横浜F・マリノス vs 大分トリニータ @ニッパツ三ツ沢球技場

勝ったー。

アウェイではこれでもかっていうくらいはめられていたけどその借りを返した。

前半はとにかく押し込む。

ラストゲームの天純は天皇杯で吹っ切れたのか今日もいきなりのシュートと今シーズンはなりを潜めていたプレーが出ていた。

徐々にトーンダウンはしていってたんだけど、縦パスも入れていたし来週は果たしてどうなるのだろうか。

扇原がまだ戻ってこないなか果たして。

エジガルのキレもよく、なんか簡単そうなシュートをキーパーの正面に鬱傾向がある気がするけど異様に切れていた。

エジガルがサイドに出たときに仲川がもっと真ん中に入れるといいな。

その仲川は今日は守備で効いていた。

サイドバックが広瀬だったし、大分のパターンもワンパターンなのでそこのケアに追われたか。

大分はDFラインで辛抱強く回しサイドに食いつかせてから、中のフリーな選手に渡るとそこから逆サイドへロングパス→クロスというワンパターン。

上から見るとそこ食いついたら中に出されるというのがよくわかりもどかしかったが、だいぶケアできていた。

松本戦もそうだけどこういう均衡した試合でこじ開けて勝てるようになったのが大きい。

ただ最後の方はなんども決定機あったんだけどこけるシーンが目立って仕留め切れなかった。

こういうのまでできるようにならないとなんだけど。

なんにせよ、勝ったので最高の週末になった。

横浜F・マリノス vs 立命館大学 @ニッパツ三ツ沢球技場

まぁ、天皇杯だから。

半分くらいスタメン組でスタートして、いつ控えの普段見れない選手を見れるかというのが楽しみなんだけど、全然控えを出す展開にならず。

大学生相手にもいつもの弱点を狙われて決定機はあちらのほうが多かったのではないか。

そんな中、格の違いを見せたのはちょっと構成は違うけどスタメン組が出ている左サイド。

久しぶりに天純がハーフスペース突いていくのを見た。

ミドルもあるだからあれをリーグでもやって欲しいんだけど。

点とってボスのとこに一目散に向かったのはやはり移籍なのか。

ベルギー2部だったらマリノスできちんとスタメン奪え返したほうが成長すると思うけども。

あとは渓太。

相変わらずボール持って躊躇する感じはあるんだけど、そこから剥がせるようになってきているし、アシストも決めた。

一点目も起点になっているし、コンスタントに点に絡めてきている。

あとは自身の得点だけだけどもうそれは忘れようか(笑)

中川とか椿とか見たかったんだけどなぁ。

勝てばいいのがトーナメントだけど残念。

また土曜も三ツ沢、芝生の状態がよくなかったのがどうなのか。

横浜F・マリノス vs サガン鳥栖 @日産スタジアム

代表組がいる中、フライデーナイトJリーグで三好、畠中はやはり身体が重そう。

大分で完膚なきまでに叩きのめされてからどうリカバリするかと思ったら凡戦。

開幕当初あった躍動感がない。

広瀬はそつなく左サイドをこなしていたが、やはり右利きなので、右サイドでみせていたようなスムーズな連動性が出せない。

開幕2戦は左右両方から攻めれていたけど、高野離脱後は右サイドの比重が高くなっているが、久しぶりの松原はいまいちテンポが遅くて流れるような攻撃ができない。

そして仲川が怪我っぽいのでまたどうなってしまうのか。。

マルコスは右でも使えそうで、渓太は今日はカットインやワンツー使って抜け出せたりよかったはよかったけど。

ブロック作られる相手を今年は崩せるようになったのかなと思っていたんだけど、今日みたいなドン引きの相手に結局得点できないのは攻撃サッカーやっていると堪える。

今シーズン初の無失点ではあったんだけど、2試合連続無得点の方がしんどいなぁ。

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ @日産スタジアム

ACL遠征戻りのフロンターレはベストメンバーではなかった。

こちらも契約で三好が出れない、高野が怪我で怪我明けいきなりの連戦のティーラトンがスタメン。

相変わらずミスからいきなりの失点。

主導権も握らずあっぷあっぷな状態が続いたが、天純の裏抜けくらいから落ち着いてきて、マルコス初ゴール。

3試合連続アシストの仲川、今一番替えがきかない選手になっている。

得点後は三好がいない分、ボールはスムーズに持っていることはできなかったけど、大津がプレスでよさを出して主導権を握れるようになってきた。

ただ、やっぱりボール回しにスムーズさがない。

ティーラトンが全然フィットしてないんだよな。

逆に高野がこんなフィットしていたんだというのがわかったけど。

勝ち越されたときは負けかと思ったけど、最後の最後で追いついた。

なんかこのへんは去年とは違うのか。

前からプレスされた相手は初めてだったけど、去年ほどやられていなかったし成長が見られる。

ここで負けるのと引き分けるのはかなり違った結果になったはず。

来週の大分遠征はまた、三好が戻ってどうなるかが楽しみ。

ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス @パナソニック スタジアム 吹田

シーズン開幕。

ここ例年通り主力がいなくなる中、初戦は新戦力が5人、J1初スタメンが4人。

どうなることかと思って見ていらいきなりアホ失点で先制される。

今年もこんなかと思いきやすぐ同点。

オフサイだったけどね。

仲川がとったのはよかった。

昨シーズンのブレイクで今年はマークも厳しくなって進化が問われる年だけど、ドリブルは相変わらずキレキレで、守備でも効いていたしこのまま続くようであれば代表呼ばれるんじゃないかな。

新加入組がこの段階でもかなりフィットしていてボール回しが去年よりスムーズ。

去年との違いとして縦パスが入るようになった。

そこから前向けるのがでかい。

特に三好。

フロンターレからなのでよく来たなという感じだったし、守備はどうなるのかなと思ったけど、思っていたよりよく走るし、インサイドハーフでボールを運べる剥がせる選手がいるのがでかい。

去年はここで攻撃で違いを作れるのが天純しかいなかったので。

マルコスも個で打開するタイプじゃないけど、コンビネーションは早くも合っているし、ボールを扱うのはうまそう。

エジガルはコンディションが気になったけど、十分できていたしウーゴと違ってポストで周りを活かせるし、裏抜けがうまい。

守備もきちんとやるのも好印象。決定力はウーゴのほうがありそうだけど、周りがそのぶん点取れるようなら問題ないかな。

そして、一番びっくりしたのは広瀬。

松原からボジション奪ってどんなもんかと思ったら、こんなに順応しているとは。

松原より周りと連動できてるかな。

なんかこんな魅せられたら期待しちゃうよね、一試合目だけど(笑)

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20181103横浜F・マリノス vs FC東京_1

ひどい試合だった。

ここのところ審判のジャッジに不満はあるが、それでも自分たちが不甲斐なさすぎる。

やはりルヴァン準決勝でピークを迎えてしまったか。

ホームの前半でアントーラズに何もさせなかったところがピーク。

あの後半からGKからのビルドを封じられ今の状態になってしまった。

扇原にボールが渡せないのがなというのと、全体的にシーズン序盤のように受け方が下手になってしまった。

なんなんだろう。

そしてFC東京見ていると、いくらパス回しができたとしてもインテンシティが今のままだと厳しい。

デュエルで気持ち見せないと。

大津がそこを見せていて好調だった要因の一つだったがそれが今日は全くなかった。

喜田がそれをやらないといけないはずだったけど、リードされた展開で相手が引いている中だと攻撃での貢献できなさが目立ってしまう。

山中もやっと調子戻ってきたかと思ったら、中に入る時間が長すぎだし、そこでのパスミスが多すぎてよさがでなくなっている。

渓太も怪我して左の連動性もないし、いろいろとボロボロ。

あと一勝すれば大丈夫だろうけど、ここからの長崎、鳥栖戦勝てないようだとまずい。

ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス @パナソニック スタジアム 吹田

20181020ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス_4

サッカー専用スタジアムいいなぁ。

いいスタジアムで気分よく勝ちたかった。

前半は圧倒していたが、ここのところあった強度はそんなになかった。

ガンバもカウンターしかないみたいな展開で、得点シーンはずっとボールキープした中からきちんと崩した取った感じのある得点だった。

が、ガンバが後半システムを替えて来たのに対応できない。

なんか後半勝負は作戦どうりだったみたい。

GKからのパス回しを封じられボール保持ができなくなり、持っているときもミスが多くて防戦一方。

ミスをしてはダメなスタイルなのでそれはやられる。

そして山中が異様に中に入りすぎて左サイドが前半から機能していなかったのもどうなのか。

やっぱり練習でやっているであろうパターンであればできる、パターンに持っていけるようになったけど、そこからの応用が試されている。

今シーズン相手が対応できない、対応されて勝てなくなる、また次のパターンで勝てるようになるというように成長はしているけれど、

そこで失っている勝ち点も大きいので、勝ち点こぼさずに成長して行くようにならないとこんな順位のままだろうな。

また下位近づいてしまって、ルヴァン決勝に向けても雰囲気悪気がする。

横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @日産スタジアム

20181005横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌_3

3連勝。

けど今日はちょっと緩かった。

試合開始はしっかり入れたかなと思いきや、ちょっと後手にまわりポジションが崩れたときにその流れをなかなか変えれない。

チャナティップが捕まえられず自由にやられ、失点前まではオフサイドにも助けられたが、ジェイにあっさりやられる。

2対1の状態だったのに軽くかわされて失点。

この辺が今季よく見られる、ただただ軽い。

ただ、点は取れる。

そもそも試合は支配していたので、やっと流れが戻ったところで仲川。

この得点シーン以外もそうだけどキレが半端ない。

体の小ささを逆に武器にしている。

代表呼ばれてもおかしくないんじゃないかというデキ。

上背のなさ以外、プレーにおいて欠点というところがない気がする。

ドリブルできる、パスもできる、シュートもできるし、守備もできる。

あとは怪我しがちなプレースタイルだけかな。本当国内組だけのときであれば代表行ってもいいんじゃないか。

代表の流れで今回は外れてしまった天純は前節に続き主体性がプレーに現れている。

前を向くシーンがすごく増えたし、エリア内自分で仕掛けて侵入するシーンも増えた。

代表入ったのが本当に一皮むけるきっかけにになりつつある。

あとはここ決めてくれればみたいなときに、チームを勝たせる決定的な仕事をできるようになるかかな。

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ @日産スタジアム

20180916横浜F・マリノス vs 浦和レッズ_4

勝てないなぁ。

ルヴァンとはいえ、ここのところ結果が出ていた4バックで、やられそうなところもあったけどお互いぶつかり合っておもしろい試合だった前半。

終了間際にミドルが見事にすり抜けてやられる。

流れ切りきれないところで押し切られた。

仲川がキレキレすぎて、止められていないタイミングで点取りきれなかったのが全てか。

松原いないからどうなるかと思いきや、以外にイッペイでもそれなりに仲川を走らせる展開ができていた。

渓太が押し込めていれば全然違う展開だったろうに。

右の仲川が機能しまくっていたが、左が死んでいたのが前半。

渓太、山中の組み合わせは山中のよさが消えるだけになっている。

後半は山中らしさもあったけど、組ませるのならユンとだった。

ユンいれたと思ったら山中と替えるし。

シーズン前半は山中のチームだったけど、右でも作れるようになったのと、中断明け一向によくならないのが山中。

このサッカーで居場所がなくなりつつある。

守備の軽さが目立つので、大津が中盤で機能してきたし、レイソル戦一試合とはいえやれていた喜田サイドバックでバランス取るのもかと思う。

イッペイでも畠中でもいいかも。

左右にバランス取れてきたかなと思ったんだけどなぁ。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20180901横浜F・マリノス vs 柏レイソル_5

勝った。

久しぶりにふんわりしてない試合だった。

ドゥシャンが出場停止で4バックに戻る。

やっぱり4バックだと攻撃に厚みがあるなと感じていた矢先に山中が怪我。

どうすんだと思ったら喜田をそこに入れる。

伊藤純也に裏取られまくりという状態だったけど徐々に慣れていく。

右利きだしボールはスムーズには回らないんだけど、守備は安定するし、攻撃時も人集まりすぎて渋滞しないしこれは新たな発見なのかもしれない。

中断前左サイドでシンプルにやるようになってからバランスよくなったのは、右に仲川が入ってそちらも使えるようになったからだったけど、やっぱりサイドに人かけすぎというのもあったのかと。

山中がボール持てる分、逆にスペースが消えてしまっていたのかな。

ブマルであれば自分で仕掛けられるのでそのへん使い分けをしていきたい。

波及効果なのかわからないけど、大津が今日ふらふらするシーンも少なかった気がする。

あとは単純に上がらない分、守備は安定するよね(笑)

チアゴと畠中という急増コンビで、ラインとかないようなものだったけど、やっぱりチアゴの対人能力はすごいかもしれない。

まだ試合出始めたばかりでこれということは、フィットしたらどんだけのものになるのか。

縦パスが軽率なのはあるんだけどね。

やっぱり4バックだなぁ。

いろいろあったけど、ミロシュがいなくなったのが一気にバランス崩れた原因だったのだろうか。

外国人枠考えると、チアゴと、ボンバー、畠中、勇蔵の併用が正解だったんじゃなかろうか。

ドゥシャン悪い選手ではないけど、チアゴの若さ、能力と外国人枠考えるとやはりセンターバックに2人外国人使うのは微妙。