。

マルキより若い分、荒さはあるし守備面ではまだまだだけど、それを補うだけのフィジカルがある。

そんなたいした接触ではないかと思ったけれど交代してしまったのでケガが心配。。

ラフィーニャいないと今の雰囲気なので。。

ラフィーニャ以外の話をするとコメントでボランチのところで奪おうという作戦がかっちりはまる。

小椋と中町が一番当たりやすい相手だったかも。

やっぱり川崎は独特なボールの持ち方、回し方だし、ちょこちょこ外されることはあったけど

ボール持ってくれて簡単に蹴ってしまわない分、つぶしに行ける時間もそれ相応にある。

そこで2人の守備がうまく対応できた。

富澤戻ってきたし、そもそもボランチは激戦区だけどこの感じがコンスタントにできるのであればこの2人からポジション奪うのは難しそう。

少しずつベンチ入りするようになっていた喜田もリーグ初出場したし、今年は競争がうまれているのはマリノスには珍しいこと。

いい流れ、このままのっていきたいところです。

最後に。今日の雰囲気は最高でした。

三ツ沢の近さもあったけど、神奈川ダービの熱気、最初から観客のアドレナリンも全開!といった感じですごい楽しかった。

あと、一平くんにも会えました。