横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

2018090横浜F・マリノス vs ガンバ大阪_8

しっかり準決勝進出。

1戦目でほぼ決まっていた中、変にダラけないかが心配だった。

1点目が1戦目と同じように右からニアに入って来た伊藤というかたちでしっかり決めれた。

あの時間帯仲川と遠藤のポジション替わっていたのも結果よかった。

伊藤がニアに入って来る動きがこの3戦決まっている。

ウーゴみたいな感じ。

かたやウーゴはスランプか。

今日は自分でつっかけないでパス出すシーンも見られてこれで結果出ると、突っかけるのも相手引っかかって来るはずなんだけどな。

今日の選抜組がしばらくはスタメンか。

きっちり攻守の切り替えできるのが、交代選手と比べての違い。

交代の中でやれていたのは中町だけ。

これがチーム全体でやれないと今のサッカーはやっていけない。

攻撃サッカーというか攻守で主体性を持つのが目指しているサッカーのはず。

そんな中、大津がかなり効いてきている。

本人コメントしている通り、守備から入っているということで、攻撃時もふらふ空いているところに入ってスペースが窮屈になることがなくなった。

身体が強いタイプだし、ドリブルもパスもできるのでついに覚醒!?と言っていいのか。

正直レイソル、ガンバは弱すぎて参考にならないので、これからのリーグ戦でどこまでやれるかかな。

これで連戦がやっと終わり。

きっちり修正する時間も持ちながら試合できることでどうなっていくか。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

201819鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_1

ボンバーがいない。

ついに外した。時代の変わり目。

こんなときこそ勝ちたい。

が、前節同様3バックがまだ手探り。

ましてや中盤の並びもよくわからない感じになっていて、前節は名古屋相手だったからボール持てていたけど

アントラーズましてやレオシルバには通用しないで潰されまくり。

失点はしない雰囲気になってきてはいるけど、重心が低いので攻撃まで行けず。

そして結局失点しているので、これだとなんのための3バックなのかわからない。

山中、松原はWBタイプではないので、数が多くいる中盤と連動して崩して行かないといけないのだけど、中盤はバックパスしてばかり。

相変わらずバイタル中央を避けてボール回しているだけなので怖さがない。

チアゴは途中交代してしまったが、スピードは随所に見られたので、チアゴとドゥシャン真ん中でまた4バックにしたほうがいいと思われる。

ぶっつけ本番でいろいろなこと試しすぎて、ここまで積み上げてきたものがなくなってしまっている。

選手も危機感あるコメントがようやく出てきたので、一致団結しないと本当に降格してしまう。

これまでのマリノスから大きく方向転換することをみんな受け入れてチャレンジしているので、そこがぶれないで残留してくれれば今シーズンはもうそれでよい。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20180815横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_1

不甲斐ない。

なんでか3バックになって、なんとなく悪くない立ち上がりかと思いつつやられる。

チャンスかと思いきやパスミスからカウンターで沈む。

カウンターも止めたかと思ったんだけど、しっかり止めきれない。

今日は割と前から行けてたし、なによりドゥシャンの潰しに行くよさが目立つ。

それとともにボンバーが限界なのかもしれないと思った。

中断前までは、そんなこと思わなかったけど潰しにいけないのが際立っているし、フィジカルで負けるシーンが目につく。

チーム全体としても中断前できつつあったバランスが完全に崩れているし、メンバー替わったり、3バックにしたりでチームの作り直しみたいになっている。

そしてなにより今シーズンはふわっとした雰囲気になる試合が多い。

神戸、ベルマーレ、ジュビロ、ガンバ、そして今日。

もっとあるような気もするけど、雰囲気がすごいふわっとしている。

今日は久しぶりに前から行くようになっていたけど、どこか軽い。

名古屋の守備はゆるゆるなのでボール簡単に持てるんだけど、回しているだけで終わり。

最後の失点シーンもボール持ちまくりだけど、ペナの周りから中に入ってこれないのを繰り返した結果の逆襲から。

相手からすれば楽なんだろうな。

ボール回せるけど、パターンで回しているだけだから、エリアの中をしっかりし閉めていれば前がかりのところをカウンターで狙える。

そして中断明けやれているのはフィジカルあるFW相手。

ここもボンバーがやられているといってもいいのかもしれない。

DFを立て続けにとったのでさすがに使ってくると思う。

連続試合はあるけど、この夏の連戦で使い続けるのは降格覚悟しないといけない状況なのは事実か。

出れなくなるのしょうがないけど、若いやつがちゃんとポジション奪って行ってほしい。

そういった意味で、康太は今日のデキを見ても使い続けたいなぁ。

前半ボール全然入ってこなかったけど、今のサッカーへの適正と気持ちが今一番伝わってくる選手な気がする。

湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス @Shonan BMWスタジアム平塚

20180811湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス_3

なんとか勝った。

下位チームが元マリノスの選手が大活躍の中、ここで負けると危なかった。

というか下位が勝ち始めたので、まだまだうかうかできないのは変わらずなのだが、勝ちという結果が出たのがなにより。

というか自分たちのスタイル全然出せなかったり、完全に自信失ってる感あった中、結果だけついてきたのは御の字。

しかももうないのかもと思っていた無失点。

湘南はすごいな、あんだけ走れるんだもの。

マリノスはラインが下がったままなので、全体が間延び。

山中が真ん中はいるようになったけど、真ん中入りすぎて逆にサイドにいったときに数的不利だったり、中央が混雑していたり。

軽いプレーも目立つし今の状態で海外行くべきなのかは謎。

湘南のプレスが厳しいのもあって、パスがつなげずロングボールで裏狙い。

結果、得点シーンはFWでなくもう一つ後ろから出てきた天純からのクロスで、ああいう飛び出しはありだと思うんだけど、

FWの裏狙いは運頼み的な要素が強すぎてなんとも。

ショートパスで回すのと裏狙うのがバランスよくできればいいんだけど、どうもどっちか一辺倒。

中断前はバランス取れてたんだけど。

なんかまた一からチーム作りなのかな。

ミロシュ抜けてドゥシャンになったのも大きい気がする。

DF面で厳しくいける部分が見えてきて徐々にフィットはしていると思うけど、ビルドアップがどうしてもワンテンポ合わないし。

ブマルが攻撃面ではあって来てるの見ると、それなりに新しい選手は時間かかるというのを第一に思っておかないと。

まだまだ安心はできない中、好調の名古屋と当たるのがどうなるのか。

日産スタジアムは久しぶりだ。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

20180722FC東京 vs 横浜F・マリノス_6

前節快勝したと思ったら、今日はボッコボコにされる。

マリノス自体はそこまで悪くはなかったけど、ブロック作ってカウンターというスタイルに見事にやられた。

これマリノス対策のいいお手本になってしまったと思われる。

ブロック作られる中でもパスは回せていたし、ハーフスペースにはいってクロス上げるかたちも作れていた。

左サイドは天純だけでなく、渓太も入り込めるようになっていてそこは今後も期待できそうだけど、

今日みたいにブロック作られるとその後がペナルティエリア内に人がいすぎて出しどころがなくなってしまう。

片側に寄せて、逆サイドのようなこともできているのでそこまで食い込めているので、あとは中をもう少しあけることができるようになれば。

ミドル打たないといけないと思うんだけどなぁ、天純はいいのあるんだし、あとは大津にも期待したい。

カウンター対策もどうしたものか、サイドバックが中に入ってくる仕組みのせいで、一気にカウンター時に2バックになってしまっている。

この手のスタイルに弱かったのは今シーズンに始まったことではないけれど、攻撃に手数かけている分、穴がでかくなっている。

中断前だめだったときの中盤のパスミスから自滅というかたちは、ボール回しがうまくなったのと、左右のバランスが取れてきたのでなくなってきたけど、カウンターはこれからどうにかしないといけない一番のポイントになってきそう。

リスクヘッジの仕方をもうちょい工夫することができるのかどうか。

今日点とったのもあるし、喜田より山田使っていくべきかなぁ、今手詰まりになるのが喜田のとこになってしまっているので。

攻撃面のセンスは山田はこのサッカーにあるのを持っている、縦パスビビらず入れれるし。

走り勝てなかったのも珍しく、これが週2日のときのデフォルトでなければいいけど。

事故的にではあるけど、扇原CBが見れたというのと、ウーゴが久しぶりにリーグで得点、山田が初ゴールというのが無理やりポジティブになれる唯一のところか。

ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス @ノエビアスタジアム神戸

20180609ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス_8

ワールドカップの中断期間長すぎるので、ぎりぎりまでマリノスが見たかったので、初の神戸遠征。

2点のアドバンテージがありつつですが、2失点は今のチームは日常的にあり得るので安心はできてはいなかった。

しかし、試合の入りはよく完全にゲームを支配。

本当にバランスがよくなった。左に偏らなくなったのが一番かな。

ただ、そんな雰囲気を消し去る扇原のミス。。

左に偏るのも3人で崩しているところに扇原まで行くことで、真ん中から右がすっかすかになっていたり。

どうしてもアンカーとして物足りなさが拭えない。

展開力とかあるんだからそこきちんと見つめて克服しないと。

失点からはビビりだしたのか押される展開。

後半怪我したユンに替わってウーゴが入って盛り返す。

大津も好調をキープしてアシスト。

ポジショニングは自由きままにふらふらしてるけど、フィジカルあって無理が効くので前線で使うのが今のチームとしてはよさそう。

試合で続けることでコンディション上がっているのもあるか。

同点に追いついた後も今日もまたハットできるくらいのチャンスはあったウーゴ。

山田にもラストパス出したり、周りを使うようにもなってきた。

3試合連続ゴールで一時期の不調から脱したかな。ここで中断になるのが残念なくらい。

交代選手が全部怪我っぽい感じで交代だったけど、中断期間入るところでよかった。

一旦オフになるのでキャンプで今できていないところをきちんと克服してレベルアップしたいところ。

開幕おっかなびっくりボール回ししていたところから、ボール回しに慣れてボール回しが目的になり支配はするが点は取れない時期を抜け。

複数得点取れるが失点は減らないというじょじょにチームが進化して行っている中で中断で時間とって戦術高める時間ができたのをポジティブに捉えたい。

にしても一ヶ月の中断は長いなぁ。

横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180602横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸_5

暑い。

風はあって気持ちいいんだけど、こんな暑さでサッカーやって大丈夫かという日差し。

へばってボッコボコにされるパターンが思い浮かんだけど意外と落ちなかった。

今シーズンセットプレーであんまやられてなかったんだけど、いきなりFKからやられる。

試合通してウェリントンのフィジカルやばかった。

こういう身体だけでサッカーやっちゃうFWが欲しんだけど。

ただ、失点はしても点は取れる感覚があるのも今シーズン。

あっさりとした裏抜けから同点に。

大津のFWは流れすぎなところもあるけど、そのスペースを使いつつあるので他のFWよりいいのかもしれない。

最後まで走りきったし、こういうフィットのやり方もあるんだなと。

そして仲川。

まさかシーズン開始当初はまた今頃の時期からJ2レンタルくらいなのかという感じでしか見てなかったけど、こんな点取れる選手になるとは。

そもそもスピードはハンパなかったけど、それだけだったのが、チームとして絡めるようになったし、点取れるようになったのがでかい。

当初は戦術理解度が低いというので、カップ戦でも先発できなかったけど、ルヴァンのFC東京戦から一気にここまで駆け上がった。

松原との相性もよく、この二人で右サイドを使えるようになったので、チームとして左に偏り過ぎていたバランスもよくなった。

左の山中と右の仲川が今のチームの鍵になっている。

真ん中では天純がシュート以外は安定していたけど、何回目かの決定的なチャンスで点取った。

攻守に安定してはいるんだけど、今一歩これといった武器がないところを改善できると代表も見えてきそう。

ミドルいいの持ってるので、もっとシュート打っていいと思う。

最後にウーゴが珍しく日本人をドリブルでかわしてゴール。

やっぱウーゴが点取ってくれるのは嬉しい。

レッドスター時代のプレーっぽかった。

前線が点取れるいい流れ。

あとはブマルとユンが結果出してくれるといいんだけど。

どちらも今一歩というところなんだよなぁ。

ユンは久しぶりに長い時間見たけど、入ると連携がびっくりするくらいスムーズになるのであとは点取るだけなんだけど。

2失点はしたけど、2点差はそれなりのリード。

来週で中断期間入ってしまので、来週は初の神戸遠征。

今日でさえ二週間空いて試合を待ちわび過ぎていたのに、一ヶ月も中断とか耐えられる気がしない(笑)

横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎 @日産スタジアム

20180518横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎_6

15連戦終了、中断前を勝利で終われてよかった。

そして5得点。

2失点してるけど、もう失点当たり前すぎてよくないけどダメージはない。

点は取れなくはないので早い時間だと追いつける感覚はあり。

PKはその直前の天純と合わせ技一本みたいな感じ。

渓太が迷ってチャンス潰しかけた感じを取ってもらったようなもの。

結果大津が初ゴールだったし、すぐ取り返したのもよかった。

やっぱ今の戦術理解度だと大津はトップ以外は厳しいかな。

後半の失点は例のごとく自分たちのミス。

苦しいパス回しから自滅だったけど、これはここのところできてたほうな部分だったはずなのに。

飯倉も前に出るのためらうシーンあったり、データ的のもあまり走ってなかったり全体にこれまでと違った。

バランス取りに行ったのかなぁ。

サイドのバランスも右からの展開も増えてたし。

松原、仲川のコンビネーションが深まってきたからなのか、狙っているのかは謎。

ただ、3点目も左から右サイドに展開してのようなサイド横断する攻撃ができて幅は広がっている。

結果左も活きていたと思う。

中断期間でこれを積み上げられるのと不用意な展開からの失点が減れるのを祈る。

山田は相手が長崎だったけれど、リーグでも変わらず中盤でやれている。

ポジショニング指摘されているようなシーンあったけど、これも中断で深まれば試合で続けて欲しい。

あとは今日はウーゴの得点だけだったなぁ(笑)

横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180516横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟_3

久しぶりの勝利。

三ツ沢の一番前の席は格別。

去年は最後に失点して敗退してしまったが、今日はプレーオフに進めたのが全て。

J2相手に点差としてはぎりぎりの勝利。

後半チャンスありまくりだったのにやはりしとめきれない。

これがリーグだったら勝ちはなかったと思う。

メンバーが半分くらい変わったというのもあり、パス回しはちぐはぐ。

金井はもうよくわからない。

点に絡みそうなシーンはあったけど、好き勝手ポジション取りすぎ。

失点シーンはバランス悪い位置にいたのが始まりだったと思う。

なんで下平出さないかなぁ。移籍されてしまう気がする。

そんな中、期待できたのは山田。

やっと中盤で使われたと思ったら、やっぱりここが自分の場所だというのを示した。

球際もガツガツしていたし、浮き玉見事にトラップして入れ替わったシーンはしびれた。

リーグ戦のプレッシャーの中でやれるかはまだ不安だけど、中盤で勝負させてあげたい。

中断期間に試合ができるチャンスを得られたのがなによりの収穫だった。

リーグにも流れつなげていきたい。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

20180512横浜F・マリノス vs ガンバ大阪_3

勝ち点が試合数に並んでしまった。

悪い感じの入りだったけど、ガンバがより悪くて助かった。

試合としては支配していた前半、相手がドン引きしている分、チャンスも作れたけど、どうもウーゴに出すべきシーンで出さず、出すときはウーゴのポジションあんまよくない状態で出すというチグハグな展開。

もう見慣れたロングシュートの失点のあと、すぐさま天純がFKで返せたので負けはしなかったけど。

天純はFKや前線でのプレーはだいぶよくなった。

が、ハーフラインで無理めな体勢でもらうときに後ろ向くの狙われてるのがぎりぎりすぎて怖い。

あとは大津が完全い迷子だった。

ポジショニングが戦術の肝になるやり方でこれはしんどい。

前節のようにトップで使う以外今のままだと居場所がない。

今日はユンユンでいけばサイド完全に制圧できそうな感じだったのに、起用方法が解せない。

ウーゴを替えて仲川ワントップもどうしろっていうのか。

引かれているのでスペースない真ん中にもってっても上背もないし潰されておりじゃないか。

ブマルは攻撃はセンス見せはじめたけど、やっぱり守備はしないし、攻撃もこぎれいすぎてもう一歩。

次の長崎に勝てる気しないんだよなぁ。

中断期間前に監督変えるべきなのか、そこで戦術叩き込み直すのか。

中断明け勝率5割くらいないともう降格するんじゃないのか。

とにかく自分たちのプレーとかうんぬんより覇気が感じられない。

まだパス回しがおっかなびっくりだったけどフロンターレ戦くらいまでは戦う姿勢があった気がする。

それ以降、ルヴァンのFC東京、勝ったアントラーズ戦くらいかな。

やはりそこが問題なんじゃなかろうか。