鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @国立競技場

20110423鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_9

Jリーグ再開。今年初のサッカー観戦です。

立ち上がりのあれっという感じに初シュートで得点。

明らかにアントラーズが集中できていませんでした。

得点直後の、マリノスの異様なポゼッションを見てもそう思います。

一点取っても安心できない相手でしたが、先取点のおかげでうまいこと試合を進められました。

新戦力がいいですね。

谷口と小椋の戦えるボランチコンビで守備はかなり堅いかと思います。

これまでマリノスは2人のボランチのうち一人はパサータイプで運動量だったり守備はある程度目をつぶらないと。。

のような組み合わせが毎年続いていましたが、この組み合わせは違う。戦える二人。

その分、展開力で今度は目をつぶる必要はありそうですが。。

今日も残念なパスは目立ってしまってました。

そして、小林。

なにやら後輩がこのあいだ知り合いになったなんて言っていましたが

そんなことはさておいて。

今日の試合はかなりいい印象でした。守備が堅いが攻撃もできる。

もう少し言い方を変えると攻撃的に守備に行ける。

低い位置で守備に専念ではなく、ある程度高い位置にいながらボールにアタックできていました。

これまた戦えるという表現になるかと思います。

PKにはなりませんでしたが、ドリブルでエリア内入って行ったりだとか

印象としてはCBなイメージでしたし、サイドをやったのは最近なんて聞いていましたが期待できます。

クロスとか見てないのでそのへんを次は見たいです。

そして、小野。

一応今年がルーキーシーズンになりますが、ヤバいです。

あの運動量と身体の強さで今年19才とはすごすぎる!!

体勢悪かったはずなのに小笠原との競り合いに勝ったり

スローインのボールからダイレクトでDFと入れ替わろうとしたり

一対一からあえてもう一人来るのを待って間割ろうとしたりとやりたい放題でした。

2点目のきっかけとなったCKをゲットしたのも小野のしかけのところがきっかけです

あれCKにしてしまった(確か)岩政はDFとしては一番屈辱的なクリアをしてしまっているかと思います。

あの位置、角度でスローインでなくCKにクリアしてしまう結果となるとは。。

守備もかなり効いていて、その分シュートできなかったのは残念です。

全体的にプレスをかける意識が高かったです。

試合後のコメントを見てみると、アントラーズ用にいろいろ考えていたのもあったようですが、

やっぱりマリノスって守備のチームなんだなぁと思う試合でした。

これはこれで攻撃的とかではないのかもしれないけれど、ある種のちゃぶるなんじゃないかなぁとも思えます。

去年も出だしはよかったのでまだまだ半信半疑ですが、

今日の試合を見てテンション上がってしまって29日のチケット勝ってしまいました(笑)

横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第34節第1日

20101204marinos vs ardija_34

これからは、今日までのようにはマリノスを応援できないと思う。

先週、久しぶりに快勝したものの、その後に出た契約非更新選手の発表でどんよりしてしまった。

というかもう、今年全部がふっとんだかのようで。

引退ではなく松田がマリノスを去るなんて。

信じられなかった。こんなことになるとは思っていなかった。

確かに、衰えはあったと思う。

ただ、今シーズンの成績を見ても貢献度は高い。

95年の優勝を知る最後の選手、ミスターマリノス。

そしてなにより、自分が一番好きなサッカー選手だった。

自分とポジションが同じ、背番号も同じ、憧れていた。

最近はボランチでの出場が多かったけれど、やっぱりDFが一番似合う。

DFの強さはもちろんのこと、オーバーラップのときの迫力が大好きだった。

実際、点につながることは少ないのだけれど(笑)

上がって行くときの、なにかやってくれるようなわくわくする感じがたまらなかった。

経歴はサッカーエリートだけれど、大人になりきらない問題児っぷりにも惹き付けられた。

もう、正直今日は内容はどうでもよくて、松田の姿をとにかく見たいだけだった。

いつもより早くスタジアムに入り、ウォーミングアップから見ましたが、

そのときの松田へのコールでもう泣いた。

試合中も、いつもはだらだらやっているアップもちゃんとやっているとことかもずっと見てました。

わざわざ監督がアップしているところへ話に行くなんて初めて。

交代が告げられたときに、ベンチ外の選手たちにも送り出されていて、

20101204marinos vs ardija_18

出たと同時に兵藤からキャプテンマークを渡され、コールはなりやまない。

やっぱり泣いた。

最後の挨拶も松田らしかった。

自分の中で一つの区切りがついた気がします。

松田のように、自分がまだサッカーをやっていた頃から活躍している選手は

勝手ながら自分を重ねて見れるような気がしていますが、

最近でてきている選手はほとんど年も下の世代で、どこか感情移入しきれない。

これからはもっと客観的にマリノスを見るなっていくのだろうと感じました。

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ @日産スタジアム

20101123marinos vs reds_4

最悪。

2006年から観戦するようになりましたが

その中で、こんな最低な気持ちになったのは初めて。

4失点も初めて見ました。

ボンバー、勇蔵のケガに加え、累積で小椋が出場停止。

確かに、守備の要となるところがいないわけですが、

それにしてもダメすぎた。

レッズがよかったとも思えない。結局外人だけだったし。

「前の方」でいうと押し込めてはいた。

ただ、中盤が間延びしすぎる。

河合がもうちょっとしんどいですね。

攻撃面ではある程度目をつぶれるけれど、守備であんなに効かない選手ではなかったはず。。

俊輔を使い続けるのもどうにかして欲しい。

夏場のよかったときと比べると、また落ちてきている。

なにより、味方の負担になってます。

たまに訪れるキラメキのために使うには今はリスクがデカイ。

今日、一番攻撃を作っていたのは松田だったと思います。

フィードが鬼でした。他のDFであれができるのはいないんですよね。

今季はこのまま連敗で終わる可能性は高そう。

どうせならば、割り切って育成を考えた布陣でもよいと思う。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20101114marinos vs fc tokyo_2

開幕戦に引き続き白星献上。しかもまたもや平山。。

ここを勝たないと!というところで勝てないのが、チーム力を反映していると思います。

CBのスタメン2枚がケガという緊急事態によって不安視されていたDFが

思い切り現実となって現れた結果でもあります。

出だしが悪かったです。

一失点目は完全なミス。あの位置で取られてしまうとああなる。俊輔。。

2失点目は勇蔵かボンバーがいれば防げたと思える形。

CBであるのならばあの守備の仕方はいけない。小椋よ。

開幕戦と同じく飛び込みが軽卒。ボランチのときとは違う守り方をして欲しい。

あとは、天野がひどかった。アシストはしたけれど。

守備はそんなよくないわりに、がんばって走るイメージはありましたが、今日は全然走れていなかった。

上がりまくってカウンターをくらったときにへばってちんたら戻っているのはだめだ。

河合が交代で入るときはてっきり天野と替えるものだと思い込んでいた。替えて欲しかった。

結果、替えるべきだった、そう思います。

このDFだと残り試合、勝ちがないのもありえそうな気がしています。

攻撃に関しては、前半はともかく後半になってからは相手の隙間で受けようとする姿勢と

そこへ実際パスを出すシーンが増えて結構よかった。

縦パスの意識がチームとして浸透するようになりだしている気がします。

中盤をダイヤモンドにしていることで真ん中に一人いるのが効いています。

ACL出場権を狙うのは来年でしょうか。

松田や俊輔がトップでやっているうちにACLで戦う姿を見たいです。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第28節第2日

20101031marinos vs sanfrecce_16

今季初の三ツ沢、三ツ沢での観戦は小学生のときに負けて以来負けなしです。

事前に報じられていた通り、フォーメーションが違う。

俊輔トップ下という話だったけれど、トップ下ではなかった。フリーマンという形。

小椋がDFで松田がボランチ。

試合後のインタビュー記事を見るとサイドを高い位置を取れという指示があったらしいですが

出だしが3バック気味だったのでビックリしました。

試合中、松田が完全にDFラインに入っているシーンがいくつかありました。

とはいえ、このポジション変更が試合に影響があったかというと

正直なかったのではないかなという印象。

逆に、サイドのDFが不安定すぎました。相手が広島ということもある。

マークの受け渡しがスムーズではない。前半は特にそう。

後半は修正されていたとは思います。

広島がナビスコ決勝に備えて選手を温存していたのは助かりました。

攻撃に関しても手詰まり感が大きい。去年のサッカーを見ているかのようでした。

サイドが高い位置にいる割にはサイドをえぐるシーンというのはこれまでより少ない。

これはサイドの高さうんぬんより、俊輔がサイドにしっかり構えていないというのが影響しているようです。

やっぱり、俊輔はすごいと今日は感じました。

パスを出そうとしていて出せなくて、チャンスを潰しているように見えなくもないかとは思いますが

それは出しどころがなさすぎるから。俊輔だからあそこまでキープできているのだと思います。

ジローの逆転弾となった勇蔵のアシストを引き出したパスはさすが。

今シーズンのアントラーズ戦の千真の得点の起点となったときと同じノールック気味のやつです。

もっとFWがパスを受けれるようになれば変わると思うのですが。。。

最後に、今日は交代選手に気持ちが感じられた。

時間は10分もなかったけれど全員が全力でボールを追っている姿は、応援のしがいがあるというものです。

横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第26節第2日

20101017marinos vs vissel_18

後味悪い試合。結果、勝っただけという試合だった。

久しぶりに俊輔がいない。

そして端戸が初先発。

天野も外れて久しぶりに裕介。

メンツが大分変わりました。

前線は端戸と小野という若い二人。

山瀬は久しぶりにMFか。

というか、初めはどういうフォーメーションかよくわからなかった。

小野がどうもFWっぽくない位置にいた気がします。

MFでもやれそうなタイプですが、守備ができてしまうのが逆に怖いタイプだとも思いました。

ディフェンスの仕方が足がかかる感じになるので、今日ももらいましたがカードを受けやすい。

攻撃に関しては最近の中ではよかった方か。

サイドへの展開はよかった。そこから中へ入れてシュートまでいけていたのが珍しい。

やっぱり、本職がFWを使った方がいい。

端戸はなにかやりそうな感は感じられます。

前回は時間短すぎてなにもできなかったけれど

ある程度時間をあげれば育っていきそうです。

ただ、前半はDFが軽い。真ん中がもろかった。

ちょうどザックジャパンで真ん中は絶対あけるなみたいな話題がでているので気になりました。

試合中に話し合っている様子も見えたし、

試合後のコメントを見ると実際ポジションまで変えていて修正していたらしい。

なんだかんだいって現時点で失点の少なさはリーグ第2位なのは頼もしい。

今シーズンは割とがっつと取られることが多かった割には意外。

後半はその修正もあってか、DFが安定。

攻撃時もセカンドボールがひろえまくれていた。

小野が完全にトップの位置に構えていて、

端戸とどちらかが競ったあとにどちらかがそのボールを狙っているという形がはまる。

相手が一人減ってからは絵にかいたような数的有利。

その時間帯すぐに小野の初ゴール!

この後にも畳み掛けれる時間で点を取れなかったのが。。。

小野の一対一もそうだし、山瀬のゴールキーバーかわしたのも。。。

大久保の退場で完全に試合が壊れた。

マリノスも攻めないし、神戸も取りにこれない。

ブーイングが出るのはもっとも。

狩野の交代のときは結構スタジアムは騒然とした雰囲気になってました。

個人的にはこの交代はしょうがないとは思ってます。

若い二人があれだけがんばって前で追っていたのに対して

交代で入ってだらだらした感じのプレーだったので。

ん〜、すっきりしない。

小野のヒーローインタビューも微妙な空気です。

そういえば、小椋がすごかったです。

得点シーンの縦パスは絶対左の裕介に出すものだと思ってました。

あんなパスいつ覚えたんだか!?山瀬へのスルーパスもそう。

まだまだ「え!?」っていうパスミスはするけれど、狙いどころはよいです。

俊輔がいないと小椋にパスが集まるってのは意外でした(笑)

代表狙っていって欲しい!

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第24節第1日

20100925marinos vs vegalta_7

毎年このくらいの時期にサッカーを見に来てサンダルでいるのはもう最後だなと思います。

そして。

毎年このくらいの時期に下位チームと対戦すると絵にかいたように同じような負け方をします。

引きこもりの相手を崩せない。先制されて逃げ切られる。圧倒的にポゼッションはしているのだけれど。

前半、初めから圧倒的なポゼッション。

仙台はでてこない。

天野の中途半端な対応から失点。

確かに、ファールとセルフジャッジしてしまわなくもないが

あそこで競り合う必要はなかった。

というか。

書くのはこれくらいしかなくて。

あとは愚痴。

小椋、勇蔵のDFコンビだったのだけれど小椋はやはりボランチで使ってあげないといけな。

CBとしては、あのボールを取りに行く守備の仕方は怖すぎる。

後半、きわどい追いかけっこになったシーンは触れたからよかったものの

開幕戦の失点シーンのスライディングを思い出した人は多いはず。

あとはパスミスは多いのだけれど、ボランチでの縦パスが効いていたのだなと思えました。

河合だと出さないので。

あとは、波戸。守備はいいのだけれど攻撃面で物足りなさ過ぎる。

センタリング上げるときに右に持ち直すのがイタイ。

まぁ、中であわせられるタイプがいないというのはありますが、

今日は特にサイドバックがセンタリング上げられるようなお膳立てまではできていたのでそれが目立ちました。

本職のFWがやっぱりいないとだめだ。

横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第21節第2日

20100829marinos vs albirex_8

一ヶ月ぶりのマリノス観戦。

この一ヶ月の間なんだかんだで勝ち点は積み上げてきてました。

好調アルビレックスが相手。

上位についていくには負けられないところです。

前半の半分くらいまで、右サイドからチャンスを作られまくる。

攻撃面では中盤からスーペースがなかったのでアタッキングサードまで入り込めなかった。

俊輔と天野の守備は穴ですね。

2人でいっても俊輔の守備は形だけなのが多いので

そこを上手く利用されて一気に2人かわされてしまうイメージがあります。

バーだったり、飯倉のファインセーブだったりでなんとか失点だけはしなかった。

これは大きかったと思います。

ピンチを切り抜け大分シュートが打てるようになりました。

そして後半。

開始と同時にいきなり新潟にしかけられたのでちょっとちょっと!??と思っていたところに山瀬!

ぎりぎりの追いかけっこになりましたが、シュートが上手かった。

いい感じで力が抜けていて。

普段パンチのあるシュートは多いのだけれどそういうのより、今日のようなタイミングずらす系のシュートの方が入るイメージです。

アシストは俊輔。

このパスはほれぼれする。ボールをもらう前からパスのイメージができている。

もらう、だす。その一連の動作を改めて確認するときれいすぎる。これぞ俊輔といった感じ。

スルーパスとか最近のサッカーであまり見ることが少ない気がしますが、やっぱりいいですね。

ボールがだされてからパスがつながるまでの時間がスローモーションに感じられるのはしびれます。

といったわけで、俊輔がよいです。

自分でボールを前に運べるようになってます。

スピードはないけれどボールの運ぶ位置がいいからか、相手の前に体をいれられるので取られない。

これまでは、前にスペースがあってもボールを運ぶより出しどころを探すことが最初に選択されて

プレーが停滞してしまうのが多かったのですが、今日はそれがあまりなかった。

身体のキレが問題だったのでしょうか??

点決めたときのシザースのキレも鋭かった気がします。この試合通してフェイントにキレがあった。

2点目のシーンはそれ以外にも早いリスタートが効いていました。

もらったのは小野。

もうちょっといいところにボールが出れば自分で最後まで行けそうでしたが。。

他のシーンでもいくつかそういうシーンがありました。

少なくとも今シーズン中には点を取らせてあげたいですね。

今の時点で、ちょっと焦りがあるような気がします。

最後の3点目はアーリア。

交代で入る選手が最近活躍しています。

点以外にも交代で入った選手らしく、ボールの追い回しも積極的で気持ちが見て取れました。

あとやたらキープ力が目立ちました。センターサークルらへんでのボールキープはなんだこいつ!?くらいすごかった(笑)

最後は狩野。

20100829marinos vs albirex_13

見たかった。待ち望んでいた。

それはサポーターみんなもそうだった。

3点目が入って狩野が呼ばれた瞬間から狩野のコールが始まる。

点が入ったかのような異様な盛り上がり。

ピッチに入ってからもコールはなかなか鳴り止まない。

初めのシュートは明後日の方角へ飛んで行ってしまいましたが、それでも見れてよかった。

これからもっと見れる時間を長くして欲しい。期待しています。

今日勝ったのはホント大きい。

フロンターレ戦も見に行ってしまおうかしら。

俊輔のヒーローインタビュー↓

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第15節第1日

20100731marinos vs grampus_4

最悪な試合だった。

あ、一応点取る前はそんな悪くなかった。

いや、よかった。

点取れない以外は。。というか毎回こればっかです。

前節の大宮戦も中継を見ていましたが、これがあてはまるかと。

相手を圧倒しているのだけれど点だけが取れない。

1失点目は完全にミスから。失点後かなりどたばたしましたがしのいで後半。

2失点目はマリノスではああいうシュートは確実にDFにひっかかるのに相手のは抜けてくるんだよねっというミドル。。

なんか守備のバランスが悪すぎ。、

去年までと違うのは、シュートまでいっているところ。

おしい!!のは多いんですけどね。。

今日は、連戦でもあるし千真の調子が悪いのもあってだろう、前線2枚替え。

個人的には単純に千真と坂田を見たいのだけれど坂田と山瀬。

その他はここ数試合と同じメンツです。

前半、圧倒的にボールを支配。俊輔のパスでチャンスが作れていました。

俊輔どんどんよくなっています。

ただ。

Jリーグに復帰してからが基準。

そもそもパスはやっぱりJの中では圧倒的にうまい。

しかし、2008、2009年くらいまでのイメージには辿り着いていない。

あのときは、とにかく別格だった。

ボールを全く取られなかったイメージが強い。

そこが今、違うところ。ボールを取られるイメージが最近は強い。

セルティックの頃や、代表に比べて前線の動きの質がよくないのでボールを出せないのかもしれないが

別格だったころは、パスを出せなくて相手が寄せてきてもボールを奪われている印象がない。

今は、そこで奪われている。

前線との動きがあわなくてボールを持ち直しているときに、よくとられる感じです。

調子は上がっているのはよくわかる。

今日は、ここ最近見た記憶のないスライディングもしていたし

あとは、FKが壁を越えた!!久々に見ました、ホントおしいという感じのやつは。

以前のイメージとのギャップを抜かせばやっぱり圧倒的に怖いプレイヤーに戻りつつあります。

しかし、相手からしてマリノスで怖そうなのは俊輔と山瀬くらいか。。そこが問題。

小野も怖いかもしれないけれど、あくまで高校生だし、早いうちに点がとれないようであれば伸び悩んでしまいそう。。

というわけで、現在のスタメンで点を取るチャンスを作れそうな選手が圧倒的にいないわけです。

特に、中盤の兵藤、ジロー、小椋から点が取れる気が。。

ボランチの2人はホント攻撃面で期待ができなさすぎるし、全体的なバランスの悪さで今日は狙われていた気がします。

年齢など考えてもジローのボランチスタメンはもうなくていいと思う。

点が取れないのであれば前と後ろのつなぎ役として兵藤をボランチに下げて欲しい。

あとは、山瀬のFW起用もそろそろいいかな。

今日も後半頭から小野と交代させるべきではなかった。

変えるのであればジローと小野を変えて山瀬を2列目におきたい。

小野は今日は何もできなかったですね。時折、お!?と思わせるプレーはあったけれども。

ま、なによりも2点取られて相手引きこもってスペースはないし、そもそもボールが回ってこないしではありますが。。

あとは、狩野!!!!!!!

今日もベンチ外なんて、どうかしてる。

俊輔は今、どう考えても90分フルでは持たないし、変わりのできる狩野はベンチには入れて欲しい。

いや、先発で見たいよ。

もう今の構成は限界です。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第14節第1日

20100724marinos vs gamba_20

劇的な試合。ロスタイムに勝ち越すなんていつ以来だろう。

そんな試合の前に、今日は初めてチアを見たりしました。

20100724marinos vs gamba_1

チアやってる人っていっぱいいるんですね。

こんなに早く会場に来たのは初めてでしたが、今までにない経験で新鮮でした。

というわけで、試合に戻ると。

ワールドカップでの中断後初観戦。

前節は広島にぼっこぼこにやられてガンバ。

なにやらこの試合もボコボコにやられるのではないかという予感。

前半はボコボコだった。点が入らなかったのがなによりの救いという展開。

ジローボランチは守備は意外とまともだけれど攻撃が。。

DFラインからボールを頻繁にもらいにはくるのだけれど、前にパスが出せない。

とはいえ、前半は前でボールが収まりませんでした。

俊輔はあいかわらず、ボールを簡単にロストするし、

兵藤は割とボール持てていたけれど、あと一歩行って欲しいところで行けない。

千真はキープが下手。小野に攻撃を任せるのはコクです。。

けれども、小野は存在感ありすぎでした。

チーム最多のシュートを打ったところもそうです。

高校生でトップでやれる技術的なことはもちろんのことですが

メンタルが強い。ふてぶてしい。特にマリノスではいないタイプかと(笑)

アシストの他にもポストにあたったシュートもあったり、

今節は自信を持てた試合になったと思われる。

後は、早目に点を取るかどうかで今後の成長が変わりそう。

後半は、ガンバがなぜか止まった。カウンターの一発だけ気をつけていればよい雰囲気。

それでもPKを外したりでイヤなムードはぷんぷんしていた。

最後の最後、天野はよくあそこきていた。小野のシザースもよかった。

そういえば、小野へのパスは俊輔から。試合中も何度かあの感じのパスは出していたけどやっと実った。

けれども、数回の決定的なパスのために今の俊輔を出し続けるのは怖すぎる。

単純に狩野使って欲しいなぁ。