横浜F・マリノス vs シドニーFC @横浜国際総合競技場

オナイウと仲川が一発決めれば量産できそうと思った前回。

さっそく思っていた通りになる。

メンバーは前回と変わらず。

マリノスが強いのか、シドニーが弱いのか。

どっちもだったのかな。

怖いところは全然なかったし、点取るのも時間の問題という展開。

オナイウの1点目には間に合わなかったけど、仲川がこれまであんだけGKにぶち当ててたのに落ち着いてループでしとめるなんて。

2点目もしっかりとったところは風格を感じた。

4点取ったけれど取りこぼしている感が強いのが恐ろしい。

しかも、ここにまだパギ、畠中、エジガル、エリキがいるっていう。

梶川は飛び出しがまだ怪しいけれど、今日も決定機ストップしていたし下手するとパギからポジションとってしまうんんじゃないか。

伊藤も無理したパスがあってそこは畠中には敵わないけど、守備は強く行けてかなりいい。

オナイウは最後まで運動量落ちないし、点も決めてマリノス足りない高さを持っているのが魅力。

左サイドはやはり渓太入れる方が安定するし、どんどん自信を掴んできている風に見受けられる。

あとは今日は大津がよかった、マリノスに来てから見ていてフィジカルはあるけど、もっさりしているなという印象だったけど、今日はレイソルのときのような仕掛けていく動きがあって新鮮だった。

なんかうまくいき過ぎていて怖いな。

まだリーグ始まってないんだよ。

全北現代 vs 横浜F・マリノス @Jeonju World Cup Stadium

ACLアウェイ初参戦。

韓国のチームのフィジカルにやられるというのを気にしていたけど、圧倒。

ゼロックスの反省を活かしてなのか前半からマリノスのサッカーで攻め続けた。

去年は初得点までにあんだけかっかった渓太が得点とオウンゴールを誘発。

他にもチャンスありすぎたけど、オナイウと仲川が決めきれない。

梶川も前半から飛び出し怪しい部分があったし、失点の原因にもなったけど、初スタメンであれだけできれば十分。

チャンスをきちんと決め切るほうが大事かな。

オナイウも仲川も一回決まればドバドバパターンな気もするし、これにさらにエリキ、エジガルもいるというのが心強い。

DFからのビルドアップも去年よりパスコース一つ増えている気がしたし、ゼロックスで扇原が点とったようなシーンがこの試合もあり、去年のかたちから攻撃の選択肢が増えている。

ので、とにかく決めきることだな。

まだリーグ始まっていない中でここまでできているのが頼もしい限り。

横浜F・マリノス vs 全北現代モータース @横浜国際総合競技場

メンバーかなり落とすかなと思いきや、下平を外したのと、ここんとこサブだった富澤のスタメンという

ここに来てACLで初のガチメンツ。

負けたら終わりだけれど、リーグ仙台戦のコンディションの悪さ、内容の悪さを見たら期待はできなかった。

かすかな期待は戻ってきたドゥトラくらいか。

前回のメルボルン戦と同様、開始早々に失点。

なんもしないうちに決められた、試合の入りがスゴい悪い。

相手はプレッシャー自体は軽いんだけど、DFに対して素早く圧力をかけてくる、それにただただやられた。

ちょっとボール取り返してもつまらんミスですぐ相手ボールに戻るだけの前半。

後半頭から藤田。

去年までは全然替えなかった兵藤もすぐ交代させられるようになったよななんて、試合あきらめかけて思っていたけどこの交代が当たり。

2トップにしたことで相手のDFラインにプレッシャーがかかるようになった。

ましてやフレッシュな藤田だし、前から追える選手でもあるし、丁度相手に前半やられていたようなことができた。

そしてサッカーってこれだからわからないよなという立て続けの得点で逆転。

一点目は入ったのかよくわからなかった、ちょっと遅れてのスタジアムの歓声。

あのスローインの投げ方じゃ打つしかないじゃんと見ていて、本当に打って、あれ、入ったみたいな(笑)

一気に雰囲気変わったところで、そのまますぐ押し込めたのが逆転につながったか。

その後は、得点がなによりの薬ってなもんで、前半あれだけ焦ってミスしていたのが一転ボールを回せるようになった。

ハラハラするシーンはなくはなかったけど、しっかり守りきって勝ち。

まさかまさかの展開だったけど最後まで望みがつながった。

全チーム同じ勝ち点というわけわからん状態だけどマリノスとしては勝つ意外に次に進む道なし。

ここまで来たらトーナメント行きたいよね。

横浜F・マリノス vs メルボルン・ビクトリー @横浜国際総合競技場

前回初めてACL見た気になっていたけど、そういば違った。

レッズがACL獲った試合見に行ってたんだった(笑)というのを思い出したホーム2戦目。

昨日の広島のわけわかんない判定と同じくらいのクソ判定でいきなり失点。

雨降ったり止んだりだし、最近不調だし、相手も相手だしで、1万人入っていないスタジアムの寂しさを際立たせる立ち上がり。

なんであんなんでPK取るかね。単純に試合開始早々あれくらいで笛吹いたら試合自体がつまらなくなるのに。

その後も後ろで横にパスするばかりで甲府戦のような展開だったけど、今日はロングボールもちょこちょこ使うななんて思っていた。

そのロングボールからなんかループで同点。打った瞬間ゴール超えたと思ったら入ってた。

なんだかんだで、点は取ってる伊藤翔です。

雰囲気変わって、攻勢が続き追加点。

相手のミスからだけど中町。

コンスタントに点取れるようになるともうワンランク上に行きそうなんだけどな、中町は。

得点シーン前の両サイド深いところへ行き続けて、取れる流れでとれたのはよかった。

後半もいろんなところでチャンスはあったんだけど、結局最後の一点だけ。

兵藤はああいう難しい姿勢でもよく決める。一番ゴール感覚ある選手かもしれない。

そのあときっちに試合締めれば言うことなかったけど失点。。

交代選手待っているのに流れきれなかった。

このあたりは、チームとして甘さがでたか。

甲府戦であんな試合した経験からもっとしたたかになっていないと。

あと2試合厳しいなぁ。

横浜F・マリノス vs 広州恒大 @横浜国際総合競技場

初のACL。

ヤングなでしこのワールドカップ見に行ったときもそうだったけれど、

公式戦の国際大会は興奮する。

去年のチャンピオンだけあって強かった。

前の助っ人3人がアジアじゃ規格外。

こんなに圧力感じる相手はJリーグではいないよなぁ。

相手の時間帯になったときは全然ライン押し上げられない、

ホントハーフライン10mくらい進むのも厳しいほど。

パス回しも初めのほうは、すごいずれてた。

一歩とかなのだけどそれで取られてしまう。

マリノスの時間帯もちょこちょこあって、

そのときは今シーズン見られるようになった連動したパス回しができてはいた。

仁が結果出せたのもよかった。

そもそも次が徳島戦なので、そっちでメンバー落とすかと思いきや今日落としてきたのは樋口も手堅すぎないかと思いきや

出てない選手のアピールしたい気持ちがいいように出ていた。

ただ、ひたすら耐え忍んだ感は強い。

勝てればよりよかったけど、チームとしてすごく経験値がたまった試合で見ていてもおもしろかった。

Jリーグ勢とは違う、代表戦とも違う、日本を代表したクラブチームの誇りをかけた戦いという気持ちが

サポーター全体にもあった気がする。いやー、楽しかった!