V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス @トランスコスモススタジアム長崎

20181110V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス_5

一点が遠い試合だった。

PK決まらず、崩しても決まらずだけど、偶発的にボール当たって入るなんてね。

これで残留もほぼほぼ決まったか。

来シーズンに向けてあとはどう上積みしていくか。

渓太が戻って左サイドがスムーズになったし、今日は真ん中から崩そうという姿勢も見られた。

右がちょっと一発頼みすぎなので、大津には守備のスイッチ役としては申し分ないんだけどだど、攻撃でも前に入っていくプレーが欲しいな。

扇原もシーズン終盤にかけてボールの持ち方がまた悪くなってきているので、まずはミスをなくしてしっかりプレーするところから。

山中は代表効果か攻撃はキレキレだったけどやはり簡単なミスが多い。

簡単にやれるだろうと思ってやっているんだと思うけど、スタンドから見ているとそういうシーンじゃないだろうというふうに見えるのが多かった。

攻撃が特徴だけどやっぱり今の守備だと代表で継続的にやっていくことはまだまだだと思うので、代表行ってそのへんの意識が変わるといいが。

攻撃サッカーで結局こういう1-0のひやひやする試合やっているのではまだまだ。

やっぱり選手層がもうちょい厚くならないといけないか。

湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス @埼玉スタジアム2002

20181027湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス_2

今年2回目の準優勝。

前半よくない入りのパターンというのが出ていた。

アントラーズ戦後半、ガンバ戦後半と同様にGKからのビルドアップがつぶされる。

それに加えて、DFから扇原へのラインも消される。

こうなるとビルドができない。

仲川以外で突破できる雰囲気がなく、特に久しぶりの先発のユンも全く機能せず左サイドが完全に消えていた。

後半は湘南のプレスも落ちたので左サイドも復活したけれど、ちょっといつもと違う。

ここのところできていた連動して中に入ってくる動きができず、中でマークがずれなかった。

圧倒したけれど点は取れず。

交代で試合を締めることはできるけど、ビハインド時にどうにかできる交代ができなくなっている。

よくなっては停滞しを繰り返しの今シーズン、また停滞のターンか。

流れよくないのでとにかく残留を早く決めたい。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @ニッパツ三ツ沢球技場

20181014横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_5

ついに決勝。

17年ぶりだっていうもんね。

2013、2016年と準決勝で敗退するのを見てきた。

今年の準決勝の相手がアントラーズだったので、また無理かなと思っていたけども。

アウェイで劇的に勝ちきり、今日も前半は完璧だった。

渓太もドリブルで個人で行くとこ以外は、左サイドで天純、山中と絡んで崩せるようになってきている。

2点目は完全にチームの形を引き出していたし。

後半、大津が下がったことで、中盤の締まりが悪くなり、飯倉のクソミスから一気にアントラーズペース。

メンバー落としてきているし、2点先制されているのにチームとして落ちていないのはすごかった。

ミスを引きずってGKからのつなぎにビビりはじめ、ポゼッションができなくなればそりゃ押し込まれる。

カップ戦だったし、前線4枚で前からコース制限されること自体があまりないけど、これも突破するパス回しできないとなぁ。

まだ、かたちありきの回し方なのか。

今日しっかり勝てれば一皮むけた感じがあるかと思ったけど、引き分けという結果になってしまったのが次のリーグ戦あたりで影響出そうな気がするがどうなのか。

まだ残留が決まったわけではないし、最近負けがないけど崩れるとだだっといってしまうと思うので気になるところ。

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180929横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台_3

苦手ホーム仙台戦で5発。2失点はするけどね(笑)

いい感じで試合に入っていたし、天純の主体性が目立った。

これまでであればパス出すところを自分でやり切るシーンが増えた。

今日はミドル打ったり、自分でドリブルでエリア内侵入して行ったり。

やっぱり代表入ってから意識変わったんだろう。

代表なんか興味なくなっているけど、やはりマリノスの選手が絡むと自然と代表も意識したくなる。

そんな中、山中の2試合連続ゴール。

初めはサイドネットだと思ったんだけど入っていた、周りもそんなリアクション(笑)

目の前に選手集まってきてテンション上がった。

このまま続けていこうと思ったら、あっさりとオウンゴールで失点。

今シーズン得点してもすぐ返されるシーンも目立つよな。

もうちょっと試合コントロール術も身につけていかないと。

前半のうちに勝ち越せてたのは大きかった。

ルヴァンのプレーオフを思い起こさせる仲川のドリブル突破。

1点差じゃまだまだ不安だなと誰もが思っていた中、後半3点目もとったのもそうだけど、ここまでの選手だったか。

これまでの3年間、速いのとそれなりにうまい選手だというのはわかっていたけど、どうも結果が出てこなかったけど

監督が変わって使い方変わるだけでこんなにもなるのか。

大学ナンバーワンFWだったときもこういうプレイヤーだったのかな。

モンバエルツ時代はウイングだったけど、今はもうちょいうちに絞っているのが違うのかなぁ。

小さいんだけど、それすら武器みたいなことあるし、これ続けられると代表も見えてくる選手な気もする。

これが世界で通用するのかを見てみたい。

やっぱりこれまた天純が代表入ったことで、同じく大卒でなかなか目が出なかったとこから出てきた選手にも夢を見れるな。

そしてウーゴがちゃんと点取ってくれて一応かたちになった。

最後のPKは帳尻合わせ的なやつで余計だったけど。

好調だった伊藤翔がいなくなってどうなるかというところで連勝できてよかった。

前回の仙台戦後から一気に流れ悪くなったので同じ轍を踏まないようにしないと。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

2018090横浜F・マリノス vs ガンバ大阪_8

しっかり準決勝進出。

1戦目でほぼ決まっていた中、変にダラけないかが心配だった。

1点目が1戦目と同じように右からニアに入って来た伊藤というかたちでしっかり決めれた。

あの時間帯仲川と遠藤のポジション替わっていたのも結果よかった。

伊藤がニアに入って来る動きがこの3戦決まっている。

ウーゴみたいな感じ。

かたやウーゴはスランプか。

今日は自分でつっかけないでパス出すシーンも見られてこれで結果出ると、突っかけるのも相手引っかかって来るはずなんだけどな。

今日の選抜組がしばらくはスタメンか。

きっちり攻守の切り替えできるのが、交代選手と比べての違い。

交代の中でやれていたのは中町だけ。

これがチーム全体でやれないと今のサッカーはやっていけない。

攻撃サッカーというか攻守で主体性を持つのが目指しているサッカーのはず。

そんな中、大津がかなり効いてきている。

本人コメントしている通り、守備から入っているということで、攻撃時もふらふ空いているところに入ってスペースが窮屈になることがなくなった。

身体が強いタイプだし、ドリブルもパスもできるのでついに覚醒!?と言っていいのか。

正直レイソル、ガンバは弱すぎて参考にならないので、これからのリーグ戦でどこまでやれるかかな。

これで連戦がやっと終わり。

きっちり修正する時間も持ちながら試合できることでどうなっていくか。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

201819鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_1

ボンバーがいない。

ついに外した。時代の変わり目。

こんなときこそ勝ちたい。

が、前節同様3バックがまだ手探り。

ましてや中盤の並びもよくわからない感じになっていて、前節は名古屋相手だったからボール持てていたけど

アントラーズましてやレオシルバには通用しないで潰されまくり。

失点はしない雰囲気になってきてはいるけど、重心が低いので攻撃まで行けず。

そして結局失点しているので、これだとなんのための3バックなのかわからない。

山中、松原はWBタイプではないので、数が多くいる中盤と連動して崩して行かないといけないのだけど、中盤はバックパスしてばかり。

相変わらずバイタル中央を避けてボール回しているだけなので怖さがない。

チアゴは途中交代してしまったが、スピードは随所に見られたので、チアゴとドゥシャン真ん中でまた4バックにしたほうがいいと思われる。

ぶっつけ本番でいろいろなこと試しすぎて、ここまで積み上げてきたものがなくなってしまっている。

選手も危機感あるコメントがようやく出てきたので、一致団結しないと本当に降格してしまう。

これまでのマリノスから大きく方向転換することをみんな受け入れてチャレンジしているので、そこがぶれないで残留してくれれば今シーズンはもうそれでよい。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20180815横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_1

不甲斐ない。

なんでか3バックになって、なんとなく悪くない立ち上がりかと思いつつやられる。

チャンスかと思いきやパスミスからカウンターで沈む。

カウンターも止めたかと思ったんだけど、しっかり止めきれない。

今日は割と前から行けてたし、なによりドゥシャンの潰しに行くよさが目立つ。

それとともにボンバーが限界なのかもしれないと思った。

中断前までは、そんなこと思わなかったけど潰しにいけないのが際立っているし、フィジカルで負けるシーンが目につく。

チーム全体としても中断前できつつあったバランスが完全に崩れているし、メンバー替わったり、3バックにしたりでチームの作り直しみたいになっている。

そしてなにより今シーズンはふわっとした雰囲気になる試合が多い。

神戸、ベルマーレ、ジュビロ、ガンバ、そして今日。

もっとあるような気もするけど、雰囲気がすごいふわっとしている。

今日は久しぶりに前から行くようになっていたけど、どこか軽い。

名古屋の守備はゆるゆるなのでボール簡単に持てるんだけど、回しているだけで終わり。

最後の失点シーンもボール持ちまくりだけど、ペナの周りから中に入ってこれないのを繰り返した結果の逆襲から。

相手からすれば楽なんだろうな。

ボール回せるけど、パターンで回しているだけだから、エリアの中をしっかりし閉めていれば前がかりのところをカウンターで狙える。

そして中断明けやれているのはフィジカルあるFW相手。

ここもボンバーがやられているといってもいいのかもしれない。

DFを立て続けにとったのでさすがに使ってくると思う。

連続試合はあるけど、この夏の連戦で使い続けるのは降格覚悟しないといけない状況なのは事実か。

出れなくなるのしょうがないけど、若いやつがちゃんとポジション奪って行ってほしい。

そういった意味で、康太は今日のデキを見ても使い続けたいなぁ。

前半ボール全然入ってこなかったけど、今のサッカーへの適正と気持ちが今一番伝わってくる選手な気がする。

湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス @Shonan BMWスタジアム平塚

20180811湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス_3

なんとか勝った。

下位チームが元マリノスの選手が大活躍の中、ここで負けると危なかった。

というか下位が勝ち始めたので、まだまだうかうかできないのは変わらずなのだが、勝ちという結果が出たのがなにより。

というか自分たちのスタイル全然出せなかったり、完全に自信失ってる感あった中、結果だけついてきたのは御の字。

しかももうないのかもと思っていた無失点。

湘南はすごいな、あんだけ走れるんだもの。

マリノスはラインが下がったままなので、全体が間延び。

山中が真ん中はいるようになったけど、真ん中入りすぎて逆にサイドにいったときに数的不利だったり、中央が混雑していたり。

軽いプレーも目立つし今の状態で海外行くべきなのかは謎。

湘南のプレスが厳しいのもあって、パスがつなげずロングボールで裏狙い。

結果、得点シーンはFWでなくもう一つ後ろから出てきた天純からのクロスで、ああいう飛び出しはありだと思うんだけど、

FWの裏狙いは運頼み的な要素が強すぎてなんとも。

ショートパスで回すのと裏狙うのがバランスよくできればいいんだけど、どうもどっちか一辺倒。

中断前はバランス取れてたんだけど。

なんかまた一からチーム作りなのかな。

ミロシュ抜けてドゥシャンになったのも大きい気がする。

DF面で厳しくいける部分が見えてきて徐々にフィットはしていると思うけど、ビルドアップがどうしてもワンテンポ合わないし。

ブマルが攻撃面ではあって来てるの見ると、それなりに新しい選手は時間かかるというのを第一に思っておかないと。

まだまだ安心はできない中、好調の名古屋と当たるのがどうなるのか。

日産スタジアムは久しぶりだ。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

20180722FC東京 vs 横浜F・マリノス_6

前節快勝したと思ったら、今日はボッコボコにされる。

マリノス自体はそこまで悪くはなかったけど、ブロック作ってカウンターというスタイルに見事にやられた。

これマリノス対策のいいお手本になってしまったと思われる。

ブロック作られる中でもパスは回せていたし、ハーフスペースにはいってクロス上げるかたちも作れていた。

左サイドは天純だけでなく、渓太も入り込めるようになっていてそこは今後も期待できそうだけど、

今日みたいにブロック作られるとその後がペナルティエリア内に人がいすぎて出しどころがなくなってしまう。

片側に寄せて、逆サイドのようなこともできているのでそこまで食い込めているので、あとは中をもう少しあけることができるようになれば。

ミドル打たないといけないと思うんだけどなぁ、天純はいいのあるんだし、あとは大津にも期待したい。

カウンター対策もどうしたものか、サイドバックが中に入ってくる仕組みのせいで、一気にカウンター時に2バックになってしまっている。

この手のスタイルに弱かったのは今シーズンに始まったことではないけれど、攻撃に手数かけている分、穴がでかくなっている。

中断前だめだったときの中盤のパスミスから自滅というかたちは、ボール回しがうまくなったのと、左右のバランスが取れてきたのでなくなってきたけど、カウンターはこれからどうにかしないといけない一番のポイントになってきそう。

リスクヘッジの仕方をもうちょい工夫することができるのかどうか。

今日点とったのもあるし、喜田より山田使っていくべきかなぁ、今手詰まりになるのが喜田のとこになってしまっているので。

攻撃面のセンスは山田はこのサッカーにあるのを持っている、縦パスビビらず入れれるし。

走り勝てなかったのも珍しく、これが週2日のときのデフォルトでなければいいけど。

事故的にではあるけど、扇原CBが見れたというのと、ウーゴが久しぶりにリーグで得点、山田が初ゴールというのが無理やりポジティブになれる唯一のところか。

ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス @ノエビアスタジアム神戸

20180609ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス_8

ワールドカップの中断期間長すぎるので、ぎりぎりまでマリノスが見たかったので、初の神戸遠征。

2点のアドバンテージがありつつですが、2失点は今のチームは日常的にあり得るので安心はできてはいなかった。

しかし、試合の入りはよく完全にゲームを支配。

本当にバランスがよくなった。左に偏らなくなったのが一番かな。

ただ、そんな雰囲気を消し去る扇原のミス。。

左に偏るのも3人で崩しているところに扇原まで行くことで、真ん中から右がすっかすかになっていたり。

どうしてもアンカーとして物足りなさが拭えない。

展開力とかあるんだからそこきちんと見つめて克服しないと。

失点からはビビりだしたのか押される展開。

後半怪我したユンに替わってウーゴが入って盛り返す。

大津も好調をキープしてアシスト。

ポジショニングは自由きままにふらふらしてるけど、フィジカルあって無理が効くので前線で使うのが今のチームとしてはよさそう。

試合で続けることでコンディション上がっているのもあるか。

同点に追いついた後も今日もまたハットできるくらいのチャンスはあったウーゴ。

山田にもラストパス出したり、周りを使うようにもなってきた。

3試合連続ゴールで一時期の不調から脱したかな。ここで中断になるのが残念なくらい。

交代選手が全部怪我っぽい感じで交代だったけど、中断期間入るところでよかった。

一旦オフになるのでキャンプで今できていないところをきちんと克服してレベルアップしたいところ。

開幕おっかなびっくりボール回ししていたところから、ボール回しに慣れてボール回しが目的になり支配はするが点は取れない時期を抜け。

複数得点取れるが失点は減らないというじょじょにチームが進化して行っている中で中断で時間とって戦術高める時間ができたのをポジティブに捉えたい。

にしても一ヶ月の中断は長いなぁ。