横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @日産スタジアム

20181005横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌_3

3連勝。

けど今日はちょっと緩かった。

試合開始はしっかり入れたかなと思いきや、ちょっと後手にまわりポジションが崩れたときにその流れをなかなか変えれない。

チャナティップが捕まえられず自由にやられ、失点前まではオフサイドにも助けられたが、ジェイにあっさりやられる。

2対1の状態だったのに軽くかわされて失点。

この辺が今季よく見られる、ただただ軽い。

ただ、点は取れる。

そもそも試合は支配していたので、やっと流れが戻ったところで仲川。

この得点シーン以外もそうだけどキレが半端ない。

体の小ささを逆に武器にしている。

代表呼ばれてもおかしくないんじゃないかというデキ。

上背のなさ以外、プレーにおいて欠点というところがない気がする。

ドリブルできる、パスもできる、シュートもできるし、守備もできる。

あとは怪我しがちなプレースタイルだけかな。本当国内組だけのときであれば代表行ってもいいんじゃないか。

代表の流れで今回は外れてしまった天純は前節に続き主体性がプレーに現れている。

前を向くシーンがすごく増えたし、エリア内自分で仕掛けて侵入するシーンも増えた。

代表入ったのが本当に一皮むけるきっかけにになりつつある。

あとはここ決めてくれればみたいなときに、チームを勝たせる決定的な仕事をできるようになるかかな。

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ @日産スタジアム

20180916横浜F・マリノス vs 浦和レッズ_4

勝てないなぁ。

ルヴァンとはいえ、ここのところ結果が出ていた4バックで、やられそうなところもあったけどお互いぶつかり合っておもしろい試合だった前半。

終了間際にミドルが見事にすり抜けてやられる。

流れ切りきれないところで押し切られた。

仲川がキレキレすぎて、止められていないタイミングで点取りきれなかったのが全てか。

松原いないからどうなるかと思いきや、以外にイッペイでもそれなりに仲川を走らせる展開ができていた。

渓太が押し込めていれば全然違う展開だったろうに。

右の仲川が機能しまくっていたが、左が死んでいたのが前半。

渓太、山中の組み合わせは山中のよさが消えるだけになっている。

後半は山中らしさもあったけど、組ませるのならユンとだった。

ユンいれたと思ったら山中と替えるし。

シーズン前半は山中のチームだったけど、右でも作れるようになったのと、中断明け一向によくならないのが山中。

このサッカーで居場所がなくなりつつある。

守備の軽さが目立つので、大津が中盤で機能してきたし、レイソル戦一試合とはいえやれていた喜田サイドバックでバランス取るのもかと思う。

イッペイでも畠中でもいいかも。

左右にバランス取れてきたかなと思ったんだけどなぁ。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20180901横浜F・マリノス vs 柏レイソル_5

勝った。

久しぶりにふんわりしてない試合だった。

ドゥシャンが出場停止で4バックに戻る。

やっぱり4バックだと攻撃に厚みがあるなと感じていた矢先に山中が怪我。

どうすんだと思ったら喜田をそこに入れる。

伊藤純也に裏取られまくりという状態だったけど徐々に慣れていく。

右利きだしボールはスムーズには回らないんだけど、守備は安定するし、攻撃時も人集まりすぎて渋滞しないしこれは新たな発見なのかもしれない。

中断前左サイドでシンプルにやるようになってからバランスよくなったのは、右に仲川が入ってそちらも使えるようになったからだったけど、やっぱりサイドに人かけすぎというのもあったのかと。

山中がボール持てる分、逆にスペースが消えてしまっていたのかな。

ブマルであれば自分で仕掛けられるのでそのへん使い分けをしていきたい。

波及効果なのかわからないけど、大津が今日ふらふらするシーンも少なかった気がする。

あとは単純に上がらない分、守備は安定するよね(笑)

チアゴと畠中という急増コンビで、ラインとかないようなものだったけど、やっぱりチアゴの対人能力はすごいかもしれない。

まだ試合出始めたばかりでこれということは、フィットしたらどんだけのものになるのか。

縦パスが軽率なのはあるんだけどね。

やっぱり4バックだなぁ。

いろいろあったけど、ミロシュがいなくなったのが一気にバランス崩れた原因だったのだろうか。

外国人枠考えると、チアゴと、ボンバー、畠中、勇蔵の併用が正解だったんじゃなかろうか。

ドゥシャン悪い選手ではないけど、チアゴの若さ、能力と外国人枠考えるとやはりセンターバックに2人外国人使うのは微妙。

横浜F・マリノス vs 清水エスパルス @日産スタジアム

20180829横浜F・マリノス vs 清水エスパルス_1

試合前にハートベアラーに参加。

ウォーミングアップから帰ってくる選手を間近で見たり、ピッチに足を踏み入れたり。

結構芝生ってぼこぼこしてるんだな。

それが終わったところでいきなりゴールが入って歓声があがる。

ゴールシーンは見れず(笑)

幸先よく行くかと思いきや、あっさり失点。

どうにもこうにも失点シーンがあっさりすぎる。

前半はどっちもどっちでシュートが異様に枠にいくなという展開で終わり。

後半序盤にペースを握り、中央でシュート打てるシーンも作っていたところでこれもあっさり失点。

オフサイドではあったんだけどなぁ。

その後、PK取ってくれなかったり、ドゥシャンが退場したりで散々。

ドゥシャンはがつがついきすぎるきらいがあるから、カード結構もらうなと思っていたけど、こんなに早く退場を目にするとは。

直前に畠中さげてユン投入で久しぶりに4バックで楽しみだったといのもさらに残念な感じを際立たせる。

久しぶりのリーグでのユンはキレもあってよかっただけに。

3バックでも結局点取られるんだから、それだったら4バックかなぁ。

一試合消化が少なかったのもこれでなくなり、降格圏と勝ち点差が1。

残留するにはチームのスタイルつらぬいていたらダメそうだし、なんともはや。

チームに芯がない。

ボンバーは残っているんだけど、あまりチームを引っ張っていくタイプではないし、スタイル変更への対応に精一杯で去年後ろでどっしり構えていくれていたのもなくなっているし。

そのへんもあってチームとして毎回どこか集中力がなく試合に入っているように見えるんだよなぁ。

去年人が入れ替わったときは、なんだかんだでマリノスは変わらないと思ったけど、この夏、DFライン総取っ替えもあり、マリノスは変わってしまったんだなと実感。

シーズン当初のリスクを取ってでも攻撃することへのスタイルの転換は受け入れられたし、マリノスらしさはその中にもあると思ったけど、なんか今はそれがない。

気持ちが本当に見えなくなった。

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180822横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台_1

失点慣れしている。

チームがというか観客が見ててそうなっている。

今日は久しぶりにハイラインやっていたからまだいいという見方もある。

けど、この時期にそんな考え方はどうなのか。

3バックは夏に移籍してきたメンバーだけでここまでやってると言っていていいのか。

それぞれ足元もあるし、3バックなのにサイドはボランチの位置に入ったりするしで、現代的な選手なんだなとは思うけど、やっぱり結果が出てないのがどうなのか。

天皇杯は次の試合はだいぶ先でそこまで過密日程でもないので勝ちたかったし、天皇杯負けると年末になるにつれてとんでもなくヒマになるので勝ちたかった。

3バックにしてからは一番希望が見えたが、仲川が戻ってきたのが大きい気がする。

去年までの待遇考えるとしんじられないけど、中断前くらいの好調時は仲川で持っていたんだなと。

久保はどんだけやるのか気になったけど、このレベルなら十分やれる。

天純よりCKは可能性感じたけど、やっぱりフィジカルと走らなさ、そしてJ1のクオリティでやれるかというと疑問。

当面はジョーカー的な使い方したほうがいいかな。

畠中はなんか点も取ったし、オーバーラップもしたりで慣れていけば問題なさそう。

けど、やっぱり3バックは今の選手の適正考えるとWB務まるのがいないので、4バックがいいなぁ。

週末は神戸なのでこの連戦初めてDAZNでの参戦。

勝たないもんかなぁ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

20180805川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_5

弱い。

意図的だったのかはわからないけど前半は守備的にいったが失点。

縦パス入るタイミングとかスタンドから見ているとすごいわかりやすいんだけどな。

ボール持たせすぎじゃないかというところで、やりたいようにやられて失点だもの。

後半やっと自分たちのスタイルを出し始めたかと思いきや、一瞬だけ。

フロンターレも省エネっぽいかんじだったから失点は重ねずいいようにボールを回されるだけ。

プレスに行って入るけど、フロンターレがうまいというのと守備の連動性がなさすぎる。

しびれを切らして喜田が食いついたところをいいように使われて失点。

それで失点してしまうのであると喜田を入れている意味がない。

本人はなんとかしないとという危機感があったんだろうけど、チームとしての危機感になっていない。

唯一の免罪符的なものだったが、連続得点も止まってしまった。

自分たちのスタイルをやりきるわけでもなし、プライド捨ててでも勝ちに行くでもなし。

球際で戦えていないのがこの連敗中目立つし、チームが崩壊しつつある気がする。

攻撃の連動性も下がるいっぽい。

そんな中、ドゥシャンがビルドのリズムまだまだ合わないのもつらいとこ。

せめて失点抑えているのならいいのだけど、全てにおいて負のスパイラル。

こんなんなら山田やっぱり見たいんだよなぁ、今日もちょっとの時間だけど今のサッカーに一番フィットしいるプレーできているし。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180801横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_2

もう今年リーグは落ちなければいい。

前節今シーズン最悪な試合だったなと思ったら、最悪な試合がまた続く。

三ツ沢でこの体たらくはいかん。

PKまでは崩しきれはしなかったけど、これ続けていけたらと思ったがPKでプランが崩れた。

蹴り直しだったり、前半ラストプレーだったりタイミングも悪く。

そして後半しょっぱなにCKで万事休す。

なんであんなかんたんにやられるかね。

そのあとの失点はもう気持ちが切れていたと思うのでどうでもよいか。

選手交代してもみんな気持ちが前掛りすぎて噛み合わない。

前半戦はこういうのはなかったんだけど。

2試合続けて大量失点はなによりメンタルがやばそう。

かといって引き持って守備するほうに舵を切るわけではないと思うので、本当に今シーズンは残留争いを覚悟しないとか。

やられる展開が同じなのを修正できていないのがまずい。

この2試合、ディエゴオリベイラ、パトリックこれだけ。

フィジカル系にキープされて、追い越した選手を捕まえ切れない。

次がフロンターレなので守備固めしてこない相手にどうなるか。

失点するなら喜田入れている意味がないので山田育てたほうがいいと思うんだけどなぁ。

中断前よくなってきたときに効いてたのは山田だったはず。

守備もそんなに悪くなく、戦える選手なので使って欲しい。

というかやっぱりパス回しは上手くなったが、戦う姿勢が今見えてないのが問題なのか。

ここ2試合走り負けてるし、そのへんも気がかり。

横浜F・マリノス vs 横浜FC @ニッパツ三ツ沢球技場

20180711横浜F・マリノス vs 横浜FC_8

すげー久しぶりかと思ったんだけど、案外一ヶ月ぶりのマリノス。

天皇杯から再開で相手は横浜FCということで、チケット発売日は自由席売り切れてたので焦って指定席。

これまた久しぶりにこちらから見たけど、自由席も結構空いているでやんの。

デゲネグが出て行ってしまったが、ウーゴはまだ残っている状態。

キャンプの成果がどんなもんなのかも楽しみにしていたが、相手はBチームなのでパス回せすぎるが点は取れない嫌な展開。

勝ち始める前の雰囲気に近かった。

バランスは悪くないが、インサイドハーフがもう一つ前に出切らない。

今日は喜田だったけど、山田のほうがやはり攻撃と右サイドのコンビネーション考えるといいかなと思った。

点取れないままついにウーゴ投入かというところで失点。

交代させるタイミング取れず、その流れからやられる。

どうもウーゴ投入時の失点の確率高い気がする。

今日はあんま点も取れる雰囲気自体もなかったし、天皇杯のジャイアントキリングがちらついたけどやはりウーゴ。

1点目とかセンタリングがウーゴの頭に届くまでの時間が楽しすぎた。

ワールドカップで日本盛り上がってたけど、やっぱりマリノスのゴールが最高。

後半終了間際のチャンスも決めきれず延長でPKでなんとか勝利。

天皇杯だから勝てばいいもんね。

全体的にコンディションがそんなよくなかったかなというのと、やっぱり山中はどうにかしたい。

走れなくなってからも渓太とポジション変わらずいたことで狙われまくってピンチ作りまくったし、やっぱり軽さが目立つ。

攻撃が山中以外できなかったので、外せなかったけど、右サイドが攻撃できるようになってきた今、下平もいるんだし一回外してもいいと思う。

次のワールドカップ目指すならこのままじゃダメだ。

横浜F・マリノス vs FC大阪 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180606横浜F・マリノス vs FC大阪_9

去年に引き続きFC大阪戦。

去年はそんな天皇杯で苦労した感覚なかったのと、あっさり点入ったので楽に見れるなと思ったら。

バブンスキーサイドバックと和田のアンカーというはちゃめちゃなメンバー構成というのもあり、あっさり逆転される。

失点に慣れ過ぎてる。

あっさり追いついたものの後半いきなりやられる。

そこから追いついたの後半30分くらいだから、久々に厳しい天皇杯の雰囲気を味わう。

和田は案外アンカーいけるんじゃないかという感じある。

守備が慣れてくれば、中町のような動きはできそう。

展開もあって交代してしまったのは残念。

バブンスキーのサイドバックは山田と同じようなことを狙ったんだけど、やはり守備がダメすぎる。

なんか一人少ないみたいな感じだったなぁ。

攻撃ではやっぱりバブンスキーいると一枚剥がせるし、展開力もあるので使いどころなんとか見つけたいところ。

そんな二人に隠れてだけど、山中が結構酷かった。

攻撃は文句ないんだけど、今シーズンは守備が軽いのが目立つ。

去年も同じようなとこはあったんだけど、狙われるようになったのかな。

代表目指すならそこ改善できないといけない。

なんだかんだで、仲川、天純まで入れた総力戦にしてしまったので、最後は力技で乗り切った感。

点は入る感覚はあるんだけど、失点このままでいいのか。

徐々に進歩してるから守備面もここから改善されてくるのかなぁ??

週末の試合が中断前ラスト。

なんとか勝ち続けたので、最後も気持ちよくいきたい。

セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス @埼玉スタジアム2002

20180101セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス_11

今シーズン終了。

悔しい。

今シーズン3タテくらっているセレッソ相手だけど、勝てるチャンスはあった。

コンディションが両チーム悪い中、あまり相手がプレスに来ず、なんとなしのロビングで裏が簡単に取れるなと思っていたら伊藤翔。

レイソル戦と同様、下平から伊藤翔。

今日もボール収まっていたんだよなぁ、シーズン終盤じゃなくこれを初めから見せて欲しい。

といっても、チャンスのときの視野の狭さはいかがなものか。

逆サイドフリーなのを見れないんだよなぁ。

トップ下の可能性を見出だし始めた中、これができないと結果これ以上にはならない。

一点取った後は例のごとく受け身になってしまう展開だったが、今日はやはりそこまで圧力がなく我慢強くビルドし、自分たちのペースに。

前半はきっちりリードで終了というところで、最後に山中が怪我。

レイソル戦から痛んでたといのもあって今日は全然目立たなかったし途中交代。

シーズン初めも怪我してたし、あんま頑丈なタイプじゃないのかな。

無事是名馬も一つの能力。才能あるんだからこの辺のケアもしっかりできるようになってかないと。

後半は相手がリスク上等で仕掛けて来たので仕留めるチャンスはあった。

ここで決めきれないのが今のチームの実力。

ここで先にウーゴ入れる見たいなバクチもそりゃできないしね。

失点シーンは一本目を打たれたのが全てではあるけど、クリアしきれなかったのは松原。

どうも失点に絡む。今日は最後の惜しいのモアあったり、デキ自体は悪くなかったんだけど、失点に絡むこと自体がマリノスでは許されない。

下平が新加入した頃に似ているけど、下平はそのシーズン内に変わったんだよね。

年が若いとはいえ、パンゾーを切ってまで取った選手なのでもっと自覚もってやってくれないと。

失点後ホームでの敗戦のごとくボコボコにされるのかと思ったけど、ウーゴも早めに投入して以前の轍を踏まない。

けど、ウーゴ万全ではなかったという通りキレがやっぱりなかった。

ここんとこ鋭くなっていたのがもっさり。

それでもチャンスすごい作ってんだよねぇ。

来シーズンは日本にも慣れて更なる結果を出して欲しいんだけど。

というわけで準優勝に終わりACLも出れず。

出たかったけど、出たらでたで今の力だとボロボロになってリーグもひどい結果になりそうな感じだったかな。

監督替わるタイミングでAClってもなかなかよね。

と少しでもポジティブに考えてみる。

シーズン初めの不安すぎる状況の中、ここまで夢見されせてくれたのは想像以上。

なんだかんだ今日の試合のボンバー、中町という両ベテランのすごさたるやいなや。

最後の失点は今シーズンそのパターンなかった気がするんだけど、それ以上にシーズン通じてこの新規のDFラインでよくやった飯倉と経験ある選手もやはり大事だ。

雰囲気はよくなったけど、まだ結果を出し切るチーム力という意味ではちょっと緩かった。

これを来シーズンにつなげていかないと今日の負けが何にも意味がない。

ボンバーがラストと言ってるシーズン、結果が欲しい。