柏レイソル vs 横浜F・マリノス @日立柏サッカー場

去年のナビスコの悔しさをはらすべく柏まで。

やはりACLの「勝利」という結果が効いたのか、先週の仙台戦では全く動けなかったのに今日はスゴい動ける。

レイソルの方がナビスコで1日試合間隔短いとはいえ、守備への切り替えは今年一番よかったんじゃないか。

去年のような攻守の切り替えができていたと思う。

が、結局また無得点。。チャンスは少なかったとはいえ、決めれるシーンはあった。

かなり深いところでコンビネーションが出てくるようになったけれど、最後上げたときに中に人がいない、逆サイドに。

藤田もACL同様、守備は効いていたし、ポストもできていたけど点を取れそうな匂いがしない。

伊藤翔もボールの持ち方とかやっぱセンス感じるんだけど、コンスタントに点が取れない。

神戸でマルキが点取っているのを見るのなんとも言えない気持ちに。。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @ニッパツ三ツ沢球技場

20131012横浜F・マリノス vs 柏レイソル_9

熱く、そして悔しい試合だった。

アウェイでのあの点差にも関わらず1万人超えた三ツ沢。

前半ロスタイムに優平が決めたときは行けるかと思ったけれど。

後半もチャンスあったけど、あと一歩決めきれなかったなぁ。

これはアウェイのときも一緒。

あのときもチャンスはあったから。

点差があったのでレイソルは受け身になってくれてたとはいえ、

こんなに戦う気持ちを見れたのはいつ以来だろう。

優平、小椋よかったねぇ。

特に優平はこの間もそうだったけれど、気持ちがプレーに現れているのがいい。

点もとったし、俊輔のいうラッキーボーイになれるかどうか。

ファビオは試合に入れていなかった、中盤に入れるのはつらい。

前なら前、後ろなら後ろはっきりした位置においたほうがいい。

ここ数試合、リーグでもちょっと停滞していたので、この悔しさが一つのきっかけになってくれたらいいけど。

このフルパワーを使った試合が来週の広島相手の大事な試合にひびかないのは祈っとかないと。

天皇杯も間にあるんだよなぁ。

来週も同じ気持ちで戦って欲しい。

あー、悔しい!絶対リーグ優勝したい!!

柏レイソル vs 横浜F・マリノス @日立柏サッカー場

20130907柏レイソル vs 横浜F・マリノス_5

最悪な試合。

俊輔とパンゾー、ドゥトラしかいなかったんじゃないかと思わせる試合。

こんな点差がつくほどレイソルがよかったわけではないと思うけど、

そのへんもここ数年全く勝てていない相性か。

毎度同じように中にあててサイドバックと真ん中の2人がひきつけられたときにサイドにだされチャンスを作られる。

やられることわかっているのだから、いっそのことブロック作って引きこもる作戦でもいいんじゃないか。

特に、トーナメントのアウェイなので引き分け狙いで明確にいってもよかった。

仁、期待しているんだけど結果がなかなか出ない。

前線でも怖さがないし、キープも中途半端。

3失点目となったシーンも前線と同じようにキープしようとしたのが問題だったし。

それに対して、交代した優平はよかった。

一番気持ちを感じられたし、それが球際に出ていた、みんなそう思ったはず。

ただ、選手交代と聞いて優平の名前がコールされたときは、使えるコマがいねーなーと思ってしまった。

少なくとも優勝するには夏場に一人は補強するべきだった。

ケガしていないのなら小野がいればよかったななんだけど。

この敗戦がリーグでも響く気がしてしょうがない。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20130731横浜F・マリノス vs 柏レイソル_5

久しぶりに試合途中に到着。

平日水曜のわりには人がいるなぁと思ったら、夏休みですものね。

キレキレの学は今日も得点に絡む。

まぁ、今日はホントあのタイミングだけだったけど。

やっぱりボールをもらう前の動きがうまくなってる。

注目されてるのもあり、相手も食いついてくる中、ボールのないところで仕事ができつつある。

とはいえ、それを今シーズンずっとやっているのはやっぱり俊輔。

今日も試合を完全にコントロールしていた。

ファウル取られたなかったけど、ドリブルであわやのシーン作るのは学のドリブルに触発されたのかと思ったw

最後にオウンゴールで同点にされたのは、なんて痛いんでしょう。

完全に勝ち逃げ体制に入った中であの失点はいただけない。

リプレイ見るとなんで敵がいないとこでああなったのか。

マルキが2点目取れたところで決めれなかったのが全てかな。

やっぱレイソル相性悪いんだろうなぁ。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @国立競技場

20121229横浜F・マリノス vs 柏レイソル_1

今年のサッカー観戦終了です。

去年と同じく、結局ベスト4止まり。

シーズン終盤からここまでいいサッカーができるようになっていたのに、

今日は去年のダメダメサッカーになってしまいました。

レイソルがよく弱点狙って来たというのが正しいのかな。

サイドバックの後ろにポーンと出して、後はがつがつやるだけ。

プレスのかけどころがなくて、なにもできなかった。

これじゃあ、勝てる訳がない。

こういう風に、対策してくるチームに対して、どう対応できるかが来年の課題でしょうね。

今年やっとチームのスタイルが確立できてきたので、その上積みを楽しみに。

まぁ、小野だろうな、もう一ランク上の選手になれるか、普通の選手になるか、そろそろ分かれ目かと。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20121117横浜F・マリノス vs 柏レイソル_2

すごい雨だった。

毎回思うけどこんなコンディションでもチアはよくやりますね。

試合はおもしろかったけど、結果がでなかった。そんな感じ。

シーズンの最後に来てチームとして、DFと中盤で挟む守備が確立された感じ。

中町が割と足引っ掛けてボール取れるというのがここにきて効いています。

なんかあるたびに相手と言い合っている感じやインタビューとか見てもメンタル強いタイプで

これまでのマリノスにはいない選手ですね。

相手選手だったらすごいキライなタイプだと思いますw

もう一方のボランチのアンドリューは、まだまだ前への推進力が足りない。

U19の試合見ていても思ったけれど、怖さが全然ないのが今後の課題か。

選手交代がさすがに今日は負けたらACL終わりという試合だからちょっと早かったのだけど

大黒を使う必要があったのだろうか。

一個PKっぽいシーンはあったけど、ここ最近使わなくなって今季限りでさようならが濃厚な選手をこのタイミングで使うとは。

先に、小野、そして谷口を使うべきだったような。

それなりに、それぞれ仕事はしていましたが。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20110611横浜F・マリノス vs 柏レイソル_10

だめだなあ。。

前半点が入っていない時点でつまらない試合だと思った。

お互いブロック作っているものだからうまく攻めれず。

1失点目は混戦で相手にボールがこぼれるというアンラッキーな部分もあったけれど

2失点目はフリーでセンタリングあげさせればああなるという感じ。

2失点して挽回できる相手ではなかったです。

正直、崩されるという怖さは感じませんですが、チームとして一枚も二枚も上手だなという印象でした。

後半は2トップ替えて勢いがでたけれどシュートが弱気。

和司のインタビュー通りビビりながら打っていることは多かったかと思います。

あと、谷口の神出鬼没な動きが裏目に出た形かと。

クナン、小野と動きがかぶりすぎでした。

左サイドもどうにかしたい。

特に前半は左サイドにボールが集まりまくりましたが、

兵藤と波戸では結局バックパスという結果に。。

見ていられなくなってか俊輔も左に来ましたが完全に交通渋滞に。。

一度、兵藤に替えて健太を使ってみてもいいと思うのだけれど。

ん〜〜、見に行って損した試合でした。

あ、そういえばサッカー見に行ったの一ヶ月ぶり。

柏レイソル vs 横浜F・マリノス @国立競技場

no title

20090822reysol vs marinos_7

一週間で3試合目のマリノス観戦。

その3試合の相手とのゲームはホーム、アウェイともに観戦していますw

今日の試合は最後に追いつかれていなければ最高に気持ちのいい試合だったのに。。

前半、完全になんにもなかったと表現するしかない試合。

狩野が去年覚醒したときから比べ物にならないほど消えることが多い。

瞬間瞬間でおもしろいパス出しはあるし、そこは他の選手にはまねできないものなのですが

去年、今年の前半にあった得点の匂いがなくなってしまいました。

功治が復調してきているだけに狩野ももっと魅せて欲しい。

そんなわけでマリノス優勢ではあったが点が入る気配が全くない前半でした。

後半、功治がキレを見せ始め、

シュートをポンポンと打つようになり全体的に攻め手がでてくる。

そんな中、功治に2枚目のイエローで退場。。

1枚目も割とイエロー出すには厳しいなと感じたけど

2枚目は完全に論外。功治が思いっきりひっぱれれてたのに。。

審判から見えないにせよ、副審の目の前だったのにあれでカード出されたらたまったもんじゃない。

一気に試合の展開が変わりました。

一人いない影響がこんなに出るのも珍しいなくらい押し込まれた。

特に右サイドはボールをとっても上がってこれないくらいになってました。

セカンドボールが拾えなくてレイソルの攻撃が切れない。

シュートがバーに当たったりもしてホント失点までギリギリのところでふんばった。

そこをしのいで、カウンターができるようになる。

ただ、左サイドからのみ。裕介があがってこれないので右サイドはないも同然。

左サイドから中に返してサイドを変えようとするけど右に誰もいない→また左サイドが続いた。

そんな中、局面を打開したのは小宮山!

小宮山しかできないだろというドリブルからバシっとシュートがつきささった!!

その後、真っ先にゴール裏にきたのを見て残留を確信しましたw

こんな熱いゴールを見たのは久しぶりでした。

そこからは守って時間をつかいながらカウンター

という一人少ない状況がはまりまくる展開になりました。

カウンターでは交代で入った兵藤、アーリアが効きました。

3月のホームでのレイソル戦ではアーリアが入って流れが悪くなり

2点差を追いつかれた嫌なことを思い出しますが

そのときから比べるとアーリア、一皮むけました。

攻撃面では完全に戦力として数えられるようになった。守備は。。。

しかし最後の交代が失敗だったでしょう。渡邊→河合。

この試合守るというメッセージで河合はよかったのですが

唯一のFWである渡邊を替えたのが問題。

で、さらにこの交代でFWに持ってきたのは松田。

試合終盤走れなくなっている状況で松田を前に持ってくるのであれば

単純に松田→河合でよかった。

その結果、カウンターの怖さがなくなりレイソルのDFが楽になってしまった。

追いつかれたのはオウンゴール。DFとGKは攻めれないですね。

守りきれなくはなかったはず。

若いチームということでこれを糧にしないといけない。