V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス @トランスコスモススタジアム長崎

20181110V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス_5

一点が遠い試合だった。

PK決まらず、崩しても決まらずだけど、偶発的にボール当たって入るなんてね。

これで残留もほぼほぼ決まったか。

来シーズンに向けてあとはどう上積みしていくか。

渓太が戻って左サイドがスムーズになったし、今日は真ん中から崩そうという姿勢も見られた。

右がちょっと一発頼みすぎなので、大津には守備のスイッチ役としては申し分ないんだけどだど、攻撃でも前に入っていくプレーが欲しいな。

扇原もシーズン終盤にかけてボールの持ち方がまた悪くなってきているので、まずはミスをなくしてしっかりプレーするところから。

山中は代表効果か攻撃はキレキレだったけどやはり簡単なミスが多い。

簡単にやれるだろうと思ってやっているんだと思うけど、スタンドから見ているとそういうシーンじゃないだろうというふうに見えるのが多かった。

攻撃が特徴だけどやっぱり今の守備だと代表で継続的にやっていくことはまだまだだと思うので、代表行ってそのへんの意識が変わるといいが。

攻撃サッカーで結局こういう1-0のひやひやする試合やっているのではまだまだ。

やっぱり選手層がもうちょい厚くならないといけないか。

横浜F・マリノス vs FC東京 @日産スタジアム

20181103横浜F・マリノス vs FC東京_1

ひどい試合だった。

ここのところ審判のジャッジに不満はあるが、それでも自分たちが不甲斐なさすぎる。

やはりルヴァン準決勝でピークを迎えてしまったか。

ホームの前半でアントーラズに何もさせなかったところがピーク。

あの後半からGKからのビルドを封じられ今の状態になってしまった。

扇原にボールが渡せないのがなというのと、全体的にシーズン序盤のように受け方が下手になってしまった。

なんなんだろう。

そしてFC東京見ていると、いくらパス回しができたとしてもインテンシティが今のままだと厳しい。

デュエルで気持ち見せないと。

大津がそこを見せていて好調だった要因の一つだったがそれが今日は全くなかった。

喜田がそれをやらないといけないはずだったけど、リードされた展開で相手が引いている中だと攻撃での貢献できなさが目立ってしまう。

山中もやっと調子戻ってきたかと思ったら、中に入る時間が長すぎだし、そこでのパスミスが多すぎてよさがでなくなっている。

渓太も怪我して左の連動性もないし、いろいろとボロボロ。

あと一勝すれば大丈夫だろうけど、ここからの長崎、鳥栖戦勝てないようだとまずい。

ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス @パナソニック スタジアム 吹田

20181020ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス_4

サッカー専用スタジアムいいなぁ。

いいスタジアムで気分よく勝ちたかった。

前半は圧倒していたが、ここのところあった強度はそんなになかった。

ガンバもカウンターしかないみたいな展開で、得点シーンはずっとボールキープした中からきちんと崩した取った感じのある得点だった。

が、ガンバが後半システムを替えて来たのに対応できない。

なんか後半勝負は作戦どうりだったみたい。

GKからのパス回しを封じられボール保持ができなくなり、持っているときもミスが多くて防戦一方。

ミスをしてはダメなスタイルなのでそれはやられる。

そして山中が異様に中に入りすぎて左サイドが前半から機能していなかったのもどうなのか。

やっぱり練習でやっているであろうパターンであればできる、パターンに持っていけるようになったけど、そこからの応用が試されている。

今シーズン相手が対応できない、対応されて勝てなくなる、また次のパターンで勝てるようになるというように成長はしているけれど、

そこで失っている勝ち点も大きいので、勝ち点こぼさずに成長して行くようにならないとこんな順位のままだろうな。

また下位近づいてしまって、ルヴァン決勝に向けても雰囲気悪気がする。

横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 @日産スタジアム

20181005横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌_3

3連勝。

けど今日はちょっと緩かった。

試合開始はしっかり入れたかなと思いきや、ちょっと後手にまわりポジションが崩れたときにその流れをなかなか変えれない。

チャナティップが捕まえられず自由にやられ、失点前まではオフサイドにも助けられたが、ジェイにあっさりやられる。

2対1の状態だったのに軽くかわされて失点。

この辺が今季よく見られる、ただただ軽い。

ただ、点は取れる。

そもそも試合は支配していたので、やっと流れが戻ったところで仲川。

この得点シーン以外もそうだけどキレが半端ない。

体の小ささを逆に武器にしている。

代表呼ばれてもおかしくないんじゃないかというデキ。

上背のなさ以外、プレーにおいて欠点というところがない気がする。

ドリブルできる、パスもできる、シュートもできるし、守備もできる。

あとは怪我しがちなプレースタイルだけかな。本当国内組だけのときであれば代表行ってもいいんじゃないか。

代表の流れで今回は外れてしまった天純は前節に続き主体性がプレーに現れている。

前を向くシーンがすごく増えたし、エリア内自分で仕掛けて侵入するシーンも増えた。

代表入ったのが本当に一皮むけるきっかけにになりつつある。

あとはここ決めてくれればみたいなときに、チームを勝たせる決定的な仕事をできるようになるかかな。

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180929横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台_3

苦手ホーム仙台戦で5発。2失点はするけどね(笑)

いい感じで試合に入っていたし、天純の主体性が目立った。

これまでであればパス出すところを自分でやり切るシーンが増えた。

今日はミドル打ったり、自分でドリブルでエリア内侵入して行ったり。

やっぱり代表入ってから意識変わったんだろう。

代表なんか興味なくなっているけど、やはりマリノスの選手が絡むと自然と代表も意識したくなる。

そんな中、山中の2試合連続ゴール。

初めはサイドネットだと思ったんだけど入っていた、周りもそんなリアクション(笑)

目の前に選手集まってきてテンション上がった。

このまま続けていこうと思ったら、あっさりとオウンゴールで失点。

今シーズン得点してもすぐ返されるシーンも目立つよな。

もうちょっと試合コントロール術も身につけていかないと。

前半のうちに勝ち越せてたのは大きかった。

ルヴァンのプレーオフを思い起こさせる仲川のドリブル突破。

1点差じゃまだまだ不安だなと誰もが思っていた中、後半3点目もとったのもそうだけど、ここまでの選手だったか。

これまでの3年間、速いのとそれなりにうまい選手だというのはわかっていたけど、どうも結果が出てこなかったけど

監督が変わって使い方変わるだけでこんなにもなるのか。

大学ナンバーワンFWだったときもこういうプレイヤーだったのかな。

モンバエルツ時代はウイングだったけど、今はもうちょいうちに絞っているのが違うのかなぁ。

小さいんだけど、それすら武器みたいなことあるし、これ続けられると代表も見えてくる選手な気もする。

これが世界で通用するのかを見てみたい。

やっぱりこれまた天純が代表入ったことで、同じく大卒でなかなか目が出なかったとこから出てきた選手にも夢を見れるな。

そしてウーゴがちゃんと点取ってくれて一応かたちになった。

最後のPKは帳尻合わせ的なやつで余計だったけど。

好調だった伊藤翔がいなくなってどうなるかというところで連勝できてよかった。

前回の仙台戦後から一気に流れ悪くなったので同じ轍を踏まないようにしないと。

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ @日産スタジアム

20180916横浜F・マリノス vs 浦和レッズ_4

勝てないなぁ。

ルヴァンとはいえ、ここのところ結果が出ていた4バックで、やられそうなところもあったけどお互いぶつかり合っておもしろい試合だった前半。

終了間際にミドルが見事にすり抜けてやられる。

流れ切りきれないところで押し切られた。

仲川がキレキレすぎて、止められていないタイミングで点取りきれなかったのが全てか。

松原いないからどうなるかと思いきや、以外にイッペイでもそれなりに仲川を走らせる展開ができていた。

渓太が押し込めていれば全然違う展開だったろうに。

右の仲川が機能しまくっていたが、左が死んでいたのが前半。

渓太、山中の組み合わせは山中のよさが消えるだけになっている。

後半は山中らしさもあったけど、組ませるのならユンとだった。

ユンいれたと思ったら山中と替えるし。

シーズン前半は山中のチームだったけど、右でも作れるようになったのと、中断明け一向によくならないのが山中。

このサッカーで居場所がなくなりつつある。

守備の軽さが目立つので、大津が中盤で機能してきたし、レイソル戦一試合とはいえやれていた喜田サイドバックでバランス取るのもかと思う。

イッペイでも畠中でもいいかも。

左右にバランス取れてきたかなと思ったんだけどなぁ。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20180901横浜F・マリノス vs 柏レイソル_5

勝った。

久しぶりにふんわりしてない試合だった。

ドゥシャンが出場停止で4バックに戻る。

やっぱり4バックだと攻撃に厚みがあるなと感じていた矢先に山中が怪我。

どうすんだと思ったら喜田をそこに入れる。

伊藤純也に裏取られまくりという状態だったけど徐々に慣れていく。

右利きだしボールはスムーズには回らないんだけど、守備は安定するし、攻撃時も人集まりすぎて渋滞しないしこれは新たな発見なのかもしれない。

中断前左サイドでシンプルにやるようになってからバランスよくなったのは、右に仲川が入ってそちらも使えるようになったからだったけど、やっぱりサイドに人かけすぎというのもあったのかと。

山中がボール持てる分、逆にスペースが消えてしまっていたのかな。

ブマルであれば自分で仕掛けられるのでそのへん使い分けをしていきたい。

波及効果なのかわからないけど、大津が今日ふらふらするシーンも少なかった気がする。

あとは単純に上がらない分、守備は安定するよね(笑)

チアゴと畠中という急増コンビで、ラインとかないようなものだったけど、やっぱりチアゴの対人能力はすごいかもしれない。

まだ試合出始めたばかりでこれということは、フィットしたらどんだけのものになるのか。

縦パスが軽率なのはあるんだけどね。

やっぱり4バックだなぁ。

いろいろあったけど、ミロシュがいなくなったのが一気にバランス崩れた原因だったのだろうか。

外国人枠考えると、チアゴと、ボンバー、畠中、勇蔵の併用が正解だったんじゃなかろうか。

ドゥシャン悪い選手ではないけど、チアゴの若さ、能力と外国人枠考えるとやはりセンターバックに2人外国人使うのは微妙。

横浜F・マリノス vs 清水エスパルス @日産スタジアム

20180829横浜F・マリノス vs 清水エスパルス_1

試合前にハートベアラーに参加。

ウォーミングアップから帰ってくる選手を間近で見たり、ピッチに足を踏み入れたり。

結構芝生ってぼこぼこしてるんだな。

それが終わったところでいきなりゴールが入って歓声があがる。

ゴールシーンは見れず(笑)

幸先よく行くかと思いきや、あっさり失点。

どうにもこうにも失点シーンがあっさりすぎる。

前半はどっちもどっちでシュートが異様に枠にいくなという展開で終わり。

後半序盤にペースを握り、中央でシュート打てるシーンも作っていたところでこれもあっさり失点。

オフサイドではあったんだけどなぁ。

その後、PK取ってくれなかったり、ドゥシャンが退場したりで散々。

ドゥシャンはがつがついきすぎるきらいがあるから、カード結構もらうなと思っていたけど、こんなに早く退場を目にするとは。

直前に畠中さげてユン投入で久しぶりに4バックで楽しみだったといのもさらに残念な感じを際立たせる。

久しぶりのリーグでのユンはキレもあってよかっただけに。

3バックでも結局点取られるんだから、それだったら4バックかなぁ。

一試合消化が少なかったのもこれでなくなり、降格圏と勝ち点差が1。

残留するにはチームのスタイルつらぬいていたらダメそうだし、なんともはや。

チームに芯がない。

ボンバーは残っているんだけど、あまりチームを引っ張っていくタイプではないし、スタイル変更への対応に精一杯で去年後ろでどっしり構えていくれていたのもなくなっているし。

そのへんもあってチームとして毎回どこか集中力がなく試合に入っているように見えるんだよなぁ。

去年人が入れ替わったときは、なんだかんだでマリノスは変わらないと思ったけど、この夏、DFライン総取っ替えもあり、マリノスは変わってしまったんだなと実感。

シーズン当初のリスクを取ってでも攻撃することへのスタイルの転換は受け入れられたし、マリノスらしさはその中にもあると思ったけど、なんか今はそれがない。

気持ちが本当に見えなくなった。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

201819鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_1

ボンバーがいない。

ついに外した。時代の変わり目。

こんなときこそ勝ちたい。

が、前節同様3バックがまだ手探り。

ましてや中盤の並びもよくわからない感じになっていて、前節は名古屋相手だったからボール持てていたけど

アントラーズましてやレオシルバには通用しないで潰されまくり。

失点はしない雰囲気になってきてはいるけど、重心が低いので攻撃まで行けず。

そして結局失点しているので、これだとなんのための3バックなのかわからない。

山中、松原はWBタイプではないので、数が多くいる中盤と連動して崩して行かないといけないのだけど、中盤はバックパスしてばかり。

相変わらずバイタル中央を避けてボール回しているだけなので怖さがない。

チアゴは途中交代してしまったが、スピードは随所に見られたので、チアゴとドゥシャン真ん中でまた4バックにしたほうがいいと思われる。

ぶっつけ本番でいろいろなこと試しすぎて、ここまで積み上げてきたものがなくなってしまっている。

選手も危機感あるコメントがようやく出てきたので、一致団結しないと本当に降格してしまう。

これまでのマリノスから大きく方向転換することをみんな受け入れてチャレンジしているので、そこがぶれないで残留してくれれば今シーズンはもうそれでよい。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20180815横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_1

不甲斐ない。

なんでか3バックになって、なんとなく悪くない立ち上がりかと思いつつやられる。

チャンスかと思いきやパスミスからカウンターで沈む。

カウンターも止めたかと思ったんだけど、しっかり止めきれない。

今日は割と前から行けてたし、なによりドゥシャンの潰しに行くよさが目立つ。

それとともにボンバーが限界なのかもしれないと思った。

中断前までは、そんなこと思わなかったけど潰しにいけないのが際立っているし、フィジカルで負けるシーンが目につく。

チーム全体としても中断前できつつあったバランスが完全に崩れているし、メンバー替わったり、3バックにしたりでチームの作り直しみたいになっている。

そしてなにより今シーズンはふわっとした雰囲気になる試合が多い。

神戸、ベルマーレ、ジュビロ、ガンバ、そして今日。

もっとあるような気もするけど、雰囲気がすごいふわっとしている。

今日は久しぶりに前から行くようになっていたけど、どこか軽い。

名古屋の守備はゆるゆるなのでボール簡単に持てるんだけど、回しているだけで終わり。

最後の失点シーンもボール持ちまくりだけど、ペナの周りから中に入ってこれないのを繰り返した結果の逆襲から。

相手からすれば楽なんだろうな。

ボール回せるけど、パターンで回しているだけだから、エリアの中をしっかりし閉めていれば前がかりのところをカウンターで狙える。

そして中断明けやれているのはフィジカルあるFW相手。

ここもボンバーがやられているといってもいいのかもしれない。

DFを立て続けにとったのでさすがに使ってくると思う。

連続試合はあるけど、この夏の連戦で使い続けるのは降格覚悟しないといけない状況なのは事実か。

出れなくなるのしょうがないけど、若いやつがちゃんとポジション奪って行ってほしい。

そういった意味で、康太は今日のデキを見ても使い続けたいなぁ。

前半ボール全然入ってこなかったけど、今のサッカーへの適正と気持ちが今一番伝わってくる選手な気がする。