横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

20171021浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_8

このメンバーで勝つとは思ってませんでした、すみません!

いきなり久しぶりの伊藤翔、しかもCKから。

ウーゴのパフォーマンスしてたね、こういう雰囲気はこれまでなかった。

伊藤翔と下平がいたのでターゲットが増えたのが大きのかな、他にもここんところなかったセットプレーでボール触ること自体が多かった。

あっという間の先制点に慣れないもんでいたところ追加点で天純。

ミスをついてしっかり決めた。

CKのアシストもだけど、前節シュート打たずパスを選択して叩かれてたのを結果で返した。

ダブルピースはパフォーマンスとしてどうなのかとは思うけど(笑)

2点とったけどアントーラズ相手なので勝てる気はまだまだしてなかった。

前半このままいければいいなと思っていたら終了間際にやられる。

天純倒れてたけどボール切らないで続けられて、ちょっと集中欠いたところでセットプレーから。

このへんの詰めの甘さはまだまだ。

後半は受身に回ってしまった。

守れなくはないかなという雰囲気はあったけど、またしてもCKから。

選手交代のタイミングでもあったんだよね。

こういう集中かきやすいところであっさり失点するのは若さゆえか。

マルちゃんも替わっていたし、守りを固め始める交代だったのでこのまま引き分ければいいほうくらいな感じだった。

攻撃できるきざしはないかなと思ったけどまさかの勝ち越し。

渓太がやってくれた。

スルーパスをダイレクトであの体勢から左足一発で切り返しができるとは思わなかった。

オウンゴールではないよね(笑)

今シーズンは出番少なくなったけど、点取り初めて一皮むけたか。

長いドリブルがアントラーズ相手でもできていたし、ワントップも案外つとまっていた。

まだ勝負どころの判断に悩むのが見て取れるけど、学いなくなって自分がやんなきゃという自覚出てきたのかな。

勇蔵入れて守り切れたのも大きい。

正直、途中出場してクローザーするタイプではないかなと思うんだけど、勇藏入ることでボンバーが前からいけるようになるのが大きい。

今シーズン勇藏入ってから失点してないのね、クローザーとして出すのはありなのか。

他には中町かな。

前節もそうだけど、こんな選手だったけと思わせるくらいのプレー。

つぶさないといけないところは相変わらずきちんといるし、なにより中距離のパスが増えた。

これいつからできるようになったんだ。

喜田もだいぶ前に出るようになったし、シーズン初めを考えるとこんだけできるようになるとは。

前半は特にアントラーズ相手にビルドできてたし。

急増に下平もよくやりきった。

やっぱり右サイドだけど、左足で持つんでリスクはあるんだけど、パス回しの落ち着きはさすが。

右サイドもやるようになってくれるとかなり戦力あがるんだけどなと思うのは調子よすぎか。

これでACL圏内。

ここからジュビロ2連戦。

熱い試合が続くのがたまらないな。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

20160827横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_1

こういう試合勝てないか。

久しぶりアントラーズ相手に戦えた感じだった。

前半序盤はぼっこぼこにされるかと思ったけど、徐々に前から圧力かけられるようになって球際の戦いに勝てるようになってきた。

終了間際に追いついたのはでかかった、学のカットインするキレはさすが。

まだ調子悪そうだけど、だいぶキレは戻ってきている。

後半はより前で勝てるようになって、チャンスもたくさん。

決めきれないのは相変わらずで、そのうちやられるかなと思い始めた頃に、また学。

ここでも切り返しにキレが。最近あれやっても引っかかることが多かったけど、今日はDFを回転させれた。

シュートは際どかったけどw

勝てる流れできたかと思ったけど、最後持ちこたえられないのが今のマリノス。

そもそも左サイド攻撃はちんちんにできていたけど、守備では逆にやられっぱなしだった。

勇蔵を入れるのであれば、もうちょっと後だったのではないだろうか。

遠藤がサイドバックにまわるという、大きな変更をした途端に裏取られて失点。

結果論ではあるけど采配ミス。

守備が踏ん張りきれないよなぁ。

伊藤が今日はよくて、前で起点になれていたのは一つ収穫。

やっぱり前でボール収まる回数が増えると違う。

そういうのを毎試合きちんとできるFWが入れば違うんだろうなと改めて思った。

補強のポイントはそこですよ。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

Untitled

片道3時間シリーズ。

遠いけど、遠征に行くのはわくわくして楽しい。

が、試合はというと。。

戦えていなかった、球際ほぼ負けてたし。

俊輔消されてなにもできず。

学、アデミウソンの個人技も単発。

小笠原すごかったなぁ、俊輔消されるのはわかるんだけど

学に対してもほぼ抜かせなったのはすごいと思った。

カイオはいい選手だ。2点目のシーンは2年前の大迫を思い起こさせた。

ずるずるDFライン下がって、DFをブラインドに使いながら巻いていく感じ。

タイトルは完全にとれないことが決まってしまった。

天皇杯獲りたいなぁ。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

20130824鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_6

今シーズンでリーグでは初めて負け試合を観戦。

ここ数試合の粘り強さがでてこない試合だった。

前半から大迫にやられまくっていたけど、ぎりぎりのどころで防ぐ。

先制点は小椋のよさがでた。

狩りに行く守備で、ボールとって俊輔のスルーパスにマルキ。

俊輔のガッツポーズが異様にでかかったのも、どんだけこの展開が大事だったかを物語る。

その後も、大迫にやられつつも、カウンターでチャンスは作っていたがしとめきれない。

なんか見ていて2点目取りに行く!っていうより取らなくてもいいやって感じに見えた。

攻撃のときだけじゃなく、守備もふわふわして集中していなく見えていた。

失点も同じようなのを繰り返していたら、そら仕留められるはという失点。

受け手が準備できていない or 受けたあとのフォローがいない状態で縦パス出して取られてカウンター。

今日は前線で選手が孤立するシーンが目立ちました。

これで次の試合が俄然大事になってくる。ここで負けると去年の繰り返し。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

20130630横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_15

1ヶ月半ぶりにサッカー。

アントラーズは縦ぽんでフィジカルで来たのに対し、冷静に対応できたのがよかった。

中町のコメントからも食いつきどころを見極めていたとのことで。

プレスが中断前よりも洗練されていたかな。気候的にも動くのに最高な感じだったし。

振り返るといい時間帯に点取れていたようで。

学はあれがまぐれじゃなくなると一皮向けてくんじゃないだろうか。

愛媛時代含めてもあんな点の取り方見たことない気が。

まさかまさかで奈良輪も点取ったし、チーム力が底上げされつつあるのか。

奈良輪に触発されて仁も上がってってくれるといいんだけど。

準決勝はここんとこ全く勝てていないレイソル。今回こそは倒したい。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

20130503横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_1

4万人超え。

アウェイ2階が解放されているのなんていつ以来だろう。

試合は前節と逆の展開。

鹿島相手にロスタイムに追いつくなんて思わなかった。

野沢のシュートはありゃ止められない。

あそこでフリーにさせた時点で終わりですね。

ここで鹿島に引かれたので確実に負けたと思った。

時間稼ぎのためにコロコロ転びまくるし。

攻撃の選手交代が藤田だけというのがつらい。

アントラーズの交代を見ると、その選手層がうらやましい。

学が戻るまでこの感じは続いてしまうかな。

とはいえ、今日は優平は割とよかった。

優平入れてどうすんだよと思ったけど、裏へ抜けてシュートも打っていたし、気持ちも見せてたね。

もっと長い時間でもきちんと仕事できるようになってくるといいなぁ。

そしてファビオ。

勇蔵よりもファビオの方を前にするのもありなんじゃないか。

前節のスローインにしてしまったクリアのミスを取り返したか。

ただ、まだまだ経験は足りない。

最初のプレーの競り合いでボールは跳ね返したけれど、あの当たり方だったら相手が倒れるもんね。

優平も岩政相手に同じようなことやったけど、そのへんももっと気にしないと。

周りがベテランだらけなので、そのへんのプレーが目立って見えちゃうかも。

負けてはないけど、また去年のように勝てなくなってきている。

このあたりで抜け出せないと去年以上は狙えないと思う。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

なぜだか撮ったはずの写真がデジカメに残っていない。。

ライフログとして写真撮っているわけなので、こういうのショック。

試合は、20周年記念ユニフォームがかっこいいなと思っただけの試合。

去年からだけど、雨の中の試合が多すぎで、寒い中、寒い試合というのが続きすぎじゃなかろうか。

今日は4-2-3-1。

中町初スタメン。

前節ちょろっと見てはいますが、今日長い時間見てボランチと言われるとDFは不安でしょうか。

足下はうまいっぽいので、相手が守備専門の選手だといいですかね。

中町使うのは、俊輔に下がって欲しくないからだと思うのですが、最後の方は結局俊輔下がってきてました。

俊輔はもう1試合フルに使う選手じゃない。

確かに俊輔いないと攻撃作れないのは作れないけど、今は完全に相手の狙い所にもなっていて厳しい。

折角前線に機動力があるのに、持ち過ぎでつぶされるシーンを去年から何度見ているか。

俊輔を外すという決断ができるかどうかは今シーズンの大きなポイントになってもきそう。

あと、今日は序盤はセカンドボールを高い位置から拾えていて、サイドからクロスもあがっていて、わりとよかったんですけど。

シュートまでは行ききらない。

おさめられる選手が前にいないですね。

キープするのであれば今は小野しかいないか。マルキ待ちなんだろうか。期待にホントに答えてくれるのかわからないだけに不安は拭えない。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

20111203横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ_17

シーズン終了だとかそんなのもはや関係なかった一年前の最終節から早一年です。

去年はスタジアムの外で署名運動していて外から騒がしい感じでしたが

今年はそんなこともなく、いたって普通でした。

試合は結果引き分けでしたが、なんで引き分けれたのかよくわかりません。

アントラーズはやっぱ強い。チームとしても個人としても。

失点は失点すべくして失点したなという感じ。

引きつけて逆サイドとか当たり前のようにできる。

なんでマリノスはできないのか。

練習方法の問題かなと思っていましたが、個人の能力的なものもあるなと今日感じました。

マリノスで 全体を見渡せて、きちんとパスを出せるのは俊輔と小野くらい。

それに対してアントラーズはみんなそれができている。

もっともっと練習しないとですね。

最後の挨拶は普通でした。

ちなみに去年の。

去年がいかに凄まじいことになっていたかがわかります。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @国立競技場

20110423鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_9

Jリーグ再開。今年初のサッカー観戦です。

立ち上がりのあれっという感じに初シュートで得点。

明らかにアントラーズが集中できていませんでした。

得点直後の、マリノスの異様なポゼッションを見てもそう思います。

一点取っても安心できない相手でしたが、先取点のおかげでうまいこと試合を進められました。

新戦力がいいですね。

谷口と小椋の戦えるボランチコンビで守備はかなり堅いかと思います。

これまでマリノスは2人のボランチのうち一人はパサータイプで運動量だったり守備はある程度目をつぶらないと。。

のような組み合わせが毎年続いていましたが、この組み合わせは違う。戦える二人。

その分、展開力で今度は目をつぶる必要はありそうですが。。

今日も残念なパスは目立ってしまってました。

そして、小林。

なにやら後輩がこのあいだ知り合いになったなんて言っていましたが

そんなことはさておいて。

今日の試合はかなりいい印象でした。守備が堅いが攻撃もできる。

もう少し言い方を変えると攻撃的に守備に行ける。

低い位置で守備に専念ではなく、ある程度高い位置にいながらボールにアタックできていました。

これまた戦えるという表現になるかと思います。

PKにはなりませんでしたが、ドリブルでエリア内入って行ったりだとか

印象としてはCBなイメージでしたし、サイドをやったのは最近なんて聞いていましたが期待できます。

クロスとか見てないのでそのへんを次は見たいです。

そして、小野。

一応今年がルーキーシーズンになりますが、ヤバいです。

あの運動量と身体の強さで今年19才とはすごすぎる!!

体勢悪かったはずなのに小笠原との競り合いに勝ったり

スローインのボールからダイレクトでDFと入れ替わろうとしたり

一対一からあえてもう一人来るのを待って間割ろうとしたりとやりたい放題でした。

2点目のきっかけとなったCKをゲットしたのも小野のしかけのところがきっかけです

あれCKにしてしまった(確か)岩政はDFとしては一番屈辱的なクリアをしてしまっているかと思います。

あの位置、角度でスローインでなくCKにクリアしてしまう結果となるとは。。

守備もかなり効いていて、その分シュートできなかったのは残念です。

全体的にプレスをかける意識が高かったです。

試合後のコメントを見てみると、アントラーズ用にいろいろ考えていたのもあったようですが、

やっぱりマリノスって守備のチームなんだなぁと思う試合でした。

これはこれで攻撃的とかではないのかもしれないけれど、ある種のちゃぶるなんじゃないかなぁとも思えます。

去年も出だしはよかったのでまだまだ半信半疑ですが、

今日の試合を見てテンション上がってしまって29日のチケット勝ってしまいました(笑)

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ @日産スタジアム

公 式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第8節第1日

20100424marinos vs antlers_8

鹿島にちゃぶられた。そんな感じの試合。

うまいなぁ〜、鹿島。マリノスと比べてパス回しに意味がある。

こちらが引いている状態でも、パスを回していってフリーの選手を作るのがうまい。

そして、サイド広く使い過ぎw

いやもう、マリノスも俊輔が入ってワイドにピッチ使えるようになったけど

鹿島はそれが当たり前かと。

一失点目は左から右、右から左で俊輔のいらないファールのFKからイ・ジョンス。

あのファールはいらなかっただろう、俊輔。。

いやもう、ケガをしてても使いたいという選手では今はないと思う。

俊輔のせいで小椋が死ぬんじゃないかと思った。

にしても、小椋いい!パスは。。ってのがまだまだまだまだ多いけど

今シーズンに入ってなくてはならない存在になったと思う。

そこフリーだと危ないとか、ここぶつかっとかないとというところに

確実に顔を出せる。危機察知力。今チームがもっているのは小椋の力がデカイ。

今日は前線に飛び出す動きも多かった、一番成長している選手ではないだろうか。

それと比べてしまうと。。。というのが兵藤。今日のデキは。。

デキがどうのというより消えてた。動いているのだけれどそれが効果的でない。

攻めるときにシュートにつながるプレーがないし、DFではスペースを空けてしまう印象があった。

兵藤がはまるとかなりチームとしての運動量が上がると思う。

もう主軸の一人なんだし、頑張って欲しい。

あとは、波戸。今日はアシストで結果を出したけれど

どうもこれだけ使われるほどの活躍ではないかと思う。

右のサイドバックは天野、藤田もいるわけだしもっと競争させても。

ケガのようなので次はチャンスもらえるか、天野。

といろいろ思ったけど得点シーンはキレイだった。

確か、小椋のカットから俊輔が右サイドに展開。

波戸が勝負してクロス、千真ヘッド!!!

いい展開だった。あの場面で右サイドにだせるのは俊輔だけなんだよなぁ。

その後、千真のシュート乱れ打ちがあったりで前半はおもしろい試合だった。

後半、マルキに持たせ過ぎだなと思ったら小笠原にやられ、マルキに記念すべき100点目をプレゼント。

アントラーズに2点差はひっくり返せない。

狩野がはいって少し勢いがでたけどあと一歩が。。

これまでよりもシュートが枠にはいくようにはなっているけど

最後の最後でこちらにボールがこぼれてこない。

そういうところにつめられる選手もいないんだよなぁ。

まぁ、今日は完敗。かなり勉強になったゲームだと思う。

これが果たして活かされるかどうかが。。。