FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

今シーズンも最終戦。

前半のいい時間帯にはバイタル手前当たりから複数人が絡んで細かいパス回しをするという

これまでなかったかたちが見れていい感じかと思いきや、その時間帯以外はばらばら。

チームとしてではなく、個人でサッカーやっているだけという感じ。

勇蔵退場してからはよく失点しなかったというデキ。

FC東京よりの笛の吹き方が目についたとはいえ、つまらんファウルでした。

FC東京はバイタルの角あたりから3人絡んで崩してくるといったかたちが明確で

例年サンフレッチェに思うことが多いんですがチームの攻撃での決めごとが、こういうふうにはっきりわかる、

そしてちゃんと実現させているというのはマリノスにはなかなか見えにくいのでうらやましくもあります。

今年振り返って、守備は結構やられたイメージあるんだけど、30点未満で去年より下がっている。

伊藤翔とマルキの得点の差があれば優勝争いできていたはずで、驚異的な得点数が問題なのは明らか。

俊輔のトップ下を最大限に生かすのであればきっちりクサビ納められるFWが必要だろう。

FKでの俊輔の得点が今シーズンなかったのは、FKの質の前に、いい位置でのFK自体が全くないというのが原因。

俊輔いないかたちで、ここ最近のスタメンのような機動力を活かすかたちであっても点で合わせられるタイプが必要かな。

一にも二にもとにかくFWの補強が必須。

来シーズンは優勝争いしたい。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

先日の柏戦はACLで勝った後+相手もナビスコあったというのもあって動けていたけど、

今節はACL予選敗退+相手はナビスコなしで、仙台戦ほどじゃないけどまた動けなくなっていた。

疲れ過ぎていて攻撃でも守備でも一つずつ動きがずれてしまっている感じ。

失点シーンもまたなんかふわっとしてしまっていたし、攻撃のときもここでパスがぴたっといけばというところでパスがずれる。

ワールドカップ前の中断まで連戦続く以上、今シーズン終戦が濃厚になりつつある。

DFラインから前にボールが出せなさすぎる。

藤田は圧力かかっていなければポストはうまいほうだけど、少しきつい局面になるともうダメ。

マルキの存在感が・・

後はドゥトラのやっていた役割のデカさも身にしみた。

去年はDFラインでつまったときに、左サイドに最終的にボールが渡り、ドゥトラがボール前に運んでくれていたんだけどこれができない。

ドゥトラだったらあっさり中澤はボールを出していたんだろうけど、今日は本当下平にボール出さなかった。

そんなわけで得点できる気配もなく、最後、勇蔵あげても全然放り込まないおなじみのちぐはぐさも見せて

つまらない試合とは正にこのことかと言わんばかりの試合でした。

FC東京も結局、点取ったシーンの後はほぼなにもしてこないしサッカーとして身後耐えなさすぎた。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

20120901FC東京 vs 横浜F・マリノス_4

味スタ2年ぶりかな?

今シーズンワーストの試合を見ました。

下手くそなんですよと和司なら言うのは間違いない。

パス回しすらまともにできない。

受け手と出しての息が合わなさすぎる。

攻撃がだめなのはまだしも

守備もくさび受けられると、そこに寄って行ってあっさりサイドを空けてしまう。

今日の試合だけで同じ形ばかり作られていたのに、対処ができない。

夏場でコンディションが悪いとはいえひどい。

というか、夏場に落ちるのはここ数年いつも一緒。

結局のところスタメンとサブの間に大きな差があるのが原因じゃないか。

シーズン中盤、終盤に新戦力が出てこないのが、この結果になっているような。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20120616横浜F・マリノス vs FC東京_3

前半の完璧さたるやいなや。後半は集中切れていたけど。

全体のバランスがいい。

監督も距離感を意識させているとインタビューで答えているように。

みんなが走っているから、誰かに極端に負担がかかってしまうというのがないのもデカイ。

俊輔の負担がかなり減っていると思う。

FWがキープできるようになったこと、ボランチがボールをちらせるようになったこと。

マルキと富澤、あとはドゥトラの補強が効いています。

去年は見られなかった流動的なプレーがたくさん見れて楽しくなってきた。

その割には点はあまり入らないけど(笑)

もう一段階上のレベルに行くにはそこなんだろうな。

FWが点を取れるようにならないと。

そんなFWの中でも、やっぱり小野だと思ってます。

シュートがもっとうまくならないとなぁ。

今月のフロンターレ、グランパス戦は上に行けるか真価が問われる戦いになりそう。

そういえば、アーリア、千真は完全に空気でしたね。

FC東京の前にパスを出せなさは去年の悪いときのマリノスを思い起こさせるものがありました。

前線でポイント作れないから、前に行けない。

後半ラストの前に出せないから、DFラインでパスを回すしかない状態とかね。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20101114marinos vs fc tokyo_2

開幕戦に引き続き白星献上。しかもまたもや平山。。

ここを勝たないと!というところで勝てないのが、チーム力を反映していると思います。

CBのスタメン2枚がケガという緊急事態によって不安視されていたDFが

思い切り現実となって現れた結果でもあります。

出だしが悪かったです。

一失点目は完全なミス。あの位置で取られてしまうとああなる。俊輔。。

2失点目は勇蔵かボンバーがいれば防げたと思える形。

CBであるのならばあの守備の仕方はいけない。小椋よ。

開幕戦と同じく飛び込みが軽卒。ボランチのときとは違う守り方をして欲しい。

あとは、天野がひどかった。アシストはしたけれど。

守備はそんなよくないわりに、がんばって走るイメージはありましたが、今日は全然走れていなかった。

上がりまくってカウンターをくらったときにへばってちんたら戻っているのはだめだ。

河合が交代で入るときはてっきり天野と替えるものだと思い込んでいた。替えて欲しかった。

結果、替えるべきだった、そう思います。

このDFだと残り試合、勝ちがないのもありえそうな気がしています。

攻撃に関しては、前半はともかく後半になってからは相手の隙間で受けようとする姿勢と

そこへ実際パスを出すシーンが増えて結構よかった。

縦パスの意識がチームとして浸透するようになりだしている気がします。

中盤をダイヤモンドにしていることで真ん中に一人いるのが効いています。

ACL出場権を狙うのは来年でしょうか。

松田や俊輔がトップでやっているうちにACLで戦う姿を見たいです。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

no title

20100306fc tokyo vs marinos_4

昨シーズンが終わったときはずいぶん先だと思っていたのに

なんだかんだいってあっという間に開幕。

監督も変わりチームがどう変わったのかやっと見ることができます。

試合開始直後のFKでいきなりシュートをポストに当てられるという展開。

あのポストのあたりかたで入らなかったのはかなりラッキー。

下手すりゃキーパーの背中にあたって入っていたし

リフレクションもよく押し込まれなかったなぁというシュートでした。

まぁ、その後はチャンス自体は特に作られていませんでしたが退屈な前半。

チームとして縦パスを入れるという意識はすごい伝わってきていたし

それに合わせた3人目の動きも多かった。

ただ、ただ。みんなパス、トラップが下手すぎる。

和司が就任会見で言ってたことそのままが皮肉なことに試合で露呈した感じ。

雨という言い訳もあるけれどそれにしても下手。

今日は特にトラップが下手。自分の足下に全然止められていない。

後半は雨も止み、序盤に押し込む。

ここからやっとシュートが見られるようになりました。

これまたシュートの意識自体は上がったように思えます。

ミドルシュートが多かった。

それって単に崩せないからミドル、ということも言えますが

去年はこんな打っていなかったと思う。

その押し込める時間帯で点が取れず

後半も後半で下手だなぁと思っていたらあっという間にロスタイム。

まぁ、アウェイだしこの感じは引き分けで御の字と思っていたところで失点。。平山。。。

坂田が打ち切るチャンス逃してこねた結果取られてのカウンター。

ナオへの小椋のスライングの選択は完全にだめでしょう。単純にあの場面かわされないことが大事だった。

というわけで終わってみて最悪な気分になりました。

まだ一試合目と思うしかない!

チームは変わってきてます。

縦パスは少し驚きを覚えるほど意識しているなと感じた。

ただ、その精度であったり、縦にいれる位置だったりはまだまだまだまだ。

千真メインに楔を受けさせるのもちょっともったいないかなと。

あの役割をやらせるとマリノスでおそらく一番シュートセンスがある千真が

シュートのところに一番遅れて入ってくることになるのでもったいない。

個人的には千真は一番前というよりシャドウではないけど一歩下がったところにいるほうが活きる気がしてます。

去年、クナンのトップの下でやらせてたときのように。

アーリアFWでやるなら役割を逆にさせたい。アーリアの方がキープ力はある。

けれど、アーリアFWは実際見てみるとないなと思う。消えてる時間が多すぎる。

FWはやっぱり坂田入れないとパスもらえる選手が前線にいないかな。

今日みたいなサイドでの使われ方はダメだ。

ここ数年、シーズン初めに坂田を外していて夏くらいに坂田をトップに持ってきて

チームがよくなるというのの繰り返しなのでもういい加減初めから坂田にしといてほしい。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

no title

20090816fc tokyo vs marinos_10

確実にアウェイのなかで一番行きやすいカードなのに

これまで毎年このカードがフェスとかぶって

なかなか行くことができませんでしたが今年はついに参戦。

先週のヴェルディのイメージで味スタに行ったら人の量の違いに驚きますw

それとFC東京の自由席はゴール裏は立見でサイドからは座りの自由席となっているので

珍しく横から試合を見ました。ちょっと新鮮です。

試合は前半は中盤でのつぶし合いのみという感じ。

若干FC東京が押し気味。それにしても全体と通して今日は肉弾戦が多かった。

の割にカードが全然出てはいませんが。

後半は小宮山の裏の使われまくりクロスをあげられまくり。

改善されないですね、2年前から。。

ナオがいなくてよかったと思いました。見てみたかった気持ちもありますが。

そういえば、梶山、長友、石川、ブルーノ クアドロスとメンバー全然いなかったんですね。

その相手に。。と思うとやりきれない。

思っていたよりも平山とカボレの2トップが脅威でした。

平山がシュートに全然シュートにいなかない部分でその脅威はだいぶ小さくなってはいます。

マリノス側としてはほぼ見せ場はなく。

サイドから行くときと、中から攻めるときの使い分けがどうにも悪いのが気になります。

唯一決めないといけなかった裕介のシュートはどっかに吹っ飛んでいってしまいました。

裕介、試合通してアップダウンを一番していたと思うし

結果はともあれ、仕掛けもして成長してるなとは感じましたがあれは決めないと。

そんなわけで最後はゴール前で勇蔵のシュート空振りというどうしようもない終わり方で試合終了。

あれ、当ててれば混戦の中で点取れる感じだったのに。

試合終了後のブーイングは当然の結果でしょう。

修正されないだろうなといのを感じつつ、水曜も三ツ沢に出向きます。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20090516marinos vs fc tokyo_4

今シーズン初の負け試合観戦。

うむ、負けるべくして負けました。

もう少し言い方を変えると勝てる気がしなかった。

システム変更がばっちり悪い方に。

サイドがガタガタに崩され過ぎ。

マークの受け渡しがちぐはぐで

誰が誰に着くのかもたもたしまくり。

相手のサイドの選手をフリーにし過ぎ

そして、そのときには逆サイドがフリーに。

結果的にそこから点は取られていないのが逆にすごいくらい。

特に裕介がひどかったと思います。

早い時間にアンラッキーな感じでカードもらって

そこからどうも調子がでていませんでした。

結局、点入れられたのはCKのこぼれ球からの

ラッキーパンチ的なミドル。

中村北斗。今シーズン初出場らしいがいい選手ですね。

その後もこわかった。

攻撃も全くの不発。

狩野と山瀬は逆だろう。

どちらも一列さげてしまうと攻撃でのよさが

激減してしまうけど、どちらを前にとるかといったら

絶対山瀬。下げることで山瀬のドリブルが消えちゃうし。

選手交代で水沼と学、金がはいってからはやっと

点をとる可能性を感じました。

が、相手が守りにはいった時間帯ですが。。

スタメンのメンバーでは3トップはしんどいですね。

FWはウイング的な選手ではないので中にきれこんでシュートがいいはずが

中にきれこむこともできないので。。特に坂田は2トップじゃないとダメ。

4バックにするのであれば中盤ボックスにするかダイヤモンドで2トップにしてあげないと。

現状を考えると2007から2008でシステムをがらっと変えたことが大きいなと思います。

チームに継続性がなさすぎます。