横浜F・マリノス vs 浦和レッズ @日産スタジアム

20180916横浜F・マリノス vs 浦和レッズ_4

勝てないなぁ。

ルヴァンとはいえ、ここのところ結果が出ていた4バックで、やられそうなところもあったけどお互いぶつかり合っておもしろい試合だった前半。

終了間際にミドルが見事にすり抜けてやられる。

流れ切りきれないところで押し切られた。

仲川がキレキレすぎて、止められていないタイミングで点取りきれなかったのが全てか。

松原いないからどうなるかと思いきや、以外にイッペイでもそれなりに仲川を走らせる展開ができていた。

渓太が押し込めていれば全然違う展開だったろうに。

右の仲川が機能しまくっていたが、左が死んでいたのが前半。

渓太、山中の組み合わせは山中のよさが消えるだけになっている。

後半は山中らしさもあったけど、組ませるのならユンとだった。

ユンいれたと思ったら山中と替えるし。

シーズン前半は山中のチームだったけど、右でも作れるようになったのと、中断明け一向によくならないのが山中。

このサッカーで居場所がなくなりつつある。

守備の軽さが目立つので、大津が中盤で機能してきたし、レイソル戦一試合とはいえやれていた喜田サイドバックでバランス取るのもかと思う。

イッペイでも畠中でもいいかも。

左右にバランス取れてきたかなと思ったんだけどなぁ。

横浜F・マリノス vs 柏レイソル @日産スタジアム

20180901横浜F・マリノス vs 柏レイソル_5

勝った。

久しぶりにふんわりしてない試合だった。

ドゥシャンが出場停止で4バックに戻る。

やっぱり4バックだと攻撃に厚みがあるなと感じていた矢先に山中が怪我。

どうすんだと思ったら喜田をそこに入れる。

伊藤純也に裏取られまくりという状態だったけど徐々に慣れていく。

右利きだしボールはスムーズには回らないんだけど、守備は安定するし、攻撃時も人集まりすぎて渋滞しないしこれは新たな発見なのかもしれない。

中断前左サイドでシンプルにやるようになってからバランスよくなったのは、右に仲川が入ってそちらも使えるようになったからだったけど、やっぱりサイドに人かけすぎというのもあったのかと。

山中がボール持てる分、逆にスペースが消えてしまっていたのかな。

ブマルであれば自分で仕掛けられるのでそのへん使い分けをしていきたい。

波及効果なのかわからないけど、大津が今日ふらふらするシーンも少なかった気がする。

あとは単純に上がらない分、守備は安定するよね(笑)

チアゴと畠中という急増コンビで、ラインとかないようなものだったけど、やっぱりチアゴの対人能力はすごいかもしれない。

まだ試合出始めたばかりでこれということは、フィットしたらどんだけのものになるのか。

縦パスが軽率なのはあるんだけどね。

やっぱり4バックだなぁ。

いろいろあったけど、ミロシュがいなくなったのが一気にバランス崩れた原因だったのだろうか。

外国人枠考えると、チアゴと、ボンバー、畠中、勇蔵の併用が正解だったんじゃなかろうか。

ドゥシャン悪い選手ではないけど、チアゴの若さ、能力と外国人枠考えるとやはりセンターバックに2人外国人使うのは微妙。

横浜F・マリノス vs 清水エスパルス @日産スタジアム

20180829横浜F・マリノス vs 清水エスパルス_1

試合前にハートベアラーに参加。

ウォーミングアップから帰ってくる選手を間近で見たり、ピッチに足を踏み入れたり。

結構芝生ってぼこぼこしてるんだな。

それが終わったところでいきなりゴールが入って歓声があがる。

ゴールシーンは見れず(笑)

幸先よく行くかと思いきや、あっさり失点。

どうにもこうにも失点シーンがあっさりすぎる。

前半はどっちもどっちでシュートが異様に枠にいくなという展開で終わり。

後半序盤にペースを握り、中央でシュート打てるシーンも作っていたところでこれもあっさり失点。

オフサイドではあったんだけどなぁ。

その後、PK取ってくれなかったり、ドゥシャンが退場したりで散々。

ドゥシャンはがつがついきすぎるきらいがあるから、カード結構もらうなと思っていたけど、こんなに早く退場を目にするとは。

直前に畠中さげてユン投入で久しぶりに4バックで楽しみだったといのもさらに残念な感じを際立たせる。

久しぶりのリーグでのユンはキレもあってよかっただけに。

3バックでも結局点取られるんだから、それだったら4バックかなぁ。

一試合消化が少なかったのもこれでなくなり、降格圏と勝ち点差が1。

残留するにはチームのスタイルつらぬいていたらダメそうだし、なんともはや。

チームに芯がない。

ボンバーは残っているんだけど、あまりチームを引っ張っていくタイプではないし、スタイル変更への対応に精一杯で去年後ろでどっしり構えていくれていたのもなくなっているし。

そのへんもあってチームとして毎回どこか集中力がなく試合に入っているように見えるんだよなぁ。

去年人が入れ替わったときは、なんだかんだでマリノスは変わらないと思ったけど、この夏、DFライン総取っ替えもあり、マリノスは変わってしまったんだなと実感。

シーズン当初のリスクを取ってでも攻撃することへのスタイルの転換は受け入れられたし、マリノスらしさはその中にもあると思ったけど、なんか今はそれがない。

気持ちが本当に見えなくなった。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス @県立カシマサッカースタジアム

201819鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス_1

ボンバーがいない。

ついに外した。時代の変わり目。

こんなときこそ勝ちたい。

が、前節同様3バックがまだ手探り。

ましてや中盤の並びもよくわからない感じになっていて、前節は名古屋相手だったからボール持てていたけど

アントラーズましてやレオシルバには通用しないで潰されまくり。

失点はしない雰囲気になってきてはいるけど、重心が低いので攻撃まで行けず。

そして結局失点しているので、これだとなんのための3バックなのかわからない。

山中、松原はWBタイプではないので、数が多くいる中盤と連動して崩して行かないといけないのだけど、中盤はバックパスしてばかり。

相変わらずバイタル中央を避けてボール回しているだけなので怖さがない。

チアゴは途中交代してしまったが、スピードは随所に見られたので、チアゴとドゥシャン真ん中でまた4バックにしたほうがいいと思われる。

ぶっつけ本番でいろいろなこと試しすぎて、ここまで積み上げてきたものがなくなってしまっている。

選手も危機感あるコメントがようやく出てきたので、一致団結しないと本当に降格してしまう。

これまでのマリノスから大きく方向転換することをみんな受け入れてチャレンジしているので、そこがぶれないで残留してくれれば今シーズンはもうそれでよい。

横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス @日産スタジアム

20180815横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス_1

不甲斐ない。

なんでか3バックになって、なんとなく悪くない立ち上がりかと思いつつやられる。

チャンスかと思いきやパスミスからカウンターで沈む。

カウンターも止めたかと思ったんだけど、しっかり止めきれない。

今日は割と前から行けてたし、なによりドゥシャンの潰しに行くよさが目立つ。

それとともにボンバーが限界なのかもしれないと思った。

中断前までは、そんなこと思わなかったけど潰しにいけないのが際立っているし、フィジカルで負けるシーンが目につく。

チーム全体としても中断前できつつあったバランスが完全に崩れているし、メンバー替わったり、3バックにしたりでチームの作り直しみたいになっている。

そしてなにより今シーズンはふわっとした雰囲気になる試合が多い。

神戸、ベルマーレ、ジュビロ、ガンバ、そして今日。

もっとあるような気もするけど、雰囲気がすごいふわっとしている。

今日は久しぶりに前から行くようになっていたけど、どこか軽い。

名古屋の守備はゆるゆるなのでボール簡単に持てるんだけど、回しているだけで終わり。

最後の失点シーンもボール持ちまくりだけど、ペナの周りから中に入ってこれないのを繰り返した結果の逆襲から。

相手からすれば楽なんだろうな。

ボール回せるけど、パターンで回しているだけだから、エリアの中をしっかりし閉めていれば前がかりのところをカウンターで狙える。

そして中断明けやれているのはフィジカルあるFW相手。

ここもボンバーがやられているといってもいいのかもしれない。

DFを立て続けにとったのでさすがに使ってくると思う。

連続試合はあるけど、この夏の連戦で使い続けるのは降格覚悟しないといけない状況なのは事実か。

出れなくなるのしょうがないけど、若いやつがちゃんとポジション奪って行ってほしい。

そういった意味で、康太は今日のデキを見ても使い続けたいなぁ。

前半ボール全然入ってこなかったけど、今のサッカーへの適正と気持ちが今一番伝わってくる選手な気がする。

湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス @Shonan BMWスタジアム平塚

20180811湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス_3

なんとか勝った。

下位チームが元マリノスの選手が大活躍の中、ここで負けると危なかった。

というか下位が勝ち始めたので、まだまだうかうかできないのは変わらずなのだが、勝ちという結果が出たのがなにより。

というか自分たちのスタイル全然出せなかったり、完全に自信失ってる感あった中、結果だけついてきたのは御の字。

しかももうないのかもと思っていた無失点。

湘南はすごいな、あんだけ走れるんだもの。

マリノスはラインが下がったままなので、全体が間延び。

山中が真ん中はいるようになったけど、真ん中入りすぎて逆にサイドにいったときに数的不利だったり、中央が混雑していたり。

軽いプレーも目立つし今の状態で海外行くべきなのかは謎。

湘南のプレスが厳しいのもあって、パスがつなげずロングボールで裏狙い。

結果、得点シーンはFWでなくもう一つ後ろから出てきた天純からのクロスで、ああいう飛び出しはありだと思うんだけど、

FWの裏狙いは運頼み的な要素が強すぎてなんとも。

ショートパスで回すのと裏狙うのがバランスよくできればいいんだけど、どうもどっちか一辺倒。

中断前はバランス取れてたんだけど。

なんかまた一からチーム作りなのかな。

ミロシュ抜けてドゥシャンになったのも大きい気がする。

DF面で厳しくいける部分が見えてきて徐々にフィットはしていると思うけど、ビルドアップがどうしてもワンテンポ合わないし。

ブマルが攻撃面ではあって来てるの見ると、それなりに新しい選手は時間かかるというのを第一に思っておかないと。

まだまだ安心はできない中、好調の名古屋と当たるのがどうなるのか。

日産スタジアムは久しぶりだ。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス @等々力陸上競技場

20180805川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス_5

弱い。

意図的だったのかはわからないけど前半は守備的にいったが失点。

縦パス入るタイミングとかスタンドから見ているとすごいわかりやすいんだけどな。

ボール持たせすぎじゃないかというところで、やりたいようにやられて失点だもの。

後半やっと自分たちのスタイルを出し始めたかと思いきや、一瞬だけ。

フロンターレも省エネっぽいかんじだったから失点は重ねずいいようにボールを回されるだけ。

プレスに行って入るけど、フロンターレがうまいというのと守備の連動性がなさすぎる。

しびれを切らして喜田が食いついたところをいいように使われて失点。

それで失点してしまうのであると喜田を入れている意味がない。

本人はなんとかしないとという危機感があったんだろうけど、チームとしての危機感になっていない。

唯一の免罪符的なものだったが、連続得点も止まってしまった。

自分たちのスタイルをやりきるわけでもなし、プライド捨ててでも勝ちに行くでもなし。

球際で戦えていないのがこの連敗中目立つし、チームが崩壊しつつある気がする。

攻撃の連動性も下がるいっぽい。

そんな中、ドゥシャンがビルドのリズムまだまだ合わないのもつらいとこ。

せめて失点抑えているのならいいのだけど、全てにおいて負のスパイラル。

こんなんなら山田やっぱり見たいんだよなぁ、今日もちょっとの時間だけど今のサッカーに一番フィットしいるプレーできているし。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 @ニッパツ三ツ沢球技場

20180801横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島_2

もう今年リーグは落ちなければいい。

前節今シーズン最悪な試合だったなと思ったら、最悪な試合がまた続く。

三ツ沢でこの体たらくはいかん。

PKまでは崩しきれはしなかったけど、これ続けていけたらと思ったがPKでプランが崩れた。

蹴り直しだったり、前半ラストプレーだったりタイミングも悪く。

そして後半しょっぱなにCKで万事休す。

なんであんなかんたんにやられるかね。

そのあとの失点はもう気持ちが切れていたと思うのでどうでもよいか。

選手交代してもみんな気持ちが前掛りすぎて噛み合わない。

前半戦はこういうのはなかったんだけど。

2試合続けて大量失点はなによりメンタルがやばそう。

かといって引き持って守備するほうに舵を切るわけではないと思うので、本当に今シーズンは残留争いを覚悟しないとか。

やられる展開が同じなのを修正できていないのがまずい。

この2試合、ディエゴオリベイラ、パトリックこれだけ。

フィジカル系にキープされて、追い越した選手を捕まえ切れない。

次がフロンターレなので守備固めしてこない相手にどうなるか。

失点するなら喜田入れている意味がないので山田育てたほうがいいと思うんだけどなぁ。

中断前よくなってきたときに効いてたのは山田だったはず。

守備もそんなに悪くなく、戦える選手なので使って欲しい。

というかやっぱりパス回しは上手くなったが、戦う姿勢が今見えてないのが問題なのか。

ここ2試合走り負けてるし、そのへんも気がかり。

FC東京 vs 横浜F・マリノス @味の素スタジアム

20180722FC東京 vs 横浜F・マリノス_6

前節快勝したと思ったら、今日はボッコボコにされる。

マリノス自体はそこまで悪くはなかったけど、ブロック作ってカウンターというスタイルに見事にやられた。

これマリノス対策のいいお手本になってしまったと思われる。

ブロック作られる中でもパスは回せていたし、ハーフスペースにはいってクロス上げるかたちも作れていた。

左サイドは天純だけでなく、渓太も入り込めるようになっていてそこは今後も期待できそうだけど、

今日みたいにブロック作られるとその後がペナルティエリア内に人がいすぎて出しどころがなくなってしまう。

片側に寄せて、逆サイドのようなこともできているのでそこまで食い込めているので、あとは中をもう少しあけることができるようになれば。

ミドル打たないといけないと思うんだけどなぁ、天純はいいのあるんだし、あとは大津にも期待したい。

カウンター対策もどうしたものか、サイドバックが中に入ってくる仕組みのせいで、一気にカウンター時に2バックになってしまっている。

この手のスタイルに弱かったのは今シーズンに始まったことではないけれど、攻撃に手数かけている分、穴がでかくなっている。

中断前だめだったときの中盤のパスミスから自滅というかたちは、ボール回しがうまくなったのと、左右のバランスが取れてきたのでなくなってきたけど、カウンターはこれからどうにかしないといけない一番のポイントになってきそう。

リスクヘッジの仕方をもうちょい工夫することができるのかどうか。

今日点とったのもあるし、喜田より山田使っていくべきかなぁ、今手詰まりになるのが喜田のとこになってしまっているので。

攻撃面のセンスは山田はこのサッカーにあるのを持っている、縦パスビビらず入れれるし。

走り勝てなかったのも珍しく、これが週2日のときのデフォルトでなければいいけど。

事故的にではあるけど、扇原CBが見れたというのと、ウーゴが久しぶりにリーグで得点、山田が初ゴールというのが無理やりポジティブになれる唯一のところか。

横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎 @日産スタジアム

20180518横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎_6

15連戦終了、中断前を勝利で終われてよかった。

そして5得点。

2失点してるけど、もう失点当たり前すぎてよくないけどダメージはない。

点は取れなくはないので早い時間だと追いつける感覚はあり。

PKはその直前の天純と合わせ技一本みたいな感じ。

渓太が迷ってチャンス潰しかけた感じを取ってもらったようなもの。

結果大津が初ゴールだったし、すぐ取り返したのもよかった。

やっぱ今の戦術理解度だと大津はトップ以外は厳しいかな。

後半の失点は例のごとく自分たちのミス。

苦しいパス回しから自滅だったけど、これはここのところできてたほうな部分だったはずなのに。

飯倉も前に出るのためらうシーンあったり、データ的のもあまり走ってなかったり全体にこれまでと違った。

バランス取りに行ったのかなぁ。

サイドのバランスも右からの展開も増えてたし。

松原、仲川のコンビネーションが深まってきたからなのか、狙っているのかは謎。

ただ、3点目も左から右サイドに展開してのようなサイド横断する攻撃ができて幅は広がっている。

結果左も活きていたと思う。

中断期間でこれを積み上げられるのと不用意な展開からの失点が減れるのを祈る。

山田は相手が長崎だったけれど、リーグでも変わらず中盤でやれている。

ポジショニング指摘されているようなシーンあったけど、これも中断で深まれば試合で続けて欲しい。

あとは今日はウーゴの得点だけだったなぁ(笑)