横浜F・マリノス vs 柏レイソル @等々力陸上競技場

20171223横浜F・マリノス vs 柏レイソル_8

ホーム側からの等々力の景色は不思議な感じ。

この時期の恒例の西日が出ている間は少し暑さも感じるんだけど、試合始まるとすぐに寒さに凍える展開。

ただ、シーズンがまだ終わっていない幸せをかみしめつつ。

先制されて5年前を思い出した。

このままあっさり負けてしまうんではないかって。

展開としても序盤はよかったんだけど、点取られるくらいからプレスかけれてあたふたし始めていた。

ただ、点入ったからかレイソルがそこでちょっと来なくなった。

そこがよかったね、がんばってビルドも続けて。

前半は左に偏っていたけど、後半は右にもボール出せるようになっていけいけ。

そんなところで、伊藤が受けて叩いて自分で飛び込み同点。

クロスあげたの山中だとばかり思ってたけど、下平。

シーズン最後のほうで出番が来るようになったけどこういう仕事までするとは。

学が戻らない限りは下平、山中のセットはありかな。

けど、今日は古巣相手だからか若干山中は空回り気味ではあった。

ここんところちょくちょく機会がある伊藤のトップ下は、ワントップで使うようりあり。

ウーゴがワンツーとかするようになるんだよね、このコンビだと。

扇原の怪我の具合によっては、決勝はこの組み合わせでいいかも。

その決勝に導くゴールはやはりウーゴ。

明らかに最近体がきれていてボールに絡むシーンが多い。

ドリブルは正直通用しないというのをもっと考えて欲しいんだけど、そんなことより点取るかどうか。

渓太と松原のシンプルなワンツーからの流れてもよかった。

こういうプレーをもっとさせたかったんだろうな、モンバエルツは。

飯倉も神がかっていたし、まだシーズンが終わらないのが嬉しい。

正直セレッソ今シーズンの対戦からも勝てる気はしないんだけど、今日みたいな試合を経験したことでチームは必ず成長しているはず。

優勝してACL挑戦したい。

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 @日産スタジアム

20171118横浜F・マリノス vs セレッソ大阪_2

なんて日だ。

ホーム最終戦で4失点とは。

覇気がなかった。

前半はそうでもなく、バブンスキーのとりあえず打っとくか的な雰囲気のシュートが見事に決まって先制。

バブンスキーは使われなくなってからよくここまで戻ってきたもんだ。

天皇杯広島戦でボランチでボコボコで、選手交代準備までされてたところでなんとか踏ん張ったからここまできてると思う。

あれで交代されていたら終わった選手になっていたんじゃなかろうか。

伊藤翔に割とポストが入っていたりもして、こんなことになるとは思っていなかったんだけど。

急激に後半戦う姿勢がなくなってしまったのよね。

危ないの防いでマルちゃん出してこれは勝ちパターンかなとも思っていたんだけど。

もうちょいバブンスキー引っ張ってもよかった気がする。

あんな短時間にポコポコ決められてはどうしようもない。

今シーズンセットプレー弱いよなぁ。何点決められてるんだろう。

バブンスキーの点とウーゴが戻って来たくらいかなポジティブな要素は。

怪我人続出の中なんとか戦っていたけどリーグはACLも完全終戦してしまったので天皇杯にかけるしかない

横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 @ニッパツ三ツ沢球技場

20171025横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田_2

ベスト4、なにより12月までマリノスが見れる!

雨で傘さしながら見たのはスクランブルアタックしてた2007年以来な気がする。

考えて見るとそのときの相手もジュビロだ。

俊輔相手には負けられない。

ただ、ジュビロの俊輔コール聞くと切なくもなる、マリノスの俊輔だったのにって。

やっぱり驚異的だった、FK、CKが怖すぎる。

ボールの軌道がゴールを想像させるんだよね。

セットプレー以外のループも危なかった。

早めに替えてくれてだいぶ助かった。

逆に集中きれないかなとも思ったけれど、久しぶりの完封勝利。

勇藏久しぶりの試合だったけれど、安定してたな。

ジョンスもぴりっとしていて安定。

なにより、DFラインでだいぶビルドできるようになった。

アントラーズ戦もそうだったけど、なにがあったんだろう、これまでの成果がやっとでてきたのか。

バブンスキーもちょっとフィットしかけてきた。

守備も最低限こなすし、やはり攻撃に期待がもてる。

学やマルちゃんとはちょっと違う相手のはがしかたができるし、縦パス出せるのがやはり魅力。

ロスタイム入ってからのシュートと最後のボールキープ見るとやはり期待してしまう。

フィジカルがもっと底上げできれば使える兆しが見えてきた。

渓太も連続で点に絡んで結果が出てきている。

主力のケガが相次いでるけど、意外と戦力が落ちないね。

どん底を見た9月からだいぶ復調してきた。

10月ラストのジュビロもしっかり叩きたいなぁ。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

20171021浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_8

このメンバーで勝つとは思ってませんでした、すみません!

いきなり久しぶりの伊藤翔、しかもCKから。

ウーゴのパフォーマンスしてたね、こういう雰囲気はこれまでなかった。

伊藤翔と下平がいたのでターゲットが増えたのが大きのかな、他にもここんところなかったセットプレーでボール触ること自体が多かった。

あっという間の先制点に慣れないもんでいたところ追加点で天純。

ミスをついてしっかり決めた。

CKのアシストもだけど、前節シュート打たずパスを選択して叩かれてたのを結果で返した。

ダブルピースはパフォーマンスとしてどうなのかとは思うけど(笑)

2点とったけどアントーラズ相手なので勝てる気はまだまだしてなかった。

前半このままいければいいなと思っていたら終了間際にやられる。

天純倒れてたけどボール切らないで続けられて、ちょっと集中欠いたところでセットプレーから。

このへんの詰めの甘さはまだまだ。

後半は受身に回ってしまった。

守れなくはないかなという雰囲気はあったけど、またしてもCKから。

選手交代のタイミングでもあったんだよね。

こういう集中かきやすいところであっさり失点するのは若さゆえか。

マルちゃんも替わっていたし、守りを固め始める交代だったのでこのまま引き分ければいいほうくらいな感じだった。

攻撃できるきざしはないかなと思ったけどまさかの勝ち越し。

渓太がやってくれた。

スルーパスをダイレクトであの体勢から左足一発で切り返しができるとは思わなかった。

オウンゴールではないよね(笑)

今シーズンは出番少なくなったけど、点取り初めて一皮むけたか。

長いドリブルがアントラーズ相手でもできていたし、ワントップも案外つとまっていた。

まだ勝負どころの判断に悩むのが見て取れるけど、学いなくなって自分がやんなきゃという自覚出てきたのかな。

勇蔵入れて守り切れたのも大きい。

正直、途中出場してクローザーするタイプではないかなと思うんだけど、勇藏入ることでボンバーが前からいけるようになるのが大きい。

今シーズン勇藏入ってから失点してないのね、クローザーとして出すのはありなのか。

他には中町かな。

前節もそうだけど、こんな選手だったけと思わせるくらいのプレー。

つぶさないといけないところは相変わらずきちんといるし、なにより中距離のパスが増えた。

これいつからできるようになったんだ。

喜田もだいぶ前に出るようになったし、シーズン初めを考えるとこんだけできるようになるとは。

前半は特にアントラーズ相手にビルドできてたし。

急増に下平もよくやりきった。

やっぱり右サイドだけど、左足で持つんでリスクはあるんだけど、パス回しの落ち着きはさすが。

右サイドもやるようになってくれるとかなり戦力あがるんだけどなと思うのは調子よすぎか。

これでACL圏内。

ここからジュビロ2連戦。

熱い試合が続くのがたまらないな。

横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ @日産スタジアム

20171014横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ_2

アウェイと中断期間があったので3週間ぶり。

ホームも残り3試合となってしまった。

ウーゴが調子よさげだったのに怪我で早々に交代。。

怪我する前のシュートシーンもう一歩早く打てていればなぁ。

そんな交代のタイミングで集中を欠いてあっさり失点。

クロスの前にキーパーからのキックで右サイドでイッペイと渓太が被ったのがいただけなかった。

なかなか失点が止まらないな。

ただ、攻撃がそれでもできていたので大宮相手だけど、例のごとく塩試合で得点できずという雰囲気ではなかった。

イッペイは戦力として考えてよさそう。

ドリブルの仕方が硬く見えるんだけど、それでもフィジカルで負けないし、プレーもシンプルで他のドリブラーとはまたタイプが違っておもしろい。

マルちゃんと交代してしまったけれど、今日のデキだと前田が交代でよかった気がする。

追いついてからのオープンな展開で押せ押せだったけれどどうにも決定率が。。

サイド簡単にえぐれている状態だったので、ウーゴいれば2点は決めてくれたんじゃなかろうか。

ケイマンは守備はウーゴよりやはりいいんだけれど、いろいろ動きすぎて肝心なところで中央にいない。

去年までのなんでか点を取る決定率が今年はなくなってしまったか。

マルちゃんもサイド余裕で制圧できてはいたけど、プレーの判断がちょっと遅くピリッとせず。

このくらいの相手、状況だとバブンスキーは十分に攻撃のカードとして機能する。

が、最後まで得点は奪えず。

3位に上がれるチャンスだったんだけどなぁ。

ウーゴも離脱となると2点とるのはほぼ不可能。

やっぱり守備からかな。

ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜F・マリノス @山梨中銀スタジアム

20170923ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜F・マリノス_5

なんて日だ。

甲府駅に着いたはいいが、シャトルバスが終わっていた。

普通のバスが来るのは1時間後、タクシー代を出すのは癪に触る。

ので歩く。1時間ほど。試合開始には間に合わなかった。

歩いている途中に先制されているというのも見てしまったしなんともはや。

前半30分くらいに到着して、落ち着いて試合見た感じになったのは後半から。

ミロシュなんだそりゃ。

どんどん悪くなっている、雑になっている。

扇原の受け方もちょっと狙われてるとこあるけど。

珍しく懲罰交代もしたけれど、今の状態でジョンスがサブというのは納得いかないししょうがないだろう。

そのあとすぐウーゴが点取ったというのも後悔を強くする。

ウーゴは横からのボールの嗅覚半端ないな。

マルキにもこういうところなかったし、マリノスではこれまでにいないんじゃないだろうかこういうタイプ。

マルちゃんのクロスも絶品。

なんかJリーグでなくヨーロッパっぽいんだよね。

ウーゴは来年が楽しみな感じだなぁ。

ピンポイントで点取るところ以外はなんもないんだけど、コンディションがまだまだフィットしてない雰囲気の中、なんだかんだ点取っているの見ると、本格的になるのは来シーズンな気がする。

マルちゃんが一年目を経て今チームの中心になっているのを見るとそういう期待をしてしまう。

天純のFKも枠に嫌われるなんてFKで珍しく可能性感じさせるくらい押せ押せのの中でPK献上。

PK誘っていたし、ボンバーもかわされつつ食らいついていた中で、飯倉あそこまでがっつく必要なかった。

終戦の中、イッペイが初出場で初ゴール。

間合いが独特。といってもシンプルにゴール目指している感じなだけではあるけど、逆に新鮮というか。

Jリーグに慣れてくると可能性ありそうな雰囲気。

学が怪我本当にしてるのかわからないけど、イッペイもそうだし、前田、渓太ももっと使って欲しいよなぁ。

結果論だけど、学はスタメンでなくてよかった。

キャプテンだけど、今の学はアンタッチャブルな存在ではない。

甲府相手に3失点。5試合クリーンシートの後で、3試合で7失点なんて。そんなん勝てないよな。

ACLももうないな。せっかくフロンターレとセレッソがこけた中勝てないので。

5位以内に入ってくれれば上出来。

天皇杯の優勝目指す方が現実的。

今シーズンはこんだけ選手変わった中でこんだけ夢みれたことを幸せに思おう。

今日もやけ酒だ。せっかく祝杯用に甲府ワイン買ったんだけどなぁ。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20170920横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_9

ウーゴ様様。

久しぶりの2点差からの逆転。

去年の神戸線以来かな。

出だし攻撃はそんなに悪くなかったけれど、守備ががたがた。

バブンスキーボランチ起用はないというのがわかった試合。

喜田死ぬんじゃないかというくらい走り回ってた。

前節守りきれなかった結果からよくこのデキまで持ってきた。

2失点ともミロシュの落下地点予測の弱さから。

これどうしたもんかなぁ。

勇蔵がケガがちだから使わないという選択肢もないし、外国人枠使っているのがもったいないという感じになってきてしまっている。

そんなあっさりした2点取られたけれど、三ツ沢だからかそこまで悲観的な雰囲気にはならず一点取れば感じはあった。

その一点が後半まあまあ早い時間に入って押せ押せ。

渓太と前田が右サイドを制圧。

いけいけなのでカウンターでやられそうなシーンもあったけど、飯倉のセーブと相手のミスでなんとか3点目は取られない。

後半早々、扇原準備してたけどチャンス続いたこともあり残したバブンスキーが相変わらず弱点だったけど、そこもなんとかしのぐ。

ケイマンいれてからの2トップ。学が右へ移っての布陣やっつけな割には結構よかったんじゃないか。

やはり前線に二人いると厚みが出る。マルちゃんだと合わなそうだけど、リーグでも試してほしい。

そんなこんなで試合間際に学の仕掛けからウーゴ!

ああいうの決める位置にはこれまでも結構いるんだよな、ウーゴは。

学がシンプルにパス出さないからシュートにすら行かないけれど、このシーンをもっと作れるはず。

延長入ってからは両チームともぼろぼろでどっちにこぼれてもおかしくなかった。

最後飯倉のパントからあの時間帯でちょっと追いつくことすらないかと思ったウーゴはよく走った。

それだけでなく、あそこから打つとは。

まぐれかと思ったけど、リプレイ見るとアウトにかけてるし。

なんだかんだでシーズン15点取ってしまっているのもストライカーらしい。

リーグの強い相手にももっと点とるとこ見せてほしい。

フロンターレの大敗、レイソルに勝ち切れずと悪い流れの中、この大逆転劇がどういう結果になってくるのか。

土曜の甲府はそれを試すのにうってつけな相手なはず。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20170916横浜F・マリノス vs 柏レイソル_2

前節のショッキングな配線を引きずらなかった。

が、試合展開的には負けに等しい敗戦。

流れを断ち切るところまでいけなかった。

学がやっとゴール。

これまでのチャンス決めないであのコントロールショット決めるかというファインゴール。

入るときはこんなもん。

そのあとの立て続けにあったチャンスを決めてくれないと。

1点くらいじゃまだまだ納得はできない。

レイソルは前からプレスかけて来たけど、ジョンスが入っていたこともあり前回対戦のようなどうしようもない状況にはならなかった。

というか前半は組み立てからのチャンスも作れていた。

山中は古巣対戦ともあって気合が入っていたし、やっぱりクオリティ高い。

あんだけスプリントできるのはすごいし、1試合に一回くらいは決定的なクロスあげれるのもよい。

もう一回り質が上がってくれると代表入れるんじゃなかろうか。

代表入りの噂のある扇原も戦える選手になったなぁ。

軽率なパスはあったけど、守備の意識がホント高くなった。

ハリルの好みとは思えないんだけど、是非呼んで欲しいな。

後半はチャンスはなんとなく作れど、時間が経過するにつれて逃げ切ろうオーラがどんどん出てくる。

交代は采配ミスだろう。

ゼロトップで喜田入れるとは。

天純をトップにするくらいなら、まずはケイマンを前田にしてから中盤の誰かに替えて喜田でよかったと思う。

天純正直最近はデキが悪い。今はポジション聖域であげたい状態ではない。

マルちゃんと学も替えてもいいよな。

そこまでアンタッチャブルな選手にはなりきれていない。

一発で展開変えれるプレーをできる選手だけど、今のデキだと終盤にフレッシュな選手入れてもいいと思う。

追いつかれてから攻撃の選手入れないのもよくわからん。

ウーゴはコンディションだめだったのか。

であったとしても、前田とイッペイ入れてもよかっただろう。

前田はちょっとかわいそうだな、点取ってるだけに。

まだACLは狙えなくはない位置だけど、前節からも含め冷静に今の現状がわかった気がする。

まだ上位陣になんとか食らいついていく立場。

2012年みたいな感じかな、やっとチームのかたちが見えてきたところだが、勝ちきれるところまでは行ききれない。

個人的にはリーグは5位以内になんとか入ってくれて、天皇杯で優勝に絡んでくれればよい。

今日もやけ酒だ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

夢から醒めた。そんな試合。

すごいやられた感じはしなかった。

ボールは支配されるだろうとは想像できたし、ぎりぎりでそれを耐えるという展開だった。

失点は基本的にはミス絡み。

負けてない間もこういうシーンはいっぱいあったし、その期間はそれがぎりぎりで防げていたかどうかの違いだった。

代表帰りのミロシュを使う必要があったかなぁ。

フロンターレという相手考えても足元あるジョンスでよかったんじゃないか。

1点目はまだ許せなくもないミスだけど3点目の安易なパスとそのあと飛び込んでしまったのはいただけない。

他にもヘディングすべきとこを見誤って、マイボールにできたであろうところをかっさらわれるシーンもあり。

正直、ジョンスいる中でこのデキだと厳しい。

そして松原。守備向上してきたといえ、1、2失点目のきっかけになっているプレーはマリノスのDFではありえない。

1失点目の直前、少なくとも大きく蹴り出せばいいところを中途半端なプレーしてスローインに。その流れで失点。

2失点目もなんなんだそのスライディングは。。。

今期の失点にどんだけ絡んでいることか。

攻撃のほうで盛り返してくれているならまだしも、パンゾー放出してまで取った意味が。。

喜田のスタメンもどうだかなぁ。

前回のフロンターレ戦で復帰した中町入ってから今のスタイルが確立できていた気がするんだけど、なんだかんだで喜田が使われるようになっていた。

喜田の刈り取る力は中町より高いけど、それ以外でなにかあるかというと。

最後は天純。

点取り初めて一皮むけたかといったところここのところのプレーは見るに耐えなくなっている。

おしいシュート放ってはいたけど、それ以外で怖さがない。

前で起点になれないのと、ビルドできないのもあって下がってきているけど、下がってそこまで効果があるかというと。

そしてセットプレー。ここんところ蹴る機会はすごくあるけれど、チャンスにすらならに。。

俊輔と比べるのはそりゃかわいそうだけど、今のデキでポジションが担保されている感じになっているのはダメだと思う。

一気に5位に戻ってしまった。

日程的に下位ばかりとあったっていた恩恵がこれからは期待できない中、今日負けたことで優勝はもう諦める。

まだアントラーズ以下が団子な状態なのでACL争いに切り替えよう。

ただ来週のレイソルで負けたら今年も中位かなぁ。

負けるのはまだしも3失点は堪えるんよ。。やけ酒だぁ〜。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20170826横浜F・マリノス vs FC東京_5

勝った〜!!

先週の神戸はさすがに行かなかったのでマリノスに飢えていた。

日産スタジアムは一ヶ月ぶり。芝の状態がよくない。

試合はこれぞ塩試合という展開。

これといった見せ場もないが、攻撃が悪いわけではない前半。

守備が堅すぎる。ボンバーのキレが全盛期とは違うんだけど、こんなに安定感あるのはいつ以来か。

ミロシュも危なげなくなったし、松原の守備も向上している。

高萩に作られたシーンは山中がライン揃えられなかったけれど、ああいう入れ替わられるような場面は久しく見たことなかった気がする。

ほんとそんくらい守備が安定。前半無失点という合言葉通り。

後半は少しオープンな展開になり、前半目立たなかった学がボールを持ち始める。

今日はずっと左にいたけど、珍しく突っかけるシーンが少なくパサーに。

マルちゃんあれは決めて欲しかったけど。

左は山中のオーバーラップをちゃんと使うし、天純も左に流れることが多いので、流動的に崩せている。

得点シーンも左サイドの絡みからだったし。

逆に右サイドはマルちゃんが松原ちゃんと使わないのがなぁ。

そこができるとよりマルちゃん自身のしかけもいきるはずなんだけど。

ちょっとマルちゃん自体代表行く前のフィジカルからキレがなくなってきてるのが気になる。

最後はウーゴ。

ケイマンに行けるところまで行かせて途中交代でウーゴのほうがいいんじゃないかな。

最近はパス受けれるようになってきたけど、神戸戦のようなゴール前でこねて取られるシーンが目立つので、ゴール前はワンタッチで合わせる役割に徹した方が点取れると思う。

得点シーンの動きはさすが。例のごとくニア入って行くと見せてファーに流れて、冷静にキーパーの位置見てゴールへ流し込む。

ストライカーだよな、点とったあとゴール裏来てくれるのが嬉しい。

というか、この前の鳥栖戦以外ホーム側でしか点とってないよね(笑)

次はフロンターレ、なんとか負けないでここまで来た、ここでダービーに勝てるようだとちょっと期待し始めていいかもしれない。